fc2ブログ

人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

■日銀「マイナス金利解除」で日本は長い苦難の道へ…

マネーボイス:日銀「マイナス金利解除」で日本は長い苦難の道へ…政府・企業・私たちの生活はどう変わるか=岩崎博充氏2024年3月31日より転載します。
貼り付け開始、

https://www.mag2.com/p/money/1431259

日本銀行が、これまで堅持してきた「マイナス金利政策」を解除して、17年ぶりに利上げに踏み切った。同時に「イールド・カーブ・コントロール(YCC=長短金利操作)」の撤廃、ETF(上場投資信託)の購入停止といった、これまでの金融緩和政策も修正すると発表した。植田和男日銀総裁が「これでやっと普通の中央銀行に戻る」と語った言葉が象徴するように、異常な異次元の金融緩和政策が、やっと幕を下ろすことになった。

17年間の利下げのなかでも、とりわけ大きな転機となったのは黒田東彦前日銀総裁が安倍政権とともに始めた「アベノミクス」と呼ばれる異次元の金融政策だ。結果的に10年以上にも渡って、歴史的にも極めて稀な異常な金融政策を続けることになった。「異次元緩和の意味は全くなかった」「やる必要はあったのか」と指摘するエコノミストも少なくない。この10年間の異次元緩和の成否はいずれ歴史が判断を下すだろうが、この10年で大きな副作用をもたらし、様々な後遺症を残すことになったことだけは間違いない。

とは言え、日本の将来がこの金融政策転換によって明るい将来が見えてきた。といった楽観的な見方をしている人も多い。果たして、日本経済は本当に大丈夫なのか……。34年ぶりにバブル崩壊前の日経平均株価を更新できたように、前向きに捉えていいのか……。日本銀行の大規模金融緩和の転換がもたらす様々な影響について考えてみたい。(岩崎博充)

プロフィール:岩崎博充(いわさき ひろみつ)
経済ジャーナリスト、雑誌編集者等を経て1980年に独立。以後、フリーのジャーナリストとして主として金融、経済をテーマに執筆。著書に『「年金20万・貯金1000万」でどう生きるか – 60歳からのマネー防衛術』(ワニブックスPLUS新書)、『トランプ政権でこうなる!日本経済』(あさ出版)ほか多数

世界中の投資家が期待する金利上昇の世界?

日銀が金融正常化に向けて政策を修正した影響は、様々な分野に及ぶ。

具体的には、日銀、政府、企業、そして国民全体が少なからず影響を受けると考えるのが自然だ。例えば、日銀そのものも、悪化したバランスシートをどう正常化させるのか、大きな宿題を抱えたままの状態が続いている。

それぞれの影響について、簡単に紹介してみよう。

日銀:574兆円の国債保有、今後も購入継続避けられない?

日銀は、この10年に及ぶ大規模緩和でバランスシートを大きく膨らませてしまった。

YCCを維持していくうえで買い入れた日本国債は、「574兆円」(日銀資金循環統計、2023年9月末現在)、市場全体に占める国債の保有比率も「53.9%」(国庫短期債券を除く時価ベース)に達している。政府が発行している国債の半分以上を、中央銀行が保有している状態だ。

言うまでもないが、日本銀行は日本政府の子会社でもなければ、一蓮托生でもない。独立した機関だ。政府が日銀依存から脱却できない限りは、この構図は解消できない。

実際に、日銀は現在でも「月額6兆円」もの国債を購入し続けており、この国債買い入れは今後も継続する方針を打ち出している。金利上昇の際には購入金額を増額して、金利の高騰を防ぐ意味でも、今後も日銀は日本国債を購入し続けていくとしている。植田総裁は、いずれは国債買入れの量を減額していく、と述べているが、政府の国債発行の量が変わらない以上、難しいかもしれない。

問題はいつまで購入し続けることができるかだが、それも限界が見えてきている。いずれ金利上昇によって保有国債の利息収入を上回る利払いが発生して「逆ザヤ」に陥る可能性が高い。政策金利が0.28%で逆ザヤ、同2.75%で債務超過になるという野村総合研究所のシミュレーションもある。

<70兆円のETFは売却できない?>

国債以外にも、ETFの問題がある。日銀はアベノミクス以前からETFを購入し続けているが、今回の金融財政決定会合では新規の買い入れを終了すると宣言している。

とは言え、日銀は現在時価にしてざっと「70兆円」、日本政府の年間の税収に匹敵するETFを保有しており、しかもその含み益は「32兆円」(簿価37.2兆円)に達している(ブルームバーグ「日本株好調で膨らむ日銀のETF保有総額、年間の税収に匹敵する規模」2024年2月16日配信)。

規模が大きすぎてとても、日銀が単独では売れない規模になっており、今後はこの処理の問題が出てくる。言い換えれば、34年ぶりの日経平均株価の史上最高値更新も、日銀の緩和政策とETF購入がなければ実現しなかったと言える。

Next: 「ゾンビ企業」たちの大清算が始まる?日本政府も大変なことに…

日本政府:金利上昇で膨れ上がる国債利払い、円安との戦いも?

日銀以上に大きな影響を受けるのが政府だ。

おそらく政府ほど、日銀の大規模緩和政策の恩恵を受けてきたところはないはずだ。ここ10年ほどの間は、好き勝手に国債を発行してもそのほとんどを日銀が購入してくれ、しかもほとんどただ同然の格安金利で発行が可能となり、ピーク時は年間で170兆円もの国債を発行できてきた。

さらに2024年度の国債発行総額の計画案では「181兆4,956億円」(財務省)となっている。そのうち、新規国債発行額は34兆9,490億円になるという。2024年度予算では、歳出費の総額は「112兆717億円」、そのうち国債費は「27兆90億円」となり歳出の4分の1程度は使っていることになる。

しかし、今後は違ってくる。内閣府の試算によると、今後長期金利の上昇は2033年度には「3.4%」まで上がり、政府の国債の歳出のうち利払い費だけで「22.6兆円」にも膨らむ見通しになっている。23年度が「7.6兆円」であることを考えると、この10年で3倍に膨れ上がることになる。10年後には、政府の歳入の半分程度を国債の償還や利払い、要するに「借金の返済」に充てなければならないかもしれない。

日本経済が順調に成長を遂げて税収が増えない限り、日銀に依存したままの状況は今後も続くことになりそうだ。

さらに、日銀が金利のある世界に復帰したことで、今後は海外の投資家などが金利の引き上げを催促する金融相場になる可能性も高い。為替市場では、米国のFRBが利下げに踏み切れば、日米の金利差が縮小してくることになる。一時的には円高に振れるものの、その状態がしばらく続けば、市場はまた日銀の利上げを要求して、円安に振れてくる。しばらくは、こうした状態が続くことになり、政府(財務省)と日銀は、行き過ぎた円安に振り回される可能性が高い。

企業:6社に1社?「ゾンビ企業」の大清算が実施される?

10年以上に渡って続いてきた日銀の金融緩和政策によって、大きな影響を受けるもののひとつに「ゾンビ企業」がある。超低金利のおかげで、本来であれば倒産していた企業が、日本には大量に残っている。日本の労働生産性がG7の中で最も低いレベルになっているのも、こうした生産性の低いゾンビ企業が数多く残っているからだ。

ゾンビ企業というのは、国際決済銀行(BIS)の定義では「3年連続でインタレスト・カバレッジ・レシオ(ICR)が1未満、かつ設立10年以上の企業」とされている。簡単に言えば、利益や利息よりも借金の利息などのほうが多い「稼ぎの低い企業」のことで、こうしたゾンビ企業が日本には25万1,000社(2023年11月末現在、帝国データバンク調べ)もあり、全企業の6分の1を占めているそうだ。

日本の大手銀行は、これまでこうしたゾンビ企業への融資を控えていたのだが、コロナ禍に実施された政府系金融機関による実質無利子・無担保による「ゼロゼロ融資」を受けて生き残ってきた。

日本の労働人口の6割を雇用していると言われる中小企業が、金利引き上げによってバタバタと倒産していく時代がやってくるかもしれないわけだ。さらに、大手企業でも有利子負債などが多い企業や業種は、今後難しい経営を強いられる可能性がある。

企業倒産が増えると、これまではその原因の如何に関わらず、大型補正予算を組んで企業倒産を助けてきたのだが、今後はそう簡単には予算も組めなくなる。

現在も行われている物価高対策としての様々な補助金行政も、今後はどんどん減らされていくことになるはずだ。日銀の金融政策正常化に伴って、政府に依存して企業は今後、容赦なく経営破綻させられていくことになる。また、そうならなければ金融正常化の出口戦略は失敗に終わることになる。

Next: 私たちの生活や投資環境はどうなる?小さくないマイナス金利解除の余波

国民(個人):金利は上昇してもせいぜい1%前後、心配なのは金利高による円安?

国民に対する影響は、よく指摘されるのが「住宅ローン金利」の高騰によるものだが、結論から言うと金利の高騰といった心配はあまりいらないのではないか。というのも、日銀が金利のある世界にシフトさせたからと言って、将来の金利水準が欧米のように4~5%に上昇するわけではないからだ。仮にそこまで金利を上昇させたら、日銀も、政府も、企業も大変なことになってしまう。日本経済が成り立たなくなってしまう可能性が高い。

住宅ローンは固定金利と変動金利では大きな差が出るとはいえ、植田日銀総裁も住宅ローン金利については「大幅に上昇するとはみていない」と参院財政金融委員会で述べており、短期金利は上昇したとしても「0.1%程度にとどまる」と述べている。これまで指摘してきたことでもわかるが、マイナス金利が解除できても、日銀・政府・企業への影響が大きすぎて、とても金利をどんどん上げていくような環境ではない、ということだ。実際に、変動型住宅ローンの金利は現在0.3%程度だが、融資期間1年以内の「短期プライムレート(現在は1.475%)」が上昇しなければ、影響はないと言われている。

個人が唯一、金融正常化によって恩恵を得られる可能性のあるものは、預金金利の上昇だが、こちらも短期プライムレートなどが上昇してこないと当面はわずかな恩恵しかないはずだ。

ちなみに、NISAの投資対象となる株式市場や海外の資産に投資する投資信託などは、海外の金融マーケットに影響を受けやすく、日銀の金融正常化の影響はあまり大きくない。ドル円相場も、変動幅は大きくなるものの、大きく円高に振れる可能性は低く、むしろ円安に対して警戒心を持ったほうがいいのかもしれない。

結局、国民が心配しなければならないのは、万一政府がデフォルト(債務不履行)に陥ったり、日銀が債務超過となって日銀券(円)の価値が低下すること。簡単に言えば円安によるインフレの心配をしたほうがいい。

このところ株式市場や金価格、ビットコインなどが史上最高値を更新しているが、世界中の投資家が際限なく発行できる法定通貨よりも、株・金・暗号通貨といった限りある資産を選択している証だろう。

本記事は『マネーボイス』のための書き下ろしです(2024年4月1日)

※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による



貼り付け終わり、










関連記事
コメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の80代 ♂、
朝が迎えられたことに感謝!
小便が出る事に感謝!
おまけの人生を楽しんでまーす(^^♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に、ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ウイルスは怖くない  (24)
ワクチン・ウイルス (121)
新型コロナウイルスとは (40)
新型コロナウイルス(2019-nCoV) (328)
新型コロナワクチン:仕組み&副反応 (299)
2019-nCoVの特効薬 (51)
予防接種を拒否する方法 (17)
下痢・ノロウイルス (11)
狂犬病 (7)
MMS (2)
刺青 (1)
梅毒 (4)
イヤシロチ化 (2)
重曹 (3)
かゆみ (1)
ソマチッド・ケイ素・テラヘルツ鉱石 (20)
子宮頸ガンワクチン&添加物 (56)
カンジダ症:リーキーガット症候群、癌 (20)
がん、ガン、癌、悪性腫瘍 (64)
ヒート・ショック・プロテイン (1)
ラプンツェル症候群 (1)
パーキンソン病 (1)
ミトコンドリア (3)
エボラ出血熱 (45)
多発性硬化症 (1)
光触媒 (1)
元素転換 (1)
抗生物質 (4)
除草剤 (4)
舌診 (1)
火傷 (5)
睡眠 (34)
歯 (28)
虫垂炎 (2)
骨粗鬆症 (1)
口内炎 (1)
歯周病 (4)
片頭痛 (7)
耳鳴り (3)
毛染め (4)
甲状腺 (0)
ADHD (9)
自閉症 (8)
砂糖類 (6)
コーヒー (21)
タバコ (3)
胆石 (2)
肺 (4)
死 (75)
不食 (4)
断食 (8)
美容 (4)
風邪 (6)
輸血 (4)
蜂毒 (15)
日本蜜蜂 (47)
蜂蜜の効用 (9)
月経は無いのが自然 (4)
更年期症状 (3)
母子手帳 (2)
フッ素 (7)
漢方薬 (26)
静脈瘤 (1)
白内障 (2)
花粉症 (8)
重金属毒 (2)
玄米菜食 (3)
心臓疾患 (4)
生卵は駄目 (4)
細胞の脳 (20)
腸内細菌 (5)
自己免疫疾患 (8)
腸:免疫システム (22)
第7の感覚・リンパ系・免疫系 (3)
ピロリ菌 (5)
多剤耐性菌 (11)
風味増強剤 (1)
キシリトール (1)
茶カテキン (3)
食品添加物 (4)
遺伝子組換え (32)
トランス脂肪酸 (2)
アスパルテーム (4)
メープルシロップ (1)
認知症&ケトン体 (39)
DNA (134)
ストレス (5)
コレステロール (1)
分子栄養学三石理論 (105)
分子栄養学(三石理論)入門編 (27)
分子栄養学(三石理論)上級編 (109)
分子栄養学(三石理論)コラム編 (18)
三石理論:医学常識はウソだらけ (1)
分子栄養学(三石理論)栄養素編 (21)
分子栄養学(三石理論):マイコプラズマ肺炎 (4)
医療・薬剤の実体(まとめ・保存版) (54)
医療・薬剤の実体(放射線) (1)
病気はクスリで作られる (7)
医療・薬剤の実体(がん) (2)
鍼灸指圧 (7)
医療・薬剤の実体 (913)
政治・経済・社会 (815)
文明800年周期 (1)
覚せい剤・麻薬 (22)
大麻 (24)
言論封殺 (0)
不正選挙 (15)
乳酸菌(豆乳ヨーグルト) (13)
グルンバ・乳酸菌軍団 (198)
飯山さん(日本仙人道) (0)
飯山一郎 保存版 (9)
飯山一郎さん (244)
乳酸菌同盟 (16)
乳酸菌 (30)
黄金の金玉団 (46)
nueqさん (3001)
達人さん (19)
宝石 (135)
写真 (147)
宇宙 (305)
物理 (69)
数学 (10)
太陽系 (29)
電磁波 (107)
宇宙全史 (24)
リザムの宇宙 (36)
銀河ネットワーク情報 (9)
その木に成って55さん (55)
シドニーおちんさん (3)
写真&未来の変え方 (22)
シドニーおちんの地図のある旅 (12)
意識を集中すると何かが起こる (3862)
飯山さん『放射性セシウムの無害化』 (3)
放射線レベルを1/10に操作 (4)
不思議な茨城県北部地震 (5)
原発再稼動&新設反対 (273)
ガイガーカウンター (4)
モルジェロンズ病&ケムトレイル (16)
ケムトレイル観察紀行(写真) (34)
ケムトレイル・気象操作 (313)
ケムトレイル保存版 (91)
HAARP (43)
サバイバル(術編) (233)
放射能「ぶらぶら病」 (6)
放射能被曝による鼻血 (46)
ホルミシス効果(放射能) (1)
放射能からのサバイバル (337)
放射能からのサバイバル 保存版 (20)
分子栄養学(三石理論)放射性物質対策 (1)
サバイバル「三脈の法・眼脈の法」 (10)
八ッ場は毒ヒ素ダム (1)
シオンの議定書 (2)
お金の仕組み (12)
ネットは危険 (221)
日本国支配 (26)
大東亜戦争 (1)
ノーベル賞 (1)
STAP細胞 (137)
ビルゲイツ 軽井沢別荘 (6)
フルベッキ写真 (0)
老子「道徳経」 (4)
奥の院:保存版 (55)
奥の院 (68)
バランサー:工作員 (11)
日月神示~奥の院 (4)
ユダヤと世界の歴史 (7)
会社化で支配 (28)
エンパス (1)
韓国関連 (0)
日本自立 (20)
偽旗作戦 (2)
集団ストーカー (89)
経済 (115)
間違い (18)
アヌンナキ (4)
地球なんでも鑑定団 (12)
温暖化:原発温排水 (5)
台風15号 (34)
NBBさん (3)
未分類 (5408)
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

                         悪がきboy's ベル&タイガー

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々

光軍の戦士のブログ
検索フォーム
リンク
飯山です