fc2ブログ

人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

■エアロゾルワクチンは、飛行機やヘリコプターで人々に強制的に投与される未来の波なのか?

Health Impact News:November 23, 2013Are Aerosol Vaccines Forced Upon Populations via Plane or Helicopter The Wave of the Future?より転載します。
2013年11月23日エアロゾルワクチンは、飛行機やヘリコプターで人々に強制的に投与される未来の波なのか?

貼り付け開始:www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

https://healthimpactnews.com/2013/are-aerosol-vaccines-forced-upon-populations-via-plane-or-helicopter-the-wave-of-the-future/

chemtrail_vaccines2


Health Impact News Editor Comments:
Health Impact News編集部のコメントです:

It is a well established fact in the United States that the pharmaceutical company’s vaccine products cannot survive in a free market. Facing complete financial ruin due to extensive litigation resulting in faulty products which were maiming and killing people in the 1980s, the industry sought, and was granted, legal protection from all lawsuits by Congress in 1986. This law was challenged, but upheld by the U.S. Supreme Court in 2011.

米国では、製薬会社のワクチン製品が自由市場で生き残ることができないことは、よく知られた事実です。1980年代に人々を傷つけたり殺したりした欠陥製品に起因する大規模な訴訟によって完全な財政破綻に直面していた製薬会社は、1986年に連邦議会によってすべての訴訟からの法的保護を求め、認められました。この法律は異議を唱えられましたが、2011年に連邦最高裁判所によって支持されました。

Without this legal protection, which no other product in the U.S. market enjoys, we would have far fewer vaccines in the market today, but the vaccines that would have survived the normal free market pressures would also be far safer. So, like many other government subsidized products in the market, a huge “financial vaccine bubble” has formed over the past few years – a very costly bubble in more ways than one.

米国市場で他の製品が享受していないこの法的保護がなければ、今日、市場に出回っているワクチンの数ははるかに少なくなっていたでしょう。しかし、通常の自由市場の圧力に耐えられたワクチンは、はるかに安全なものになっていたはずです。このように、市場にある他の多くの政府助成製品と同様に、過去数年間で巨大な「金融ワクチンバブル」が形成されたのだが、これは様々な意味で非常に高くつくバブルである。

However, even with this legal protection, vaccine sales are continuing to slump as the true danger and toxicity of vaccines is becoming more widely understood, even with an almost complete ban on covering the dangerous side effects of vaccines in the mainstream media, which is quickly losing credibility. The financial vaccine bubble may be poised to burst, as countries outside the U.S. are beginning to question the safety of certain vaccines in the marketplace, such as Gardasil.

しかし、このような法的保護があっても、ワクチンの真の危険性と毒性が広く理解されるようになってきたため、ワクチンの危険な副作用を取り上げることがほぼ完全に禁止され、急速に信頼性が失われつつある中で、ワクチンの販売は低迷を続けています。米国以外の国でも、ガーダシルなど市場に出回っている特定のワクチンの安全性に疑問を持ち始めていることから、金融機関のワクチンバブルは崩壊する可能性があります。

Thanks to the power of the Internet and the new alternative media, facts about the true danger of vaccines are becoming well-known, where in the past, they may have been concealed from the public. The Elizabeth Birt Center for Autism Law & Advocacy group published a report in 2013, explaining that the U.S. government has paid out more than $2 billion in vaccine injury compensation, in over 2,500 claims, since the National Vaccine Injury Compensation Program was implemented in 1988 to replace the legal system in hearing and trying vaccine injury cases. That is $2 billion in taxpayer money that, in a free market judicial system, would have been paid by the vaccine manufacturers (and probably a whole lot more than that!). Instead, these manufacturers get to continue dumping new vaccines into the market place with virtually no risk.

インターネットや新しいオルタナティブメディアのおかげで、過去には隠されていたかもしれない、ワクチンの本当の危険性に関する事実が知られるようになってきました。エリザベス・バート・センター・フォー・オートイズム・ロー&アドボカシー」というグループが2013年に発表した報告書によると、アメリカ政府は、1988年にワクチンによる傷害事件の審理や裁判を行う法制度に代わるものとして「全米ワクチン傷害補償プログラム」を導入して以来、2,500件以上の請求に対して、20億ドル以上のワクチン傷害補償金を支払っていると説明しています。自由市場の司法制度であれば、ワクチンメーカーが支払うはずだった20億ドルの納税者のお金です(おそらくそれ以上の金額になるでしょう)。その代わり、ワクチンメーカーは事実上リスクなしに新しいワクチンを市場に投入し続けることができます。

As autism rates sky rocket, and as the multitude of studies in the scientific literature linking vaccines to autism are continually ignored, the public is waking up, as the damage done by vaccines is just affecting too many people now. If you haven’t seen the short video produced by the Canary Party and narrated by Rob Schneider that so clearly shows how this whole system is suppressing the truth, take a few minutes now to watch it:

自閉症率が急上昇し、ワクチンと自閉症を関連付ける科学文献の多くの研究が無視され続ける中、ワクチンによる被害があまりにも多くの人々に影響を与えていることから、一般の人々が目を覚ましつつあります。まだご覧になっていない方は、Canary Partyが制作し、ロブ・シュナイダーがナレーションを担当した短いビデオをご覧ください。このビデオは、システム全体がいかに真実を抑圧しているかを明確に示しています。




So, what’s next in the government and pharmaceutical’s effort to keep the financial vaccine bubble inflated? If people are waking up to the facts of the dangers of vaccines and increasingly refusing them, then mandatory forced vaccinations is the only course left, and what better way to maximize expenditure and profit than to use an aerial spraying delivery system on a non-compliant public who no longer wants these products.

さて、政府と製薬会社がワクチンバブルを膨らませ続けるために行っている次の取り組みは何でしょうか?人々がワクチンの危険性に目覚め、ますますワクチンを拒否するようになれば、強制的なワクチン接種が唯一残された道であり、支出と利益を最大化するためには、もはやこれらの製品を必要としていない非協力的な人々に空中散布システムを使用するよりも良い方法があるだろう。

Australia Determined To Forcibly Vaccinate By Intentional and Controlled Release of Aerosolized GMO Vaccine

オーストラリア、遺伝子組み換えワクチンを意図的に放出し、強制的に接種することを決定


by Dave Mihalovic デイブ・ミハロヴィッチ
PreventDisease.com


The Office of the Gene Technology Regulator (OGTR) is on its way to approve a licence application from PaxVax Australia (PaxVax) for the intentional release of a GMO vaccine consisting of live bacteria into the environment in Queensland, South Australia, Western Australia and Victoria.

Office of Gene Technology Regulator (OGTR)は、PaxVax Australia (PaxVax)が申請した、生きたバクテリアからなる遺伝子組み換えワクチンを、クイーンズランド州、南オーストラリア州、西オーストラリア州、ビクトリア州の環境中に意図的に放出するためのライセンス申請を承認する方向にある。


According to the regulator, it qualifies as a limited and controlled release under section 50A of the Gene Technology Act 2000 (the Act).

規制当局によると、2000年の遺伝子技術法(the Act)第50A条に基づく限定的かつ管理されたリリースに該当するとのことです。


PaxVax is seeking approval to conduct the clinical trial of a genetically modified live bacterial vaccine against cholera. Once underway the trial is expected to be completed within one year, with trial sites selected from local government areas (LGAs) in Queensland, South Australia, Victoria and Western Australia. PaxVax has proposed a number of control measures they say will restrict the spread and persistence of the GM vaccine and its introduced genetic material, however there is always a possibility of these restrictions failing and infecting wildlife and ecosystems.

PaxVax社は、コレラに対する遺伝子組換え生菌ワクチンの臨床試験の実施承認を求めています。臨床試験は、クイーンズランド州、南オーストラリア州、ビクトリア州、西オーストラリア州の地方自治体で実施され、1年以内に終了する予定です。PaxVax社は、遺伝子組み換えワクチンとその遺伝子材料の拡散と持続を制限するために、いくつかの管理方法を提案していますが、これらの制限が失敗して、野生生物や生態系に感染する可能性は常にあります。


Aerial vaccines are used in the United States directed towards animals by the use of plastic packets dropped by planes or helicopters. Sanofi (who is one of the largest vaccine manufacturers in the world) has subsidiary companies such as Merial Limited who manufacture Raboral, an oral live-virus poisonous to humans yet distributed wildlife in the masses.

アメリカでは、飛行機やヘリコプターからプラスチック製のパックを落として動物に投与する空中ワクチンが使われている。世界最大のワクチンメーカーであるサノフィ社は、メリアル社などの子会社で、人間には猛毒の経口生ウイルス「ラボール」を製造し、野生動物に大量に配布しています。

Aerial spraying in California
カリフォルニアでの空中散布


WEST NILE VIRUS SPRAYING
西ナイルウイルス散布


In 2006, Michael Greenwood wrote an article for the Yale School of Public Health entitled, “Aerial Spraying Effectively Reduces Incidence of West Nile Virus (WNV) in Humans.” The article stated that the incidence of human West Nile virus cases can be significantly reduced through large scale aerial spraying that targets adult mosquitoes, according to research by the Yale School of Public Health and the California Department of Public Health.

2006年、マイケル・グリーンウッドは、イェール大学公衆衛生大学院に "Aerial Spraying Effectively Reduces Incidence of West Nile Virus (WNV) in Humans "という記事を寄稿しました。この記事では、イェール大学公衆衛生大学院とカリフォルニア州公衆衛生局の研究によると、成虫の蚊を対象とした大規模な空中散布によって、ヒトの西ナイルウイルス感染症の発生率を大幅に減らすことができると述べています。


Under the mandate for aerial spraying for specific vectors that pose a threat to human health, aerial vaccines known as DNA Vaccine Enhancements and Recombinant Vaccine against WNV may be tested or used to “protect” the people from vector infection exposures. DNA vaccine enhancements specifically use Epstein-Barr viral capsid’s with multi human complement class II activators to neutralize antibodies. The recombinant vaccines against WNV use Rabbit Beta-globulin or the poly (A) signal of the SV40 virus. In early studies of DNA vaccines it was found that the negative result studies would go into the category of future developmental research projects in gene therapy. During the studies of poly (A) signaling of the SV40 for WNV vaccines, it was observed that WNV will lie dormant in individuals who were exposed to chicken pox, thus upon exposure to WNV aerial vaccines the potential for the release of chicken pox virus would cause a greater risk to having adult onset Shingles.

人間の健康に脅威を与える特定のベクターに対する空中散布の義務化に伴い、ベクターの感染から人々を「守る」ために、WNVに対するDNAワクチンエンハンスメントおよび組換えワクチンとして知られる空中ワクチンが試験または使用される可能性があります。DNAワクチンは、エプスタインバー・ウイルスのカプシドと複数のヒト補体クラスII活性化因子を用いて抗体を中和するものです。WNVに対する組換えワクチンは、ウサギのβグロブリンやSV40ウイルスのポリ(A)シグナルを使用しています。DNA ワクチンの初期の研究では、否定的な結果の研究は、遺伝子治療の将来の発展的な研究プロジェクトの範疇に入ることがわかりました。WNVワクチンのためのSV40のポリ(A)シグナルの研究では、WNVは水ぼうそうにさらされた人の中で眠っていることが観察されました。したがって、WNV空中ワクチンにさらされると、水ぼうそうのウイルスが放出される可能性があり、成人発症の帯状疱疹になるリスクが高くなります。


CALIFORNIA AERIAL SPRAYING for WNV and SV40
WNVおよびSV40に対するカリフォルニア州の空中散布


In February 2009 to present date, aerial spraying for the WNV occurred in major cities within the State of California. During spraying of Anaheim, CA a Caucasian female (age 50) was exposed to heavy spraying, while doing her daily exercise of walking several miles. Heavy helicopter activity occurred for several days in this area. After spraying, she experienced lightheadedness, nausea, muscle aches and increased low back pain. She was evaluated for toxicological mechanisms that were associated with pesticide exposure due to aerial spraying utilizing advanced biological monitoring testing. The test results which included protein band testing utilizing Protein Coupled Response (PCR) methods were positive for KD-45. KD-45 is the protein band for SV-40 Simian Green Monkey virus. Additional tests were performed for Epstein-Barr virus capsid and Cytomeglia virus which are used in bioengineering for gene delivery systems through viral protein envelope and adenoviral protein envelope technology. The individual was positive for both; indicating a highly probable exposure to a DNA vaccination delivery system through nasal inhalation.

2009年2月から現在に至るまで、カリフォルニア州の主要都市でWNVの空中散布が行われています。カリフォルニア州アナハイムで行われた散布では、白人女性(50歳)が数マイル歩くという日常的な運動をしているときに、激しい散布を受けました。この地域では数日前からヘリコプターの激しい飛行が行われていた。散布後、彼女はふらつき、吐き気、筋肉痛、腰痛の増加を経験した。彼女は、高度な生物学的モニタリング検査を用いて、空中散布による農薬暴露に関連する毒物学的メカニズムを評価されました。その結果、PCR(Protein Coupled Response)法を用いた蛋白質バンド検査でKD-45が陽性となりました。KD-45はSV-40シミアン・グリーン・モンキー・ウイルスのプロテインバンドである。また、エプスタインバーウイルスのカプシドとサイトメリアウイルスについても検査を行いました。これらのウイルスは、ウイルスのタンパク質エンベロープとアデノウイルスのタンパク質エンベロープ技術を用いた遺伝子導入システムのバイオエンジニアリングに使用されています。その結果、両方とも陽性であったことから、DNAワクチンを鼻腔内に吸い込んだ可能性が高いことがわかりました。



Pentagon Document Revealed Aerial Vaccination Plans
米国防総省の文書で明らかになった空中投下型ワクチン接種計画


In the Quarterly FunVax Review in June, 2007, the report lists the objective of a project listed as ID: 149AZ2 as a preparation of a viral vector that will inhibit/decrease the expression of a specific disruption gene (VMAT2) within a human population. It further indicates in the abstract that six method of virus dispersal were tested including high altitude release, water supply release, insect transmission, and various methods of diffusion.

2007年6月のQuarterly FunVax Reviewでは、ID.149AZ2として記載されているプロジェクトの目的が記載されています。149AZ2の目的は、ヒト集団内で特定の破壊遺伝子(VMAT2)の発現を抑制/減少させるウイルスベクターの調製である。さらに、高地への放出、水道水への放出、昆虫への感染、さまざまな拡散方法など、6種類のウイルス拡散方法がテストされたことが要旨に記載されています。


Read the full article here: 
記事全文はこちら:
http://preventdisease.com/news/13/111513_Australia-Determined-To-Forcibly-Vaccinate-By-Intentional-and-Controlled-Release-Aerosolized-GMO-Vaccine.shtml



Sources:
ソース:

ogtr.gov.au
vactruth.com
cdc.gov

Dave Mihalovic is a Naturopathic Doctor who specializes in vaccine research, cancer prevention and a natural approach to treatment.
デイブ・ミハロヴィッチは、ワクチン研究、がん予防、自然療法を専門とする自然療法士です。


貼り付け終わり、www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。


*倒産寸前の製薬会社救済 →生きたバクテリアからなる遺伝子組み換えワクチンの空中散布 →バイオエンジニアリング~人体被害発生

・ワクチンの空中散布が出来るなら、病原菌・新型コロナウイルスの空中散布も可能・・・ケムトレイル

・ケムトレイルは諸悪の根源です!

・自然界の異常気象・天変地異の多くは「HAARPケムトレイルSERN等の気象兵器」によって人為的に引き起こされています。また人間界での クーデター・テロ・大事件・大事故・病気・経済不安・・・諸々の異常な非常事態を引き起こしている人達の黒幕と、異常気象を惹起させている人達の黒幕は同じです(奥の院)。

・裏側に隠れて、表の世界を動かしている連中(奥の院)が唯一みせているのがケムトレイルです。ケムトレイルは連中が隠したくても隠せない尻尾です。ので、米国ではケムトレイルは自然の飛行機雲だよと幼児から洗脳教育を実践しています。日本の雲研究者(荒木某)も同様で、ケムトレイルには言及しないどころか、ケム由来の彩雲がきれいだと誤誘導に専念しています。

・ ケムトレイル散布は国単位ではなく、宇宙規模で実施されています。人工衛星などからもケムを放出しています。だから地球上の至る所、南極、北極、シベリ ア、ユーラシア大陸、アフリカ大陸、オセアニア・・・ジェット機が飛ぶ1万3千メートルのそのまた上空にも、ケムトレイル&同由来のケム雲が観測されてい ます(散布量が多いか少ないかの違いが有るだけです)。

・ケムトレイルは奥の院が隠せない「尻尾」ですよ~!

・先ずはケムトレイルは飛行機雲とは違う事を認識しましょう。
1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-15739.html
そして、自然の空を汚すケムトレイル散布はおかしいよ、空を汚すなと皆が声を挙げましょう。


自然の青空を返せ!!

ケムトレイルを止めろ!









関連記事
コメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の80代 ♂、
朝が迎えられたことに感謝!
小便が出る事に感謝!
おまけの人生を楽しんでまーす(^^♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に、ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ウイルスは怖くない  (24)
ワクチン・ウイルス (114)
新型コロナウイルスとは (40)
新型コロナウイルス(2019-nCoV) (327)
新型コロナワクチン:仕組み&副反応 (236)
2019-nCoVの特効薬 (50)
予防接種を拒否する方法 (17)
下痢・ノロウイルス (11)
狂犬病 (6)
MMS (2)
刺青 (1)
梅毒 (4)
イヤシロチ化 (2)
重曹 (2)
かゆみ (1)
ソマチッド・ケイ素・テラヘルツ鉱石 (20)
子宮頸ガンワクチン&添加物 (56)
カンジダ症:リーキーガット症候群、癌 (20)
がん、ガン、癌、悪性腫瘍 (61)
ヒート・ショック・プロテイン (1)
ラプンツェル症候群 (1)
パーキンソン病 (1)
ミトコンドリア (3)
エボラ出血熱 (45)
多発性硬化症 (1)
光触媒 (1)
元素転換 (1)
抗生物質 (4)
除草剤 (4)
舌診 (1)
火傷 (5)
睡眠 (31)
歯 (28)
虫垂炎 (2)
骨粗鬆症 (1)
口内炎 (1)
歯周病 (4)
片頭痛 (5)
耳鳴り (3)
毛染め (4)
甲状腺 (0)
ADHD (9)
自閉症 (8)
砂糖類 (6)
コーヒー (20)
タバコ (3)
胆石 (2)
肺 (4)
死 (73)
不食 (4)
断食 (6)
美容 (4)
風邪 (6)
輸血 (4)
蜂毒 (14)
日本蜜蜂 (47)
蜂蜜の効用 (8)
月経は無いのが自然 (4)
更年期症状 (3)
母子手帳 (2)
フッ素 (7)
漢方薬 (23)
静脈瘤 (1)
白内障 (2)
花粉症 (7)
重金属毒 (2)
玄米菜食 (3)
心臓疾患 (4)
生卵は駄目 (3)
細胞の脳 (20)
腸内細菌 (4)
自己免疫疾患 (8)
腸:免疫システム (22)
第7の感覚・リンパ系・免疫系 (3)
ピロリ菌 (5)
多剤耐性菌 (11)
風味増強剤 (1)
キシリトール (1)
茶カテキン (3)
食品添加物 (4)
遺伝子組換え (32)
トランス脂肪酸 (2)
アスパルテーム (4)
メープルシロップ (1)
認知症&ケトン体 (35)
DNA (128)
ストレス (2)
コレステロール (1)
分子栄養学三石理論 (105)
分子栄養学(三石理論)入門編 (27)
分子栄養学(三石理論)上級編 (109)
分子栄養学(三石理論)コラム編 (18)
三石理論:医学常識はウソだらけ (1)
分子栄養学(三石理論)栄養素編 (21)
分子栄養学(三石理論):マイコプラズマ肺炎 (4)
医療・薬剤の実体(まとめ・保存版) (54)
医療・薬剤の実体(放射線) (1)
病気はクスリで作られる (7)
医療・薬剤の実体(がん) (2)
鍼灸指圧 (7)
医療・薬剤の実体 (912)
政治・経済・社会 (815)
文明800年周期 (1)
覚せい剤・麻薬 (21)
大麻 (24)
言論封殺 (0)
不正選挙 (15)
乳酸菌(豆乳ヨーグルト) (13)
グルンバ・乳酸菌軍団 (198)
飯山さん(日本仙人道) (0)
飯山一郎 保存版 (9)
飯山一郎さん (244)
乳酸菌同盟 (16)
乳酸菌 (30)
黄金の金玉団 (46)
nueqさん (2929)
達人さん (19)
宝石 (133)
写真 (143)
宇宙 (296)
物理 (68)
数学 (9)
太陽系 (26)
電磁波 (104)
宇宙全史 (24)
リザムの宇宙 (36)
銀河ネットワーク情報 (9)
その木に成って55さん (55)
シドニーおちんさん (3)
写真&未来の変え方 (22)
シドニーおちんの地図のある旅 (12)
意識を集中すると何かが起こる (3862)
飯山さん『放射性セシウムの無害化』 (3)
放射線レベルを1/10に操作 (4)
不思議な茨城県北部地震 (5)
原発再稼動&新設反対 (267)
ガイガーカウンター (4)
モルジェロンズ病&ケムトレイル (16)
ケムトレイル観察紀行(写真) (34)
ケムトレイル・気象操作 (309)
ケムトレイル保存版 (87)
HAARP (41)
サバイバル(術編) (228)
放射能「ぶらぶら病」 (5)
放射能被曝による鼻血 (46)
ホルミシス効果(放射能) (1)
放射能からのサバイバル (336)
放射能からのサバイバル 保存版 (20)
分子栄養学(三石理論)放射性物質対策 (1)
サバイバル「三脈の法・眼脈の法」 (9)
八ッ場は毒ヒ素ダム (1)
シオンの議定書 (2)
お金の仕組み (12)
ネットは危険 (209)
日本国支配 (26)
大東亜戦争 (1)
ノーベル賞 (1)
STAP細胞 (137)
ビルゲイツ 軽井沢別荘 (6)
フルベッキ写真 (0)
老子「道徳経」 (4)
奥の院:保存版 (55)
奥の院 (68)
バランサー:工作員 (11)
日月神示~奥の院 (4)
ユダヤと世界の歴史 (7)
会社化で支配 (28)
エンパス (1)
韓国関連 (0)
日本自立 (19)
偽旗作戦 (2)
集団ストーカー (89)
経済 (115)
間違い (18)
アヌンナキ (4)
地球なんでも鑑定団 (12)
温暖化:原発温排水 (5)
台風15号 (34)
NBBさん (2)
未分類 (5073)
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

                         悪がきboy's ベル&タイガー

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々

光軍の戦士のブログ
検索フォーム
リンク
飯山です