fc2ブログ

人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

■期待外れの試験にもかかわらず、鼻腔用コビドワクチンに大きな期待

おいらは予てより、注射によるワクチン接種では粘膜免疫が出来ないので、絶対に病気は予防出来ないと云ってる。やるなら最初に感染する粘膜に免疫を作り出せとw。その方式に挑戦したレポートです。
medicalxpress.com:October 18, 2022High hopes for nasal Covid vaccines despite 'disappointing' trialより転載します。
・アストラゼネカ社の鼻腔スプレー式コロナウイルスワクチンは、治験者の一部にしか粘膜免疫が作れず、免疫反応が弱かったという試験結果情報です。

貼り付け開始:翻訳はDeepL無料版使用

https://medicalxpress.com/news/2022-10-high-nasal-covid-vaccines-disappointing.html

2022年10月18日
期待外れの試験にもかかわらず、鼻腔用コビドワクチンに大きな期待

クレジット: Pixabay/CC0 パブリック ドメイン

アストラゼネカのスプレーの最近の試験結果は「期待はずれ」であったが、鼻腔ワクチンはCOVID-19との闘いにおける将来の強力な武器になる可能性があると専門家は言う。

経鼻ワクチンは、ウイルスと同じ方法で体内に入ることにより、鼻と口の粘膜に免疫力をつけることを目的としている。

これによって、人々がそもそも感染するのを防ぐことができ、またCOVIDに感染した人々がさらに感染を広げるのを妨げることができる可能性がある。

従来の腕への注射は、COVIDの重症化予防には非常に効果的ですが、感染を止めるという点でははるかに劣ることが証明されており、これは大きな後押しとなります。

先月、中国は針を使わないCOVIDワクチンを承認した最初の国になった。これはエアゾール式のミストをネブライザー装置を使って鼻と口から吸入するもので、その数日後にはインドも国産の点鼻薬ワクチンを承認した。

欧米諸国はいつになったら追いつくのだろうと思っていたら、先週オックスフォード大学の研究者が、アストラゼネカのワクチンを使った簡単な鼻腔スプレーの第1相試験の結果を発表したのである。

しかし、このワクチンが粘膜抗体を促進したのは参加者のごく一部で、免疫反応は従来のワクチンによるものと比べて弱かったと、『eBioMedicine』誌に発表された。

あまり落ち込まないように

「この試験で、鼻腔スプレーは我々が期待していたほど良い結果を出せなかった」と、この試験の主任研究者であるオックスフォード大学のサンディ・ダグラスは言う。

「これは、より複雑なネブライザー装置を使って同様のワクチンを肺の奥深くまで投与することで良い結果が得られることを示唆した中国からの最近のデータとはかなり異なっていました」とダグラスは声明の中で述べている。

「一つの可能性として、鼻腔スプレーのワクチンの大部分が飲み込まれ、胃の中で破壊されてしまうので、肺に投与することでそれを避けることができるかもしれません」。

クイーンズ大学ベルファストのウイルス学者コナー バンフォード、AFP に語ったそれアストラゼネカの結果について「あまりにも落ち込んでいない」ことが重要だった。

彼は、この点鼻薬が失敗した理由を正確に解明することは、研究者が将来のバージョンをより効果的にする方法を発見するのに役立つと述べた。

アストラゼネカ社とは異なり、ポリオ、ロタウイルス、インフルエンザなど他の疾病に使用されている成功した点鼻ワクチンは、すべて生ワクチンであるため、鼻の中で複製され、研究者にとって前進の道を示す可能性があるとバンフォードは語った。

Eric Tartour、パリの欧州病院ジョルジュポンピドゥーの免疫学者は、アストラゼネカの結果 "は確かに失望している "が、彼はニュース "鼻のワクチンへの希望を減衰 "とは思いませんでしたと述べた。

また、アストラゼネカ社、中国、インドの経鼻ワクチンに重篤な副作用が見られなかったことは「心強い」、と付け加えた。

健康データ会社のAirfinityとNatureの先月の分析によると、世界中で約100種類の経鼻COVIDワクチンが開発中で、約20種類がヒトでテストされている。

ロシアとイランも経鼻ワクチンを承認している。しかし、中国やインドと同様に、これらの国でも、ワクチンが感染を阻止することを示す試験データを査読付き学術誌に発表していない。

また、世界的に接種率が低下しているため、一部の国では有効期限切れの数百万回分を廃棄しており、新しいCOVIDワクチンの需要は依然として不明確である。

目を覚ましてリードする。

例えば、2020年にフランスのパスツール研究所とバイオテクノロジー企業のセラベクティスが開発した鼻腔ワクチン候補は、最高科学責任者のピエール・シャルノーによると、動物実験において感染を阻止し、異なる亜種に対する抗体を産生することが確認された。

しかし、このワクチンは「資金提供機関や『大手製薬会社』から、ヒトに対する試験を実施するほどの関心を集めていない」ため、同社はがんワクチンに焦点を戻した、とシャルノー氏は述べた。

米国のバイオテクノロジー企業であるMeissa Vaccines社は、鼻腔用ワクチンを開発し、ヒトに対する第1相試験で免疫反応を示したと、同社の最高科学責任者Martin Moore氏は述べた。

では、このような経鼻ワクチンが一般に利用できるようになるには、どの程度の時間がかかるのであろうか?それは場合による、とムーア氏は言う。

ムーア氏は、史上最速の1年足らずで大量に開発されたCOVIDワクチンの第一弾と同じような資源を経鼻ワクチンの開発に投入するよう世界に呼びかけている。

「もしワープスピード2.0があるなら、私たちのワクチンも同じようなスケジュールで一般に提供できるはずです」とムーア氏は言います。

「感染を減らすことがウイルスをコントロールする最良の方法です」とムーア氏は言います。「課題は、経鼻ワクチンが実際にこれを可能にすることを証明することです」と彼は付け加えました。

「私たちの健康や経済にとって、その効果は絶大です。欧米諸国は目を覚まし、リードする必要がある」と述べた。


貼り付け終わり、翻訳はDeepL無料版を使用しました。


・この世はバカと悪徳商売人ばかり!
 粘膜免疫が出来ない「注射ワクチン」では絶対に病気予防が出来ないという基本を押さえてさえいれば・・・

・存在しないウイルスですが・・・それは置いといて、
 先ずは「粘膜免疫」でもってして人体が感染する事を防ぐべし、
 更に進め、「病原菌類」自体を封じ込める=不活化すれば、新型も、変異株も、突然変異も、未知の病原菌類にも対応出来る。

・その方策がこれ ↓ ↓
★どんなウイルスも不活化出来る: ワクチン神話に騙されるな!
https://1tamachan.blog.fc2.com/blog-entry-8689.html

 この安心安全な自然の方策では特許が取れないので、
  商売あがったりだ(=・ω・=)にゃ~









関連記事
コメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の80代 ♂、
朝が迎えられたことに感謝!
小便が出る事に感謝!
おまけの人生を楽しんでまーす(^^♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に、ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ウイルスは怖くない  (24)
ワクチン・ウイルス (121)
新型コロナウイルスとは (40)
新型コロナウイルス(2019-nCoV) (329)
新型コロナワクチン:仕組み&副反応 (305)
2019-nCoVの特効薬 (51)
予防接種を拒否する方法 (17)
下痢・ノロウイルス (11)
狂犬病 (7)
MMS (2)
刺青 (1)
梅毒 (4)
イヤシロチ化 (2)
重曹 (3)
かゆみ (1)
ソマチッド・ケイ素・テラヘルツ鉱石 (20)
子宮頸ガンワクチン&添加物 (56)
カンジダ症:リーキーガット症候群、癌 (20)
がん、ガン、癌、悪性腫瘍 (64)
ヒート・ショック・プロテイン (1)
ラプンツェル症候群 (1)
パーキンソン病 (1)
ミトコンドリア (3)
エボラ出血熱 (45)
多発性硬化症 (1)
光触媒 (1)
元素転換 (1)
抗生物質 (4)
除草剤 (4)
舌診 (1)
火傷 (5)
睡眠 (34)
歯 (28)
虫垂炎 (2)
骨粗鬆症 (1)
口内炎 (1)
歯周病 (4)
片頭痛 (7)
耳鳴り (3)
毛染め (4)
甲状腺 (0)
ADHD (9)
自閉症 (8)
砂糖類 (6)
コーヒー (21)
タバコ (3)
胆石 (2)
肺 (4)
死 (76)
不食 (4)
断食 (8)
美容 (4)
風邪 (6)
輸血 (4)
蜂毒 (15)
日本蜜蜂 (47)
蜂蜜の効用 (9)
月経は無いのが自然 (4)
更年期症状 (3)
母子手帳 (2)
フッ素 (7)
漢方薬 (26)
静脈瘤 (1)
白内障 (2)
花粉症 (8)
重金属毒 (2)
玄米菜食 (3)
心臓疾患 (4)
生卵は駄目 (4)
細胞の脳 (20)
腸内細菌 (5)
自己免疫疾患 (8)
腸:免疫システム (22)
第7の感覚・リンパ系・免疫系 (3)
ピロリ菌 (5)
多剤耐性菌 (11)
風味増強剤 (1)
キシリトール (1)
茶カテキン (3)
食品添加物 (4)
遺伝子組換え (32)
トランス脂肪酸 (2)
アスパルテーム (4)
メープルシロップ (1)
認知症&ケトン体 (39)
DNA (134)
ストレス (5)
コレステロール (1)
分子栄養学三石理論 (105)
分子栄養学(三石理論)入門編 (27)
分子栄養学(三石理論)上級編 (109)
分子栄養学(三石理論)コラム編 (18)
三石理論:医学常識はウソだらけ (1)
分子栄養学(三石理論)栄養素編 (21)
分子栄養学(三石理論):マイコプラズマ肺炎 (4)
医療・薬剤の実体(まとめ・保存版) (54)
医療・薬剤の実体(放射線) (1)
病気はクスリで作られる (7)
医療・薬剤の実体(がん) (2)
鍼灸指圧 (7)
医療・薬剤の実体 (913)
政治・経済・社会 (815)
文明800年周期 (1)
覚せい剤・麻薬 (22)
大麻 (24)
言論封殺 (0)
不正選挙 (15)
乳酸菌(豆乳ヨーグルト) (13)
グルンバ・乳酸菌軍団 (198)
飯山さん(日本仙人道) (0)
飯山一郎 保存版 (9)
飯山一郎さん (244)
乳酸菌同盟 (16)
乳酸菌 (30)
黄金の金玉団 (46)
nueqさん (3002)
達人さん (19)
宝石 (135)
写真 (147)
宇宙 (306)
物理 (69)
数学 (10)
太陽系 (29)
電磁波 (107)
宇宙全史 (24)
リザムの宇宙 (36)
銀河ネットワーク情報 (9)
その木に成って55さん (55)
シドニーおちんさん (3)
写真&未来の変え方 (22)
シドニーおちんの地図のある旅 (12)
意識を集中すると何かが起こる (3862)
飯山さん『放射性セシウムの無害化』 (3)
放射線レベルを1/10に操作 (4)
不思議な茨城県北部地震 (5)
原発再稼動&新設反対 (273)
ガイガーカウンター (4)
モルジェロンズ病&ケムトレイル (16)
ケムトレイル観察紀行(写真) (34)
ケムトレイル・気象操作 (313)
ケムトレイル保存版 (91)
HAARP (43)
サバイバル(術編) (233)
放射能「ぶらぶら病」 (6)
放射能被曝による鼻血 (46)
ホルミシス効果(放射能) (1)
放射能からのサバイバル (337)
放射能からのサバイバル 保存版 (20)
分子栄養学(三石理論)放射性物質対策 (1)
サバイバル「三脈の法・眼脈の法」 (10)
八ッ場は毒ヒ素ダム (1)
シオンの議定書 (2)
お金の仕組み (12)
ネットは危険 (222)
日本国支配 (26)
大東亜戦争 (1)
ノーベル賞 (1)
STAP細胞 (137)
ビルゲイツ 軽井沢別荘 (6)
フルベッキ写真 (0)
老子「道徳経」 (4)
奥の院:保存版 (55)
奥の院 (68)
バランサー:工作員 (11)
日月神示~奥の院 (4)
ユダヤと世界の歴史 (7)
会社化で支配 (28)
エンパス (1)
韓国関連 (0)
日本自立 (20)
偽旗作戦 (2)
集団ストーカー (89)
経済 (115)
間違い (18)
アヌンナキ (4)
地球なんでも鑑定団 (12)
温暖化:原発温排水 (5)
台風15号 (34)
NBBさん (3)
未分類 (5416)
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

                         悪がきboy's ベル&タイガー

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々

光軍の戦士のブログ
検索フォーム
リンク
飯山です