fc2ブログ

人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

■日本を蝕む「自民党バイアス」の正体。

MAG2 NEWS:日本を蝕む「自民党バイアス」の正体。売国カルト議員を消去法で選ばせる心理戦、反日政権が国民家畜化に成功した理由2024.02.20より転載します。
貼り付け開始、

https://www.mag2.com/p/news/593261

20240219ldpofjapanelection_eye

「自民党の裏金問題が批判される昨今だが、この嵐が通り過ぎれば、またぞろ自民党が我が国の政権を担い続けることになるのだろう」と危機感を募らせるのは、投資コンサルタント&マネーアナリストの神樹兵輔さん。心理学や行動経済学に関する著書もある神樹さんは、数々の悪政で自分たちを苦しめてきた“反日・売国集団”の自民党を、なぜか多くの国民が支持してしまう背景に「認知バイアス」の深刻な影響があると指摘。このままでは、日本国民は貧困化するばかりだと警鐘を鳴らしています。(メルマガ『神樹兵輔の衰退ニッポンの暗黒地図──政治・経済・社会・マネー・投資の闇をえぐる!』より)

なぜ反日・売国・世襲・カネまみれの自民党が政権を担い続けられるのか?日本国民の多くが陥った不幸な「認知バイアス」の不思議!

本メルマガではこれまで、日本国の衰退と腐敗の元凶である自民党や、そのスポンサーである経団連について厳しい批判を繰り広げてきました。

自由民主党という政権政党による悪政で、とことん貧乏にさせられてきた日本国民はなぜ、いまだに目覚めることができないのでしょうか。

【関連】「植民地ニッポン」の作り方。米国と自民売国政府は“よく働きよく従う”優良属国をどう実現したか?


【関連】続「植民地ニッポン」の作り方。反日売国自民党が「保守ヅラ」する日本の風習は64年前「日米合同委員会」から始まった

昨今は、自民党派閥の政治資金パーティーのキックバックやら裏ガネの問題で、国民からの信頼も地に落ちているようですが、この嵐が通り過ぎれば、またぞろ自民党が政権を担い続けることも大いに予想できます。

何しろ、これだけ自民党が叩かれていても、他の野党の支持率が上がったというわけでもないからです。今回の騒動もまた、喉元過ぎれば……で終わるのでしょうか。今回は、そうした自民党が延々と政権を担い続けられる謎について、認知科学の分野から少々探ってみたいと思うのです。

まるで肉屋を支持する豚?「仕方がない」「わからない」


2019年10月、安倍政権が消費税率を8%から10%に引き上げる際の国民の意識調査では、6割が明確に反対だったのに対して、4割の国民は「仕方がない」「わからない」という回答でした。

驚くべきことに、消費に10%もの罰金が課せられることと同様の事態というのに、消費税率10%に、4割もの国民が反対ではなかったのです。

これこそが「脳のクセ」でもある「認知の歪み」に他なりません。

可処分所得(自由に使える手取り収入)が減るというのに、それでも「構わない」「しょうがない」という人たちが、国民の半数近くもいたのですから、正気の沙汰とは思えません。

また、岸田政権の「軍拡」に関しては、世論調査では、何と6割超もの国民が「賛成」であり、「反対」はたったの12%しかいなかったという調査もあるのですから、これまた驚かされました(2023年の朝日新聞と東京大学・谷口将紀研究室の調査)。

ただし、軍拡が、法人税、所得税、タバコ税などの増税につながることには、新聞各紙の世論調査でも反対が7割近くにものぼっていました。「増税は反対」だけれども「軍拡は賛成」というチグハグな結果に、筆者はこれまた複雑な心境にさせられたものでした。

どうも、昨今では「平和憲法」とか「戦争放棄」といった日本国憲法の根幹への国民意識が相当に変わってきているのではないか──と疑わせるのに十分だったからなのです。

いったい、こういう風潮は何を意味するのでしょうか。あたかも自民党の政策に肯定的な反応が示されているのです。

今回は著者の別名義(神岡真司)での研究テーマである「心理学」と「行動経済学」の観点から、自民党をなぜ政権政党として支持してしまうのか──この問題を考えてみます。

「認知バイアス」の不思議!合理的判断から外れた「偏見」「先入観」「脳の判断基準の歪み」が人の心を左右する!

近年は、「認知バイアス」という行動経済学の言葉が相当浸透してきたように思います。

「認知バイアス」とは、私たちの脳のはたらきが、必ずしも合理的かつ賢明に機能するとは限らないことを示す概念です。

イスラエル出身で米国の心理学者ダニエル・カーネマン博士が2002年に、経済学に認知科学を融合させた功績で、「ノーベル経済学賞」を受賞してから、「行動経済学」という分野が非常に有名になり、さまざまな事例に当てはめられ解説がなされてきたものです。

従来の経済学では、人々が合理的に行動することを前提に、さまざまな経済事象が論じられてきました。しかし現実には、そうではない事例もたくさんあることが、「認知科学」的なアプローチによってかなり分かってきた──というわけなのです。

なぜ私たちは「不合理な判断」を下してしまうのか?

たとえば、カーネマン博士が唱えた「プロスペクト理論」は、別名「損失回避の法則」と呼ばれて大変有名です。「価値関数」と「確率加重関数」を用いることで説得力を高めています。

例として挙げれば、値上がりすると思って買った株が、意に反して値下がりした場合、一般的に多くの人は「損切り」がなかなかできないものなのです。

なぜなら、「損失を確定」させることが嫌なばかりに、「きっとまた上がるはずだ……」と思い直してそのまま持ち続けたり、「ナンピン買い」で、安い価格で「もっと買おう」と思ってしまう人が多いからです。

そして、希望的観測でその後の「値上がり」を心待ちにする。これは「損失」が具現化されるのを、ことさら嫌う心理のはたらきによるものです。

その結果もっと値下がりして、今度は安値すぎて、売るに売れないほどの「塩漬け株」にしてしまい、投下資金を何年もの長期にわたって寝かせることになってしまう人が多いわけです。

これらは「10万円もらった時の嬉しさよりも、10万円を落とした時のガッカリ感のほうが、喜びの2・25倍も人の感情に影響を及ぼす」という認知科学の「価値関数」のデータによって裏付けられています。

さらに、買った株が値下がりした時に、「もっと下がるかもしれない」というリスクを過小に判断する傾向は、「高い確率を低く見積もり、低い確率を高く見積もる」という人間の「確率加重関数」によっても裏付けられています。「手術の成功率は95%」と医師から告げられていても、「いや、成功率100%でなく、5%でも失敗の確率があるのは、心配このうえない…」といった不安心理を誘発させるのです。

あるいは反対に、値下がりした株については、「あなたが買ったその株が今後値上がりする確率は、もはや30%ぐらいしかありませんよ」と評されても、「30%も値上がりする確率があるなら、このまま持ち続けよう」などという心境になるのも、低い確率を高く見積もりがちな人間の性向です。

この「確率加重関数」は、概ね40%を境に生じやすい現象であることを、カーネマン博士は実証実験で突き止めています。

自分にとって合格確率が低い何かの試験であっても、「何が何でも〇〇に合格してやるんだ」と頑張る人がいるのは、この「確率加重関数」の影響が深くかかわっている──ということも窺えるわけです。

これは、35年にも及ぶ住宅ローンで5000万円の借金をして、マイホームを購入する──という判断においても、「35年もの間、5000万円もの借金を返し続けられるのか?」という途方もないリスクに対して、「大丈夫だ。何とかなるさ……」と、大きなリスクを過小評価してしまう残念なケースにも当てはまるでしょう。

こうした人間の「認知バイアス」については、筆者の著書の宣伝になりますが、筆者の別名義である「神岡真司」の著作として、2月19日に全国書店で発売になる『脳のクセを徹底活用!「認知バイアス」最強心理スキル45』(税込1650円・清流出版)でも詳しく解説していますので、ぜひご参考にしていただければ幸いです。

世襲議員は「地盤」「看板」「カバン」の3バンが立候補の時から作用して選挙戦で非常に有利!


さて、それらを踏まえて、自民党の国会議員は4割近くが世襲議員です。2代目、3代目議員がウヨウヨいるのです。

ここでいう世襲議員の定義は、「父母、義父母、祖父母の他、3親等内の親族が国会議員または地方首長もしくは地方議員だった場合」を指しています。

世襲でない新人の場合であっても、選挙でひとたび当選すると、国会議員の報酬と待遇があまりにもよすぎるので、封建領主気取りになって、息子や娘に世襲でポストを継がせたいと思うのが、多くの親バカ議員に通じる心理でもあるのでしょう。

こうして2代目、3代目の世襲議員が増殖し、はびこっていく構図があるのです。

本メルマガで、かねて議員の報酬や待遇については詳細をお伝えしていますが、選挙の際に当選に有効なアイテムとしては、「地盤(後援会組織)」「看板(知名度)」「カバン(政治資金)」の「3バン」が非常に重要といわれています。

世襲議員は、親から知名度とともに選挙地盤を受け継ぎ、カネの詰まった政治資金団体を「無税」で引き継ぎます。

自分の力で世の中を泳ぎ渡った社会経験がまるでない、あるいはコネで社会人になったようなひ弱な議員の子息でも、親の後を継いで立候補すれば、それだけで当選に近づくほど非常に有利です。

親の後を継いで、若くして国会議員になれば、自民党の組織内では、多くのポジションを経験でき、党内出世も早まります。

こうして首相をはじめ、構成する閣僚メンバーの6割~7割が世襲バカボン議員で占められる現状となっているのです。

世襲議員には、もとより国政への見識や使命感はありません。彼らのレーゾンデートル(存在価値)は、「一族の存続と繁栄」という目標に向かって、利権や口利きで資産構築に走ることのみとなります。

次ページ:6つの認知バイアスが世襲議員を生み出している

有権者が「世襲議員」を生み出す「認知バイアス」とは?

そんな自民党の世襲議員を、有権者が選ばなければよいだけのはずですが、なぜ世襲候補は有権者の票を集めやすいのでしょうか。

ひとつには、世襲候補は、当選を重ねてきた先代と氏名や顔つきが似通っている──ということが特徴として挙げられます。

先代からの支持者は、それだけで、世襲候補者にも同類項・共通項があるように感じるからです。

既得権益や利権が先代の時代からもたらされていれば、これは十分大きな動機付けにもなります。後援会組織などには「現状維持バイアス」がはたらくからです。

また、これまで培い育ててきた「後援会組織」を維持していかないと、先代を長年応援してきた過去の努力が無駄になるかもしれないという「喪失不安バイアス」もはたらくでしょう。

いっぽうで、見慣れない新人候補者は、「何をやらかすやら分からない人物」に映ります。馴染がないために新人候補は除外されやすいのです。

先代のやってきたことを忠実に踏襲するであろう世襲候補は、自分の安心にもつながる「感情バイアス」の点からも、非常に受け入れやすい候補です。

たとえ、世襲候補にドラ息子やバカ娘という風評があったとしても、これまた、世襲候補者に対する自分にとって都合のよい情報だけを信じる「確証バイアス」がはたらいて、議員になれば先代の影響も受けて、まともな議員活動もするはずだろうと甘く考えてしまうのです。

もちろん当選すれば、支持者の期待に応えるのが当たり前だろうといった「正常性バイアス」もはたらいてきます。

それだけではありません。

自分の大切な一票を投ずるなら、落選しそうな候補者に入れるよりも、世襲候補で当選確実な候補のほうに入れたいと思う「集団同調性バイアス」もはたらくことでしょう。

これは、勝ち馬に乗るほうを選ぼうとする別名「バンドワゴン効果」とも呼ばれる心理作用なのです。

次ページ:新人候補は圧倒的不利、選挙戦の心理学

米国の心理学者ロバート・ザイアンス提唱の「単純接触の原理」!

有権者が、世襲候補に票を入れやすい心理としては、米国の心理学者ロバート・ザイアンスが提唱した「ザイアンスの法則」も参考になるでしょう。

「ザイアンスの法則」とは次のような3つの法則のことです。

  1. 人は見知らぬ人には冷淡に接する →新人候補には冷たい。
  2. 人は会えば会うほど親近感をもつ →街中に世襲候補のポスターがあるので覚えやすい
  3. 人は相手の人間的側面を知ると、より強い好意をもつ →世襲候補は先代からの影響を強く受けており、その頻繁に開示されたプロフィールにも馴染みやすい

日頃から街中に、選挙に備えた候補者ポスターが貼りめぐらされていることから、後援会組織が根を張り、地盤が整っている世襲候補者だけが圧倒的に有利になることでしょう。

また、そのポスターに掲載された顔が、先代とそっくりか、かなり似ていると、有権者は見慣れた「顔」として、世襲候補にも親近感をもちやすいはずです。

そして、世襲候補者の人柄や性格もだんだんに後援会組織を通じて浸透していくでしょうから、やはり、ここでも世襲候補が有利になるのです。

つまり、有権者の「認知」においては、新人候補者よりも、世襲候補者への有利なバイアスがはたらくのは至極当然のこととなっているのです。

こうした「ザイアンスの法則」は、2番目の「会えば会うほど好意をもつ」という「単純接触効果」が有名ですが、日頃から街中にポスターが貼りめぐらされていればこそ、この効果が有権者の潜在意識に日常的に十分はたらくことが窺えるのです。

次ページ:自民党に投票する心理も「認知の歪み」が原因だ

自民党に投票する心理も、世襲候補に投票する「認知バイアス」と共通する!


日本国民が、自民党に投票しやすくなる原理も、前述した世襲候補者に投票する原理と相通ずるものがあります。

そもそも、日本では国政選挙における投票率が、たったの50%前後しかありません。

投票に行かない理由はさまざまですが、「誰に投票すべきかわからない」「どうせ投票しても何も変わらない」といった無関心や諦観が人々の意識を覆っていることが大きいのです。

ゆえに、曲がりなりにも組織政党の自民党と公明党の候補者が、岩盤的な2~3割の固定票を得るだけでも、選挙区で勝ち上がれてしまいます。

4割といわれる浮動票からも、「どうせ入れるなら、死票にしたくないから自民党に票を入れておこう」という消極的支持も得られることでしょう。前述したバンドワゴン効果でいう「集団同調性バイアス」です。

こうした全体的な流れの中で、野党の票が伸びずに選挙が終わるのには、次のような「認知バイアス」の影響が指摘できます。整理しておきましょう。

  • 正常性バイアス →長年日本の政治を担ってきたのは自民党で、多くの人が支持している。ゆえに自民党に任せるのが正常な投票行動に思える。カネに汚い分もあるが、まともな議員も多いはずだろう──などと不都合な情報は過小評価する
  • 確証バイアス →原発の問題にしろ、軍拡の問題にしろ、難しいことはよくわからないが、米国と仲良くやらないと日本はうまくいかないはずだから、外交面ひとつとっても、やはり自民党が一番マシなのだろう──と都合のよい方向に考える
  • 現状維持バイアス →うちは親の代からずっと自民党を支持してきたから、このまま支持し続けても問題ないはず。かつて民主党という野党が一時的に政権を担ったことがあるものの、うまくいかなかった実例もある
  • 喪失不安バイアス →これまで支持してきた自民党という政党をやめてしまうと、今までの自分の行動がすべて無駄だったような気持になるから、自民党支持のままでよい
  • 権威バイアス →自民党が日本の戦後政治を長年担ってきたので、国政への見識や経験も深いはず。日米関係を考えても、自民党が最も米国と信頼関係を築いてきたという実績がある
  • 稀少性・限定バイアス →野党を見渡しても、「真正保守」と言える政党は自民党しか見当たらない。にわか保守を気取る野党はあっても、自民党もどきにすぎない。いっぽう左派の日本共産党は独裁的で怖い感じがする。社民は存在感がない。れいわは左翼的で主張が極端のような気がする。ゆえに自民党しか考えられない

これらの他にも、まだまだバイアスを挙げていくこともできますが、概ね以上のような「認知バイアス」をベースにして投票に行く──という有権者が少なくないのではないでしょうか。

認知バイアスから逃れられない日本は貧困まっしぐら

このように「認知バイアス」に翻弄されているようでは、米国やスポンサーの経団連に隷従し、大企業・富裕層ばかりを優遇して、「税制」や「労働法制」の改悪を続けてきた自民党の悪政が続くばかりで、日本国民はこれからも貧困化するばかりでしょう。

反日の統一教会にべったりで、国民を欺くような政策を続けてきた自民党をこれ以上のさばらせても、日本の未来には暗い影響しか及ぼさないはずです。

たしかに、野党がだらしないのは事実ですが、このまま自民党政権を続かせるだけでは、野党も成長しないでしょう。そのあたりを考え、ぜひ今後の投票行動を考えていきたいものです。

次回の国政選挙では自民党をまずは退陣させ、野党連立政権で、まともな政治家を育てていく必要があると考えます――(本記事はメルマガ2/19号からの抜粋です。ご興味をお持ちの方は初月無料のお試し購読をどうぞ。2月分の記事をすべてお楽しみいただけます)

この記事の著者・神樹兵輔さんのメルマガ

 

貼り付け終わり、







関連記事
コメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の80代 ♂、
朝が迎えられたことに感謝!
小便が出る事に感謝!
おまけの人生を楽しんでまーす(^^♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に、ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ウイルスは怖くない  (24)
ワクチン・ウイルス (119)
新型コロナウイルスとは (40)
新型コロナウイルス(2019-nCoV) (328)
新型コロナワクチン:仕組み&副反応 (252)
2019-nCoVの特効薬 (50)
予防接種を拒否する方法 (17)
下痢・ノロウイルス (11)
狂犬病 (7)
MMS (2)
刺青 (1)
梅毒 (4)
イヤシロチ化 (2)
重曹 (3)
かゆみ (1)
ソマチッド・ケイ素・テラヘルツ鉱石 (20)
子宮頸ガンワクチン&添加物 (56)
カンジダ症:リーキーガット症候群、癌 (20)
がん、ガン、癌、悪性腫瘍 (64)
ヒート・ショック・プロテイン (1)
ラプンツェル症候群 (1)
パーキンソン病 (1)
ミトコンドリア (3)
エボラ出血熱 (45)
多発性硬化症 (1)
光触媒 (1)
元素転換 (1)
抗生物質 (4)
除草剤 (4)
舌診 (1)
火傷 (5)
睡眠 (33)
歯 (28)
虫垂炎 (2)
骨粗鬆症 (1)
口内炎 (1)
歯周病 (4)
片頭痛 (6)
耳鳴り (3)
毛染め (4)
甲状腺 (0)
ADHD (9)
自閉症 (8)
砂糖類 (6)
コーヒー (21)
タバコ (3)
胆石 (2)
肺 (4)
死 (75)
不食 (4)
断食 (7)
美容 (4)
風邪 (6)
輸血 (4)
蜂毒 (14)
日本蜜蜂 (47)
蜂蜜の効用 (9)
月経は無いのが自然 (4)
更年期症状 (3)
母子手帳 (2)
フッ素 (7)
漢方薬 (25)
静脈瘤 (1)
白内障 (2)
花粉症 (8)
重金属毒 (2)
玄米菜食 (3)
心臓疾患 (4)
生卵は駄目 (4)
細胞の脳 (20)
腸内細菌 (5)
自己免疫疾患 (8)
腸:免疫システム (22)
第7の感覚・リンパ系・免疫系 (3)
ピロリ菌 (5)
多剤耐性菌 (11)
風味増強剤 (1)
キシリトール (1)
茶カテキン (3)
食品添加物 (4)
遺伝子組換え (32)
トランス脂肪酸 (2)
アスパルテーム (4)
メープルシロップ (1)
認知症&ケトン体 (37)
DNA (132)
ストレス (2)
コレステロール (1)
分子栄養学三石理論 (105)
分子栄養学(三石理論)入門編 (27)
分子栄養学(三石理論)上級編 (109)
分子栄養学(三石理論)コラム編 (18)
三石理論:医学常識はウソだらけ (1)
分子栄養学(三石理論)栄養素編 (21)
分子栄養学(三石理論):マイコプラズマ肺炎 (4)
医療・薬剤の実体(まとめ・保存版) (54)
医療・薬剤の実体(放射線) (1)
病気はクスリで作られる (7)
医療・薬剤の実体(がん) (2)
鍼灸指圧 (7)
医療・薬剤の実体 (913)
政治・経済・社会 (815)
文明800年周期 (1)
覚せい剤・麻薬 (22)
大麻 (24)
言論封殺 (0)
不正選挙 (15)
乳酸菌(豆乳ヨーグルト) (13)
グルンバ・乳酸菌軍団 (198)
飯山さん(日本仙人道) (0)
飯山一郎 保存版 (9)
飯山一郎さん (244)
乳酸菌同盟 (16)
乳酸菌 (30)
黄金の金玉団 (46)
nueqさん (2986)
達人さん (19)
宝石 (133)
写真 (146)
宇宙 (303)
物理 (69)
数学 (10)
太陽系 (27)
電磁波 (106)
宇宙全史 (24)
リザムの宇宙 (36)
銀河ネットワーク情報 (9)
その木に成って55さん (55)
シドニーおちんさん (3)
写真&未来の変え方 (22)
シドニーおちんの地図のある旅 (12)
意識を集中すると何かが起こる (3862)
飯山さん『放射性セシウムの無害化』 (3)
放射線レベルを1/10に操作 (4)
不思議な茨城県北部地震 (5)
原発再稼動&新設反対 (273)
ガイガーカウンター (4)
モルジェロンズ病&ケムトレイル (16)
ケムトレイル観察紀行(写真) (34)
ケムトレイル・気象操作 (313)
ケムトレイル保存版 (89)
HAARP (42)
サバイバル(術編) (232)
放射能「ぶらぶら病」 (6)
放射能被曝による鼻血 (46)
ホルミシス効果(放射能) (1)
放射能からのサバイバル (337)
放射能からのサバイバル 保存版 (20)
分子栄養学(三石理論)放射性物質対策 (1)
サバイバル「三脈の法・眼脈の法」 (10)
八ッ場は毒ヒ素ダム (1)
シオンの議定書 (2)
お金の仕組み (12)
ネットは危険 (221)
日本国支配 (26)
大東亜戦争 (1)
ノーベル賞 (1)
STAP細胞 (137)
ビルゲイツ 軽井沢別荘 (6)
フルベッキ写真 (0)
老子「道徳経」 (4)
奥の院:保存版 (55)
奥の院 (68)
バランサー:工作員 (11)
日月神示~奥の院 (4)
ユダヤと世界の歴史 (7)
会社化で支配 (28)
エンパス (1)
韓国関連 (0)
日本自立 (19)
偽旗作戦 (2)
集団ストーカー (89)
経済 (115)
間違い (18)
アヌンナキ (4)
地球なんでも鑑定団 (12)
温暖化:原発温排水 (5)
台風15号 (34)
NBBさん (2)
未分類 (5310)
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

                         悪がきboy's ベル&タイガー

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々

光軍の戦士のブログ
検索フォーム
リンク
飯山です