fc2ブログ

人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

■サメの驚異の再生能力が明らかに。

カラパイア:サメの驚異の再生能力が明らかに。深刻なヒレの傷が約1年でほぼ修復 2023年12月30日より転載します。
貼り付け開始、

https://karapaia.com/archives/52328342.html

サメの再生能力が明らかに

 アメリカ、フロリダ州の海でヒレを大きく損傷していたサメが、1年でその大部分を再生させていたことが明らかになった。

 「クロトガリザメ(Carcharhinus falciformis)」という外洋性のサメの背ビレに着けた移動追跡用のタグが、何者かによって引きちぎられ、ヒレの一部がなくなってしまったことが確認されたのが2022年のこと。

 それは命にかかわりかねないひどい傷だったが、1年後には9割近くまで再生していることがわかったのだ。

 その驚異的再生能力は、サメがこれまで何度も大量絶滅を生き延びてこれた秘密の1つかもしれないという。

何者かによって背ビレを切り取られたサメ


 米マイアミ大学の研究チームが、メジロザメ属の「クロトガリザメ」の背びれに移動追跡用の衛星タグを取り付けたのは2022年6月のことだ。

 ところが、その数週間後、地元のダイバーが背びれに大怪我を負ったサメを目撃して、研究チームに一報を入れた。どうやら何者か(人間の可能性が高いという)が背びれごとタグを切除したようだった。

 研究チームのチェルシー・ブラック氏が彼から送られてきた写真を見ると、タグが取り付けられていたはずの場所は、まるでジョーズの大顎のように開いていた。

 傷は広範囲におよび、命にかかわるようなひどいものだった。だがタグがなければ追跡もできないので、ブラック氏はもうこのサメとは再会できないと思ったという。

8
背びれをタグごと切り裂かれたクロトガリザメ / image credit:y Josh Schellenberg and John Moore

1年後に傷が修復されていることが判明


 ところがだ、その1年後サメは同じ海に戻ってきたのだ。そして肝心の背びれはというと、多少不格好だが、きちんと傷がふさがっていた。

 「衝撃的でした!」「泳ぎに悪影響が出たり、ひどい感染症を引き起こしかねない傷でしたから」と、ブラック氏はLive Scienceに語る。

 2022年と23年に撮影された背びれのビフォア・アフター写真からは、最初の時点でサメは背びれの20.8%を失っていたが、その後もとの形状の87%まで回復したことが確認されている。

no title
段が2022年(左側と右側)、下段がほぼ1年後となる2023年(左側と右側)に撮影されたもの/Image credit: Photos by Josh Schellenberg and John Moore

 『Journal of Marine Sciences』(2023年12年14日付)に寄せられたその報告によれば、クロトガリザメの背びれの修復が観察されたのは今回が初のこと。なにしろサメ全体でも2件目というとても貴重な記録なのだそう。

1
背びれに大怪我を負ったクロトガリザメ(2022年7月撮影)/Image credit: Josh Schellenberg
2
多少不恰好だが傷が修復しているのがわかる(2023年6月撮影)/Image credit: Josh Schellenberg

誰が一体何のためにサメのタグを切り取ったのか?


 クロトガリザメは、世界中の熱帯の海で暮らしている。流線型をした体の表面がスベスベに見えることからから、英名を「シルキーシャーク」という。

 体長は2.5mほどで、もっとも数が多い外洋性サメではあるが、乱獲のせいで国際自然保護連合「IUCN」のレッドリストでは「危急種」に指定されている。

 今回のクロトガリザメの傷は、ちょうど追跡タグの輪郭をなぞるような形であったため、人間が鋭利な刃物などで意図的に切り取ったのだと考えられている。

 その人物がなぜわざわざ追跡タグを切除したのかは定かではない。だがサメを助けようとしたわけではなさそうだ。

 ブラック氏の推測によるなら、このサメを捕らえた漁師がタグを売ろうとしたか、あるいは研究を邪魔するつもりだったと考えられるそう。

 世界にはサメを厄介者とみなす人たちもいる。そうした人たちにとって、サメの研究が進み、保全が強化されるのは都合が悪いのだ。

3
2023年の再会時には口に釣り針のようなものがあった/Image credit: John Moore

サメの再生能力の秘密を解き明かすカギに


 サメの背びれの再生はこれまでほとんど観察されたことがないため、そのプロセスについて詳しいことはわかっていない。

 今回の確認された再生した背びれは、ほとんどが「瘢痕組織」(傷が治るときにできる新しい組織)だと考えられているが、解剖されたわけでもないので確かなことは不明だ。

 捕食動物であるサメの暮らしから想像できるように、捕食時の行動や仲間とのケンカなどによってよく怪我をする。

 今回観察されたような超回復力は、だからこそ進化してきたのだろうと考えられる。

 ブラック氏の推測によると、驚異的な治癒力の背後には、例えば怪我をしたとき即座に抗炎症反応が起きるといったメカニズムがあるのではないかという。

 「サメが何億年も進化を続け、何度も大量絶滅を生き延びてきたのには理由があるのです」と、ブラック氏。

 2023年2月にもホホジロザメの驚異の再生能力が明らかとなった。サメが何度も大量絶滅を生き延びてきた理由の一つは、サメの超回復力にあるのかもしれない。

References:Resilience in the Depths: First Example of Fin Regeneration in a Silky Shark (Carcharhinus falciformis) following Traumatic Injury / Shark regrows fin after it was cut by humans | Live Science / written by hiroching / edited by / parumo




あわせて読みたい

ホホジロザメに驚くべき治癒能力があることが画像分析で明らかに


驚異の再生能力を持ちバラバラになっても永遠を生きるヒドラ(水中生物)


驚くべき再生能力!左前脚を失ったタイガーサラマンダーの脚が再生するまでの記録映像(サラマンダー出演中)


ウミグモは失った生殖器と肛門を再生できる。驚愕の事実を知って科学者騒然


人間の関節の一部にサンショウウオのような再生能力が備わっていることが明らかに(米研究)



貼り付け終わり、






関連記事
コメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の80代 ♂、
朝が迎えられたことに感謝!
小便が出る事に感謝!
おまけの人生を楽しんでまーす(^^♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に、ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ウイルスは怖くない  (24)
ワクチン・ウイルス (121)
新型コロナウイルスとは (40)
新型コロナウイルス(2019-nCoV) (329)
新型コロナワクチン:仕組み&副反応 (305)
2019-nCoVの特効薬 (51)
予防接種を拒否する方法 (17)
下痢・ノロウイルス (11)
狂犬病 (7)
MMS (2)
刺青 (1)
梅毒 (4)
イヤシロチ化 (2)
重曹 (3)
かゆみ (1)
ソマチッド・ケイ素・テラヘルツ鉱石 (20)
子宮頸ガンワクチン&添加物 (56)
カンジダ症:リーキーガット症候群、癌 (20)
がん、ガン、癌、悪性腫瘍 (64)
ヒート・ショック・プロテイン (1)
ラプンツェル症候群 (1)
パーキンソン病 (1)
ミトコンドリア (3)
エボラ出血熱 (45)
多発性硬化症 (1)
光触媒 (1)
元素転換 (1)
抗生物質 (4)
除草剤 (4)
舌診 (1)
火傷 (5)
睡眠 (34)
歯 (28)
虫垂炎 (2)
骨粗鬆症 (1)
口内炎 (1)
歯周病 (4)
片頭痛 (7)
耳鳴り (3)
毛染め (4)
甲状腺 (0)
ADHD (9)
自閉症 (8)
砂糖類 (6)
コーヒー (21)
タバコ (3)
胆石 (2)
肺 (4)
死 (76)
不食 (4)
断食 (8)
美容 (4)
風邪 (6)
輸血 (4)
蜂毒 (15)
日本蜜蜂 (47)
蜂蜜の効用 (9)
月経は無いのが自然 (4)
更年期症状 (3)
母子手帳 (2)
フッ素 (7)
漢方薬 (26)
静脈瘤 (1)
白内障 (2)
花粉症 (8)
重金属毒 (2)
玄米菜食 (3)
心臓疾患 (4)
生卵は駄目 (4)
細胞の脳 (20)
腸内細菌 (5)
自己免疫疾患 (8)
腸:免疫システム (22)
第7の感覚・リンパ系・免疫系 (3)
ピロリ菌 (5)
多剤耐性菌 (11)
風味増強剤 (1)
キシリトール (1)
茶カテキン (3)
食品添加物 (4)
遺伝子組換え (32)
トランス脂肪酸 (2)
アスパルテーム (4)
メープルシロップ (1)
認知症&ケトン体 (39)
DNA (134)
ストレス (5)
コレステロール (1)
分子栄養学三石理論 (105)
分子栄養学(三石理論)入門編 (27)
分子栄養学(三石理論)上級編 (109)
分子栄養学(三石理論)コラム編 (18)
三石理論:医学常識はウソだらけ (1)
分子栄養学(三石理論)栄養素編 (21)
分子栄養学(三石理論):マイコプラズマ肺炎 (4)
医療・薬剤の実体(まとめ・保存版) (54)
医療・薬剤の実体(放射線) (1)
病気はクスリで作られる (7)
医療・薬剤の実体(がん) (2)
鍼灸指圧 (7)
医療・薬剤の実体 (913)
政治・経済・社会 (815)
文明800年周期 (1)
覚せい剤・麻薬 (22)
大麻 (24)
言論封殺 (0)
不正選挙 (15)
乳酸菌(豆乳ヨーグルト) (13)
グルンバ・乳酸菌軍団 (198)
飯山さん(日本仙人道) (0)
飯山一郎 保存版 (9)
飯山一郎さん (244)
乳酸菌同盟 (16)
乳酸菌 (30)
黄金の金玉団 (46)
nueqさん (3002)
達人さん (19)
宝石 (135)
写真 (147)
宇宙 (306)
物理 (69)
数学 (10)
太陽系 (29)
電磁波 (107)
宇宙全史 (24)
リザムの宇宙 (36)
銀河ネットワーク情報 (9)
その木に成って55さん (55)
シドニーおちんさん (3)
写真&未来の変え方 (22)
シドニーおちんの地図のある旅 (12)
意識を集中すると何かが起こる (3862)
飯山さん『放射性セシウムの無害化』 (3)
放射線レベルを1/10に操作 (4)
不思議な茨城県北部地震 (5)
原発再稼動&新設反対 (273)
ガイガーカウンター (4)
モルジェロンズ病&ケムトレイル (16)
ケムトレイル観察紀行(写真) (34)
ケムトレイル・気象操作 (313)
ケムトレイル保存版 (91)
HAARP (43)
サバイバル(術編) (233)
放射能「ぶらぶら病」 (6)
放射能被曝による鼻血 (46)
ホルミシス効果(放射能) (1)
放射能からのサバイバル (337)
放射能からのサバイバル 保存版 (20)
分子栄養学(三石理論)放射性物質対策 (1)
サバイバル「三脈の法・眼脈の法」 (10)
八ッ場は毒ヒ素ダム (1)
シオンの議定書 (2)
お金の仕組み (12)
ネットは危険 (222)
日本国支配 (26)
大東亜戦争 (1)
ノーベル賞 (1)
STAP細胞 (137)
ビルゲイツ 軽井沢別荘 (6)
フルベッキ写真 (0)
老子「道徳経」 (4)
奥の院:保存版 (55)
奥の院 (68)
バランサー:工作員 (11)
日月神示~奥の院 (4)
ユダヤと世界の歴史 (7)
会社化で支配 (28)
エンパス (1)
韓国関連 (0)
日本自立 (20)
偽旗作戦 (2)
集団ストーカー (89)
経済 (115)
間違い (18)
アヌンナキ (4)
地球なんでも鑑定団 (12)
温暖化:原発温排水 (5)
台風15号 (34)
NBBさん (3)
未分類 (5416)
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

                         悪がきboy's ベル&タイガー

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々

光軍の戦士のブログ
検索フォーム
リンク
飯山です