fc2ブログ

人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

★命を託している医療・薬剤の実体が知りたい その522   日本の診療放射線技術学界のていたらくぶりに

★ 日本の診療放射線技術学界のていたらくぶりに

義憤を抱いた読者様からのメールの一部と資料を紹介します。資料には『本誌に掲載する著作物の複製権・・・は社団法人 日本放射線技師会が保有します』とありますが、あきれ果て、公開します。
ご無沙汰しています。・・・
 本題ですが、リー先生にぜひとも見てほしい記事が日本放射線技師会誌(知識向上のためではなく、どれだけ、くだらないことを掲載しているのかを眺めるた めに毎年26,000円支払っています。)に掲載されていましたので、抜粋、転記したものをPDFファイルとして送信します。赤字≪本ブログでは下線≫は 私見ですが、リー先生の切れ味の鋭い批評を切望します(先生はご存じかもしれませんが、Lancet論文も添付します)。・・・

 ※財務省監督下の国家公務員共済組合連合会の医療機関でも「がん検診(人間ドック)」を推奨しているのには開いた口が塞がらないです(医療費の無駄使いにつながるのに)。本来は真っ先に止めないといけないはずでしょう・・・財務省さん!!

●「がん検診50%推進運動の取り組みと課題」(第27回 診療放射線技師総合学術大会より)
厚生労働省健康局総務課がん対策推進室長   鷲見 学
~(前略)~
 今、申し上げた、国が進めているがん検診は何か。胃がん、子宮がん、肺がん、乳がん、大腸がん、この五つのがんを進めています。つまりこの五つのがんに ついては、きちんと死亡率を減少させるという効果がはっきり分かっているからこそ税金を投入して、そして皆さんにぜひ受けてほしいというメッセージを伝え ているのです。胃がん検診は40歳以上年に1回、子宮がんは20歳以上で2年に1回、肺がんは40歳以上年に1回、乳がんは40歳以上2年に1回、大腸が んは40歳以上年に1回です。

 もちろんエビデンス、下げるという証拠がこの五つについてはある(日本は後ろ向き研究でデータをねじまげているだけ)わけですが、特に高いといわれているのが子宮がん、乳がん、大腸がん。この三つのがんについては、諸外国においても検診の対象になっているし、強いエビデンスがあるといわれています(論文の提示がなく、傍観者的態度乳がんはLancetの論文では否定されている!
~(中略)~

 受診率の推移ですが、先ほど日本は非常に低いというお話を申し上げたが、若干上げている。今回の話の題名は「がん検診50%推進運動」、50%まで何と か上げていきたいと思っているが、少しずつ右肩上がりで伸ばしていきたい。しかも過去2年の調査を見てみると、子宮がん、乳がんの方、それぞれ約3分の1 の方々が受けていただけるような状況になってきた。つまり皆さんの周りの方々の中でも、3分の1の方は子宮頸がん、乳がんの検診を受けているということ で、ぜひ周りの方々にも、3分の1は受けているんだよ、だからあなたも受けてみなさいという形(戦前の隣組?職場だとパワーハラスメントでしょう。)で、そして自分も受けてみよう、そんな感じになっていただければと思っています。

 なぜ検診を勧めるのか。早期で発見してできるだけ死亡率を下げたいというのが検診の目的になるが、ここで見ていただきたいのが、緑色が早期で見つかった もの、限局ということです。一方で次に青いのが領域なので少し広がった形、そして遠隔というのはもっと外に転移してしまっているような話。これは検診を実 施しているがんですが、基本的には緑色の限局されている状況の9割以上の人が、5年生存率、つまり5年間は生きていらっしゃるということなのです。つまり 早期(細胞レベルではなく、臨床的に)に見つかれば非常に助かる可能性が高い(転移しないがん)ということで、一方でそれが 領域になったとき、転移になったときにはそれぞれ、がくんと下がるわけです。ですので、ぜひ受けていただきたいと。特にこの五つのがんについては、早く見 つかれば9割以上の5年生存率があるからこそ、エビデンスがあるからこそ、国としては税金も使ってやっているし、だからこそ受けてほしい(致死がんは目に見えない時点(ヒトでいえば乳幼児期)ですでに転移している(放射線を使用した検診の検出限界:1mm(がん細胞が20回分裂しており、ヒトでいえば中年である・・・The Basic Science of Oncology)。
・・・

 やはりがんの早期発見をしてほしいというのが一番高い要請、要望にもなっているわけです(原子力村と同じ仕組みで「やらせ」の要望、製薬会社、医療機器会社に要望させている。)。 ですので、今、3分の1の方がようやく乳がん検診、子宮頸がんの検診を受けるような状況になってきたので、私どもとしても、きちんとしたエビデンスがある からこそ税金を投入しているのだ、だからこそぜひ受けていただきたいというメッセージを引き続き発信していきたい(経済産業省、原子力安全・保安院が原子力発電は多重防護をして安全審査をしているので、チェルノブイリのような事故は起きないとメッセージを発信してきたのと同じ)。
~(後略)~

≪厚生労働省健康局総務課がん対策推進室長・鷲見 学、あまりにも醜いですね。まともに英語を読めないのか、「検診村」なのか、いずれにしろ血税を浪費し、国民に不利益をもたらしている。まともではない。≫



関連記事
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の80代 ♂、
朝が迎えられたことに感謝!
小便が出る事に感謝!
おまけの人生を楽しんでまーす(^^♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に、ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

                         悪がきboy's ベル&タイガー

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々

光軍の戦士のブログ
検索フォーム
リンク
飯山です