fc2ブログ

人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

★人体がナノマシンと合体の恐れ ケムトレイル恐るべし

NEW !
テーマ:
こんばんは
3つ目の記事です

ツイッターで、見つけましたが、ケムトレイルをひこうき雲~地震雲~なんてのん気なことを言っている場合じゃないのかも??

shanti phulaからの転載です

http://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=54446


以下、転載開始
[竹下雅敏氏]このビデオの内容は本当のようです。 ~アメリカの人々の87%の体内には既にナノ・デバイスが??~
2013年10月15日10:25 PM

竹下雅敏氏からの情報です。

このビデオの内容は本当のようです。確かに現在マイクロチップは砂粒ほどの大きさのようなので、ケムトレイル等で吸い込んでいる可能性が高いように思います。


ただオバマ政権等がこの記事のような悪事に使う事を考え、実行に移しても恐らく何の作用も起こさないでしょう。


神々・宇宙人の科学力ははるかにそれを超えるからです。


また逆に特定の個人を狙い打ちにして作動させ、この記事に書かれているようにほぼ同時に死亡させることも可能なはずです。


もっと言うと多くの選択した人々を同時に即死させることが可能です。


私が不思議に思うのは地球人ですらこの記事にあるような科学技術を持ち多くの人々を殺すことが出来るのなら、それ以上の科学力を持つ存在が宇宙の法に基づいて裁きを行なうと、どうして考えられないのだろうかという事です。


ほとんどの地球人が非常に狭い視野でしか判断していないように思うのです。

(竹下雅敏)

————————————————————————
URGENT !!! CLASSIFIED DOCUMENTATION REVEALS HORRIFYING GOVERNMENT PLOT !!!



www.youtube.com/watch

————————————————————————
アメリカの人々の87%の体内には既にナノ・デバイスが??


日本や世界や宇宙の動向 13/10/15
転載元
http://www.youtube.com/watch?v=0Ho2InyMnCU&feature=player_embedded#t=0
(ビデオ 概要)
現在、命が狙われているため、アメリカから逃亡しようとしている米軍高官がリークした情報です。

ビデオ投稿者は内部告発の知人であり弁護士です。
DARPA及びCIAの極秘情報によると:
1995年に、米政府は、(ケムトレイルの噴霧も含む)米国内の上下水道にマイクロプロセッサーや受信機が内蔵されたナノテクノロジーの電子デバイス(砂2粒ほどの大きさ)を混入させるDARPAのプロジェクトを承認しました。

ナ ノ・テクノロジーは何十年も前から開発が進められ、今は既にテストが済み実用できる状態です。米軍の推定では、現在、米国内の87%の人々の体内には、水 道水や食物を介して、このナノ・デバイスが入り込んでいるとのことです。或いはそれに感染していると言った方がよいでしょう。

非常に小さな装置なので肉眼では見えにくく、それを体内から除去するのは困難です。アメリカの人々は、この装置が体内に入り込んだことすら、全く気が付いていません。

ではなぜ米軍はこのようなプロジェクトを実行したかったのでしょうか。彼らはアメリカに住む人々全員にナノ・デバイスを感染させたいのです。アメリカの人々を大量に殺害する目的があるからです。

体内に侵入したナノ・デバイスは、当局が送信する特定周波数の無線シグナルを受信することができます。アメリカ各地に携帯電話基地局、ラジオ無線塔、そして、米軍が占有する無線塔の設置が完了したことで、アメリカ全域に特定周波数を送受信することが可能になりました。

彼らは広範囲ではなく、狭い範囲に住む地域住民を狙っています。特定周波数を住民に送信することで、体内のナノ・デバイスを反応させ、住民の体内に抗毒素を発生させます。すると感染者は10日~12日以内に死亡することになります。

ナノ・デバイスの感染者が特定周波数を送信すると、体内に抗毒素が発生し、殆どの人が死亡してしまいます。しかしそのうちの2%は、デバイスがうまく機能しないために、体調が回復します。特に大都市では、携帯電話基地局からすでに特定周波数のシグナルが送信されています。

多くの人々がインフルエンザに感染し多様になり、症状が重くなるでしょう。また、肺に水が溜ります。
ナノ・デバイスは脳内にも侵入し、自己免疫の反応に影響を与え、インフルエンザの症状を発生させます。

すると身体は核分裂連鎖反応により完全にメルトダウンを起こしてしまいます。非常に感染力が強いのです。

ナノ・デバイスを作動させるのはCIA、他の政府組織、或いは、オバマ政権かもしれません。

彼らはいつでもドローンや送受信塔を使ってナノ・デバイスを作動させることが可能なのです。


以上転載終了




ameblo.jp/1509panda/entry-11639759493.html#cbox
ぱんださんちから転載しました。




関連記事
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の80代 ♂、
朝が迎えられたことに感謝!
小便が出る事に感謝!
おまけの人生を楽しんでまーす(^^♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に、ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

                         悪がきboy's ベル&タイガー

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々

光軍の戦士のブログ
検索フォーム
リンク
飯山です