fc2ブログ

人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

■「死体が生き返った!?」1万人のご遺体を見送った元火葬場職員が明かす壮絶体験

講談社:2023.09.29 「死体が生き返った!?」1万人のご遺体を見送った元火葬場職員が明かす壮絶体験より転載します。
貼り付け開始、

https://gendai.media/articles/-/116905

「火葬場で働く僕の日常」無料公開


“僕の仕事は亡くなった人をあの世に送ること――。”


YouTubeチャンネル「火葬場奇談」をご存知だろうか。これまでに1万人のご遺体を見送った下駄華緒さんが火葬場職員時代の体験を明かし、注目を集めてきた。その壮絶な体験は「最期の火を灯す者 火葬場で働く僕の日常」(原案:下駄華緒/漫画:蓮古田二郎)として漫画化され、即刻重版の話題作となっている。

「火葬場職員は人生の締めくくりをしてあげられるすばらしい仕事」と熱い気持ちを抱き火葬場の門を叩いたという下駄華緒さん。しかし、彼を待ち受けていたのは、火葬場で日々起こる驚愕の出来事だった――。

「最期の火を灯す者 火葬場で働く僕の日常」(竹書房)

『最期の火を灯す者 火葬場で働く僕の日常』大増量試し読みはコチラ!


火葬場で働いているの!?と驚かれて…


作者の下駄華緒さんは、火葬場職員としての体験談をYouTubeで発信するようになったきっかけや経緯についてこう話す。

「『今は何の仕事をしているの?』というのは日常会話でよくある質問で、火葬場で働いていた当時はその度に『火葬場で働いてるよ』と当然答えていたわけです。すると相手の反応はどうなるか?『え?火葬場!?』と少し驚かれるんですが、二言目は大体決まって『ウチの婆ちゃんの時さぁ…』や『わたしの父の時に…』と自らの体験を交えつつ最終的に『で、それって実際どうなの?』という火葬場での出来事に対しての質問です。
最期の火を灯す者 火葬場で働く僕の日常」より

本当に必ずと言って良いほど質問をされます。これは裏を返せば『火葬場で職員さんからしっかり説明ができていない』という事にもなります。プラス、遺族さん側もなんとなく職員に聞きづらい…という悪循環で結局何十年も『あれは一体なんだったんだろうなぁ…』という漠然とした疑問を抱えつつ遺族さん達は生きています。

僕がYouTubeで発信する理由は二つ、遺族さんが抱える疑問を解消すること、そして火葬場職員さん達の意識の改革です。遺族さんに対しては、わからないことや疑問は聞いていいんだよ、と。そして火葬場職員さんに対しては遺族さんは聞きづらいんだよ、と双方の架け橋になればと思っています」

初めて「ご遺体を焼くところ」を見た

火葬炉の火の中で動き出すご遺体、火葬中に破裂したご遺体の骨片や肉片による怪我、ずっしり重く豆腐のような状態で棺に収められた水死したご遺体――。著書では、下駄華緒さんが出逢った様々なご遺体との体験談が綴られている。本記事では、下駄さんが初めて「ご遺体を焼くところ」を訪れた際のエピソードを紹介する。

火葬場職員となった初日、下駄さんは先輩に連れられ、頑丈な鉄扉を開く。そこは焼却炉の裏――炉裏(焼き場ともいう)、火葬場の本丸と呼べる場所だった。

ここで、小窓からご遺体の焼け具合を確認するのが仕事なのだという。職員はデレキという棒を用いてきれいな状態の遺骨にするためにご遺体の姿勢を整える。下駄さんは(ただ焼けばいいってモンじゃないんだな…)と感嘆する。


「最期の火を灯す者 火葬場で働く僕の日常」より


「見る?」先輩にうながされ、いざ小窓から火葬の様子を覗いた下駄さん。そこには驚きの光景が広がっていた――。

後編【ご遺体は血を噴き出しながら起き上がった…火葬場職員が思わずパニックを起こした壮絶体験】に続きます。




後編:

2023.09.29
ご遺体は血を噴き出しながら起き上がった…火葬場職員が思わずパニックを起こした壮絶体験

https://gendai.media/articles/-/116906

これまでに1万人のご遺体を見送った下駄華緒さんが火葬場職員時代の体験を明かし、注目を集めているYouTubeチャンネル「火葬場奇談」。その壮絶な体験は「最期の火を灯す者 火葬場で働く僕の日常」(原案:下駄華緒/漫画:蓮古田二郎)として漫画化され、即刻重版となった話題作だ。

記事前編では、下駄さんが火葬場職員となった初日、先輩に連れられて初めて「焼き場」を訪れたエピソードを紹介した。ご遺体の焼け具合を確認するために炉裏の小窓を覗いた下駄さんは、思わず驚愕する。いったい何があったのだろうか――。

「最期の火を灯す者 火葬場で働く僕の日常」(竹書房)

こちらを振り返り…


火葬中のご遺体を見た下駄さんは、その時見た光景を即座には理解できなかったという。


なぜなら下駄さんが初めて見たご遺体は、血を噴き出しながら、起き上がって座っていたのだ…。しかもそのご遺体はその後、上半身をよじり徐々にこちらを振り返り、下駄さんの目を見つめてきた。
「最期の火を灯す者 火葬場で働く僕の日常」より

下駄さんは「死体が生き返った! 早く火を止めて助けないと!!」とパニックになった。そんな下駄さんを見て先輩は「大丈夫、生きてない生きてない」と諭す。

関連記事「250kgのご遺体だって!?」火葬場職員が心底途方に暮れ…

人間は焼くとどうなる?

人生の最後に携わる人々の物語

先輩は下駄さんを落ち着かせ、こう説明した。

人間は焼くとスルメの様にクネクネ動くこともあるというのだ。ファイティングポーズをとる者、くの字に曲がる者、体をよじる者。その動きは人それぞれで実に様々な動きをするという。

そのため火葬場職員はご遺体を焼く時、小窓を開けてこまめに確認しなければならないのだ。

下駄さんが初めて火葬を見たご遺体は、60代後半の男性で、死因は事故死だったそうだ。先輩は「60年前この世に生まれて 喜びも悲しみもいろいろ苦労してきただろう。長い間 懸命に生きてきて行きついた先が 今ここだ」とつぶやく。

下駄さんは取り乱してしまったことを省み、「そんな風に僕を見てももう助けてあげられないんだ。僕にできることはただひとつ…。早く楽になれるようお骨にするお手伝いをすることだけなんだ…」と、火葬場職員としての一歩を踏み出したのだった。

いかがだろうか。人生の最後に携わる人々の物語――今一度「生きること」や「命の尊さ」について考えてみるきっかけになるかもしれない。

もっと読む【「250kgのご遺体だって!?」火葬場職員が心底途方に暮れた「超巨漢」男性の火葬体験】


下駄華緒/元火葬場職員。2018年、バンド「ぼくたちのいるところ。」のベーシストとしてユニバーサルミュージックよりデビュー。怪談最恐戦2019怪談最恐位。火葬場職員時代の経験を生かしたYouTubeチャンネル「火葬場奇談」が話題。Twitterアカウント⇒@geta_hanao

蓮古田二郎/千葉県在住。二児の父。背景は妻が担当。主な著書に「しあわせ団地」(講談社)がある



貼り付け終わり、









関連記事
コメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の80代 ♂、
朝が迎えられたことに感謝!
小便が出る事に感謝!
おまけの人生を楽しんでまーす(^^♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に、ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ウイルスは怖くない  (24)
ワクチン・ウイルス (121)
新型コロナウイルスとは (40)
新型コロナウイルス(2019-nCoV) (329)
新型コロナワクチン:仕組み&副反応 (305)
2019-nCoVの特効薬 (51)
予防接種を拒否する方法 (17)
下痢・ノロウイルス (11)
狂犬病 (7)
MMS (2)
刺青 (1)
梅毒 (4)
イヤシロチ化 (2)
重曹 (3)
かゆみ (1)
ソマチッド・ケイ素・テラヘルツ鉱石 (20)
子宮頸ガンワクチン&添加物 (56)
カンジダ症:リーキーガット症候群、癌 (20)
がん、ガン、癌、悪性腫瘍 (64)
ヒート・ショック・プロテイン (1)
ラプンツェル症候群 (1)
パーキンソン病 (1)
ミトコンドリア (3)
エボラ出血熱 (45)
多発性硬化症 (1)
光触媒 (1)
元素転換 (1)
抗生物質 (4)
除草剤 (4)
舌診 (1)
火傷 (5)
睡眠 (34)
歯 (28)
虫垂炎 (2)
骨粗鬆症 (1)
口内炎 (1)
歯周病 (4)
片頭痛 (7)
耳鳴り (3)
毛染め (4)
甲状腺 (0)
ADHD (9)
自閉症 (8)
砂糖類 (6)
コーヒー (21)
タバコ (3)
胆石 (2)
肺 (4)
死 (76)
不食 (4)
断食 (8)
美容 (4)
風邪 (6)
輸血 (4)
蜂毒 (15)
日本蜜蜂 (47)
蜂蜜の効用 (9)
月経は無いのが自然 (4)
更年期症状 (3)
母子手帳 (2)
フッ素 (7)
漢方薬 (26)
静脈瘤 (1)
白内障 (2)
花粉症 (8)
重金属毒 (2)
玄米菜食 (3)
心臓疾患 (4)
生卵は駄目 (4)
細胞の脳 (20)
腸内細菌 (5)
自己免疫疾患 (8)
腸:免疫システム (22)
第7の感覚・リンパ系・免疫系 (3)
ピロリ菌 (5)
多剤耐性菌 (11)
風味増強剤 (1)
キシリトール (1)
茶カテキン (3)
食品添加物 (4)
遺伝子組換え (32)
トランス脂肪酸 (2)
アスパルテーム (4)
メープルシロップ (1)
認知症&ケトン体 (39)
DNA (134)
ストレス (5)
コレステロール (1)
分子栄養学三石理論 (105)
分子栄養学(三石理論)入門編 (27)
分子栄養学(三石理論)上級編 (109)
分子栄養学(三石理論)コラム編 (18)
三石理論:医学常識はウソだらけ (1)
分子栄養学(三石理論)栄養素編 (21)
分子栄養学(三石理論):マイコプラズマ肺炎 (4)
医療・薬剤の実体(まとめ・保存版) (54)
医療・薬剤の実体(放射線) (1)
病気はクスリで作られる (7)
医療・薬剤の実体(がん) (2)
鍼灸指圧 (7)
医療・薬剤の実体 (913)
政治・経済・社会 (815)
文明800年周期 (1)
覚せい剤・麻薬 (22)
大麻 (24)
言論封殺 (0)
不正選挙 (15)
乳酸菌(豆乳ヨーグルト) (13)
グルンバ・乳酸菌軍団 (198)
飯山さん(日本仙人道) (0)
飯山一郎 保存版 (9)
飯山一郎さん (244)
乳酸菌同盟 (16)
乳酸菌 (30)
黄金の金玉団 (46)
nueqさん (3002)
達人さん (19)
宝石 (135)
写真 (147)
宇宙 (306)
物理 (69)
数学 (10)
太陽系 (29)
電磁波 (107)
宇宙全史 (24)
リザムの宇宙 (36)
銀河ネットワーク情報 (9)
その木に成って55さん (55)
シドニーおちんさん (3)
写真&未来の変え方 (22)
シドニーおちんの地図のある旅 (12)
意識を集中すると何かが起こる (3862)
飯山さん『放射性セシウムの無害化』 (3)
放射線レベルを1/10に操作 (4)
不思議な茨城県北部地震 (5)
原発再稼動&新設反対 (273)
ガイガーカウンター (4)
モルジェロンズ病&ケムトレイル (16)
ケムトレイル観察紀行(写真) (34)
ケムトレイル・気象操作 (313)
ケムトレイル保存版 (91)
HAARP (43)
サバイバル(術編) (233)
放射能「ぶらぶら病」 (6)
放射能被曝による鼻血 (46)
ホルミシス効果(放射能) (1)
放射能からのサバイバル (337)
放射能からのサバイバル 保存版 (20)
分子栄養学(三石理論)放射性物質対策 (1)
サバイバル「三脈の法・眼脈の法」 (10)
八ッ場は毒ヒ素ダム (1)
シオンの議定書 (2)
お金の仕組み (12)
ネットは危険 (222)
日本国支配 (26)
大東亜戦争 (1)
ノーベル賞 (1)
STAP細胞 (137)
ビルゲイツ 軽井沢別荘 (6)
フルベッキ写真 (0)
老子「道徳経」 (4)
奥の院:保存版 (55)
奥の院 (68)
バランサー:工作員 (11)
日月神示~奥の院 (4)
ユダヤと世界の歴史 (7)
会社化で支配 (28)
エンパス (1)
韓国関連 (0)
日本自立 (20)
偽旗作戦 (2)
集団ストーカー (89)
経済 (115)
間違い (18)
アヌンナキ (4)
地球なんでも鑑定団 (12)
温暖化:原発温排水 (5)
台風15号 (34)
NBBさん (3)
未分類 (5416)
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

                         悪がきboy's ベル&タイガー

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々

光軍の戦士のブログ
検索フォーム
リンク
飯山です