fc2ブログ

人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

■チェルノブイリに生息する線虫、全く放射線の影響を受けないことが判明

カラパイア:チェルノブイリに生息する線虫、全く放射線の影響を受けないことが判明 2024年03月09日より転載します。
貼り付け開始、

https://karapaia.com/archives/52330123.html

チェルノブイリの線虫は放射線の影響を一切受けないことが判明

 原発事故があったチェルノブイリ原子力発電所周辺の立ち入り禁止区域で、小さな線虫の遺伝子を調べてみたところ、未だ高レベルの放射線汚染にもかかわらず、まったく影響を受けていないことが判明したそうだ。

 一般に、このような厳しい環境下では生物の遺伝子が傷つくだろうと考えられるが、少なくとも土の中で暮らす線虫ではそのような気配がまるでなかったのだ。

 ただし研究チームによるなら、これは放射線が安全ということではなく、むしろ線虫の回復力や適応能力の高さを示すもので、将来的に人間の医学への応用が期待される。

チェルノブイリ立ち入り禁止区域で暮らす野生生物たち


 1986年4月、人類史上最悪の原発事故「チェルノブイリ原子力発電所事故」が発生。それによって周辺地域は、高濃度の放射線物質に汚染され、人が住めない地となった。

 地元の住民たちは避難を余儀なくされ、ウクライナのプリピャチ近郊は現在でも政府の許可なく立ち入ることが禁止されている。

 この地域を汚染した放射性物質は、生物にとって危険なレベルの放射線を放ち、それを大量に浴びれば突然変異・ガンのリスクが高まり、下手をすれば命にかかわる恐れもある。

 だが皮肉なことに、そこから人間がいなくなったおかげで、2600km2に(東京都の面積は2194km2)およぶ立ち入り禁止区域は、野生の動植物の楽園となっている。

 これまでの調査では、この区域で暮らす動物たちは、外の生き物たち遺伝的な違いがあることが明らかになっている。

 とは言え、放射線が区域の生態系にどのような影響を与えたのか、はっきりとわからないことが多い。

 ニューヨーク大学の生物学者ソフィア・ティントリ氏はこう語る。
チョルノブイリの悲劇は、理解が及ばないほどのものです。この事故が区域の生物に及ぼした影響は、まだよくわかっていません。

突然の環境変化で、放射線に強い種や個体が選別されるといったことがあったのでしょうか

iStock-1395220426
photo by iStock

チェルノブイリに生息する線虫を調査


 この疑問を明らかにするヒントを、小さな「線虫(線形動物)」が教えてくれるかもしれない。線虫は、土の中や生物の体内など、さまざまなところで生きるごく小さな生き物だ。

 中にはとても丈夫な種もおり、4万年の時を経て永久凍土の中から目覚めた線虫まで発見されている。

 そのゲノムはシンプルで、また寿命が短いために世代のサイクルも速い。だから放射線がその体やDNAにどのような影響を与えたのか、個体レベルだけでなく、世代レベルで調べるのにうってつけだ。
 そこで、ティントリ氏らはチェルノブイリ立ち入り禁止区域で、土壌に生息する「Oschieus tipulae」という線虫を探すことにした。

 防護服を着用し、ガイガーカウンターで周囲の放射線を測定しつつ、腐った果実・葉っぱ・土から数百匹の線虫を集めた。

1709591439460
線虫を採取するティントリ氏 / image credit:Matthew Rockman


チェルノブイリ線虫は放射線によるDNA損傷がまったくなかった


 それらを実験室で培養してから遺伝子を解析し、その結果を、フィリピン・ドイツ・アメリカ・モーリシャス・オーストラリアなど、世界各地で採集された線虫のものと比べてみた

 するとチェルノブイリ立ち入り禁止区域の線虫は、ほかの区域の線虫とは遺伝的に違うことが明らかになった。

 だがそれは生息地の地理的な距離を反映したもので、何らおかしなところはない。

 それよりも興味をそそられるのは、世代交代を繰り返したチェルノブイリの線虫には、放射線によるDNA損傷の痕跡がまるで見られなかったことだ。

 チェルノブイリのような環境で予測される広範囲にわたる染色体の変化はなく、遺伝子の突然変異率と放射線の強さとの相関関係も認められなかった。

 さらに線虫の世代にわたる影響を調べたところ、祖先が放射線に被曝していたからといって、その子孫が放射線にひときわ強くなるといったこともなかった。

 こうしたことから、ティントリ氏らは、チェルノブイリ立ち入り禁止区域の環境が線虫のゲノムに影響を与えた証拠はないと結論づけている。

no title
チェルノブイリで採取された線虫には放射線による影響が一切なかった / image credit:(Sophia Tintori

人間のがん治療に役立つ可能性


 こうした発見は、人によってがんのなりやすさに違いがある理由を解明するヒントになるかもしれない。

「線虫のどの系統がDNAが傷つきやすいのか明らかになりました。これを踏まえれば、個体によって発がん物質の影響に差異がある理由を研究できます」と、ティントリ氏は話す。

 身の回りにあるDNAを傷つける物質から受ける影響に個人差があるのだとすれば、それを調べることで身を守る方法も上手に考えられるようになるはずだ。

 この研究は『PNAS』(2024年3月5日付)に掲載された。

References:Tiny Worms Tolerate Chornobyl Radiation / written by hiroching / edited by / parumo

追記(2024/03/09)タイトルを修正して再送します。




あわせて読みたい

チェルノブイリの黒いカエルが適応進化の過程を明らかにする


チェルノブイリの犬たちが教えてくれる放射線についてのこと


チェルノブイリで繁殖した放射線を食べる菌が宇宙飛行士や宇宙旅行者を救う(米研究)


チェルノブイリの被曝者から生まれた子供たちの遺伝子を調査。被曝の影響は見られず(国際研究)


人間のいなくなった世界。チェルノブイリの立入禁止区域で暮らす野生動物たちのドキュメンタリー映像(捕食行動あり)



貼り付け終わり、






関連記事
コメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の80代 ♂、
朝が迎えられたことに感謝!
小便が出る事に感謝!
おまけの人生を楽しんでまーす(^^♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に、ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ウイルスは怖くない  (24)
ワクチン・ウイルス (121)
新型コロナウイルスとは (40)
新型コロナウイルス(2019-nCoV) (329)
新型コロナワクチン:仕組み&副反応 (305)
2019-nCoVの特効薬 (51)
予防接種を拒否する方法 (17)
下痢・ノロウイルス (11)
狂犬病 (7)
MMS (2)
刺青 (1)
梅毒 (4)
イヤシロチ化 (2)
重曹 (3)
かゆみ (1)
ソマチッド・ケイ素・テラヘルツ鉱石 (20)
子宮頸ガンワクチン&添加物 (56)
カンジダ症:リーキーガット症候群、癌 (20)
がん、ガン、癌、悪性腫瘍 (64)
ヒート・ショック・プロテイン (1)
ラプンツェル症候群 (1)
パーキンソン病 (1)
ミトコンドリア (3)
エボラ出血熱 (45)
多発性硬化症 (1)
光触媒 (1)
元素転換 (1)
抗生物質 (4)
除草剤 (4)
舌診 (1)
火傷 (5)
睡眠 (34)
歯 (28)
虫垂炎 (2)
骨粗鬆症 (1)
口内炎 (1)
歯周病 (4)
片頭痛 (7)
耳鳴り (3)
毛染め (4)
甲状腺 (0)
ADHD (9)
自閉症 (8)
砂糖類 (6)
コーヒー (21)
タバコ (3)
胆石 (2)
肺 (4)
死 (76)
不食 (4)
断食 (8)
美容 (4)
風邪 (6)
輸血 (4)
蜂毒 (15)
日本蜜蜂 (47)
蜂蜜の効用 (9)
月経は無いのが自然 (4)
更年期症状 (3)
母子手帳 (2)
フッ素 (7)
漢方薬 (26)
静脈瘤 (1)
白内障 (2)
花粉症 (8)
重金属毒 (2)
玄米菜食 (3)
心臓疾患 (4)
生卵は駄目 (4)
細胞の脳 (20)
腸内細菌 (5)
自己免疫疾患 (8)
腸:免疫システム (22)
第7の感覚・リンパ系・免疫系 (3)
ピロリ菌 (5)
多剤耐性菌 (11)
風味増強剤 (1)
キシリトール (1)
茶カテキン (3)
食品添加物 (4)
遺伝子組換え (32)
トランス脂肪酸 (2)
アスパルテーム (4)
メープルシロップ (1)
認知症&ケトン体 (39)
DNA (134)
ストレス (5)
コレステロール (1)
分子栄養学三石理論 (105)
分子栄養学(三石理論)入門編 (27)
分子栄養学(三石理論)上級編 (109)
分子栄養学(三石理論)コラム編 (18)
三石理論:医学常識はウソだらけ (1)
分子栄養学(三石理論)栄養素編 (21)
分子栄養学(三石理論):マイコプラズマ肺炎 (4)
医療・薬剤の実体(まとめ・保存版) (54)
医療・薬剤の実体(放射線) (1)
病気はクスリで作られる (7)
医療・薬剤の実体(がん) (2)
鍼灸指圧 (7)
医療・薬剤の実体 (913)
政治・経済・社会 (815)
文明800年周期 (1)
覚せい剤・麻薬 (22)
大麻 (24)
言論封殺 (0)
不正選挙 (15)
乳酸菌(豆乳ヨーグルト) (13)
グルンバ・乳酸菌軍団 (198)
飯山さん(日本仙人道) (0)
飯山一郎 保存版 (9)
飯山一郎さん (244)
乳酸菌同盟 (16)
乳酸菌 (30)
黄金の金玉団 (46)
nueqさん (3002)
達人さん (19)
宝石 (135)
写真 (147)
宇宙 (306)
物理 (69)
数学 (10)
太陽系 (29)
電磁波 (107)
宇宙全史 (24)
リザムの宇宙 (36)
銀河ネットワーク情報 (9)
その木に成って55さん (55)
シドニーおちんさん (3)
写真&未来の変え方 (22)
シドニーおちんの地図のある旅 (12)
意識を集中すると何かが起こる (3862)
飯山さん『放射性セシウムの無害化』 (3)
放射線レベルを1/10に操作 (4)
不思議な茨城県北部地震 (5)
原発再稼動&新設反対 (273)
ガイガーカウンター (4)
モルジェロンズ病&ケムトレイル (16)
ケムトレイル観察紀行(写真) (34)
ケムトレイル・気象操作 (313)
ケムトレイル保存版 (91)
HAARP (43)
サバイバル(術編) (233)
放射能「ぶらぶら病」 (6)
放射能被曝による鼻血 (46)
ホルミシス効果(放射能) (1)
放射能からのサバイバル (337)
放射能からのサバイバル 保存版 (20)
分子栄養学(三石理論)放射性物質対策 (1)
サバイバル「三脈の法・眼脈の法」 (10)
八ッ場は毒ヒ素ダム (1)
シオンの議定書 (2)
お金の仕組み (12)
ネットは危険 (222)
日本国支配 (26)
大東亜戦争 (1)
ノーベル賞 (1)
STAP細胞 (137)
ビルゲイツ 軽井沢別荘 (6)
フルベッキ写真 (0)
老子「道徳経」 (4)
奥の院:保存版 (55)
奥の院 (68)
バランサー:工作員 (11)
日月神示~奥の院 (4)
ユダヤと世界の歴史 (7)
会社化で支配 (28)
エンパス (1)
韓国関連 (0)
日本自立 (20)
偽旗作戦 (2)
集団ストーカー (89)
経済 (115)
間違い (18)
アヌンナキ (4)
地球なんでも鑑定団 (12)
温暖化:原発温排水 (5)
台風15号 (34)
NBBさん (3)
未分類 (5416)
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

                         悪がきboy's ベル&タイガー

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々

光軍の戦士のブログ
検索フォーム
リンク
飯山です