fc2ブログ

人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

■気象操作は陰謀論ではなく現実に行われている

ケムトレイル、HAARP、宇宙衛星はセットです。雨雲が晴れるとケムトレイル由来のケム雲が見て取れる
2022_08070015.jpg
TOCANA:豪雨・大雨は人工的に降らすことができる!? 米空軍の気象兵器レポート「USAF 2025」に明記「2025までに気候は完全に操作される」
2020.07.08 08:30
https://tocana.jp/2020/07/post_162392_entry.html

この記事に出ている「USAF 2025」↓ ↓
www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

https://www.airforcemag.com/article/1296study/
エアーフォース

A little over a year ago, the Air Force tasked some of its most promising midlevel officers and members of other services to look hard at technology, global politics, social trends, and other critical factors and then conjure the “most stressful” situations that might confront the US three decades hence. The Air Force, thus forewarned, could begin to prepare itself for the challenges.
1年余り前、空軍は、最も有望な中堅将校と他部隊の隊員に対して、技術、世界政治、社会動向、その他の重要な要因をよく検討し、30年後に米国が直面するであろう「最もストレスの多い」状況を思い描くよう課題を課した。そして、30年後に米国が直面する可能性のある「最もストレスの多い」状況を想定させた。

That forecast, called “Air Force 2025,” is now complete, and the potential dangers that it identifies are daunting.
この予測は「エアフォース2025」と呼ばれ、現在完成しているが、その中で指摘された潜在的な危険は大変なものである。


They include arrival on the world scene of a gigantic, hostile Asian meganation or, alternatively, a network of collaborative transnational corporations. The world of the future might well be plagued by widely dispersed weapons of mass destruction or swarms of robotic “insects” sent to attack cities. The American armed forces might have death rays capable of vaporizing aircraft.
例えば、巨大で敵対的なアジアの巨大企業や、多国籍企業のネットワークが世界に登場する。未来の世界は、大量破壊兵器が広範囲に拡散し、都市を攻撃するロボット「昆虫」の大群に悩まされているかもしれない。アメリカ軍は航空機を蒸発させることができる殺人光線を持っているかもしれない。


If the forecasters are right, the Air Force in 2025 will be significantly different from that of today, despite the fact that most of the systems on which USAF will depend decades from now are already in service or development. Most strikingly, the team found that the Air Force three decades out will be oriented far more toward space than toward air. This shift in emphasis will be so profound, said participants, that they grappled with whether the Air Force should spin off an all-new “Space Force” or, at a minimum, rename itself “US Aerospace Force.”
もしこの予測が正しければ、2025年の空軍は、現在とは大きく異なるものになるでしょう。ただし、数十年後に米空軍が依存することになるシステムのほとんどは、すでに稼働中か開発中であるという事実があります。最も顕著なのは、30年後の空軍は、航空よりも宇宙をはるかに指向していることである。この重点の変化は非常に大きく、空軍は全く新しい「宇宙軍」を独立させるべきか、あるいは最低限「米国航空宇宙軍」と改名するべきかについて、参加者は議論したそうである。


“We grappled with that,” said Col. Joseph A. Engelbrecht, Jr., who headed up the Air Force 2025 effort. “But we found that the heritage of the name is still important and valuable.” For most civilians, he said, the name Air Force “already connotes ‘air and space’–and, increasingly, ‘air, space, and information.’ “
「と、空軍2025年計画の責任者であるJoseph A. Engelbrecht, Jr.大佐は述べています。「しかし、この名称の持つ伝統は、依然として重要で価値があることがわかった。ほとんどの民間人にとって、空軍という名前はすでに「空と宇宙」を意味し、さらに「空、宇宙、情報」を意味するようになっている、と彼は言う。"


More important, however, the team decided to stick with the name because “integration of all these disciplines–air and space and information–will be the key to success. Air [forces] alone won’t be effective without space and information tied in, . . . and the Air Force is pretty good at integrating them right now. So separating them into different branches or services makes less sense now than it ever did.” Making that integration more seamless “is the main challenge facing the Air Force,” the Colonel observed.
しかし、より重要なのは、「航空、宇宙、情報など、これらすべての分野の統合が成功の鍵になる」という理由から、この名前にこだわることにしたのです。そして、空軍は現在、これらを統合することにかなり長けています。そして、空軍は現在、これらを統合することに非常に優れています。したがって、これらを異なる部門やサービスに分けることは、以前よりも意味をなさなくなりました。この統合をよりシームレスにすることが、「空軍が直面している主要な課題である」と大佐は述べている。


The 3,300-page, ten-volume report was produced at Air University, Maxwell AFB, Ala., with input from technologists, futurists, science fiction writers, scientists, historians, active-duty officers, and retired Air Force generals. It is billed as a projection of the economic, political, and military conditions that could arise around the year 2025, as well as a prescription for the capabilities USAF must have if it is to remain relevant under those conditions.
アラバマ州マックスウェル基地の航空大学で、技術者、未来学者、SF作家、科学者、歴史家、現役将校、退役空軍将兵の意見を取り入れて、3300ページ、10巻からなる報告書が作成された。2025年頃に起こりうる経済的、政治的、軍事的状況を予測し、その状況下でアメリカ空軍が存在し続けるために必要な能力の処方箋を示すものとされています。


Lt. Gen. Jay W. Kelley, USAF (Ret.), who headed Air University during the 2025 effort, said that satellites “will increase in quantity and quality” and that many nations will have the ability to develop and launch them, “cutting our margin of superiority in this area.” Additionally, a need is likely to arise for satellites that can “maneuver”–to avoid or fight one another in orbit–as dependency on satellite-provided information becomes greater. There will also likely be a decrease in the size of ground stations for controlling space operations.
2025年の取り組みで航空大学を率いたジェイ・W・ケリー中将(米空軍退役)は、衛星は「量と質が向上し」、多くの国が開発・打ち上げ能力を持ち、「この分野での我々の優位性は失われる」と述べている。また、衛星からの情報への依存度が高まるにつれ、軌道上で衛星同士を回避したり、戦わせたりする「マヌーバ」のニーズが生じると思われる。また、宇宙をコントロールする地上局の規模も縮小していくと思われます。


Sword and Cyber
ソード&サイバー


In 2025, General Kelley continued, “most major battles” between nations or coalitions of nations “may not be to capture territory, and they may not be fought on the Earth’s surface.” Instead, conflicts between technologically adept entities might occur entirely or chiefly “in space or cyberspace.” According to General Kelley, the Air Force will probably develop manned and unmanned transatmospheric and hypersonic vehicles “with multiple functions.” High-power lasers employed both within and outside the atmosphere will increasingly become a “weapon of choice.”
2025 年には、国家間や国家連合間の「ほとんどの主要な戦闘は、領土を獲得するためではなく、地表で は行われないかもしれない」と、ケリー将軍は続ける。その代わり、技術的に熟練した主体間の紛争は、完全に、あるいは主に「宇宙空間やサイバースペース」で起こるかもしれない。ケリー将軍によると、空軍はおそらく有人・無人の大気圏横断・極超音速飛行体を「複数の機能を持つ」ものとして開発するだろう。大気圏内外で使用される高出力レーザーは、ますます「選択可能な武器」になるであろう。


“We see a trend where there will be an increase in the number of vehicles in space as opposed to vehicles in the air,” said Colonel Engelbrecht. “And more of the air vehicles will be unmanned, while there will be more manned space vehicles.”
エンゲルブレヒト大佐は、「私たちは、空中の乗り物に対して、宇宙での乗り物の数が増加する傾向があると見ています」と述べています。「そして、空中の乗り物は無人のものが多くなり、宇宙空間の乗り物は有人のものが多くなるでしょう。


The fundamental insight of the 2025 study, said General Kelley, is that the Air Force “must pursue the exploitation of information and space with the same fervor with which it has mastered atmospheric flight.” USAF must become comfortable and practiced at dominating “the atmospheric, exoatmospheric, and infospheric” realms.
ケリー将軍は、2025 年の研究の基本的な洞察は、空軍が「大気圏飛行をマスターしたのと同じ熱意で、 情報と宇宙の開発を追求しなければならない」ということである、と述べている。米国空軍は、「大気圏、大気圏外、および大気圏内」の領域を支配することに慣れ、実践的になら なければならない。


Completed this summer, the study is one of several forecasting efforts ordered up last year by the Air Force Chief of Staff, Gen. Ronald R. Fogleman. In one of them, called “New World Vistas,” the Air Force Scientific Advisory Board evaluated the technologies now emerging, looking for the ones that, with proper investment, could yield breakthrough capabilities for tomorrow’s USAF [see “New World Vistas,” March 1996, p. 20].
この夏に完了したこの研究は、空軍参謀長ロナルド・R・フォーグルマン将軍が昨年命じたいくつかの予測作業の1つである。そのうちの1つ、「新世界の展望」と呼ばれるものでは、空軍科学諮問委員会が現在出現している技術を評価し、適切な投資によって明日の米空軍に画期的な能力をもたらす可能性のある技術を探している[「新世界の展望」1996年3月、20ページ参照]。


The Air Force 2025 participants took a different approach. First, they determined the possible characteristics of the most stressful future worlds in which USAF might have to operate. Then, they looked for “common-denominator capabilities”–that is, systems that would be critical to military success in any of these scenarios.
空軍2025の参加者は、異なるアプローチをとった。まず、彼らは米空軍が活動しなければならない最もストレスの多い未来の世界の特徴を決定した。次に、「共通基盤能力」、つまり、これらのシナリオのいずれにおいても軍事的成功に不可欠なシステムを探した。


The study participants emphasized that they were working in the “worst-case” realm. While the major scenarios they used were certainly possible and plausible, they “do not represent the ‘most likely’ potential futures,” contended Colonel Engelbrecht.
研究参加者は、自分たちが「最悪のケース」の領域で仕事をしていることを強調した。エンゲルブレヒト大佐は、「彼らが用いた主要なシナリオは、確かに可能であり、もっともらしいが、『最も可能性の高い』潜在的な未来を表しているわけではない」と主張した。


He went on, “What we were trying to do was consider alternative futures that represent very difficult challenges for the Air Force. It’s a way to think about the future and devise a strategy. . . . We want to try to avoid being surprised by the challenges that confront us in thirty years.”
さらに、「私たちがやろうとしたのは、空軍にとって非常に困難な課題を表す代替的な未来を考えることでした。それは、未来について考え、戦略を練ることだ。. . . 30年後に立ちはだかる課題に驚かないようにしたいのです" と。


The 2025 team made several predictions:
2025年組は、いくつかの予測を立てた:


  • Information–as a commodity as well as a combat medium–will be “more influential than bombs” in thirty years, and expertise in manipulating information will offer the United States its most telling advantage over future adversaries.
  • Industry, not government, will be responsible for developing critical new technologies, and government more often than not will borrow, license, or lease systems rather than buy or develop them on its own.
  • Human beings increasingly will direct operations at a distance from the scene of action–“in the loop” as opposed to “in the cockpit”–as uninhabited machines assume ever-greater importance.
  • Military education will become more frequent and more tailored, with gaming and simulations–of everything from air combat to running an expeditionary base–taking on greater significance. With the aid of computers and digital technology, the distinction between taking a course “in residence” and “by correspondence” will become moot.
  • “These evolutions may each or all have dramatic or even revolutionary effects,” General Kelley wrote in his executive summary of Air Force 2025. The impact of these trends, he added, is “unavoidable.”
  • To think systematically about what kinds of conditions may prevail three decades hence, the 2025 team decided to bound the future along three axes.
    情報は、商品であると同時に戦闘媒体でもあり、30年後には「爆弾よりも影響力がある」とされ、情報を操る専門知識は、将来の敵に対して米国が最も大きな優位性を持つことになる。

    重要な新技術の開発は政府ではなく産業界が担当し、政府は独自にシステムを購入したり開発したりするよりも、借りたり、ライセンス供与したり、リースしたりすることが多くなるであろう。

    無人機の重要性がますます高まる中、人間はますます現場から離れた場所で作戦を指揮するようになる。「コックピットの中」とは対照的に、「ループの中」と呼ばれるようになる。

    軍事教育は、空戦から遠征基地の運営に至るまで、ゲームやシミュレーションによって、より頻繁に、より個別的に行われるようになり、その意義はますます大きくなっていく。コンピュータとデジタル技術の助けにより、「居住地での」コースと「通信による」コースの区別は無意味になるだろう。

    ケリー将軍は、空軍2025の要旨の中で、「これらの進化は、それぞれ、あるいはすべてが、劇的な、あるいは革命的な効果をもたらすかもしれない」と書いている。これらのトレンドの影響は、"避けられない "と彼は付け加えた。

    30年後にどのような状況が広がっているかを体系的に考えるために、2025年チームは未来を3つの軸で縛ることにした。


The first of the three axes was labeled the “American World View.” Would the United States tend toward isolationism or remain fully engaged around the globe
3つの軸のうち、最初の軸は「アメリカの世界観」と名づけられた。アメリカは孤立主義に傾くのか、それとも世界中と完全に関わり続けるのか


The next axis was the rate of technological change in the world, and its distribution, abbreviated “Delta TeK.” Would high technology remain in the hands of a few world actors or become widespread
次の軸は、世界の技術変化の割合とその分布で、"Delta TeK "と略記した。ハイテクは、世界の一部のアクターの手に残るのか、それとも広く普及するのか


The final axis reflected the “World Power Grid.” Would economic, political, cultural, and military power be concentrated in a few major nations or be broadly dispersed
最後の軸は、「ワールド・パワー・グリッド」である。経済、政治、文化、軍事力が少数の主要国に集中するのか、それとも広範囲に分散するのか。


The intersection of these variables defines the box that contains the range of possible futures. The study participants gave each of the box’s corners a name and a “plausible history” describing how that world came to exist.
これらの変数の交点が、可能な未来の範囲を含む箱を定義する。参加者は、この箱の各コーナーに名前をつけ、その世界がどのようにして存在するようになったかを説明する「もっともらしい歴史」をつけた。


“Gulliver’s Travails.”The first corner features the intersection of global world view, modest technological progress, and dispersed world power grid. In this future, the US is pinned down by a host of microcrises around the world, much as Jonathan Swift’s character, Gulliver, was bound by Lilliputians. The US is “overwhelmed and preoccupied with worldwide commitments, such as counterterrorism and counterproliferation efforts, humanitarian assistance, and peacekeeping operations,” according to the report.>
"ガリバーの冒険"「最初のコーナーは、グローバルな世界観、控えめな技術進歩、分散した世界のパワーグリッドが交差するものである。この未来では、ジョナサン・スウィフトの登場人物ガリバーがリリパット人に縛られたように、アメリカは世界中の多くのミクロの危機に縛られている。報告書によれば、米国は「テロ対策や核拡散防止活動、人道支援、平和維持活動など、世界的な公約に圧倒され、そのことで頭がいっぱい」なのだ。


The US, the report contends, attempts to be “the world’s policeman, fireman, physician, social worker, financier, and mailman.” Unwelcome at overseas bases, the US must maintain a high operations tempo at long distance, with tight funding.
米国は、「世界の警察官、消防士、医師、ソーシャルワーカー、金融業者、郵便配達人」になろうとしている、と報告書は主張する。海外基地では歓迎されないが、米国は遠距離で高い作戦テンポを維持しなければならず、資金も乏しい。


“Zaibatsu.” In the next corner, the variables change. The US is self-absorbed; technology growth around the world has become exponential; and power has been concentrated in a few transnational corporations–hence the use of the Japanese word for corporate collaboration. In this future, the military faces a struggle to demonstrate why it is even relevant as corporations rule the world in loose coalitions. Conflicts are few and brief, and the US military serves chiefly to guard access to resources, assets, and trade routes. There is a rising threat from a rapidly growing underclass, but, with foreign tensions eased, the United States turns inward and focuses on its domestic problems.
"財閥" 次のコーナーでは、変数が変化します。米国は自己中心的で、世界のテクノロジーは指数関数的に成長し、権力は少数の多国籍企業に集中した。このような未来では、企業が緩やかな連合体で世界を支配しているため、軍隊はその存在意義を示すのに苦労することになる。紛争はわずかしかなく、米軍は資源、資産、貿易ルートへのアクセスを守るのが主な役割である。急速に成長する下層階級からの脅威が高まっているが、外国の緊張が緩和されたため、米国は内向きになり、国内問題に焦点を当てる。


“Digital Cacophony.”This is a world in which real power and technology are widely dispersed, and the US continues to focus outward. In this future, nearly everyone has access to high technology, up to and including weapons of mass destruction. However, the most likely threat to the nation comes in the form of an attack from cyberspace. For example, terrorists or hostile nations could attempt to “crash” the US banking or air traffic control systems via computer. This world would be characterized by a gradual breakdown of order and traditional forms of authority.
「デジタル・カコフォニー」実権とテクノロジーが広範囲に分散し、米国が外向きに集中し続ける世界。この未来では、ほぼすべての人が大量破壊兵器に至るまでのハイテク技術にアクセスすることができます。しかし、国家に対する最も可能性の高い脅威は、サイバースペースからの攻撃という形でもたらされる。例えば、テロリストや敵対する国家が、コンピュータを介して米国の銀行システムや航空管制システムを「クラッシュ」させようとする可能性がある。この世界は、秩序や従来の権威の形態が徐々に崩壊していくことが特徴である。


“King Khan.”At this corner, the 2025 study speculates on the rise of a “Sino-colossus” incorporating the lands, peoples, and economies of China, Hong Kong, Malaysia, Singapore, and Taiwan. Here, the US turns inward because of severe economic problems; in the study’s words, “the American Century has given way to the Asian Millennium.” American defense budgets hit bottom, and only a few capabilities can be afforded. The United States, according to the study, resembles Britain in the 1950s, after losing its empire: “a superpower has-been.” The King Khan scenario occupies a corner characterized by concentrated power, gradual technological progress, and a domestically oriented US.
キング・カーン「2025年の研究では、中国、香港、マレーシア、シンガポール、台湾の国土、民族、経済を取り込んだ「シノ・コロッサス」の台頭を想定している。ここで、アメリカは深刻な経済問題から内向きになり、「アメリカの世紀はアジアの千年紀に道を譲った」と研究書は言っている。アメリカの国防予算は底をつき、わずかな能力しか持てなくなった。米国は、帝国を失った1950年代の英国に似ている。キング・カーンシナリオは、権力の集中、緩やかな技術進歩、国内志向の米国を特徴とする一角を占めている。


By special request, the team produced two other future-world scenarios.
また、特別な要望により、もう2つの未来社会のシナリオを制作しました。


  • Fifteen percent of the world’s population–including the people of the US–is relatively wealthy. The other eighty-five percent lives in squalor and has nothing to lose. The threats to the United States increase. Here, the US looks outward in self-defense, but power and technology are in flux. This alternative future was requested by regional commanders in chief as a kind of “middle of the box” comparison model with other alternatives.
  • General Fogleman requested exploration of a specific future, “Crossroads 2015,” which arrives ten years before the other scenarios. Here, the US faces economic hard times, and the pace of technological progress has slowed. Russia, its power on the rise, attempts to seize and incorporate independent Ukraine. The US confronts the danger of fighting a major war using those forces developed with the investments of the late 1990s. The choices the US makes in this crisis–whether to strike an isolationist stance or accept the costs of remaining the military leader of Western democracies–has a lot to do with which of the 2025 scenarios becomes more likely.
    米国人を含む世界人口の15パーセントは比較的裕福である。残りの85パーセントは、失うものなど何もない、汚れた暮らしをしている。米国への脅威は増すばかりである。ここで、米国は自衛のために外に目を向けるが、パワーとテクノロジーは流動的である。この代替的な未来は、他の代替案との「中間の箱」のような比較モデルとして、地域司令官の長から要請されたものである。

    Fogleman将軍は、他のシナリオより10年前に到来する「クロスロード2015」という特定の未来について調査するよう要請した。ここでは、アメリカは経済的に苦境に立たされ、技術進歩のペースも鈍化している。ロシアは勢力を拡大し、独立したウクライナを掌握して取り込もうとしている。米国は、1990年代後半の投資で培った戦力で大きな戦争をする危険に直面している。この危機の中で、米国が孤立主義をとるか、西側民主主義国の軍事的リーダーであり続けるためのコストを受け入れるか、その選択は2025年のどのシナリオの可能性が高くなるかに大きく関わっているのである。


Common Themes
共通テーマ


A number of common themes shook out of these scenarios, according to General Kelley. First and foremost, he warned, the world “is not likely to be more benign” in thirty years.
ケリー将軍によると、これらのシナリオからは、いくつかの共通したテーマが浮かび上がってきたという。まず第一に、30年後の世界が「これ以上穏やかであることはないだろう」と警告している。


The 2025 team anticipates that the world will see a rise in the number of nation-states–witness the breakup of the Soviet Union and Yugoslavia in the past decade–but each will have less influence. “Coalitions and empires may emerge,” General Kelley wrote, “but the state sees much of its dominance of the twentieth century ebbing away to nonstate entities, both larger and smaller than itself.”
2025年問題チームは、過去10年間にソ連とユーゴスラビアが崩壊したように、世界には国民国家の数が増えるが、それぞれの影響力は小さくなると予想している。「ケリー将軍は、「連合や帝国が出現するかもしれないが、国家は20世紀の支配力の多くを、自分より大きいか小さいかの非国家的な存在に奪われると見ている」と書いている。


The US will face the threat posed by weapons of mass destruction, but it will increasingly have to defend itself against information warfare attacks that are “nonviolent but powerfully destructive,” said the Air Force report. The value of information itself will be outweighed by “the architecture of and infrastructure for its collection, processing, and distribution.”
米国は大量破壊兵器による脅威にも直面するだろうが、「非暴力的だが強力な破壊力を持つ」情報戦による攻撃から自らを守る必要性がますます高まるだろうと、空軍の報告書は述べている。情報そのものの価値は、「その収集、処理、配布のためのアーキテクチャとインフラストラクチャ」によって凌駕されることになる。


The forecast team believes that the ICBM–a dominant system in the Air Force of thirty years ago and a key system today–will still be around, but its importance will have diminished, with no upgrades to ICBMs or nuclear weapons anticipated.
予測チームは、30年前の空軍の支配的システムであり、現在も重要なシステムであるICBMはまだ存在するが、その重要性は低下し、ICBMや核兵器のアップグレードは予想されないと見ている。


In addition, space and information systems will more and more become the enablers of surface and air operations, while also allowing the US to keep out of such conflicts while exerting just as much power. Though there will be competitors who can challenge the US on an even footing in selected areas–such as aircraft technology, information warfare, or space systems–very few, if any, will be able to compete in all areas at once.
さらに、宇宙と情報システムは、ますます地上・航空作戦を可能にすると同時に、米国がそのような紛争に巻き込まれずに、同等の力を発揮することを可能にするようになる。航空機技術、情報戦、宇宙システムなど、特定の分野で米国と互角に戦える競争相手はいるが、すべての分野で同時に競争できる相手はほとんどいないであろう。


There will be nations or coalitions with the ability to project military power on the surface and in the air, but they won’t be able to sustain high-tech combat for long. Thus, the forecast perceives a continued need for a “full-service” Air Force.
地上と空中に軍事力を投射する能力を持つ国や連合は存在するが、ハイテク戦闘を長く維持することはできないだろう。したがって、この予測では、「フルサービス」空軍の必要性が継続すると見ている。


In each of the postulated scenarios, operations analyses were run to see which capabilities–real, prospective, and not-yet-invented–would prove most useful and cost-effective to USAF. These capabilities were weighted and ranked against each other to identify a core group of technologies that would be essential regardless of the future that plays out.
想定される各シナリオにおいて、現実的、将来的、およびまだ発明されていないどの能力が、米空軍にとって最も有用で費用対効果が高いと判断されるか、運用分析が実施された。これらの能力を互いに重み付けしてランク付けし、どのような未来が到来しようとも不可欠な中核技術群を特定した。


The group considered a total of forty-three of these capabilities. From that group, ten systems or technologies were deemed essential for the Air Force’s toolbox in 2025, having application across the spectrum of missions it might be called on to perform.
このグループは、これらの能力のうち合計43個を検討した。その中から、2025年の空軍のツールボックスとして、要請される可能性のあるミッション全般に適用できる10種類のシステムまたは技術が必須とされた。


The Top Ten
トップテン


“These ten systems were found to be high leverage,” General Kelley noted. “No matter what kind of world you’re living in, you need these [systems] . . . or something very much like them.”
ケリー将軍は、「これらの10のシステムは、高いレバレッジを持つことが判明した」と指摘した。「どのような世界であっても、これらのシステムは必要だ。...またはそれに非常に似たものが必要だ"。


First on the list is a Global Information Management System (GIMS), described as a “pervasive network” of information and data collectors, processors, and analyzers. It would not only be “smart” in the sense that it “sees all and knows all,” but it would also be smart enough to tailor the information at its disposal to a particular user, giving him the data he most needs, and at an appropriate level of detail. The GIMS could also provide a three-dimensional “holographic war room,” summarizing instantly and in real time what it could take hours to figure out from numbers, reports, or even flat-panel images.
GIMSは、情報・データの収集、処理、分析を行う「広範なネットワーク」と表現される。GIMSは、「すべてを見、すべてを知る」という意味で「スマート」であるだけでなく、特定のユーザーに対して、その人が最も必要とするデータを、適切なレベルで提供することができるのである。また、数字や報告書、あるいはフラットパネル画像から何時間もかかるようなことを、瞬時にリアルタイムで要約する3次元の「ホログラフィック・ウォー・ルーム」を提供することも可能であろう。


Another high-leverage capability is the sanctuary base. This would essentially be a stealthy air base, hard for an enemy to detect, target, or hit, and able to set up and repair, maintain, and manage itself, largely through the use of robots. Security, fire-fighting, and even ordnance-loading could be automated. Chemical or biological agents could be cleaned up by microscopic machines–called “nanobots”–and biotechnology.
もう一つの重要な能力は、聖域基地である。これは基本的に、敵に発見されにくく、狙われにくく、攻撃されにくいステルス航空基地で、主にロボットを使って自ら設置、修理、維持、管理することができる。警備、消火、そして弾薬の装填までもが自動化されるかもしれない。化学物質や生物兵器は、「ナノボット」と呼ばれる微細な機械やバイオテクノロジーによって浄化されるかもしれない。


A Global Surveillance, Reconnaissance, and Targeting System would be a spacebased sensor and data-distribution system that could create and relay a real-time, three-dimensional image of a target or other area of interest to a ready room or gathering of decision-makers. It would be useful for command-and-control and situational awareness “at all levels.”
全球監視・偵察・目標設定システムは、宇宙を拠点とするセンサーとデータ配信システムであり、目標やその他の関心領域のリアルタイムの3次元画像を作成し、準備室や意思決定者の集まりに中継することが可能である。これは、「すべてのレベル」での指揮統制と状況認識に有効である。


The combination of a high-energy laser system, a kinetic-energy weapon system, and a transatmospheric vehicle would constitute the Global Area Strike System. Groundbased lasers could be bounced off of satellite mirrors to hit ground, air, and orbital targets. Rods of denatured uranium could be dropped from orbit to hit ground targets with great precision and huge destructive effect “with and without explosive enhancers,” while the vehicle could provide support for the space systems and rapidly transport special operations forces directly to the scene of action from a CONUS base.
高エネルギー・レーザー・システム、運動エネルギー兵器システム、そして大気圏内輸送機の組み合わせが、グローバル・エリア・ストライク・システムを構成することになる。地上のレーザーは衛星の鏡に反射させ、地上、空中、軌道上の目標に照射することができる。軌道上から変性ウランの棒を投下し、「爆発性増強剤の有無にかかわらず」地上目標を高精度かつ巨大な破壊効果で攻撃することができる。


Like “New World Vistas,” Air Force 2025 portends a large role for uninhabited combat aerial vehicles (UCAVs). Without the need for a person on board, they could loiter in the target area for twenty-four hours or more, maneuver at many times the human limit of nine Gs, and carry a vast array of sensors and precision munitions. In secondary roles, UCAVs could perform jamming and bistatic radar functions.
新世界の展望」と同様に、空軍2025は無人戦闘機(UCAV)の大きな役割を予見している。UCAVは人間を乗せる必要がなく、24時間以上目標地域で待機し、人間の限界である9Gの何倍もの速度で機動し、膨大な数のセンサーと精密弾薬を搭載することができる。UCAVは二次的な役割として、ジャミングやバイスタティックレーダーの機能を果たすことができる。


A Spacebased High-Energy Laser System is seen as a multimegawatt chemical laser that can zap ground, air, or space targets. At lower power settings, it could disable enemy optics, perform passive sensing missions, actively illuminate a target with a laser, or even modify the weather. Between fifteen and twenty such satellites could provide global coverage.
宇宙用高エネルギーレーザーシステムは、地上、空中、宇宙のターゲットを破壊することができる数メガワットの化学レーザーと見なされている。低出力では、敵の光学系を無効化したり、パッシブセンシングミッションを行ったり、積極的にレーザーをターゲットに照射したり、天候を修正することも可能である。このような衛星が15機から20機あれば、全世界をカバーすることができる。


A Solar-Powered High-Energy Laser System would perform much the same function but derive its power from the sun rather than an on-board power source.
太陽電池式高エネルギーレーザーは、同じような機能を持ちながら、搭載された電源ではなく、太陽から電力を得るシステムである。


Like a UCAV, an uninhabited reconnaissance aerial vehicle can stay airborne for long periods, can remain on station high in the atmosphere, and could perform outside of human limits. Carrying a multispectral suite of sensors, such as infrared, optical, radar, and laser, it could also collect electronic intelligence as an aerial “listening post” and as a bistatic radar sensor.
大気圏内を飛行し、人間の限界を超えて活動することができる。赤外線、光学、レーダー、レーザーなどのマルチスペクトルセンサーを搭載し、空中の「聴音所」として、またバイスタティックレーダーセンサーとして電子情報を収集することも可能である。


As computer chips and mechanical devices get smaller and smaller, attack microbots become more feasible. These would be one-millimeter-scale devices that could fly in a swarm and collectively attack an armored column, powerplant, or virtually any target. Launchable by almost any means, they would have “full flying and crawling autonomy,” according to the 2025 text. They could spy, gum up mechanical works, designate targets, or short-circuit equipment and would be inherently stealthy and have “high penetration capabilities.”
コンピュータチップや機械装置の小型化が進めば、攻撃用マイクロボットの実現が可能になる。攻撃用マイクロボットは、1ミリ程度の大きさで、群れをなして飛行し、装甲柱や発電所など、事実上あらゆる標的を集団で攻撃することが可能である。2025年版の文章によれば、マイクロボットはほとんどあらゆる手段で発射可能で、「完全に飛んだり這ったりできる自律性」を持っている。また、スパイ活動、機械的な作業の妨害、目標の指定、機器のショートなどが可能で、本質的にステルス性が高く、「高い侵入能力」を持っている。


Also deemed critical is a Piloted Single Stage to Orbit Transatmospheric Vehicle. This rocket/hypersonic air-breathing hybrid would take off vertically, refuel in air or space, and land conventionally on a runway. It could lift a variable payload weighing up to 10,000 pounds and serve as a sensor or weapons platform. It would be uniquely suited to placing satellites in orbit, repairing them, or bringing them home for maintenance and eventual replacement.
また、軌道上トランスアトモスフィア機(Piloted Single Stage to Orbit Transatmospheric Vehicle)も重要であると考えられている。このロケットと空気呼吸器のハイブリッド機は、垂直に離陸し、空中または宇宙で燃料を補給し、滑走路に従来通り着陸します。最大10,000ポンドの重量を持つ可変ペイロードを搭載し、センサーや武器のプラットフォームとして機能する。衛星を軌道に乗せたり、修理したり、メンテナンスのために持ち帰ったり、最終的には交換したりするのに適している。


Big Payoff, Big Challenge
大きな見返り、大きな挑戦


Not surprisingly, the systems deemed to be of highest utility in the world of thirty years from now are among “the most technically challenging” of those looked at, General Kelley observed. The 2025 team also recognized that it would at present be premature to try to develop most of these systems. The technologies to make them possible must first be mastered.
当然のことながら、30年後の世界で最も有用性が高いと考えられるシステムは、検討されたものの中で「最も技術的に難しい」ものであるとケリー将軍は述べている。2025年問題チームは、これらのシステムのほとんどを開発しようとするのは、現時点では時期尚早であるとも認識している。それを実現するための技術をまず習得しなければならない。


The team therefore recommended investments in a number of disciplines so that the proposed critical systems will be available in three decades. The short list of highest-leverage technologies for USAF investment are data fusion, power systems, advanced materials, micromechanical devices, high-energy propellants, and high-performance computing.
そこでチームは、提案された重要なシステムを 30 年後に利用できるようにするため、多くの分野への投資を推奨した。米国空軍が投資すべき最も有効な技術のショートリストは、データ融合、電力システム、先端材料、マイクロメカニカルデバイス、高エネルギー推進剤、高性能コンピューティングである。


As a postscript to 2025, General Kelley included “the null hypothesis”–namely, that the Air Force itself won’t be around in thirty years. One of the white papers included in the study, “Paths to Extinction,” suggested that the Air Force could disappear from the landscape due to forces already at work, such as the strong emphasis on joint operations and shrinking defense budgets.
ケリー将軍は2025年への追記として、「帰無仮説」、すなわち30年後には空軍そのものが存在しないことを挙げたのである。白書の1つ「Paths to Extinction」では、統合運用の重視や国防予算の縮小など、すでに進行している要因により、空軍が消滅する可能性があると指摘されている。


The white paper also warned that the service risks its future if it fails to invest in the right technologies, loses its vision, or mismanages its people. “The only element common to all the paths to extinction,” the paper concluded, “is the failure to understand the significant attributes of airpower.”
白書はまた、適切な技術への投資を怠り、ビジョンを失い、人材の管理を誤れば、航空自衛隊はその将来を危うくすると警告している。「白書は、「すべての消滅への道に共通する唯一の要素は、航空戦力の重要な特性を理解していないことである」と結論付けている。


貼り付け終わり









関連記事
コメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の80代 ♂、
朝が迎えられたことに感謝!
小便が出る事に感謝!
おまけの人生を楽しんでまーす(^^♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に、ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ウイルスは怖くない  (24)
ワクチン・ウイルス (114)
新型コロナウイルスとは (40)
新型コロナウイルス(2019-nCoV) (327)
新型コロナワクチン:仕組み&副反応 (236)
2019-nCoVの特効薬 (50)
予防接種を拒否する方法 (17)
下痢・ノロウイルス (11)
狂犬病 (6)
MMS (2)
刺青 (1)
梅毒 (4)
イヤシロチ化 (2)
重曹 (2)
かゆみ (1)
ソマチッド・ケイ素・テラヘルツ鉱石 (20)
子宮頸ガンワクチン&添加物 (56)
カンジダ症:リーキーガット症候群、癌 (20)
がん、ガン、癌、悪性腫瘍 (61)
ヒート・ショック・プロテイン (1)
ラプンツェル症候群 (1)
パーキンソン病 (1)
ミトコンドリア (3)
エボラ出血熱 (45)
多発性硬化症 (1)
光触媒 (1)
元素転換 (1)
抗生物質 (4)
除草剤 (4)
舌診 (1)
火傷 (5)
睡眠 (31)
歯 (28)
虫垂炎 (2)
骨粗鬆症 (1)
口内炎 (1)
歯周病 (4)
片頭痛 (5)
耳鳴り (3)
毛染め (4)
甲状腺 (0)
ADHD (9)
自閉症 (8)
砂糖類 (6)
コーヒー (20)
タバコ (3)
胆石 (2)
肺 (4)
死 (73)
不食 (4)
断食 (6)
美容 (4)
風邪 (6)
輸血 (4)
蜂毒 (14)
日本蜜蜂 (47)
蜂蜜の効用 (8)
月経は無いのが自然 (4)
更年期症状 (3)
母子手帳 (2)
フッ素 (7)
漢方薬 (23)
静脈瘤 (1)
白内障 (2)
花粉症 (7)
重金属毒 (2)
玄米菜食 (3)
心臓疾患 (4)
生卵は駄目 (3)
細胞の脳 (20)
腸内細菌 (4)
自己免疫疾患 (8)
腸:免疫システム (22)
第7の感覚・リンパ系・免疫系 (3)
ピロリ菌 (5)
多剤耐性菌 (11)
風味増強剤 (1)
キシリトール (1)
茶カテキン (3)
食品添加物 (4)
遺伝子組換え (32)
トランス脂肪酸 (2)
アスパルテーム (4)
メープルシロップ (1)
認知症&ケトン体 (35)
DNA (128)
ストレス (2)
コレステロール (1)
分子栄養学三石理論 (105)
分子栄養学(三石理論)入門編 (27)
分子栄養学(三石理論)上級編 (109)
分子栄養学(三石理論)コラム編 (18)
三石理論:医学常識はウソだらけ (1)
分子栄養学(三石理論)栄養素編 (21)
分子栄養学(三石理論):マイコプラズマ肺炎 (4)
医療・薬剤の実体(まとめ・保存版) (54)
医療・薬剤の実体(放射線) (1)
病気はクスリで作られる (7)
医療・薬剤の実体(がん) (2)
鍼灸指圧 (7)
医療・薬剤の実体 (912)
政治・経済・社会 (815)
文明800年周期 (1)
覚せい剤・麻薬 (21)
大麻 (24)
言論封殺 (0)
不正選挙 (15)
乳酸菌(豆乳ヨーグルト) (13)
グルンバ・乳酸菌軍団 (198)
飯山さん(日本仙人道) (0)
飯山一郎 保存版 (9)
飯山一郎さん (244)
乳酸菌同盟 (16)
乳酸菌 (30)
黄金の金玉団 (46)
nueqさん (2929)
達人さん (19)
宝石 (133)
写真 (143)
宇宙 (296)
物理 (68)
数学 (9)
太陽系 (26)
電磁波 (104)
宇宙全史 (24)
リザムの宇宙 (36)
銀河ネットワーク情報 (9)
その木に成って55さん (55)
シドニーおちんさん (3)
写真&未来の変え方 (22)
シドニーおちんの地図のある旅 (12)
意識を集中すると何かが起こる (3862)
飯山さん『放射性セシウムの無害化』 (3)
放射線レベルを1/10に操作 (4)
不思議な茨城県北部地震 (5)
原発再稼動&新設反対 (267)
ガイガーカウンター (4)
モルジェロンズ病&ケムトレイル (16)
ケムトレイル観察紀行(写真) (34)
ケムトレイル・気象操作 (309)
ケムトレイル保存版 (87)
HAARP (41)
サバイバル(術編) (228)
放射能「ぶらぶら病」 (5)
放射能被曝による鼻血 (46)
ホルミシス効果(放射能) (1)
放射能からのサバイバル (336)
放射能からのサバイバル 保存版 (20)
分子栄養学(三石理論)放射性物質対策 (1)
サバイバル「三脈の法・眼脈の法」 (9)
八ッ場は毒ヒ素ダム (1)
シオンの議定書 (2)
お金の仕組み (12)
ネットは危険 (209)
日本国支配 (26)
大東亜戦争 (1)
ノーベル賞 (1)
STAP細胞 (137)
ビルゲイツ 軽井沢別荘 (6)
フルベッキ写真 (0)
老子「道徳経」 (4)
奥の院:保存版 (55)
奥の院 (68)
バランサー:工作員 (11)
日月神示~奥の院 (4)
ユダヤと世界の歴史 (7)
会社化で支配 (28)
エンパス (1)
韓国関連 (0)
日本自立 (19)
偽旗作戦 (2)
集団ストーカー (89)
経済 (115)
間違い (18)
アヌンナキ (4)
地球なんでも鑑定団 (12)
温暖化:原発温排水 (5)
台風15号 (34)
NBBさん (2)
未分類 (5073)
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

                         悪がきboy's ベル&タイガー

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々

光軍の戦士のブログ
検索フォーム
リンク
飯山です