fc2ブログ

人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

■100歳以上の人々の血液検査で明らかになった長寿の人に見られるの特徴

カラパイア:100歳以上の人々の血液検査で明らかになった長寿の人に見られるの特徴 2023年10月23日より転載します。
貼り付け開始、

https://karapaia.com/archives/52326589.html

100歳以上の人々の血液で明かされた長寿になる特徴

 世界中で100歳を超えて生きている人が増えてきた。1970年代以降、10年ごとにほぼ倍増しているそうで、彼らは1世紀以上を生き抜いたという意味で「センテナリアン(centenarian)」と呼ばれており、日本語では「百寿者」と言われる。

 日本には現在、約9万人の百寿者がいるそうだが、彼らが平均寿命より長く生きられる理由は何なのだろう?

 スウェーデンのカロリンスカ研究所が行った最新の研究では、長寿者の血液が調べられた。その結果、長寿に関係するいくつかの血液中のいくつかのバイオマーカー(指標)が見つかったという。  

長寿になる人とそうじゃない人の違いは何なのか?


 どうやったら長生きできるのか? いったいなにが健康長寿を決めているのだろうか? この疑問は、遥か昔からずっと関心を集めてきた。

 2300年前にはすでに、プラトンやアリストテレスも老化プロセスについて議論し、書物を残している。

 しかし、並外れた長寿の秘密を理解するのは簡単なことではない。それには遺伝的傾向と生活習慣要素の複雑な相互作用や、それがその人の人生を通じてどう互いに影響しあっているかを解明しなくてはならないからだ。

 『GeroScience』に発表された最新の研究では、90歳以上の人たちのコレステロールとグルコース(血糖)の値など、長寿に関連すると思われるいくつかの共通のバイオマーカー(生物学的指標)を明らかにしている。

iStock-1336597846
photo by iStock


大規模なデータ分析と血液検査を実施


 これまで、90から100歳を超える元気な人の研究は小規模なものしかなく、例えば、介護施設にいる長寿者は対象にしないなど、選ばれた特定のグループに焦点がおかれることが多かった。

 そこで新たに、これまでの100歳以上の人と短命の人の、生涯を通じて測定されたバイオマーカーを分析し比較した大規模な研究が行われた。

 両者のバイオマーカーを比較し、そのプロファイルと百寿者になれる可能性との間の関連性を調査した。

 なお調査用のデータには、スウェーデンのアモリス・コホート研究のサンプルより、健康診断を受けた64歳から99歳までのスウェーデン人4万4000人のデータも含まれている。

 被験者たちは、スウェーデンの登録データを通じて、35年に及ぶ追跡調査を受けている。このうちの2.7%にあたる1224人が100歳以上で、その85%が女性だった。

 分析の対象となったバイオマーカーは、炎症、代謝、肝腎機能、さらに潜在的な栄養不良や貧血に関連する血液ベースのものも含まれている。これらはすべて従来の研究から老化や死亡率と関連があるとみなされている。
 炎症に関係するバイオマーカーは尿酸で、これは特定食物の消化によって引き起こされる体内の老廃物だ。

 また、総コレステロールやグルコースの代謝状態や機能に関連するマーカーや、アラニンアミノ基転移酵素(Alat)、アスパラギン酸アミノ基転移酵素(Asat)、アルブミン、γグルタミン基転移酵素(GGT)、アルカリホスファターゼ(Alp)などの肝機能に関連するマーカー、そして乳酸脱水素酵素(LD)にも注目した。

 さらに腎機能と関連するクレアチニン、貧血と関わる鉄分と総鉄結合能(TIBC)についても調べた。最後に、栄養に関係するバイオマーカー、アルブミンも調査した。

00
photo by iStock


長寿者は60代からグルコース、クレアチニン、尿酸の値が低い傾向


 全体として、100歳を超えて元気な人たちは、60代の時からグルコース、クレアチニン、尿酸の値が低い傾向にあることがわかった。

 各バイオマーカーの中央値をみると、百寿者とそうでない人の間に大きな差はなかった。ただ百寿者の値は、そうでない人の値に比べて、極端に高いものや低いものがほぼみられなかった。

 例えば、百寿者の人たちで、かなり若い頃に血糖値が6.5%を超えていたり、クレアチニン値が1.25mg/dLを超えていた人はほとんどいなかったのだ。

 一方でバイオマーカーの多くは、百寿者もそうでない人も、臨床ガイドラインで正常とされる範囲外の数値を示した。おそらくこれは、このガイドラインがより若く健康な人たちを基準にしているせいだろう。

iStock-962061834
photo by iStock

 どのバイオマーカーが、100歳以上生きられる可能性に関連しているのか調べたところ、12のバイオマーカーのうちふたつ(アラニンアミノ基転移酵素とアルブミン)以外のすべてが浮上した。これは、年齢、性別、疾患の負荷量を考慮しても同じだった。

 総コレステロールと鉄の値が5つのグループのうちもっとも低い人たちは、高いグループに比べて、百寿者になれる確率が低かった。

 グルコース、クレアチニン、尿酸など、肝機能マーカーの値が高い人も、やはり百寿者になれそうもない。

 絶対値から見ると、一部のバイオマーカーの違いはかなり小さかったが、ほかのバイマーカーの違いは幾分大きかった。

 例えば、長寿の可能性と尿酸の値は強い関わりがあるようだ。これは、尿酸値がもっとも低い人たちが百寿者になれる可能性は4%であるのに対し、尿酸値がもっとも高い人たちが百寿者になれる可能性は1.5%しかないことを意味する。

 今回発見した差異が、全体としてみるとたとえ小さなものであったとしても、代謝の健全性と栄養と、かなりの長寿との間に潜在的な関連性があることを示している。

 ただし、この研究では、どのような生活習慣要素や遺伝子が、バイオマーカー値の違いの原因であるかを決定づけるところまではいっていない。

 とはいえ、栄養面やアルコール摂取などの要因が、なんらかの影響を与えていると考えるのは理にかなっている。

 年齢を重ねるにつれ、肝腎機能、血糖や尿酸の値を測定し続けるのは、悪いことではないだろう。

 とはいえ、百寿者に到達するのは、偶然も関与しているのかもしれない。

 しかし、バイオマーカーの違いが実際に死ぬ遥か以前から観察されたという事実は、持って生まれた遺伝子やライフスタイルも一役買っている可能性はあるだろう。


追記:(2023/10/23)本文を一部訂正して再送します。
References:Centenarian blood tests give hints of the secrets to longevity / written by konohazuku / edited by / parumo





あわせて読みたい

毎日11分の早歩きが病気になるリスクを減らすという研究結果


100歳以上の人の遺伝子を移植すると心臓が若返ることが判明


人間も長寿に?ハダカデバネズミの長寿遺伝子をマウスに移植し寿命を伸ばすことに成功


2060年までに人間の長寿記録が塗り替えられると予測。その最有力候補は日本人女性


ベニクラゲからニシオンデンザメまで、地球上で最も長寿な生物トップ10



貼り付け終わり、









関連記事
コメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の80代 ♂、
朝が迎えられたことに感謝!
小便が出る事に感謝!
おまけの人生を楽しんでまーす(^^♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に、ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ウイルスは怖くない  (24)
ワクチン・ウイルス (121)
新型コロナウイルスとは (40)
新型コロナウイルス(2019-nCoV) (329)
新型コロナワクチン:仕組み&副反応 (305)
2019-nCoVの特効薬 (51)
予防接種を拒否する方法 (17)
下痢・ノロウイルス (11)
狂犬病 (7)
MMS (2)
刺青 (1)
梅毒 (4)
イヤシロチ化 (2)
重曹 (3)
かゆみ (1)
ソマチッド・ケイ素・テラヘルツ鉱石 (20)
子宮頸ガンワクチン&添加物 (56)
カンジダ症:リーキーガット症候群、癌 (20)
がん、ガン、癌、悪性腫瘍 (64)
ヒート・ショック・プロテイン (1)
ラプンツェル症候群 (1)
パーキンソン病 (1)
ミトコンドリア (3)
エボラ出血熱 (45)
多発性硬化症 (1)
光触媒 (1)
元素転換 (1)
抗生物質 (4)
除草剤 (4)
舌診 (1)
火傷 (5)
睡眠 (34)
歯 (28)
虫垂炎 (2)
骨粗鬆症 (1)
口内炎 (1)
歯周病 (4)
片頭痛 (7)
耳鳴り (3)
毛染め (4)
甲状腺 (0)
ADHD (9)
自閉症 (8)
砂糖類 (6)
コーヒー (21)
タバコ (3)
胆石 (2)
肺 (4)
死 (76)
不食 (4)
断食 (8)
美容 (4)
風邪 (6)
輸血 (4)
蜂毒 (15)
日本蜜蜂 (47)
蜂蜜の効用 (9)
月経は無いのが自然 (4)
更年期症状 (3)
母子手帳 (2)
フッ素 (7)
漢方薬 (26)
静脈瘤 (1)
白内障 (2)
花粉症 (8)
重金属毒 (2)
玄米菜食 (3)
心臓疾患 (4)
生卵は駄目 (4)
細胞の脳 (20)
腸内細菌 (5)
自己免疫疾患 (8)
腸:免疫システム (22)
第7の感覚・リンパ系・免疫系 (3)
ピロリ菌 (5)
多剤耐性菌 (11)
風味増強剤 (1)
キシリトール (1)
茶カテキン (3)
食品添加物 (4)
遺伝子組換え (32)
トランス脂肪酸 (2)
アスパルテーム (4)
メープルシロップ (1)
認知症&ケトン体 (39)
DNA (134)
ストレス (5)
コレステロール (1)
分子栄養学三石理論 (105)
分子栄養学(三石理論)入門編 (27)
分子栄養学(三石理論)上級編 (109)
分子栄養学(三石理論)コラム編 (18)
三石理論:医学常識はウソだらけ (1)
分子栄養学(三石理論)栄養素編 (21)
分子栄養学(三石理論):マイコプラズマ肺炎 (4)
医療・薬剤の実体(まとめ・保存版) (54)
医療・薬剤の実体(放射線) (1)
病気はクスリで作られる (7)
医療・薬剤の実体(がん) (2)
鍼灸指圧 (7)
医療・薬剤の実体 (913)
政治・経済・社会 (815)
文明800年周期 (1)
覚せい剤・麻薬 (22)
大麻 (24)
言論封殺 (0)
不正選挙 (15)
乳酸菌(豆乳ヨーグルト) (13)
グルンバ・乳酸菌軍団 (198)
飯山さん(日本仙人道) (0)
飯山一郎 保存版 (9)
飯山一郎さん (244)
乳酸菌同盟 (16)
乳酸菌 (30)
黄金の金玉団 (46)
nueqさん (3002)
達人さん (19)
宝石 (135)
写真 (147)
宇宙 (306)
物理 (69)
数学 (10)
太陽系 (29)
電磁波 (107)
宇宙全史 (24)
リザムの宇宙 (36)
銀河ネットワーク情報 (9)
その木に成って55さん (55)
シドニーおちんさん (3)
写真&未来の変え方 (22)
シドニーおちんの地図のある旅 (12)
意識を集中すると何かが起こる (3862)
飯山さん『放射性セシウムの無害化』 (3)
放射線レベルを1/10に操作 (4)
不思議な茨城県北部地震 (5)
原発再稼動&新設反対 (273)
ガイガーカウンター (4)
モルジェロンズ病&ケムトレイル (16)
ケムトレイル観察紀行(写真) (34)
ケムトレイル・気象操作 (313)
ケムトレイル保存版 (91)
HAARP (43)
サバイバル(術編) (233)
放射能「ぶらぶら病」 (6)
放射能被曝による鼻血 (46)
ホルミシス効果(放射能) (1)
放射能からのサバイバル (337)
放射能からのサバイバル 保存版 (20)
分子栄養学(三石理論)放射性物質対策 (1)
サバイバル「三脈の法・眼脈の法」 (10)
八ッ場は毒ヒ素ダム (1)
シオンの議定書 (2)
お金の仕組み (12)
ネットは危険 (222)
日本国支配 (26)
大東亜戦争 (1)
ノーベル賞 (1)
STAP細胞 (137)
ビルゲイツ 軽井沢別荘 (6)
フルベッキ写真 (0)
老子「道徳経」 (4)
奥の院:保存版 (55)
奥の院 (68)
バランサー:工作員 (11)
日月神示~奥の院 (4)
ユダヤと世界の歴史 (7)
会社化で支配 (28)
エンパス (1)
韓国関連 (0)
日本自立 (20)
偽旗作戦 (2)
集団ストーカー (89)
経済 (115)
間違い (18)
アヌンナキ (4)
地球なんでも鑑定団 (12)
温暖化:原発温排水 (5)
台風15号 (34)
NBBさん (3)
未分類 (5416)
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

                         悪がきboy's ベル&タイガー

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々

光軍の戦士のブログ
検索フォーム
リンク
飯山です