fc2ブログ

人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

■キッシンジャー死去:100歳

キッシンジャー死去:100歳<newsNueq-4432-F>2023/12/04 12:13より転載します。
貼り付け開始、
   
 BBC
 キッシンジャー元米国務長官が死去、100歳 米外交に大きな影響
 -----------------------------------------------------------------
 https://www.bbc.com/japanese/67574596
 2023年11月30日

 冷戦期のアメリカで国務長官として外交政策を担った
 ヘンリー・キッシンジャー氏が29日、死去した。100歳だった。

  ヘンリー・キッシンジャー氏( 写真は2019年 )
https://ichef.bbci.co.uk/news/800/cpsprodpb/16150/production/_131884409_80720184-f32f-4380-be87-23353218a673.jpg
  https://ichef.bbci.co.uk/news/800/cpsprodpb/16150/production/_131884409_80720184-f32f-4380-be87-23353218a673.jpg

 キッシンジャー氏が設立した政治コンサルティング会社
 「 キッシンジャー・アソシエーツ 」が発表した。
 米コネチカット州の自宅で亡くなったという。
 死因は公表されていない。

 1970年代半ばに公職から退いたが、その後何十年にもわたって、
 さまざまな世代の指導者たちから意見を求められ続けた。

 ジョージ・W・ブッシュ元大統領は、
 アメリカは「 外交問題に関して最も信頼でき、特徴的な声のひとつを失った 」と、追悼した。

 リチャード・ニクソン大統領の娘のトリシャ・ニクソン・コックス氏と
 ジュリー・ニクソン・アイゼンハワー氏は、
 キッシンジャー氏の人生は「 とてもユニークで、徹底してアメリカ人だった 」と述べた。
 「 ヘンリー・キッシンジャー氏は、
  平和の大義を推進した数々の功績により、長く記憶されるだろう。
  しかし私たちが決して忘れることができないのは、その人柄だ 」


 ■ 米外交政策に大きな影響

 1923年にドイツで生まれたキッシンジャー氏は、家族と共にナチスから逃れ、
 1938年にアメリカにわたった。
 故郷バイエルンのなまりは生涯続いた。

 ※ 英語版Wikiでは、ドイツからロンドン経由でNYに逃れたことになっているが、
   以前は、カサブランカだったかポルトガルだったからNYに渡ったとされていた。
   しかし、本当は、シベリア鉄道で満州に入り、大連から神戸だったか、
   横浜に逃れて、サンフランシスコへと渡航した。
   日本嫌いで知られるキッシンジャーだが、
   日本に助けられたのである。

 1943年にアメリカの市民権を得て、米陸軍に入隊。対諜報部隊に3年間所属した。
 その後入学した米ハーヴァード大学では、学士、修士、博士学位を取得。
 その後、同大学で国際関係を教えた。

 ※ その3年間に「 バルジ大作戦 」に於ける諜報任務に従事の後、
   ドイツ語が流暢なキッシンジャーは重宝され、
   CIC( 陸軍対諜報部隊:後の陸軍情報局 )に所属。
  
 1969年、当時のリチャード・ニクソン大統領は
 キッシンジャー氏を国家安全保障担当の大統領補佐官に任命。
 アメリカの外交政策に大きな影響力を持つようになった。
 1973年に国務長官も兼任した。

 ※ 何もわかってないおっぱとりだけが取り柄の田舎もんのニクソンの
   指導役 兼 監視役としてCFRから送り込まれたのがキッシンジャー。

 1977年までの8年間で、
 ヴェトナム戦争へのアメリカの関与を終わらせ、中国との国交を正常化し、
 1973年の第4次中東戦争ではエジプトとシリア、イスラエル間の敵対行為を停止させた。
 シャトル外交という考え方はこのときに生み出された。

 ※ ニクソン&キッシンジャーの中国電撃訪問は、1972年だが、
   キッシンジャーは、1971年にラオスから支那に極秘訪問。
   周恩来とニクソン訪問と国交正常化を決めた。
   72年の電撃訪問で、キッシンジャーは、
  「 支那が、軍事的・経済的に充分な力を付けたら、
    アメリカはアジアから撤退し、その覇権を支那に委ねる 」
   と、毛沢東・周恩来に約束。
   当時弱小国だった支那は日本の存在を恐れていたが、
   キッシンジャーは「 日本には瓶の蓋をしてあるから問題ない 」と回答。
  「 瓶の蓋 」とは、憲法9条と日米安保のこと。
   その上で、尖閣諸島の帰属は曖昧にしておく。と伝えたが
   毛沢東・周恩来はその意味が理解出来ないでいたとのこと。
   その意味は、支那が力を持つに至った今世紀に入って明らかになってきた。

   1971年「 8月15日 」の「 ニクソンショック 」によって
   国際基軸通貨としてのドルの価値が低下したことを受け、
   1974年、ニクソンを伴ってサウジに飛び、
   ファイサル国王との間に「 オイルダラー 」の関係性を構築した。
   これが今、崩壊しつつある。

  中国の周恩来首相とキッシンジャー氏( 1971年 )
https://ichef.bbci.co.uk/news/800/cpsprodpb/10BC4/production/_131884586_ed05569d-2549-4550-adbf-a8d78cd25267.jpg
  https://ichef.bbci.co.uk/news/800/cpsprodpb/10BC4/production/_131884586_ed05569d-2549-4550-adbf-a8d78cd25267.jpg


 キッシンジャー氏は中国で不滅の人気を誇り、
 訃報はすぐにソーシャルメディアの「 微博( ウェイボー )」でトレンド入りした。
 中国中央電視台の英語放送「 CGTN 」は、
 キッシンジャー氏を「 中国国民の古い友人 」と呼び、死去を伝えた。
 中国中央電視台の放送では、米中関係で重要な役割を果たした同氏を、
 「 伝説の外交官 」「 生きた化石 」と説明した。

 一方でキッシンジャー氏は長年にわたり、人権よりもソ連との対立を優先させたり、
 チリのアウグスト・ピノチェト政権をはじめとする
 世界中の抑圧的な政権を支援したりしてきたとして、痛烈な批判にさらされた。

 しかしキッシンジャー氏自身は、こうした批判を相手にしなかった。

 100歳の誕生日直前の米CBSの取材では、
 「 批判する人々の無知を反映している 」と語っていた。

 キッシンジャー氏は1973年、
 北ベトナムのレ・ドゥク・ト氏と共にノーベル平和賞を受賞した。
 レ・ドゥク・ト氏は賞を辞退している。

 ※ キッシンジャーがノーベル賞を受賞してるとはビックらコイたッ!
   尤も、湯川秀樹も、佐藤栄作を始め、
   ドローン暗殺帝王:オバマや薬物暗殺帝王:ポーリングすらも受賞してる
  「 ダイナマイト殺人奨励兵沸賞 」だもんな!♪

 この授与は議論を呼び、ノーベル委員2人が辞任している。

  第4次中東戦争の調停のため、中東を訪問する飛行機の中のキッシンジャー氏
https://ichef.bbci.co.uk/news/800/cpsprodpb/132D4/production/_131884587_44426e21-4502-4f42-935c-b23366deeffb.jpg
  https://ichef.bbci.co.uk/news/800/cpsprodpb/132D4/production/_131884587_44426e21-4502-4f42-935c-b23366deeffb.jpg


 キッシンジャー氏は1977年に政府の職から退いたが、
 その後も公共問題に関するコメンテーターとして活躍し続けた。
 故ジョン・F・ケネディ氏から現職のジョー・バイデン氏までの
 12人の歴代大統領や議員らも、しばしば同氏に助言を求めた。

 ※ ケネディはキッシンジャーの助言を求める格好をとって、
  【 連中 】の出方をみたのだろう。

 また、さまざまな企業の役員を務め、
 外交政策や安全保障のフォーラムにも顔を出した。
 著書は21作に上る。

 キッシンジャー氏は今年5月に100歳を迎えたが、
 7月には中国の習近平国家主席と会うために北京を電撃訪問するなど、
 晩年になっても精力的な活動を続けた。
 同氏は、毛沢東氏から習近平氏までのすべての中国の指導者と直接やりとりした
 唯一のアメリカ人でもある。

 ※ < newsNueq-4299-F:100歳キッシンジャー訪中
           :中国国防相と会談 & キル・ゲイツ 習近平会談 > 2023/07/19
   < newsNueq-4175:キッシンジャーが昨年日中を訪問してた!
          :氣死堕・習近平に演技指導? > 2023/03/29
   < newsNueq-3929:100歳になるキッシンジャーを王毅外相が訪問 > 2022/09/21
  
 この訪問はホワイトハウスを憤慨させ、
 国家安全保障会議( NSC )のジョン・カービー報道官は、
 「 民間人が中国指導者に接触できるのに、アメリカ政府は接触できないのは残念だ 」
 と遺憾の意を示した。

 キッシンジャー氏は2022年7月、99歳の時の米ABCのインタビューで、
 自分のこれまでの決断で撤回したいものはあるかと質問され、
 「 私はずっとこれらの問題について考えてきました。
  私の趣味であり、職業でもある 」と述べ、こう続けた。
 「 そして、私が行った提言は、その時の私にできる最善のものだった 」

 キッシンジャー氏には、50年近く連れ添った妻のナンシー・マギネス氏がいる。
 前妻との間に2人の子供がおり、孫も5人いるという。

 ※ キッシンジャーは、神楽坂芸者のとの間に息子をもうけている。
   今、息子は宮中や政府に於いて重要なポジションにある。
   その他にも、多くの子どもや孫がいることだろう♪
   下記に増田俊男氏の追悼文を掲載するが、
   この時のNYのステーキハウスにも96~7歳にして、
   超~~美女を伴っていたとのこと。
   キッシンジャーは常にいろんな超~~~美女を伴っていたそうだ。



 増田俊男:時事直言
 キッシンジャーと尖閣諸島
 ----------------------------------------
http://www.masuda-toshio.com/%EF%BC%9C%E6%99%82%E4%BA%8B%E7%9B%B4%E8%A8%80%EF%BC%9E%E3%82%AD%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%81%A8%E5%B0%96%E9%96%A3%E8%AB%B8%E5%B3%B6/
 2023年12月1日

 世界のキッシンジャーが100歳の長寿を全うし永眠した。

 私の恩師舩井先生は私に宇宙遊泳術を伝授して下さったが
 キッシンジャーの発想や考えは宇宙から世界を見下ろしたところから出てくる。

 トランプのようにアメリカ・ファーストではなく、
 言うならキッシンジャーは世界ファーストである。

 私は、2005年11月ハドソン研究所の
 ハーバート・ロンドン社長からキッシンジャーをご紹介頂いた。

 1971年6月17日、日米で調印された沖縄返還合意の立役者は
 キッシンジャーと若泉敬( 佐藤首相の黒子 )であった。
 私は、何故キッシンジャーは沖縄返還に関し
 何故沖縄全土から尖閣諸島を除外したのか疑問に思い続けていた。
 だから初対面にもかかわらずキッシンジャーに
 「 沖縄返還の際何故尖閣諸島を除外したのですか 」と聞いた。
 キッシンジャーは不愉快極まりない顔をしたので
 紹介者のロンドンさんが私に、
 こういうことはまた別の機会で話したらどうかと言うことで立ち話は終わり、
 キッシンジャーは別のところへ移動した。

 しかし私はキッシンジャーの一瞬の困惑した顔色で
 尖閣諸島除外の真相を察することが出来た。

 そしてその後私の推察が正しいかどうかの裏付けを探し求めた。
 沖縄返還後の1972年2月21日
 ニクソン大統領・キッシンジャー安全保障大統領補佐官と
 毛沢東国家主席・周恩来首相との間で米中国交正常化の合意がなされた。

 その後キッシンジャーと周恩来の密約が交わされたが、2002年にリークされた。

 ※ 上記「 アジア覇権と瓶の蓋 」
   リークは産経新聞誌上。

 中国がアジアの覇権を持つに十分な状態になった時、
 アメリカは中国にアジアの覇権を渡すという内容であった。

 田中角栄首相が訪中し毛沢東・周恩来と日中国交正常化合意に署名したのは
 アメリカより遅れた1972年9月25日であったが、
 日中平和友好条約締結はアメリカの米中平和友好条約の1979年1月1日より早い
 1978年10月23日であった。
 日本に先を越されたキッシンジャーは日本に不快感を持った。

 ※ この時キッシンジャーは「 ジャップめッ!!! 」と怒鳴ったそうである。
 

 後に田中角栄( 私は研究学園都市建設事業でお世話になった )は
 政治生命と肉体生命を失うことになった。

 田中の死で、日中平和友好条約と同時に交わす予定の、
 キッシンジャーが最も恐れていた日中安保同盟構想が消えた。

 ※「 日中安保同盟 」は初耳だ。
   以前、
   < newsNueq-2370:沖縄:嘉手納基地はロシア軍基地になる? > 2019/11/15
   で、「 日露安保条約 」を提案したが、現在の日米安保のような
   フザけた条文ではなく、まともな安保条約を締結するなら
   日露共にWinWinだ。
   但し、「 アイヌは、先住民ではない 」ということを
   ロシアが認めることが大前提だ。
   これで、本当は日本が有している樺太油田の採掘権を
   大っぴらに行使できるようになる♪
   何より「 日露安保条約 」は、露中間に楔を打ち込み、
   対支那軍事バランスに寄与する。
   何れにせよ、アメリカはハワイまで撤退するのだ。
  ( と、見せかけておいて、ちゃぶ台返し。ってことも最近考慮してるが )


 沖縄返還合意に関し尖閣諸島をどうするか
 アメリカ議会は台湾の領有権主張に迎合していたが、
 一方キッシンジャーは将来の日中関係悪化と将来の米中関係を考慮して
 尖閣諸島の沖縄除外を決めた。
 これはキッシンジャーの日本嫌いの勢いではなく、
 ( 当時から )50年先のアジア情勢を読んだ上での決断であった。

 私はキッシンジャーとはマンハッタンの Harry’s ステーキハウスなどで
 何度かお会いする機会があったが、
 いつも「 増田君、今日はどんな話で私を不愉快にするのかね 」などと言いながら、
 初対面の際の尖閣諸島に関する私の質問には、
 「 仲良くすべき兄弟を争わせて子供を制する親もいる 」
 などとそれとなく私の質問に答えてくれた。

 これから私は舩井先生から教わった宇宙遊泳術で
 キッシンジャーのように宇宙から世界を見ながら
 私のファンの皆様と一緒に楽しく勉強をしたいと思っている。

 * 本日から「 小冊子 」Vol.137が順次発送されます。
   第三次世界大戦は起きるべくして起きる!
   本小冊子でしっかり勉強して下さい。

 ☆
 ☆
 ☆


 宮崎正弘の国際情勢解題
 12月1日(金曜日)通巻第8031号 
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『 中国の代理人 』、最後の『 パンダハガー 』の大物
 怪物キッシンジャー、毀誉褒貶のなか、百歳の大往生

 ******************************

 1971年、世界に孤立していた中国に「 利 」を説いて近づき、
 反米路線を大胆に修正させたリアルポリティックスの体現者は、
 その北京秘密訪問が劇的だったので、なぜかアメリカ外交の立役者のように言われた。

 じっさいに現在のホワイトハウスの対中影響力より
 ヘンリー・キッシンジャーの立場は強いと評価された( 台北タイムズ、12月1日 )。
 なお中国語のメディアはキッシンジャーを基辛格( 環球時報、連合報 )、
 季辛吉( 台湾『 自由時報 』)と書く。

 キッシンジャーは1969年から1977年までの八年間、米国外交の舵取りを担った。
 ロックフェラ-の外交顧問だった彼を政権に招き入れたのは
 リチャード・ニクソン大統領だった。

 ※ 招き入れたのではなく、ビック・デッツ:ニクソンを大統領にしてやった
   CFRが、キッシンジャーを筆頭にCFRのメンバーを
   ニクソン閣僚ポストのほとんどに送り込んだのである。
   ※ デッツって~~のは、アレのこと♪
    アレしか能のない詐欺師のチンポコ野郎って意味。
    しかし、そんなニクソンも、ウィルソンやレーガンやトランプのように
    大統領職を続けている間に、「 まとも 」に目覚めてきた。

 ニクソンとキッシンジャーが、外交で重視したのはリアリティであり、
 モラルやイデオロギーより優先し、力の均衡で冷戦構造を形成した文脈では
 戦後米国外交の立役者ニクソンと並ぶだろう。

 ※ 宮崎はまるでわかってない。
   上述のように、ニクソンはおニンギョさんでしかなかった。

 ところがFBIの工作でウォーターゲート事件のスキャンダルに襲われたニクソンが
 レイムダック入りした時期に、キッシンジャーはするりと外交の主役の座をもぎ取っていた。

 ※ ウィルソンの大暴落と、ニクソンのウォーターゲートと、
   レーガンの麻痺( アルツ )と、トランプの亭コロ詐欺テロは、
   品は変われどココロは同じ。
  

 従来の歴史学に重点に置いて学説、地政学の伝統に囚われてき外交を、
 リアルポリティックの実現に結び、米中関係の回復、ソ連の孤立化を導き出した。
 これは元来、ニクソン大統領の発想だった。
 ところが、北京秘密訪問を演じたキッシンジャーにスポットが当たった。

 ※ ニクソンにその様な発想が出来るはずもない。

 当時、NYタイムズにでた風刺漫画を筆者は鮮明に記憶している。
 ニクソンとキッシンジャーがホワイトハウスの庭を歩いている。 
 柵外からみていた見物人が言う。
 「 ところでキッシンジャーのとなりにいるのは誰だい? 」

 ※ ハウス大佐の隣(右)にいるのは誰だい?
https://m.media-amazon.com/images/I/81mw0n97VQL._SL1500_.jpg
   https://m.media-amazon.com/images/I/81mw0n97VQL._SL1500_.jpg


 キッシンジャーは泥沼に嵌まっていたベトナム戦争を早期終結されるため、
 ラオス、カンボジアのホーチミンルートに秘密爆撃をなして圧力をかけ、
 ベトナムと交渉し、停戦をもたらす「 功績 」があった。

 ※「 功績 」???????
   アメ公は、単に残置日本兵に指導されたベトコンにコテンパンにされて
   逃げ出しただけジャンッ!♪♪♪♪♪♪
   宮崎は、アホかッ???
   それとも、アメ公のタイコ持ち?

 これでノーベル平和賞をうけたのが、彼の絶頂だったのではないか。

 「 あのノーベル賞はいかがわしい 」とする世評をよそに、
 トニー・ブレア元英国首相などは「 外交を芸術にした 」などと褒めあげた。

 ※ 確かにキッシンジャーの「 謀略 」はARTだ。
   それは認める。

 「 和製キッシンジャー 」と言われた若泉敬( 佐藤栄作時代の沖縄返還の密使 )は、
 「 キッシンジャーの著作に書かれたことを信用するな 」と言っていた。
 NYタイムズのコラムには「 偽善者 」というコラムが掲げられた( 11月30日 )。

 キッシンジャーは中東和平でもエジプト、シリアを説得し、
 中東地域の秩序と安定を優先させたが、
 最大の成果はサウジアラビアとの密約で「 ペトロダラー体制 」を構築したことである。


 ▼ リアリスト外交官の光と影

 一方でキッシンジャーはチリの軍事クーデターへの介入など暗い面も多く、
 セイモア・ハーシェ、オリバー・ストーン等は
 キッシンジャーを「 戦争犯罪人 」と呼んだ。

 ニクソンを継いだフォード政権下で引き続き米国外交を担い、
 ときに大統領よりパワフルだった。

 ※ 当然だ。

 「 中国は一つ 」という幻影を作り上げたのはキッシンジャーであり、
 北京訪問は百回を超えたが、台北へは一度も足を踏み入れなかった。
 『 中国の代理人 』の面目躍如だ。

 「 台湾問題は解決不可能。
  戦争を避けるには時間の経過をまって、米中の話し合いでしか前進はない 」
 などと台湾を不快にさせる発言が連続した。
 台湾はキッシンジャーを評価しないのも当然である。
 
 1977年に理想主義を掲げたジミー・カーター政権が誕生すると、晴れ舞台をさった。
 替わって安全保障担当の大統領補佐官となったのは
 ポーランド系ユダヤ人のズビグニュー・ブレジンスキーというグローバリスト、
 中国礼賛学者だった。

 ※ < newsNueq-132 :ブレジンスキー死去とキッシンジャーの影武者 > 2017/05/29
   日米欧「 三極委員会( = 太平洋版ビルダーバーグ会議 )」を創設するにあたって、
   ロックフェラーは、キッシンジャーに対して、ブレジンスキーを指導者にすると告げた。
   大工のカーターは大統領選以前より、ロックフェラー・ブレジンスキーに
   命じられて、ビルダーバーグ会議で顔見世した後、
   三極委員会のメンバーとして学習した後、大統領選に立候補した。
   アメリカ大統領史上、ここまで完璧なおニンギョさんは二人としていない。


 大統領当選前の1976年にカンザスシティで開催された共和党大会で、
 ロナルド・レーガン
 「 キッシンジャーとフォードの下でこの国は、
  二番手になることは致命的ではないにしても危険な世界で、
  軍事力で第二位になった 」
 と指摘していた。
 米国の保守派はキッシンジャーを首肯していなかった。

 ※ この時の第一は、当然支那ではなく、ソビエトということになる。
   が、こんなの三文役者のレーガンに言わせた「 セリフ 」でしかない。
   宮崎、オツム大丈夫かぁ?
   だいたい、CFRに保守( 共和 )もリベラル( 民主 )もねぇ~~だろがッ!!!


 1981年から82年までのレーガン政権では、
 キッシンジャーは共和党主流派から遠ざけられた。
 レーガンの支持者の多くがキッシンジャーを蛇蝎の如く嫌った。
 「 反共 」の信念が希薄だと言うのである。

 ※ そのレーガン政権が「 デタント 」。
   これ如何に???

 このため、かれはロビィ活動と著作活動で、外野席からの影響力を保持した。
 キッシンジャーは1982年に親中ロビィ団体「 キッシンジャーアソシエイツ 」を設立し、
 スコウクラフトら歴代大統領補佐官を政権中枢の送り込み、
 事実上の中国外交を舞台裏で担う。最大の顧客は北京だった。

 ※ スコウクラフトは、日米貿易交渉における、
   妲妃の如き対日強硬派だった。


 晩年にニクソンは言った。
 中国の不気味な台頭に
 「 われわれの意図に反して、フランケンシュタインをつくってしまったのではないか? 」。

 ※ はい、支那畜はイルミナティがこしらえたフランケンシュタインです。
   < newsNueq-2737:イルミナティが創った現代中国とその近未来 > 2020/06/22

 米国外交は道を誤った。
 キッシンジャーは、結果的に「 中国の代理人 」だったことを忘れてはならないだろう。

 ※「 中国の代理人 」ではない。
   支那育ての親である。
   < newsNueq-3027:キッシンジャーの軍事会社が中国に中枢技術を密輸 > 2020/12/31


 だから中国はキッシンジャーが訪中すると特別待遇で報い、
 五月の百歳誕生日にはわざわざ王毅外相が
 NYの国連本部に近いキッシンジャーのオフィスに挨拶に訪れ、
 七月の訪中でも習近平がじきじきに会った。

 ※ < newsNueq-3929:100歳になるキッシンジャーを王毅外相が訪問 > 2022/09/21
   < newsNueq-4299-F:100歳キッシンジャー訪中
           :中国国防相と会談 & キル・ゲイツ 習近平会談 > 2023/07/19
   この時、キッシンジャーは紫禁城の中でも最も格式の高い建物に宿泊し、
   そこに習近平が訪問した。


 ▼米国が中国の脅威を認識するに時間がかかった

 中国が軍事大国としてのしあがり、アジアの脅威となると、
 対中国スタンスを徐々に変えたのはオバマ政権後半からだった。
 だが、オバマ政権は外交的手腕のないブレーンで周りを固めたため、
 大胆な方針の切り替えは出来ず、トランプの登場を待たなければならなかった。

 トランプは就任前にキッシンジャーをNYのトランプタワーに呼んだ。
 しかし彼の言うことを「 聞き置く 」だけで、
 はっきりと安全保障方面では中国敵対路線に切り替えた。
 この基本方針だけはバイデンも踏襲した。
 つまり、トランプ政権誕生でキッシンジャーの神通力は消えていたのだ。

 ※ それは「 歌舞伎 」の世界。
   トランプが出馬宣言したその日、僕は次の大統領はトランプで決まり!
   と、直後のセミナーで発言した。
   なぜなら、どう見てもレーガンの再来だからだ。

   増田氏によるとその後、トランプはアデルソンに呼ばれ、
   1兆円の資金提供を受け、その直後、キッシンジャーからの呼び出し
   = 面接を受けて、大統領が当確となった。
   神通力は消えてなどいない。
   < newsNueq-103 :トランプがキッシンジャーと会談 > 2017/05/16
   < newsNueq-2993:ウラがある?
          :トランプ、キッシンジャー顧問を解任! > 2020/12/10

   < newsNueq-3793:キッシンジャーに叱られて
           おどおどの小物バイデンの台湾防衛発言 > 2022/05/26


 キッシンジャーが拘わった各国は如何なる反応をしたか?
 中国は「 中国を理解した最大の友人を失った 」とし、
 「 米中時代の終わり 」という論調が華字紙に溢れた。
 インドは「 彼は一度、インドを蹴飛ばし、やがて近寄ってきた 」
 (『 ザ・タイムズ・オブ・インディア 』、12月1日 )と評価は冷たい。

 イスラエルは
 「 ユダヤ人ならびにイスラエルにとって、
  キッシンジャーは英雄であり、また悪人である 」(『 ハーレツ 』、11月30日 )
 米国は「 毀誉褒貶甚だしいが、かれが冷戦構造を形成した 」(NYタイムズ)
 「 権力こそが最大の媚薬であると信じた世界情勢の巨人 」( 英紙『 タイムズ 』)
 キッシンジャーは反日家だった。
 日本での講演はべらぼうな額をふっかける「 商売人 」の側面が強くあった。

 ※ キッシンジャーはドイツからの亡命時、日本に助けられてくせに
   徹頭徹尾日本嫌いだった。
   しかし、神楽坂芸者との間に息子をもうけ、
   その息子は、日本政界のウラの要となっている。

 それはともかくとして、現在のブリンケンもサリバンも、
 最後のパンダハガーの威圧的風圧に比べるとその力量たるや、軽い、軽い。
 平林たい子が中曽根を評して「 鉋屑(かんなくず)のように軽い 」としたが、
 バイデン政権における米国外交の担い手たちの軽きこと!


 ▼ ロシアはいかなる反応を示したか?

 モスクワタイムズは次のように報道した( 11月30日付け )
 「 キッシンジャーは、冷戦時代に米国のソ連との緊張緩和の主要な立案者として、
  米国の外交政策だけでなく、ロシアの外交政策にも消えない足跡を残した。
  ウクライナ戦争中、ロシアと米国の対立が激化していることに
  深い懸念を表明する一方で、ウクライナのNATO加盟支持を
  途中から( 23年5月から )主張するようになった。」

 英誌『 エコノミスト 』で、
 「 もし私がプーチン大統領と話したら、
  彼もまた、NATO加盟国であるウクライナのほうが安全だと言うだろう 」
 とし、ロシアと中国の関係の将来については懐疑的だった。

 キッシンジャーは同誌のインタビューで続けた。
 「 両国間の制限のないパートナーシップの公式宣言にもかかわらず、
  北京とモスクワ双方での相互軽蔑を感じた。
  私は中国について良いことを言ったロシアの指導者に会ったことがない。
  そして、ロシアについて良いことを言った中国の指導者に会ったことがない 」

 クレムリン宮殿は下記のプーチン談話を発表した。
 プーチンはキッシンジャー氏を
 「 優れた外交官、賢明で先見の明のある政治家 」と評し、
 「 外交政策への現実的なアプローチはヘンリー・キッシンジャーの名と
  密接に結びついており、国際的な緊張緩和を実現し、
  世界安全保障の強化に貢献した
  最も重要なソ連・アメリカ協定を締結することを可能にした 」
 と評価した。ホンネとはとれない。 

 最後にキッシンジャー路線とは距離をおく情勢の流動化のなか、
 米国の「 レーガン基金研究所 」が11月30日に発表した世論調査では
 「 中国が台湾侵攻した場合、アメリカ国民の72%が台湾独立を支持する 」とした。
 NYタイムズは台北総督府で蔡英文総統にインタビューを行った。
 これも異例の珍事である。


関連情報

  < newsNueq-3412:第2のキッシンジャー? = ジョン・ソーントン > 2021/09/28
   ※ ソートンは、「 米中金融円卓会議 」で、
    周小川と共に共同議長を務める。
    経歴他は、上記を再読されたし。


                        nueq

貼り付け終わり、nueq さん解説。








関連記事
コメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の80代 ♂、
朝が迎えられたことに感謝!
小便が出る事に感謝!
おまけの人生を楽しんでまーす(^^♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に、ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ウイルスは怖くない  (24)
ワクチン・ウイルス (114)
新型コロナウイルスとは (40)
新型コロナウイルス(2019-nCoV) (327)
新型コロナワクチン:仕組み&副反応 (236)
2019-nCoVの特効薬 (50)
予防接種を拒否する方法 (17)
下痢・ノロウイルス (11)
狂犬病 (6)
MMS (2)
刺青 (1)
梅毒 (4)
イヤシロチ化 (2)
重曹 (2)
かゆみ (1)
ソマチッド・ケイ素・テラヘルツ鉱石 (20)
子宮頸ガンワクチン&添加物 (56)
カンジダ症:リーキーガット症候群、癌 (20)
がん、ガン、癌、悪性腫瘍 (61)
ヒート・ショック・プロテイン (1)
ラプンツェル症候群 (1)
パーキンソン病 (1)
ミトコンドリア (3)
エボラ出血熱 (45)
多発性硬化症 (1)
光触媒 (1)
元素転換 (1)
抗生物質 (4)
除草剤 (4)
舌診 (1)
火傷 (5)
睡眠 (31)
歯 (28)
虫垂炎 (2)
骨粗鬆症 (1)
口内炎 (1)
歯周病 (4)
片頭痛 (5)
耳鳴り (3)
毛染め (4)
甲状腺 (0)
ADHD (9)
自閉症 (8)
砂糖類 (6)
コーヒー (20)
タバコ (3)
胆石 (2)
肺 (4)
死 (73)
不食 (4)
断食 (6)
美容 (4)
風邪 (6)
輸血 (4)
蜂毒 (14)
日本蜜蜂 (47)
蜂蜜の効用 (8)
月経は無いのが自然 (4)
更年期症状 (3)
母子手帳 (2)
フッ素 (7)
漢方薬 (23)
静脈瘤 (1)
白内障 (2)
花粉症 (7)
重金属毒 (2)
玄米菜食 (3)
心臓疾患 (4)
生卵は駄目 (3)
細胞の脳 (20)
腸内細菌 (4)
自己免疫疾患 (8)
腸:免疫システム (22)
第7の感覚・リンパ系・免疫系 (3)
ピロリ菌 (5)
多剤耐性菌 (11)
風味増強剤 (1)
キシリトール (1)
茶カテキン (3)
食品添加物 (4)
遺伝子組換え (32)
トランス脂肪酸 (2)
アスパルテーム (4)
メープルシロップ (1)
認知症&ケトン体 (35)
DNA (128)
ストレス (2)
コレステロール (1)
分子栄養学三石理論 (105)
分子栄養学(三石理論)入門編 (27)
分子栄養学(三石理論)上級編 (109)
分子栄養学(三石理論)コラム編 (18)
三石理論:医学常識はウソだらけ (1)
分子栄養学(三石理論)栄養素編 (21)
分子栄養学(三石理論):マイコプラズマ肺炎 (4)
医療・薬剤の実体(まとめ・保存版) (54)
医療・薬剤の実体(放射線) (1)
病気はクスリで作られる (7)
医療・薬剤の実体(がん) (2)
鍼灸指圧 (7)
医療・薬剤の実体 (912)
政治・経済・社会 (815)
文明800年周期 (1)
覚せい剤・麻薬 (21)
大麻 (24)
言論封殺 (0)
不正選挙 (15)
乳酸菌(豆乳ヨーグルト) (13)
グルンバ・乳酸菌軍団 (198)
飯山さん(日本仙人道) (0)
飯山一郎 保存版 (9)
飯山一郎さん (244)
乳酸菌同盟 (16)
乳酸菌 (30)
黄金の金玉団 (46)
nueqさん (2929)
達人さん (19)
宝石 (133)
写真 (143)
宇宙 (296)
物理 (68)
数学 (9)
太陽系 (26)
電磁波 (104)
宇宙全史 (24)
リザムの宇宙 (36)
銀河ネットワーク情報 (9)
その木に成って55さん (55)
シドニーおちんさん (3)
写真&未来の変え方 (22)
シドニーおちんの地図のある旅 (12)
意識を集中すると何かが起こる (3862)
飯山さん『放射性セシウムの無害化』 (3)
放射線レベルを1/10に操作 (4)
不思議な茨城県北部地震 (5)
原発再稼動&新設反対 (267)
ガイガーカウンター (4)
モルジェロンズ病&ケムトレイル (16)
ケムトレイル観察紀行(写真) (34)
ケムトレイル・気象操作 (309)
ケムトレイル保存版 (87)
HAARP (41)
サバイバル(術編) (228)
放射能「ぶらぶら病」 (5)
放射能被曝による鼻血 (46)
ホルミシス効果(放射能) (1)
放射能からのサバイバル (336)
放射能からのサバイバル 保存版 (20)
分子栄養学(三石理論)放射性物質対策 (1)
サバイバル「三脈の法・眼脈の法」 (9)
八ッ場は毒ヒ素ダム (1)
シオンの議定書 (2)
お金の仕組み (12)
ネットは危険 (209)
日本国支配 (26)
大東亜戦争 (1)
ノーベル賞 (1)
STAP細胞 (137)
ビルゲイツ 軽井沢別荘 (6)
フルベッキ写真 (0)
老子「道徳経」 (4)
奥の院:保存版 (55)
奥の院 (68)
バランサー:工作員 (11)
日月神示~奥の院 (4)
ユダヤと世界の歴史 (7)
会社化で支配 (28)
エンパス (1)
韓国関連 (0)
日本自立 (19)
偽旗作戦 (2)
集団ストーカー (89)
経済 (115)
間違い (18)
アヌンナキ (4)
地球なんでも鑑定団 (12)
温暖化:原発温排水 (5)
台風15号 (34)
NBBさん (2)
未分類 (5073)
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

                         悪がきboy's ベル&タイガー

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々

光軍の戦士のブログ
検索フォーム
リンク
飯山です