fc2ブログ

人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

★多剤耐性菌   サバイバル(現状認識その1)

http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20100910000019 京都新聞 【 2010年09月10日 09時03分 】貼り付け開始。 
 複数の抗生物質が効かない多剤耐性菌による帝京大病院(東京都)などの院内感染問題を受け、京都府や京都市は9日までに、府内の医療機関に対して同様の院内感染が疑われる場合は、所管の保健所への速やかな報告を徹底するよう通知した。府医療課や市医務審査課は「今のところ報告は寄せられていない」としている。

■多剤耐性菌どう対応? 藤田直久教授府立医大教授

 多剤耐性菌にどう対応したらよいか。京都府立医科大の藤田直久教授(感染制御)に聞いた。

 耐性を持たないアシネトバクターや緑膿(りょくのう)菌は身の回りに普通にいる細菌で、基本的に健康な人に感染は広がらず、過度の心配はいらない。ただし、病院では、免疫力の落ちた人に敗血症や肺炎などの感染症を引き起こす恐れがある。抗生物質が効けば治るが、まれに耐性を持つ菌に感染すると治療が困難になる懸念がある。

 感染予防に気を配る病院でも、患者自身が体に持つ常在菌によって感染症を発症する例があり、院内感染をゼロにするのは不可能だ。問題は、耐性菌が検出された時、感染を広げないよう消毒を徹底するなど早期に対策を打てるかどうか。

 感染症を引き起こす細菌は、結核菌以外は空気感染ではなく、手などを介して接触感染するので、予防には手洗いが重要になる。菌は乾燥にも弱いので、手を洗った後に手指の乾燥も徹底したい。

 ただ、病院で手洗いが必要とされる場面に対して実際に手洗いが行われているのは50%弱という研究報告がある。当たり前のことが徹底できない背景には、医療現場の認識欠如とともに、人手不足によって手を洗う余裕が奪われている側面がある。十分な人員や設備の配置など根本的な政策も問われる。

 また、多剤耐性菌が生まれる要因には、抗生物質を処方しなくてもいい軽い風邪などでも投与し、むやみに頼り過ぎる風潮がある。医師にも患者にも、薬を適正に使う意識の徹底が必要だ。

貼り付け終わり。

抗生物質乱用で日本では病院における「MRSA」の検出率は約 80%で世界一
~科学者たちが恐れるのは、すでに臨床の場で問題となっている耐性菌が、この抗生物質を栄養源とする細菌から遺伝子を獲得すること。治療法のないスーパー病原性耐性菌の登場である。世界一耐性菌検出率の高い日本、鳥インフルエンザどころではない。~リー先生

◎治療法のないスーパー病原性耐性菌は・・・ FUJICO姐さんちで見て。
関連記事
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の80代 ♂、
朝が迎えられたことに感謝!
小便が出る事に感謝!
おまけの人生を楽しんでまーす(^^♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に、ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

                         悪がきboy's ベル&タイガー

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々

光軍の戦士のブログ
検索フォーム
リンク
飯山です