fc2ブログ

人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

★エリスリトール(糖質制限食関連)も危険!?

こんにちは

今日は米国のCargill社という所の商品のTruviaという代用糖で飼育したショウジョウバエが一週間以内に死んでしまったという実験が、PLOS ONE誌に発表されたという話をご紹介致します。
このTruviaは糖アルコールのエリスリトール99.5%と、ラビアナというハーブのステビアから抽出した成分0.5%で出来ています。
ショウジョウバエは通常39~51日くらいは生きるのですが、このステビアで飼育された個体は1週間以内に死んでしまったそうです。

Cargill 社は去年この製品の「自然」というラベル表示について裁判で係争していています。エリスリトールの製造過程の多くは、間接的に遺伝子組み換えの原材料が使 われます。実際には、遺伝子組み換えコーンからつくられたマルトデキストリンを与えた、イースト菌の発酵過程でエリスリトールが作られます。

これは言葉遊びのようなものですが、Cargill社としては、エリスリトールはイースト菌の発酵過程から出来るので、遺伝子組み換えのコーンが原材料となったマルトデキストリンから出来ているのではないと主張している訳です。

で もこれは遺伝子組み換え作物を餌にして生成されたものに間違いは有りません。日本でも、エリスリトールは糖質制限食を支持する方たちが結構安全だと推奨さ れていますが、本当にそれは遺伝子組み換え作物が製造工程で使われていないものなのかをチェックする必要が有りますよね。

例えばこちらのドリンクの裏面には遺伝子組み換え不分別と書いて有ります。

Dsc_0413s

米国のこちらのブランドのエリスリトールは遺伝子組換え作物を使っていないようです。

Pyure Brands, based in Florida

今回のこの話題はCBSニュースにも取り上げられたようです。

この研究では他の代用糖でも実験をしていますが、エリスリトールだけが、ショウジョウバエの短命にしたそうです。


因にステビアは問題がなかったそうです。

しかしながら、今回の実験ではエリスリトール自体に何か毒性があったのか、それとも遺伝子組換え作物に問題が有ったのかまでははっきりしていませんので、今後は遺伝子組み換えと、非遺伝子組み換えの原材料の比較をしてみる必要が有りそうです。

代用糖は結構安全だと思って消費されていますけど、安全とは言えませんよね。
勿論キシリトールも遺伝子組み換え作物から作られます。

でもエリスリトールは殺虫剤としても使えますね。
従来の殺虫剤よりは安全なのでしょうか?
だって私たちが食べても大丈夫だと一応認可されているものですからね。

Sources for this article include:
(1) http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F...

(2) http://www.foodnavigator-usa.com/Regulation/...

(3) http://www.cbsnews.com/news/truvia-sweetener...

Learn more: http://www.naturalnews.com/045450_Truvia_erythritol_natural_pesticide.html#ixzz349zCvNIl
 
ameblo.jp/friends-dc/entry-11874543660.html
friend-dcさんちから転載しました。


関連記事
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の80代 ♂、
朝が迎えられたことに感謝!
小便が出る事に感謝!
おまけの人生を楽しんでまーす(^^♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に、ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

                         悪がきboy's ベル&タイガー

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々

光軍の戦士のブログ
検索フォーム
リンク
飯山です