fc2ブログ

人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

■4万円に向かう日経平均株価の「リスク回避指数」を公開。

MAG2 NEWS:4万円に向かう日経平均株価の「リスク回避指数」を公開。ファンダメンタルズとの乖離をデータで見える化する マネー 2024.03.02より転載します。
貼り付け開始、

https://www.mag2.com/p/news/594121

20240301nikkei225_eye

3月1日の日経平均株価は大幅反発。終値は前日比744円高の3万9910円となり、3日ぶりに史上最高値を更新しました。夜間の日経平均先物(期近)も堅調に推移し4万190円で取引を終了しており、3月8日寄り付きのメジャーSQは大台4万円や4万1000円の節目をめぐる攻防になるとの見方も。今回は、年初からここまで押し目らしい押し目をほとんどつけず、7000円幅の急騰を見せた日経平均株価の“現在地”について、無料メルマガ『投資の視点』著者の日暮昭さんが独自の「リスク回避指数」を使って解説します。

筆者プロフィール日暮昭
日本経済新聞社でデータベースに基づく証券分析サービスの開発に従事。ポートフォリオ分析システム、各種の日経株価指数、年金評価サービスの開発を担当。インテリジェント・インフォメーション・サービス代表。統計を用いた客観的な投資判断のための市場・銘柄分析を得意とする。

【資産運用のブティック街ー投資の地力養成講座】
≪ポートフォリオ戦略実践講座≫
─ 日経平均史上最高値更新をファンダメンタルズで評価 ─


日経平均はファンダメンタルズからかい離

株式相場は今年初からの急騰で日経平均は2月22日に3万9,098円をつけ、1989年末の3万8,915円以来の史上最高値を34年ぶりに更新しました。

市場関係者の間では、「相場はこの最高値更新を機に新しい世界が開けた!一気にもう一段高に進むぞ。」という勇ましい見方がある一方、「この最高値更新はバブルとはいかないまでも年初来の急騰の一つの区切りであり、ここで相場は一服あるいは調整局面に入る。」という慎重な見方もあるようです。

今回はこうした見方の違いに客観的な判断をするための材料として、“相場はいずれファンダメンタルズに戻る”という株式市場の原則に則って相場変動の評価を行います。まず、相場とファンダメンタルズとのかい離の実際を見てみましょう

下の図は日経平均と、ファンダメンタルズに基づく日経平均の水準を示す「基準相場」について、コロナ・ショックを含む2020年初から日経平均史上最高値を更新した2024年2月22日まで日次ベースの推移と相場の節目における両者のかい離を併せて示したグラフです。

日経平均と「基準相場」の推移と節目における両者のかい離
─2020年1月6日~2024年2月22日─

ts20240301-1

 紺色の線が日経平均、赤線が「基準相場」です。

図で緑色の枠はコロナ・ショック前とコロナ・ショックによる相場波乱が収まった後でロシアのウクライナ侵攻が始まるちょうど間の時期に日経平均と基準相場がほぼ一致、すなわち株式相場がファンダメンタルズに見合う“正当な水準”にあったことを示します。白色の枠は相場変動の節目である、コロナ・ショックによる底値とその後の高値、およびロシアのウクライナ侵攻後の底値を示します。そして薄赤色の枠が今回の日経平均の史上最高値を示します。

日経平均は変動を繰り返しながら基準相場(ファンダメンタルズ)に回帰しており、かい離の程度と相場の動きに注目します。

図から、この間の日経平均が基準相場と最もかい離したのはコロナ・ショックからの回復に続く上昇で付けた高値時における6,928円(29.4%)で2番目がコロナ・ショックによる急落時の6,003円(26.6%)、3番目がウクライナ侵攻後の底値である4,336円(14.4%)です。そして今回の日経平均最高値更新時は4,093円(11.6%)で4番目になります。

確かに今回の最高値更新時のかい離はそれなりに大幅ですがこれまでのかい離の実勢からは4番目で、特別大きいとは言えません。かい離の状況だけでは日経平均が最高値を付けた今後の相場動向を適正に判断するには役不足と言わざるを得ません。

相場の過熱、下げ過ぎの状況を評価する「リスク回避指数」によると・・・

そこで、当講座では日経平均(実際の株式相場)と基準相場(ファンダメンタルズ)とのかい離の状態を統計的に処理して、相場が上げ過ぎまたは下げ過ぎの状態から反転する可能性の高さを示す指標、「リスク回避指数」を開発しました。

この指標は株式市場のリスクの大きさを表すもので、その大きさを直感的に捉えられるよう、入学試験の難易度を表す指標として馴染みの深い“偏差値”として示します。

すなわち、50点であれば市場のリスクが高くも低くもない完全な中立状態、50点を挟んで40点から60点の間であれば市場のリスクは通常の変動の範囲で特別な対応は必要がない穏やかな状態であることを示します。

そして、70点以上であれば、市場リスクは投資家が株式市場から逃げ出す(株を売る)のに十分な高さで、相場がファンダメンタルズで説明のつかないところまで下げる、いわゆる「リスクオフ」の状態になり、逆に30点以下になれば市場リスクが投資家がより高いリターンを求めて株式市場に続々参入する(株を買う)のに十分な低さで、相場がファンダメンタルズでは説明のつかないところまで上昇するいわゆる「リスクオン」の状態になります。
*「リスク回避指数」について詳しくはこちらをご参照ください。

 下図は「リスク回避指数」の推移を示したグラフです。

「リスク回避指数」の推移
─2020年1月6日~2024年2月22日─
ts20240301-2

中央の黒い横線が50点でリスクが中立の位置を、緑線が40点と60点の市場リスクが安定状態である範囲を、そして70点と30点を示す赤線がそれぞれリスクオフとリスクオンの境界を示します。さらにこの境界の外側にある濃い赤線は、通常ではあり得ない程の極端なリスクオフと極端なリスクオンの領域を表します。

図から、期初の2020年初では指数は50点台で相場は完全に安定していたのが2020年3月のコロナ・ショックによる急落時には83点台と極端なリスクオフの事態になりました。そしてこの通常ではあり得ない状況からの反動はまた通常ではあり得ない極端な形となり、2021年2月の高値時には14点台と極端なリスクオン状態になりました。コロナ・ショックは株式市場にとって異常な事態であったことが改めて確認された形です。

ちなみに冒頭のグラフと対比してみると、これら極端なリスクオフ、リスクオンとなった直後に相場は反転しており、当指数による相場転換の判断が有効であることが立証された形です。

その後はロシアのウクライナ侵攻による相場低迷時の2022年10月に71点台と一時的にリスクオフに入りましたがそれ以降は市場リスクは着実に中立状態の50点に向かい相場は正常化に向かいました。

そして、2024年初から市場リスクは低下のペースを速め、相場も歩調を合わせて上昇、2月22日の日経平均史上最高値に達しました。この時点のリスク回避指数は36点台です。

この水準の市場リスクは通常の変動範囲である40点を切っていることから株式市場は全く穏やかな状況とは言えず、さらにリスクが低下してリスクオンまで至れば相場反転の警戒が必要になります。

現状はリスクオンの予備領域ということで、相場はやや上ずっているとの感は否めず、いくらか調整が入っても不思議ではない状況と言えそうです。

この記事の著者・日暮昭さんのメルマガ

無料で読む

image by: 投資の視点

日暮昭この著者の記事一覧


日本経済新聞社でデータベースに基づく証券分析サービスの開発に従事。ポートフォリオ分析システム、各種の日経株価指数、年金評価サービスの開発を担当。インテリジェント・インフォメーション・サービス代表。統計を用いた客観的な投資判断のための市場・銘柄分析を得意とする。


無料メルマガ好評配信中


貼り付け終わり、









関連記事
コメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の80代 ♂、
朝が迎えられたことに感謝!
小便が出る事に感謝!
おまけの人生を楽しんでまーす(^^♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に、ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ウイルスは怖くない  (24)
ワクチン・ウイルス (121)
新型コロナウイルスとは (40)
新型コロナウイルス(2019-nCoV) (328)
新型コロナワクチン:仕組み&副反応 (299)
2019-nCoVの特効薬 (51)
予防接種を拒否する方法 (17)
下痢・ノロウイルス (11)
狂犬病 (7)
MMS (2)
刺青 (1)
梅毒 (4)
イヤシロチ化 (2)
重曹 (3)
かゆみ (1)
ソマチッド・ケイ素・テラヘルツ鉱石 (20)
子宮頸ガンワクチン&添加物 (56)
カンジダ症:リーキーガット症候群、癌 (20)
がん、ガン、癌、悪性腫瘍 (64)
ヒート・ショック・プロテイン (1)
ラプンツェル症候群 (1)
パーキンソン病 (1)
ミトコンドリア (3)
エボラ出血熱 (45)
多発性硬化症 (1)
光触媒 (1)
元素転換 (1)
抗生物質 (4)
除草剤 (4)
舌診 (1)
火傷 (5)
睡眠 (34)
歯 (28)
虫垂炎 (2)
骨粗鬆症 (1)
口内炎 (1)
歯周病 (4)
片頭痛 (7)
耳鳴り (3)
毛染め (4)
甲状腺 (0)
ADHD (9)
自閉症 (8)
砂糖類 (6)
コーヒー (21)
タバコ (3)
胆石 (2)
肺 (4)
死 (75)
不食 (4)
断食 (8)
美容 (4)
風邪 (6)
輸血 (4)
蜂毒 (15)
日本蜜蜂 (47)
蜂蜜の効用 (9)
月経は無いのが自然 (4)
更年期症状 (3)
母子手帳 (2)
フッ素 (7)
漢方薬 (26)
静脈瘤 (1)
白内障 (2)
花粉症 (8)
重金属毒 (2)
玄米菜食 (3)
心臓疾患 (4)
生卵は駄目 (4)
細胞の脳 (20)
腸内細菌 (5)
自己免疫疾患 (8)
腸:免疫システム (22)
第7の感覚・リンパ系・免疫系 (3)
ピロリ菌 (5)
多剤耐性菌 (11)
風味増強剤 (1)
キシリトール (1)
茶カテキン (3)
食品添加物 (4)
遺伝子組換え (32)
トランス脂肪酸 (2)
アスパルテーム (4)
メープルシロップ (1)
認知症&ケトン体 (39)
DNA (134)
ストレス (5)
コレステロール (1)
分子栄養学三石理論 (105)
分子栄養学(三石理論)入門編 (27)
分子栄養学(三石理論)上級編 (109)
分子栄養学(三石理論)コラム編 (18)
三石理論:医学常識はウソだらけ (1)
分子栄養学(三石理論)栄養素編 (21)
分子栄養学(三石理論):マイコプラズマ肺炎 (4)
医療・薬剤の実体(まとめ・保存版) (54)
医療・薬剤の実体(放射線) (1)
病気はクスリで作られる (7)
医療・薬剤の実体(がん) (2)
鍼灸指圧 (7)
医療・薬剤の実体 (913)
政治・経済・社会 (815)
文明800年周期 (1)
覚せい剤・麻薬 (22)
大麻 (24)
言論封殺 (0)
不正選挙 (15)
乳酸菌(豆乳ヨーグルト) (13)
グルンバ・乳酸菌軍団 (198)
飯山さん(日本仙人道) (0)
飯山一郎 保存版 (9)
飯山一郎さん (244)
乳酸菌同盟 (16)
乳酸菌 (30)
黄金の金玉団 (46)
nueqさん (3001)
達人さん (19)
宝石 (135)
写真 (147)
宇宙 (305)
物理 (69)
数学 (10)
太陽系 (29)
電磁波 (107)
宇宙全史 (24)
リザムの宇宙 (36)
銀河ネットワーク情報 (9)
その木に成って55さん (55)
シドニーおちんさん (3)
写真&未来の変え方 (22)
シドニーおちんの地図のある旅 (12)
意識を集中すると何かが起こる (3862)
飯山さん『放射性セシウムの無害化』 (3)
放射線レベルを1/10に操作 (4)
不思議な茨城県北部地震 (5)
原発再稼動&新設反対 (273)
ガイガーカウンター (4)
モルジェロンズ病&ケムトレイル (16)
ケムトレイル観察紀行(写真) (34)
ケムトレイル・気象操作 (313)
ケムトレイル保存版 (91)
HAARP (43)
サバイバル(術編) (233)
放射能「ぶらぶら病」 (6)
放射能被曝による鼻血 (46)
ホルミシス効果(放射能) (1)
放射能からのサバイバル (337)
放射能からのサバイバル 保存版 (20)
分子栄養学(三石理論)放射性物質対策 (1)
サバイバル「三脈の法・眼脈の法」 (10)
八ッ場は毒ヒ素ダム (1)
シオンの議定書 (2)
お金の仕組み (12)
ネットは危険 (221)
日本国支配 (26)
大東亜戦争 (1)
ノーベル賞 (1)
STAP細胞 (137)
ビルゲイツ 軽井沢別荘 (6)
フルベッキ写真 (0)
老子「道徳経」 (4)
奥の院:保存版 (55)
奥の院 (68)
バランサー:工作員 (11)
日月神示~奥の院 (4)
ユダヤと世界の歴史 (7)
会社化で支配 (28)
エンパス (1)
韓国関連 (0)
日本自立 (20)
偽旗作戦 (2)
集団ストーカー (89)
経済 (115)
間違い (18)
アヌンナキ (4)
地球なんでも鑑定団 (12)
温暖化:原発温排水 (5)
台風15号 (34)
NBBさん (3)
未分類 (5408)
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

                         悪がきboy's ベル&タイガー

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々

光軍の戦士のブログ
検索フォーム
リンク
飯山です