fc2ブログ

人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

■最新のアジアの情勢!【前編】

Nネクスト・エクスプレス<号外> 「海外渡航のコロナ規制 は、もう完全に無くなりました! 最新のアジアの情勢をご報告します!【前編】」2023/09/30 16:49より転載します。
貼り付け開始、

大変長い期間、配信ができずにおりましたこと、誠に申し訳ございませんでした。
このたびは、これまでお送り出来ないまま蓄積(ちくせき)した、「コロナ規制」が撤廃(てっぱい)されたあとの世界の、最新の海外情勢や、とくにアジアにおける具体的な現地の生の情報を、数回に分けて、お送りいたします。

ちょうど今月9月は、香港に滞在していました。

私が「コロナ明け」で、香港に初めて入国したのは、今年の3月です。まる3年ぶりの訪問でした。このときは、私一人で、事前調査のために入りました。その後は、毎月のペースで、香港を訪れています。すでに、この9月で、今年に入って7回目の香港訪問を果(は)たしました。

今年の3月くらいまでは、まだ、香港やシンガポールへ入る前の48時間以内に、日本で「PCR検査」を受ける必要がありました。私は、毎回4万円も払って、英文の陰性証明を発行してもらっていました。

しかし実際には、シンガポールの空港でも、香港の空港でも、いちども見せるように言われることはありませんでした。日本国内の情報というのは、このようにいいかげんなものでした。

さらに、香港から日本へ帰国するときにも、日本に入る72時間以内に、香港の現地で「PCR検査」を受ける必要がありました。
日本の空港では、日本へ入国する際に提示するよう、要求されました。
日本政府は、ワザとらしく、このような検問会場を、例の長机とパイプ椅子とで、空港のなかにバリケードのように作ってみせました。こうして、海外からの入国者を脅(おど)していました。検疫(クアランティーン)に意味がないことを分かっていながら、政府は確信犯で、こうしたことをやります。

このような入国時の手間は、私が、コロナワクチンを、いっさい接種していなかったからでもあります。
香港への入国時と、日本への帰国の際の「PCR検査」を免除されるのは、コロナワクチンを、2回ではなくなぜか3回以上、接種した人たちだけでした。

どこの国から帰る場合でも、海外から日本へ帰国する際には、必ず「PCR検査」が必要でした。この要求が解除されたのは、広島サミットが開催された5月からでした。

ことし5月の第1週から、やっと、このPCR検査の要求がなくなりました。
もうせまい飛行機の中でまで、「マスクをつけろ」と言われることもなくなりました。

私はそれまで、タイやシンガポール、香港から帰国するたびに、高い検査費用を払わされました。「PCR検査」と「英文の陰性証明」セットで、日本では3~4万円、シンガポールや香港で2万円以上、タイでも1万2千円くらいかかりました。


さあ皆様、もう大丈夫です!

世界は、完全に復活しました。熱気に満ちている香港、タイ、マレーシア、シンガポールへ、どんどんいらしてください。

香港と東南アジアではコロナ危機はとうの昔で、「ウクライナ戦争」も欧米の「金融危機」も、もぅどこ吹く風の、勢いと活気があふれています。

アジア人はみな、元どおり元気です。世界中から逃げ集まる資金と人間とで、どんどん開発の勢いが増しています。

どうぞみなさま、ぜひ久しぶりの海外へ出て、日本にただようコロナの残像や、戦争への漠然とした不安、金融危機がいつ起きるかという恐怖を、吹き飛ばしてください。回復するアジア諸国の勢いとエネルギーを、現地で実感して、どうか皆さんも、早く、元気になってください。


いま、振り返っても、3年間もつづいたこの「コロナ感染爆発」(パンデミック)騒ぎというのは、本当におかしかった。
不可思議で、矛盾だらけの「世界的大惨事」でした。危機を演出しても、ボロがたくさん出ていました。

世界の半分の人々は、この感染症さわぎに「ダマされた」と、いまは気が付いています。周りでワクチンで実際に倒れた知人や友人の話を耳にして、あと味の悪い感じになっています。

日本人でも、おそらく5人に1人は、この「コロナ感染症」が人工的で、仕組まれた危機であることに、うすうす気が付いています。

そして今では、まったく何もなかったように、コロナ騒ぎは、いつのまにか終わりました。
結局、いっさいの「ワクチン薬害」の報道はされませんでした。かつては「薬害エイズ裁判」で、あれだけ騒いだ日本のメディアです。

世界の大手メディアは、コロナワクチン被害の真実を、これからも報道しません。
ワクチンを打って急に体調が悪くなり、倒れた被害者が、日本だけでなく世界でどれだけ出たのか。みな必ず、周りにひとりふたりいるはずなのに、まったくデータがありません。

国際(欧米)医療機関と大手製薬会社と、先進諸国の政府とマスメディアが、深く結託(けったく)して、グルになって動くと、これほど見事に、世界規模の「危機(クライシス)」を演出することができました。今回は、世界中のお医者さまたちが、一緒になって動いた。巨大な共同謀議(コンスピラシー)でした。

ワクチンを打つことを拒否すると、職場にいられなくされました。パワハラ、モラハラどころではない。
通常何年もかかる安全性の実証実験がされていない「新型ワクチン」を、世界各国の政府は、国民の身体に、強制的に打ち込みました。

仕事の勤め先で強要され、家族や近所からもプレッシャーをうけました。
自分で打つかどうか選択する余地は、ほとんどありませんでした。本当にこういう事態が、世界中で起きました。

私は、2020年から2023年の3年間、日本ばかりでなく世界じゅうで、こうした事態が起きた事実を、生涯、忘れません。
福島の放射能汚染どころの規模ではありません。しかし世界でも、いまだに誰も批判の声を上げません。誰を非難していいかすら、分からない。


★    ★ ★ ★

香港は、すでに、観光客であふれ返っています。

香港にも、本土の中国人が圧倒的に多くなりました。
世界中にちらばっていた中国人の超資産家たちの資金が、香港とシンガポールへ還流しています。その資金と人材が流入する底力の厚み、重厚感が、いまの香港には潜(ひそ)んでいます。

だから香港は、コロナ危機の以前にも増して、にぎやかで活気にあふれています。

私は、2週間前にも、また香港をおとずれていました。このたびは、香港の北部で隣接する中国の巨大IT都市、深圳(しんせん)にも訪問しました。

深センを訪問するのも、2019年に訪れて以来、4年ぶりでした。

深圳(シンセン)は、現在は人口1700万人の超巨大都市(メガシティ)に成長しました。いまではアメリカのシリコンバレーをしのぐ、世界最大のテック(IT)都市です。世界中のIT企業が、深圳に集結しています。

中国本土には、人口1000万人以上の「巨大都市」(メガシティ)が、なんと17都市もあります。

さらに驚くことに、このほかに、人口500万人~1000万人未満の「特大都市」(スーパーシティ)も、なんと73都市もあります(2021年時点)。

それぞれの街が、すべて同じように絵に描いたように、新しい高層ビルとタワーレジデンス、巨大ショッピングモールが立ち並ぶ、開発途上の新興の近代都市です。


(転載貼り付け始め)

●「メガシティの時代:中国都市総合発展指標2021ランキング」

深セン市政府ポータルサイト(中国網日本語版の記事) 2023-03-30
http://www.sz.gov.cn/jp_szgov/news/latest/content/post_10514605.html

雲河都市研究院は、中国における地級市以上の297都市(日本の都道府県に相当)を対象とした〈中国都市総合発展指標2021〉の総合ランキングを発表した。北京が6年連続トップ、上海が2位、深圳が3位となった。

(中 略)

〈指標2021〉では、都市を人口規模に応じて、人口1000万人以上の「メガシティ」、500万人以上1000万人未満の「特大都市」、300万人以上500万人未満の「第Ⅰ種大都市」、100万人以上300万人未満の「第Ⅱ種大都市」、100万人未満の「中小都市」と分類している。 この分類は、「都市規模分類基準の変更に関する中国国務院通達」の都市分類と同じだが、「通達」では「都市部人口」を用いているのに対し、〈指標〉では「常住人口」を用いている。

直近で実施された中国第7回国勢調査のデータを用いて297の地級市以上都市を分類すると、メガシティは17都市、特大城市は73都市、第Ⅰ種大都市は107都市、第Ⅱ種大都市は79都市、中小都市は21都市となる。

17メガシティの常住人口は2億7千万人に達し、日本総人口の2倍以上に相当する。メガシティと特大都市を合わせると90都市で、総人口は7億8,000万人に達し、これはアメリカ総人口の2倍に相当する。これについて、東京経済大学の周牧之教授は、「中国人口の半分以上がこれらの都市に住んでおり、メガシティ化、大都市化は、中国ですでに現実のものとなっている」と指摘している。

(以後、略)

(転載貼り付け終わり)


中国という国の、底知れぬ巨大さと、莫大(ばくだい)な人材や経済の潜在力に、圧倒されます。日本の人口の12倍です。

これまで、私たち日本人は、日本のパスポートで、深圳(しんせん)をはじめ上海や北京など「中国本土」(メインランド・チャイナ)へ、そのままビザなしで、サッと入国できていました。

入国のために、いちいち「観光ビザ」の申請をする必要はありませんでした。コロナ危機が始まる前までの話です。

私たち日本人は、世界のどこの国へ旅行へ行くのでも、ビザ申請などせずにそのまま入国できることが当たり前だと思って生きてきました。

しかし、今年に入って突然、日本人が中国の本土へ入国するためには「ビザ」の申請が必要になりました。これは、中国政府による、政治的な「報復」(ほうふく、retaliation リタリエイション)です。

習近平政権が、今年の1月に急に「ゼロコロナ政策」を撤廃しました。そのときに、欧米英の西側の国々が、中国人の入国者だけ、他の外国人には求めないPCR検査を要求しました。日本政府も、欧米と一緒になって中国人だけをターゲットにした「入国差別」をやった。そのことへの仕返し(報復)です。

入国ビザが必要な外国人は、深圳の入国審査ゲートの手前のカウンターで、写真を撮らされ、書類を書かされて、ビザを申請します。
横柄(おうへい)で不愛想な役人たちがビザを発行してくれるのを、1時間から、長ければ、2時間も待たされます。

ビザ発行料も、先月8月まで168人民元(3300円)だったのが、9月に入って値上がりして、275人民元(5500円)になっていました。クレジットカードで払わされます。現金は、は受け取りません。

しかし、入国ビザが必要な国から海外旅行をしている人たちは、毎回、外国へ行くたびに、こんなことをやらされているのだと、分かりました。

日本のパスポートは、「世界最高のパスポート」と言われてきました。その理由は、世界に197ヶ国あるうち190ヶ国以上へ、「ビザ無し」でそのまま入国できたからです。しかしいまは、ビザなしで入れる国は189ヶ国に減りました。

現在、世界でナンバーワンのパスポートは、アメリカではなくて、シンガポールのパスポートです。シンガポール人は、192ヶ国、ほぼ全世界へ、ビザ無しで入国できます。

先月、8月の始めからは、ついに、あの旗(はた)を持った、やかましい「中国人団体旅行客」も、日本に戻り始めました。中国政府がやっと、日本への団体旅行の規制を、解除しました。

それなのに、日本人に対する、中国への入国ビザを強制する「報復」は、まだやめません。「これは一時的なものだ」と、香港人の友人は言います。おそらくそのはずです。


★    ★ ★ ★

いまの香港は、本土の中国人たちと、どんどん混ざり合っています。私は、コロナ明けのこの半年間、毎月、ずっと香港へ通っています。だから、このことが実感で分かります。

しかし、これまでと違うのは、「優秀な若い中国人」たちが、どんどん香港の一流大学へ、入学してきているという事実です。そして、そのまま香港で卒業して、高学歴で、香港の一流企業に就職してしまう。

だから、若い香港人たちにとっては、進学も就職も、競争がますます厳しくなり続けています。

香港は、もともとせまい領土(東京の半分、札幌とほぼおなじ面積)に、750万人もの人口がつめ込まれています。だから、教育競争がとても激しかった。

そしていま香港は、中国本土の経済成長にどんどん飲み込まれています。不動産価格も、生活費も、物価も学費も、ますます上昇しています。

中国人の資産家たちは、アメリカやスイスから逃げ戻した巨額の資金(資産)で、どんどん香港の不動産を買っています。香港やシンガポールの銀行に、現金のままで何千億もおいておくことはできない。資産分散と投資でどうしても、現地の不動産を買います。さらに、東南アジア諸国の首都の一等地や、東京や大阪(心斎橋から新大阪までの駅前通り両脇の商業ビルは、すでにほとんどが中国人所有)、京都(2階建ての古い木造の古民家100平米を改装して、1軒5000万円、これを路地ごと両脇まとめて10軒などという単位で買っていくそう)、北海道や沖縄の超一等地に変えて保全することになります。

こうして、せまい香港が、ますます狭く、住みづらくなっています。だから、子どもがまだ小さい、若い香港人の夫婦は、この数年、どんどん香港を離れはじめています。子どもを連れて家族ごと、イギリスへ移住して行くそうです。

そう言って、私の香港人の友人が教えてくれました。彼の親戚の姪(めい)っ子も、小さい子供を連れて、イギリスへ移って行ったそうです。

イギリスの学校の方が、ゆったりしたより良い環境で勉強させられる、と考えるのだそうです。イギリスには、ロンドンにかぎらず「香港人コミュニティ」がたくさんあります。だから、香港人が、急にイギリスに移り住んでも、周りが香港人で困らない。

さらに、香港人には、優先的に、イギリスの「居住ビザ」を取得できるシステムがあります。イギリスの植民地支配から独立した1997年以降も、この制度が残されています。

香港で学んでいる、本土の若い中国人たちは、充分、洗練されています。香港人と変わりません。これまでは、田舎くさくて、マナーも悪い本土の中国人を、香港人は軽蔑して、嫌っていました。

しかし、私の香港人のビジネスパートナーは、「本土の中国人が、それだけ、香港人の洗練された生活や文化を理解して同化して行くのなら、それはそれで問題はない。これがあと何十年も続けば、いずれ香港は中国と自然に混ざってしまうだろう」と、感慨深げに言いました。

今の香港には、このように、武力による侵攻も、強制的な移住政策もない。それなのに、本土の中国人とどんどん勝手に混ざり続けています。

活(い)きたお金と人の流れが、ごうごうと混ざり合って、巨大な中国という「新しい帝国(覇権国)」が拡大されていく動きは、もう誰にも止められません。どう見ても、激しく加速し続けています。

これこそが、「台湾が自然に、中国のひとつの省になっていく」という、現象です。
香港でも同じことが起きている、ということです。

私は香港の現地で、まさにこの大きな濁流のような流れを、この半年間ずっと、目撃しています。


(【前編】ここまで、【後編】は次のメールに続きます)


貼り付け終わり、









関連記事
コメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の80代 ♂、
朝が迎えられたことに感謝!
小便が出る事に感謝!
おまけの人生を楽しんでまーす(^^♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に、ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ウイルスは怖くない  (24)
ワクチン・ウイルス (114)
新型コロナウイルスとは (40)
新型コロナウイルス(2019-nCoV) (327)
新型コロナワクチン:仕組み&副反応 (236)
2019-nCoVの特効薬 (50)
予防接種を拒否する方法 (16)
下痢・ノロウイルス (11)
狂犬病 (6)
MMS (2)
刺青 (1)
梅毒 (4)
イヤシロチ化 (2)
重曹 (2)
かゆみ (1)
ソマチッド・ケイ素・テラヘルツ鉱石 (20)
子宮頸ガンワクチン&添加物 (56)
カンジダ症:リーキーガット症候群、癌 (20)
がん、ガン、癌、悪性腫瘍 (61)
ヒート・ショック・プロテイン (1)
ラプンツェル症候群 (1)
パーキンソン病 (1)
ミトコンドリア (3)
エボラ出血熱 (45)
多発性硬化症 (1)
光触媒 (1)
元素転換 (1)
抗生物質 (4)
除草剤 (4)
舌診 (1)
火傷 (5)
睡眠 (31)
歯 (28)
虫垂炎 (2)
骨粗鬆症 (1)
口内炎 (1)
歯周病 (4)
片頭痛 (5)
耳鳴り (3)
毛染め (4)
甲状腺 (0)
ADHD (9)
自閉症 (8)
砂糖類 (6)
コーヒー (20)
タバコ (3)
胆石 (2)
肺 (4)
死 (73)
不食 (4)
断食 (6)
美容 (4)
風邪 (6)
輸血 (4)
蜂毒 (14)
日本蜜蜂 (47)
蜂蜜の効用 (8)
月経は無いのが自然 (4)
更年期症状 (3)
母子手帳 (2)
フッ素 (7)
漢方薬 (23)
静脈瘤 (1)
白内障 (2)
花粉症 (7)
重金属毒 (2)
玄米菜食 (3)
心臓疾患 (4)
生卵は駄目 (3)
細胞の脳 (20)
腸内細菌 (4)
自己免疫疾患 (8)
腸:免疫システム (22)
第7の感覚・リンパ系・免疫系 (3)
ピロリ菌 (5)
多剤耐性菌 (11)
風味増強剤 (1)
キシリトール (1)
茶カテキン (3)
食品添加物 (4)
遺伝子組換え (32)
トランス脂肪酸 (2)
アスパルテーム (4)
メープルシロップ (1)
認知症&ケトン体 (35)
DNA (128)
ストレス (2)
コレステロール (1)
分子栄養学三石理論 (105)
分子栄養学(三石理論)入門編 (27)
分子栄養学(三石理論)上級編 (109)
分子栄養学(三石理論)コラム編 (18)
三石理論:医学常識はウソだらけ (1)
分子栄養学(三石理論)栄養素編 (21)
分子栄養学(三石理論):マイコプラズマ肺炎 (4)
医療・薬剤の実体(まとめ・保存版) (54)
医療・薬剤の実体(放射線) (1)
病気はクスリで作られる (7)
医療・薬剤の実体(がん) (2)
鍼灸指圧 (7)
医療・薬剤の実体 (912)
政治・経済・社会 (815)
文明800年周期 (1)
覚せい剤・麻薬 (21)
大麻 (24)
言論封殺 (0)
不正選挙 (15)
乳酸菌(豆乳ヨーグルト) (13)
グルンバ・乳酸菌軍団 (198)
飯山さん(日本仙人道) (0)
飯山一郎 保存版 (9)
飯山一郎さん (244)
乳酸菌同盟 (16)
乳酸菌 (30)
黄金の金玉団 (46)
nueqさん (2926)
達人さん (19)
宝石 (133)
写真 (143)
宇宙 (296)
物理 (68)
数学 (9)
太陽系 (26)
電磁波 (104)
宇宙全史 (24)
リザムの宇宙 (36)
銀河ネットワーク情報 (9)
その木に成って55さん (55)
シドニーおちんさん (3)
写真&未来の変え方 (22)
シドニーおちんの地図のある旅 (12)
意識を集中すると何かが起こる (3862)
飯山さん『放射性セシウムの無害化』 (3)
放射線レベルを1/10に操作 (4)
不思議な茨城県北部地震 (5)
原発再稼動&新設反対 (267)
ガイガーカウンター (4)
モルジェロンズ病&ケムトレイル (16)
ケムトレイル観察紀行(写真) (34)
ケムトレイル・気象操作 (309)
ケムトレイル保存版 (87)
HAARP (41)
サバイバル(術編) (228)
放射能「ぶらぶら病」 (5)
放射能被曝による鼻血 (46)
ホルミシス効果(放射能) (1)
放射能からのサバイバル (336)
放射能からのサバイバル 保存版 (20)
分子栄養学(三石理論)放射性物質対策 (1)
サバイバル「三脈の法・眼脈の法」 (9)
八ッ場は毒ヒ素ダム (1)
シオンの議定書 (2)
お金の仕組み (12)
ネットは危険 (208)
日本国支配 (26)
大東亜戦争 (1)
ノーベル賞 (1)
STAP細胞 (137)
ビルゲイツ 軽井沢別荘 (6)
フルベッキ写真 (0)
老子「道徳経」 (4)
奥の院:保存版 (55)
奥の院 (68)
バランサー:工作員 (11)
日月神示~奥の院 (4)
ユダヤと世界の歴史 (7)
会社化で支配 (28)
エンパス (1)
韓国関連 (0)
日本自立 (19)
偽旗作戦 (2)
集団ストーカー (89)
経済 (115)
間違い (18)
アヌンナキ (4)
地球なんでも鑑定団 (12)
温暖化:原発温排水 (5)
台風15号 (34)
NBBさん (2)
未分類 (5060)
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

                         悪がきboy's ベル&タイガー

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々

光軍の戦士のブログ
検索フォーム
リンク
飯山です