fc2ブログ

人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

■絶滅した巨大ザメ「メガロドン」は体温を保つことのできる「温血動物」だった可能性

カラパイア:絶滅した巨大ザメ「メガロドン」は体温を保つことのできる「温血動物」だった可能性 2023年06月29日より転載します。
貼り付け開始、

https://karapaia.com/archives/52323715.html

メガロドンは温血動物だった可能性

 2300万年前から360万年前。古代の海で頂点の座にあった史上最大のサメ「メガロドン」は、魚でありながら、温血動物(恒温動物)だった可能性があるという。

 カリフォルニア大学ロサンゼルス校をはじめとする研究チームが、メガロドンの歯の成分を分析したところ、この巨大ザメは周囲の水温よりも7度体温を高く保てただろうことがわかったのだ。

 この体温維持機能は、メガロドンが頂点捕食者として世界中に広まるうえで、頼もしい武器になった。

 ところが皮肉なことに、時代が変わるとそれが弱点となり、彼らが絶滅する一因になったとも考えられるそうだ。


古代の海の最強の捕食者「メガロドン」


 絶滅種「メガロドン(Otodus megalodon)」は、約2300万~360万年前の前期中新世から鮮新世にかけて生息していた史上最大のサメだ。

 ネズミザメ科に分類されるが、同じグループに分類される現代最大のサメ「ホホジロザメ」の約3倍も大きいとされている。

 その巨大さは驚くべきもので、体長は15メートルにも達し(諸説あり)、もしその時代にシャチが存在していたのなら、ほんの数口で平らげることができた可能性がある

 メガロドンはその巨大さによって、まさに海の王者として君臨し、ほかの生物を圧倒していたのである。

image_12042-Otodus-megalodon
360万年前に絶滅したメガロドン / image credit:Alex Boersma/PNAS

ネズミザメ科の体温維持機能はメガロドンにもあったのか?


 メガロドンがサメということは、魚であるということだ。

 ほとんどの魚は「冷血動物(変温動物)」だ。つまり周囲の温度によって体温が左右される。だから多くの魚の体温は、そのとき泳いでいる水の温度と同じだ。

 ところが、ネズミザメは周囲の水よりもいくらか体温を高く保つことができる。体温が代謝によって生じる熱によって維持されているからだ。その意味で「温血動物(恒温動物)」なのだという。

 ただし、哺乳類や鳥類ほど体温を調節する機能は高くない。そもそも体温を維持する仕組みが違うからだ。

 私たちの体温が一定に保たれているのは、脳の「視床下部」と呼ばれる部位がそれを調節しているからだ。

 一方、ネズミザメでは筋肉で生じた熱が逃げにくいような体の構造をしている。そのおかげで、水温よりも高く体温を保つことができる。

 では、同じネズミザメであるメガロドンもまた温血動物だったのだろうか? 今回の研究によれば、そう分類していいほどの体温維持機能があったようなのだ。

iStock-1004792742
photo by iStock


歯の同位体でメガロドンの体温を調べる


 メガロドンが温血動物だったらしいことをほのめかす証拠はいろいろある。

 だが、その決定的な証拠はない。というのも体温を維持する秘訣である構造(軟組織)はすぐに腐ってしまい、現代まで残らないからだ。

 そこで今回の研究チームは、化石として残されているメガロドンの歯に注目した。

 歯の主成分は「アパタイト」という水酸燐灰石で、そこには炭素原子と酸素原子が含まれている。どの原子でも言えることだが、これらの原子には同じ種類なのに”重さ"が違う「同位体」というものがある。

 歯にどの同位体がどれだけ含まれているかは、周囲の環境や食べていたものによって左右される。

 そしてメガロドンの研究者にとっては都合がいいことに、それは体温によっても影響を受ける。だから炭素原子と酸素原子の同位体を体温計として利用できるのだ。

2
photo by iStock


メガロドンも体温を保つことができる温血動物だった可能性


 とは言っても、ネズミザメには哺乳類や鳥類ほど強力な体温維持機能があるわけではない。

 水温よりほんの少し体温を高くできるだけだ。だから体温の影響は、同位体にそれほど強くは残らない。

 そこで研究チームは、メガロドンと同じ時代に生きていたほかのサメの同位体と比べてみることにした。

 もしもほかのサメよりメガロドンの体温の方が高かっただろう痕跡があるのなら、それはこの巨大ザメが温血動物だったことを示す強力な証拠になる。

 そしてこの分析の結果、世界中から集められたメガロドンの歯はどれも、おそらくは体温を維持できただろうことを告げていたのだ。

 それによると、メガロドンは海水よりも7度体温を高く維持することができたと考えられるという。研究チームによれば、メガロドンを恒温動物に分類できる十分な体温維持機能であるという。

iStock-1345530702
photo by iStock


体温のせいで絶滅につながった可能性も


 こうした体温維持機能は、よりすばやく泳ぎ、冷たい水にも耐えられるなど、メガロドンが頂点捕食者として世界中に広がる手助けをしたと考えられる。

 ところが研究チームによると、有利だったはずのこの体温維持機能がかえって仇となり、メガロドンを破滅へと導いた可能性があるようだ。

 533万~258万年前の「鮮新世」では、地球全体が冷え、海の生態系が激変した。

 メガロドンのように高い体温を維持するためには、たっぷりと食べてエネルギーを補給する必要がある。

 だが生態系のバランスが崩れてしまった新しい時代では、これがメガロドンの弱点になったかもしれないのだ。

 そんな不利な状況において、メガロドンは時代により適応したホホジロザメのような新参者と競争しなければならなかった。

 その戦いの結末は、私たちが知っている通り。現在の地球の海に、かつての王者の姿はもうない。

 この研究は『PNAS』(2023年6月26日付)に掲載された。

References:New analysis of tooth minerals confirms megalodon shark was warm-blooded / written by hiroching / edited by / parumo





あわせて読みたい

冷たい水がメガロドンを巨大化させたという研究結果


巨大の怪物ザメ「メガロドン」のサイズが明らかに。背びれだけでも人間の背丈に匹敵(英研究)


メガロドンの絶滅の要因の1つにホホジロザメの存在が浮上。同じ獲物を奪い合っていた


思ってたのと違うかも。メガロドンの本当の姿は謎に包まれている。


地球史上最大のサメ「メガロドン」は母親の胎内で熾烈な生存競争を繰り広げていた可能性



貼り付け終わり、







関連記事
コメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の80代 ♂、
朝が迎えられたことに感謝!
小便が出る事に感謝!
おまけの人生を楽しんでまーす(^^♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に、ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ウイルスは怖くない  (24)
ワクチン・ウイルス (121)
新型コロナウイルスとは (40)
新型コロナウイルス(2019-nCoV) (329)
新型コロナワクチン:仕組み&副反応 (301)
2019-nCoVの特効薬 (51)
予防接種を拒否する方法 (17)
下痢・ノロウイルス (11)
狂犬病 (7)
MMS (2)
刺青 (1)
梅毒 (4)
イヤシロチ化 (2)
重曹 (3)
かゆみ (1)
ソマチッド・ケイ素・テラヘルツ鉱石 (20)
子宮頸ガンワクチン&添加物 (56)
カンジダ症:リーキーガット症候群、癌 (20)
がん、ガン、癌、悪性腫瘍 (64)
ヒート・ショック・プロテイン (1)
ラプンツェル症候群 (1)
パーキンソン病 (1)
ミトコンドリア (3)
エボラ出血熱 (45)
多発性硬化症 (1)
光触媒 (1)
元素転換 (1)
抗生物質 (4)
除草剤 (4)
舌診 (1)
火傷 (5)
睡眠 (34)
歯 (28)
虫垂炎 (2)
骨粗鬆症 (1)
口内炎 (1)
歯周病 (4)
片頭痛 (7)
耳鳴り (3)
毛染め (4)
甲状腺 (0)
ADHD (9)
自閉症 (8)
砂糖類 (6)
コーヒー (21)
タバコ (3)
胆石 (2)
肺 (4)
死 (75)
不食 (4)
断食 (8)
美容 (4)
風邪 (6)
輸血 (4)
蜂毒 (15)
日本蜜蜂 (47)
蜂蜜の効用 (9)
月経は無いのが自然 (4)
更年期症状 (3)
母子手帳 (2)
フッ素 (7)
漢方薬 (26)
静脈瘤 (1)
白内障 (2)
花粉症 (8)
重金属毒 (2)
玄米菜食 (3)
心臓疾患 (4)
生卵は駄目 (4)
細胞の脳 (20)
腸内細菌 (5)
自己免疫疾患 (8)
腸:免疫システム (22)
第7の感覚・リンパ系・免疫系 (3)
ピロリ菌 (5)
多剤耐性菌 (11)
風味増強剤 (1)
キシリトール (1)
茶カテキン (3)
食品添加物 (4)
遺伝子組換え (32)
トランス脂肪酸 (2)
アスパルテーム (4)
メープルシロップ (1)
認知症&ケトン体 (39)
DNA (134)
ストレス (5)
コレステロール (1)
分子栄養学三石理論 (105)
分子栄養学(三石理論)入門編 (27)
分子栄養学(三石理論)上級編 (109)
分子栄養学(三石理論)コラム編 (18)
三石理論:医学常識はウソだらけ (1)
分子栄養学(三石理論)栄養素編 (21)
分子栄養学(三石理論):マイコプラズマ肺炎 (4)
医療・薬剤の実体(まとめ・保存版) (54)
医療・薬剤の実体(放射線) (1)
病気はクスリで作られる (7)
医療・薬剤の実体(がん) (2)
鍼灸指圧 (7)
医療・薬剤の実体 (913)
政治・経済・社会 (815)
文明800年周期 (1)
覚せい剤・麻薬 (22)
大麻 (24)
言論封殺 (0)
不正選挙 (15)
乳酸菌(豆乳ヨーグルト) (13)
グルンバ・乳酸菌軍団 (198)
飯山さん(日本仙人道) (0)
飯山一郎 保存版 (9)
飯山一郎さん (244)
乳酸菌同盟 (16)
乳酸菌 (30)
黄金の金玉団 (46)
nueqさん (3001)
達人さん (19)
宝石 (135)
写真 (147)
宇宙 (305)
物理 (69)
数学 (10)
太陽系 (29)
電磁波 (107)
宇宙全史 (24)
リザムの宇宙 (36)
銀河ネットワーク情報 (9)
その木に成って55さん (55)
シドニーおちんさん (3)
写真&未来の変え方 (22)
シドニーおちんの地図のある旅 (12)
意識を集中すると何かが起こる (3862)
飯山さん『放射性セシウムの無害化』 (3)
放射線レベルを1/10に操作 (4)
不思議な茨城県北部地震 (5)
原発再稼動&新設反対 (273)
ガイガーカウンター (4)
モルジェロンズ病&ケムトレイル (16)
ケムトレイル観察紀行(写真) (34)
ケムトレイル・気象操作 (313)
ケムトレイル保存版 (91)
HAARP (43)
サバイバル(術編) (233)
放射能「ぶらぶら病」 (6)
放射能被曝による鼻血 (46)
ホルミシス効果(放射能) (1)
放射能からのサバイバル (337)
放射能からのサバイバル 保存版 (20)
分子栄養学(三石理論)放射性物質対策 (1)
サバイバル「三脈の法・眼脈の法」 (10)
八ッ場は毒ヒ素ダム (1)
シオンの議定書 (2)
お金の仕組み (12)
ネットは危険 (222)
日本国支配 (26)
大東亜戦争 (1)
ノーベル賞 (1)
STAP細胞 (137)
ビルゲイツ 軽井沢別荘 (6)
フルベッキ写真 (0)
老子「道徳経」 (4)
奥の院:保存版 (55)
奥の院 (68)
バランサー:工作員 (11)
日月神示~奥の院 (4)
ユダヤと世界の歴史 (7)
会社化で支配 (28)
エンパス (1)
韓国関連 (0)
日本自立 (20)
偽旗作戦 (2)
集団ストーカー (89)
経済 (115)
間違い (18)
アヌンナキ (4)
地球なんでも鑑定団 (12)
温暖化:原発温排水 (5)
台風15号 (34)
NBBさん (3)
未分類 (5412)
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

                         悪がきboy's ベル&タイガー

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々

光軍の戦士のブログ
検索フォーム
リンク
飯山です