fc2ブログ

人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

■集団ストーカーのマニュアル:海外版

Manual For Organized Gang Stalking Operations….より転載します。
元記事:PDF、31ページ有り
https://sagaciousnewsnetwork.com/maxcdn_cache/2019/06/Manual-For-Organized-Gang-Stalking-Operations.....pdf

元記事のグーグル翻訳:
https://translate.google.com/translate?sl=en&tl=ja&u=https://sagaciousnewsnetwork.com/maxcdn_cache/2019/06/Manual-For-Organized-Gang-Stalking-Operations.....pdf

集ストマニュアル1
・ページ1
組織化されたギャングストーカー操作のマニュアル…。FBIの
COINTELPRO、グラディオ作戦、NATOは軍隊の後ろにとどまり、そして
進行中のグローバル米軍「型破り」/「市民」
軍事」/「心理戦」/「情報戦争」作戦

第18章(FBIの)COINTELPROが使用するハラスメント方法の概要、(操作)
グラディオ作戦、秘密のコミュニティの新兵と遅れをとる(軍隊):(または「取扱説明書
コミュニティギャングストーカーのために」)
ラウニレーナ・ルカネン・キルデ博士の "黒い影に明るい光を"

ETK命令:ラウニ・キルデ博士の第18章は、
コミュニティギャングストーカーのための取扱説明書。これらの同じテクニック、そしておそらく
この同じマニュアルは、明らかにFBIのCOINTELPRO(防諜)でも使用されていました
プログラム)および1950年頃のヨーロッパでのグラディオ作戦/ステイビハインドオペレーション
そして1990年。彼らはまた、米軍情報部の進行中のグローバルなことを正確に説明しています。
「新世界大戦:革命的方法」に記載されているギャングストーカー作戦
マークM.リッチ(2011)による「政治的統制」。これらすべての極秘作戦は続いた、
何十年もの間、公式には検出されていません。グラディオ/ステイビハインドは秘密裏に違法に機能しました
1990年にイタリアのプライムによって公開された40年間、ヨーロッパ全土で
アンドリオッティ大臣。その後まもなく、欧州議会は決議を行いました
グラディオを非難しますが(付録1を参照)、まだ機能している可能性があることを認めました!

アメリカの作家、グロリア・ネイラー(彼女の本「1996」を参照)や他の無数の博士のように。
ラウニ・キルデ博士は、何十年にもわたって「対象となる個人」(TI)でした。彼女は嫌がらせを受け、名誉を毀損され、
拷問され、最終的には2015年2月9日に、このプログラムで殺害されました。

・2ページ ↓
集ストマニュアル2

2ページ
キルデ博士も彼女の出版社も英語を母国語としないので、マイナーな人がいます
テキストの文法上の誤り。テキストをよりスムーズに読むために、私は時々追加します
かっこで囲んだ追加の単語。

彼女の本の中で、キルデ博士は彼女がこの取扱説明書をどこで入手したか、または誰を入手したかを特定していません
それを作成しました。しかし、フィンランド北部の最高医療責任者として、彼女は「インサイダー」でした
多くのオープンで秘密の会議に招待された人。彼女の夫も政治家でした
インサイダー。したがって、彼女は極秘文書に精通していた。間違いなく、彼女は
彼女の情報提供者を保護するために、この文書の著者。私は多くのフレーズに注意します
スペルはイギリス式の英語に特有のものです。これは博士を反映している可能性があります。
Kildeのスペルと使用パターン。または、元のドキュメントが
イギリスの軍事情報部によって書かれました。もしそうなら、私たちはそれがあったと推測するかもしれません
タビストック人間関係研究所に関連する個人またはグループによって作成された
英国陸軍の心理戦師団から生まれた関係
第一次世界大戦が終わり、何十年もの間、世界の「洗脳の中心地」でした。

正確な著者に関係なく、これは非常に重要な文書です。
すべての「ターゲット」が読んで理解する。明らかに、これは心理学のマニュアルです
非常に複雑な軍事シークレットサービスの方法を提示する戦争
ヒエラルキーは、指定されたものを監視し、罰し、「中和」し、最終的に殺害します
「ターゲット」。CIAのKUBARK拷問との明らかな比較があります
ベトナム、ラテンアメリカ、中東、および
実際、CIAでは「ブラックサイト」/「異常な演出」センターが全体に広がっています
世界。ここで説明されている心理戦システムは、
米軍の「第4世代戦争」/「市民」の作戦と手順
軍事作戦」/「戦争以外の軍事作戦」/「型破り
戦争」/「非対称戦争」/「心理戦」と「情報戦」
リッチの「新世界大戦:政治のための革命的方法」に詳述されている作戦
コントロール。" (各プログラムの重要な用語の比較については、付録2および3を参照してください。)
確かに、システムは同一です。

ここで提供される注目すべき啓示は、現代の組織化されたギャングストーカーです
操作は、FBIの秘密で使用されているものと同一またはほぼ同一です
1950〜1970年代のCOINTELPRO(防諜プログラム)、極秘の「グラディオ」
および1950年から1990年までのヨーロッパの他の「StayBehindArmy」作戦、および
不安定化と市民排除活動は現在、
世界195カ国のうち約140カ国での米軍による「テロ対策」
(見る 世界は戦場であり、米国特殊作戦軍は134の「テロ対策」戦争に関与しています)。
したがって、私たちはグローバルに組織化されたギャングストーカー行為を正しく理解することができます(私は
グローバル組織化されたギャングストーカー神経戦争のためのGOGの新しいゲシュタポと呼ばれる
電子奴隷制、拷問、心理戦の操作をグループ化)
偽の対テロ戦争と「フルスペクトラムドミナンス」戦略
英米イスラエル帝国。新世界秩序反キリストへようこそ-ファシスト-
「戦場」が全世界であり、
「あなた」は敵です。



・35ページと膨大なんで早々にギブアップ、集スト関連部分をUPされているインガさんにバトンタッチします!

転載、貼り付け開始

インガさん: 2020/12/18
海外の集団ストーカマニュアル(翻訳版)
http://ingasan.blog.fc2.com/blog-entry-440.html

1. 概要

本作戦行動はおおよそ”積極的監視”である。受動的監視とは対象者の情報を得るため秘密裏に監視することである。積極的監視 は情報収集に加え、対象者に監視を気づかせることも含む。積極的監視以外に、工作員は対象者を24時間安らぎのない状態にしておく工作を行う。本作戦行動は公的な司法制度によって黙認され、隠蔽される一方で、善悪に対する鋭敏な判断力を持たない市民からは全く犯罪であるとは見なされない。

工作員はすべての加害工作が信憑性をもちにくいよう最大限注意しなければならない。これは対象者が警察、他の公的機関、友人、隣人、家族、医者に訴え出た場合に、対象者の「考えすぎ」か、あわよくば精神疾患の症状と見なされる必要があることを意味する。

本システムは信憑性の得にくさを維持するために長年 医療機関の買収活動を行い、対象者が加害を訴え出た場合 今日では大部分の対象者はすぐに精神疾患のレッテルを貼られ、向精神薬を強制投与される。そのような状況にあってもなお、対象者が窮状を訴えた人々のほとんどが対象者に対して犯罪が行われたことを信じることがないよう、工作員は自分の役割を果たし、巧みに工作活動を行わなければならない。工作員としてあなたはこの訓練を受ける。

本システムは先進技術に恵まれ、対象者が家の中にいるときでも、音もなく壁越しに重い罰を与えることができる。この行為が信憑性をもつことはほとんどない。工作員は初期訓練をパスして、コミュニティの安全を維持できるだけの高い献身性を証明し、信憑性を得にくいように工作を行う能力を証明しなければならない。その後に先進的な電気的加害の訓練が検討される。電気的加害の訓練はこのマニュアルの範囲外である。

本組織は現場の工作員をバックアップする優秀な専門家を擁している点で幸運である。数々の”些細”で侵略的な加害工作を用いて対象者のストレスや絶望感を最大化させ、健康を悪化させるためには心理学者が鍵となる。電気通信、電力、建物の電気系統および警報システムなどあらゆる分野の技術者、あらゆる分野のインフラ企業の従業員は職務上の立場を使って、さまざまな”普通にしかみえない”問題を継続的に対象者に負わせる。そして言うまでもなく、この点においてさまざまな技術をもつ鍵屋の仕事ははかり知れないほど貴重である。あなたは地域密着型工作員(CBA)として公的なシステムよりも優れた”正義”をもたらすことのできるチームと働ける特権を得るだろう。


2. 監視

監視はすべての作戦行動の基盤である。地域密着型工作員(CBA)の目視による監視と先進的な電子的監視の両方が用いられる。この章では地域工作員の目視による監視のみ扱う。あなたの地域の指導工作員は地域にいる各対象者の監視スケジュールを決める。すべての対象者は家で寝ているときでさえ、24時間少なくとも一人のCBAが監視している。CBAの監視チームは対象者の行動や移動をコントロールセンター(CC)に報告するための携帯電話番号を与えられる。

報告すべき行動は以下を含むが、これに限らない:


対象者が一日の始まりに電気をつける。

対象者がトイレやシャワーを使う。

対象者が家を出る。

対象者が車で出かける。

対象者が職場などに到着する。

対象者が買い物をする、またはなにか他の施設や場所を訪れる。

対象者が帰宅する。

対象者が家やレストランで食事する。

対象者が性行為をする。

対象者が一日の終わりに明かりを消す。

対象者が夜中に明かりをつける。

対象者が街に出かける。

これらの観察の一部は電子部隊(EC)が担うがCBAチームは可能な限り数多く、詳細に対象者の活動を観察し、報告すべきである。詳細が必要な理由は、積極的監視による加害段階において、監督者は加害工作を対象者毎にカスタマイズして”人生のありふれた出来事”に見せる必要があるからである。

監視には対象者を敏感にさせるという重要な加害機能がある。対象者が監視下にあり、加害を受けていることは決して本人には告げられない。かわりに”人生のありふれた出来事”としては忘れ去ることができないほど頻繁な、身に迫る積極的監視とその他の活動が最終的に対象者に監視と加害を受けていることを理解させる。

地域密着型工作員(CBA)として、あなたはいつ、どこで、どのように加害工作を実行するか具体的な指示を受ける。あなたが言われたとおりに加害指示を実行するかぎり、苦情を訴え出ても対象者が信用されることはなく、法的執行機関による措置の危険に晒されることもない。

加害工作がどれだけうまく機能するかは、さまざまな状況におけるあなたの報告がどれだけ正確で完全であるかによる。コントロールセンター(CC)は対象者の家やアパートのすぐ近くにある物件やアパートを手に入れる。EC(電子部隊)は壁を通り抜けて監視し、加害を行うための設備を持っており、地域密着型工作員と連携して対象者の活動を報告する。典型的な配置としては、例えばCBAチームは対象者の家やアパートを一晩中監視できるような場所に停めた車のなかに配置される。

この配置では、車内のCBAはトランシーバー式の携帯電話を使って、待機中や近くを巡回している他のCBA(あるいはCBAチーム)に対象者を追跡させる電話をかけることを指示される場合がある。あるいは自分が対象者の追跡に割り当てられるかもしれない。対象者の追跡に関しては地域のセンターの指示を受ける。

移動中の対象者はひそかに、あるいはこちらの姿を見せながら追跡される。移動中の対象者は予期せぬ状況を引き起こしがちなので、どうしてよいかわからない場合は少し後ろに下がり、センターと交信して指示を求める。センターは常に対象者の居場所を把握しているので、CBAが対象者を見失った場合、他の適当なCBAが追跡の続行に最短で割り当てられる。もし対象者を見失った場合はただちにコントロールセンターに知らせること。

姿を見せながらの追跡は自分が存在することによって対象者を不快にさせるものだが、これを行う際にはいつ追跡を打ち切るかに関してセンターの指示を受ける。他のCBAまたはCBAチームが姿を見せながらの追跡を行っている現場に到着したとき、あなたが追跡を離脱した時点で、彼らはあなたは次の任務に向かってもよいことを通知する。


3. インターセプト(道すがらの加害)

インターセプトとは、地域密着型工作員(CBA)が歩いていく道すがらに対象者に”偶然”出くわす状況のことである。いったん対象者が監視され加害を受けている状況に敏感になっていれば、CBAが”たまたま”対象者とすれ違うという単純な行動だけで、対象者はそれを認識し、順当に不快感を感じる。

あなたの地域のコントロールセンターは、あなたがインターセプトを実行するときにどのように合図が出されるかについて指導する。多くの場合、現場監督官(OSS)があなたを配置につかせ、いつインターセプトを開始するかの手信号を出す。移動する対象者は完全に予測できるとは限らないため、CBA のインターセプトの成功は、電子部隊に大きく依存している。電子部隊はすべての対象者の正確な居場所を監視する手段を持っており、コンピュータ・プログラムによって、対象者が地域をあちこち移動するときには、どの時間にどこにいるのかを正確に予測することができる。あなたの地域のOSSは、センターへの即時的な、音を発しない指示を受信する特別な手段を持っている。


1. インターセプト担当CBAは、次のいずれかの形態のインターセプトを行うように求められることがある:

2. 単純なすれちがいは対象者に衝突を避けるための回避行動を要求するもので、対象者の一度の外出に多数のCBAによって複数回行われることもしばしばある。

徒歩で、歩行中の対象者とは反対側にある歩道を長時間歩く。(訳注:付番無しは原文ママ)

3. 対象者が到着する少し前に、対象者の気に入りの場所にいき、対象者がいる間だけその場所を単に占拠する(レストラン、公園、公共施設の座席のほか、バスの座席も例として挙げられる); 普段人がしないような時間や場所でただ”たむろする”こともある。

4. バスを待つなど対象者が立っている必要がある場所の近くで、タバコを吸ったり、コインをチャリチャリ鳴らしたり、つま先をコンコン鳴らす、または水飲み器を使っている対象者の真後ろに立つ。

5. CAB十数人からなるグループが対象者に先駆けて店舗に到着するよう配置され、対象者の前に列を作る。宝くじを買ったりしながら時間を使い、対象者の順番を遅らせる。対象者はたとえば仕事後でとても疲れており早く帰宅したい、あるいは急いでいる。(訳注:「〜ような場合に効果的である。」と続くものと推測される)

6. 地域密着型工作員は対象者が家を出るのと同時に隣接した家やアパートから出ることを繰り返すことに割り当てられる場合がある。あるいは、家にほど近い帰路で対象者をインターセプトし、対象者と同時に家に到着する。


これらは些細な行為に見えるかもしれないが、対象者が決して”良い一日”を過ごさないことを原則的に確実にするために、対象者にはこれらの”些細な”ことが毎日起こって、これらの反復的なインターセプトが対象者に常にそのような行為を見張ることを強制していることを覚えておくこと。この状況は対象者の虐待を確実なものにする目標である。同様のインターセプト作戦は車でも行われる。センターは対象者が通勤するすべての日でこの作戦のスケジュールを組むことができる。車両インターセプトは朝夕の通勤の両方で対象者がインターセプト用車両の一団のなかの同じ車両を見た場合に特に効果的である。(車両インターセプトは危険を伴うことがあるため、車両インターセプト任務に任命されたCBAは、実際の任務に就く前に特別訓練コースを修了しなければならない。) 以下にCBAが割り当てられる可能性のある車両インターセプトの例を挙げる。


-対象者が駐車場を出て、姿を消すことを防ぐための駐車

-対象者の家の近くで、なにか異常である商用車の頻繁な駐車。たとえばその車の業務はまったく必要なかったり、ただの無印の白いバンであったりするため、対象者にその車両は監視のためにそこにいると考えさせる。

-短い距離の追跡や先行。ただし毎日行う。対象者の通勤時間帯やそれ以外の時間帯の両方でこれを行うとに対象者を非常に不快にさせる。

-脇道を走ってストップサインを過ぎた、本線道路から見て危険を感じる位置で停止し、対象者に急ブレーキを踏ませる(これにはコントロールセンターの支援とトランシーバー形式の携帯電話からの指示が必要である。)

-CBAの乗る車の一団が通勤中の対象者を囲み、対象者が走行したい速度よりも低い速度での走行を強制する。一部の地域では、対象者にとって特別な意味を持つ短い言葉が書かれたナンバープレートの車両がセンターから提供される。

-交通量が通常は非常に空いている場所と時間帯で対象者が車を走らせている場合に、CBAの乗る車の一団が、強制的にひどい渋滞を引き起こして対象者に気づかせる。

究極の車両インターセプトは演出された事故である。これは危険性があり、非常に上級のエージェントにのみ任命される。しかし、事故を演出することは可能であり、対象者だけがそれが演出されたことを知る。これは対象者がシークレットサービスの犯罪行為を公にすることで、シークレットサービスに対して明確に、たいへんな狼藉をはたらいた場合に優れた罰の手段である。演出された事故は通常 警察が強力に支援している地域で行われるため、CBAの運転者は保護される。


4. 物理的破壊

物理的破壊は警察が通報を真剣に受け止めるほどの価値を持たない物品に、注意を払って限定する場合には特に効果的である。例えば、対象者の家を焼き払ったり、高価な電化製品を盗んだりすると、公的な捜査当局を巻き込むことになるので、それは行われない。

極端な危険を引き起こす破壊工作は通常この作戦行動には適していない。なぜなら公的な捜査当局を事故現場に招き入れる可能性があるためである。したがって対象者の車のブレーキシステムにダメージを与えることは地域密着型工作員(CBA)には許されないが、エンジンオイル、ミッションオイル、ラジエータ不凍液をいくらか抜くのは許される。しかし全ては許されない。目標は対象者に液量の管理の過失があるようにみせ、対象者以外も破壊工作と考えうるような壊滅的な不具合を引き起こさないことである。

大量の、価値の低い物の破壊による加害は非常に重要である。なぜならもし対象者が数多くの価値の低い物の損害を訴え出れば、対象者が注意散漫で、大げさで、場合によっては妄想的であるようにみせられるからである。対象者の関係者は対象者以外に責任があるとはけっして考えない。

対象者は破壊工作を止めるには完全に無力で、精神疾患と思われずに破壊工作を訴え出ることすらできないことを認識させる点で破壊工作は非常に重要である。破壊工作に関する対象者の訴えを聞き及んだある種の人々は”注意を引くため”に自らその破壊工作を行ったので組織は非常に幸運である。

破壊工作は対象者の家、職場、車に対して行われる。これには鍵屋と警報装置技術者の支援が必要である。あなたの地域のコントロールセンターがこれを提供し、地方であれば遠くから専門家を連れてくる。


ここに地域密着型工作員(CBA)が遂行に割り当てられる可能性のある破壊工作の例を列挙する。

-車や家に侵入し、制御装置やラジオの設定を変更する。

-冬にウォッシャー液を水と交換し、あわよくば故障させる。

-対象者の車の塗装に傷をつけ、家具や価値の高い物に傷をつける。

-タイヤの破壊、いくらか空気を抜くことからセンターの許可があればサイドウォールを引き裂くことまで。

-窓用ヒーターの断線を装う。

-ハザードスイッチを切断する。

-壊滅的な故障を引き起こさない程度に、相当量のエンジンオイル、ミッションオイル、ラジエータ不凍液を抜く。

-対象者にだれかが侵入したことを示すために車のなかの物をあちこち動かす。

-車の鍵をあけ、そのままにしておく。場合によってはドアも開けたままにしておく。

-車の内装に小さな切り傷をつける。

-対象者が外出中に家の玄関や裏口の鍵を開けて、ドアをすこし開けたままにしておく。年越しの午前零時ですらそのようにしておく。

-頻繁に家具やカーペットを移動させて、対象者に誰かがそこにいたことを示す。

-価値の低いものを盗む。とくにハサミのようになくしやすいもの。対象者が買い換えるまで持っておき、その後 多くの場合は対象者が探した場所に戻す。

-重要な書類を盗む。とくに元に戻すのに金のかかるもの。

-かけがえのない写真を盗む。

-対象者が仕事中に郵便受けから手紙を出し、辺りに散らかす。(額に入った)壁の絵を繰り返し傾ける。

-時計を間違った時間に合わせる。

-繰り返し消耗品や生活雑貨(コーヒーなど)を捨てることで対象者に自分はもはや物を管理する能力がないのだと思わせる。

-新品の服に小さな裂け目をつけ、訪問するごとにそれを広げていく。

-対象者の下着の股間部分を裂いたり、高級下着や水着などを盗む。

-対象者の服を、子供用のように小さすぎる類似した服と交換する。それは対象者が持っていないものでなければならない。

-内側のボタンにアイロンをかけ、シャツやトップスのボタン留めを難しくする。

-対象者のものであろうエアマットレスやクッション(日毎の交換用も含む)の縫い目に慎重にナイフの刃先を走らせる。

-ファスナーの歯を1,2本引き抜いたりして、服やバッグのファスナーを壊す。

-防水ブーツの靴底にナイフを突き刺す。

-仕事場で対象者のオフィスチェアのネジを外す。または家のダイニングテーブルでは4つのうち1つのネジだけ残しておき、陶磁器の乗ったそのテーブルを傾いたままにする。

-仕事場で、極端に露骨にならないよう対象者の前日の仕事の成果に損害を与えたり、破壊する。たとえばコンピュータがまた壊れており、さらにひどくなってさえいるなど。

-仕事場で、パソコンのファイルを古いものに置き換える。これは、もし対象者がプログラマなら特に深刻である。

-仕事場で、従業員が地域密着型工作員である、あるいは地域密着型工作員に採用できる場合に対象者の仕事場をふさぐ重い物品の”誤配”を企てる。

-仕事場で、対象者が破壊工作可能な業務を担当している場合に、対象者が昼食をとり始めたり、帰宅しようとした瞬間に破壊工作を実行することを反復して行う。

-仕事場で、対象者が施錠保管できない材料の管理を担当している場合に、その材料に破壊工作を行うか、コントロールセンターの特別な許可を得て盗む。

盗みは注意深く検討されなければならず、地域のセンターから許可されなければならない。許可なしに盗むことはできない。特に効果的な盗みは安価なものだがよく使うものを対象者の敷地内から持ち去ることである。いったん対象者が代替品を購入するのが確認されたら、その物品は返還される。これは対象者に無駄に金を使わせるだけでなく、対象者にひどい無力感を感じさせることを強いる。


5. 対象者の評判の破壊

対象者の評判やそれに付随するすべての物事(たとえば生計を立てる能力、商売、人間関係など)の破壊工作は非常に特殊な作戦行動に分類される。経験の浅い地域密着型工作員は手法の”設計”に任命されるのではなく、対象者の世間体を破壊する主な手段である”噂”を流すことの支援に任命される。

“噂”の中身は主に虚偽である。しかし加害段階で参加することになる団体の特定メンバーの協力を確保するために、そのような団体のメンバーの愛国的な、あるいは社会奉仕の価値観にアピールするためのキーとなる付加的な情報も同様に使われる。前述のとおり、本組織の本部には多くのトップ心理学者や精神科医が常駐しており、中にはより人口の多いセンターにいる者もいる。対象者の評判を破壊する作戦を設計するのは彼らの担当である。


以下の人々に接触して対象者との関係を不快にしたり、絶縁させたりする情報を与えることができる。

-仕事の関係者

-上司

-同僚

-気安い関係、たとえば対象者がメンバーとなっているクラブ、対象者が常連になっているバーに通うグループなど。

-友人

-地域の友愛団体(fraternal organization)。彼らは公への奉仕に意欲的で、対象者を監視下におくときの優れた支援源であり、加害段階にも参加する。

-対象者が買い物をする店の店員

-対象者の大家

-対象者の隣人

-対象者の家、車、商売に関わる可能性のある修理工

-対象者の路線を走るバスの運転手

-地元の子どもたち

-救急車の救急医療技術者を含む市の職員

-該当する場合はホームレスシェルターのスタッフや住民

-家族(意外にも悪い情報を信じがちな人が多い)

-とりわけ、対象者が求職する会社の人事部

これらの破壊工作がどの程度激しく行われるかは、悪い噂が広められていることを対象者に知られないようにする必要性に主に左右される。目標は悪い情報を秘密裏に地域に流し続けることであり、それは情報を受け取った人々が対象者には教えないであろう方法で行われる。友人や家族は即座に対象者に知らせ、対象者の味方をすると思うかもしれない。幸いなことに、いったん対象者の前科の情報が与えられると、友人や家族をこちらに引き入れることは意外と簡単であることが経験上分かっている。本部スタッフは友人や家族が対象者に味方することを防ぐ方法を開発し、おおよそ防いでいるが、そのような技術はこのマニュアルの範囲外である。対象者と最も親密な人々でさえ協力させてしまう”報酬”を用いることが可能であるのは言うまでもない。このような報酬は我々の組織の地域レベルより上の専門家により用いられる。地域レベルのCBAにとって、対象者の評判の破壊工作の仕事は、コントロールセンターからの何を、誰に、どのように、いつ言うかという指示をただ遂行するだけの形をとる。


6. 対象者の信用を失墜させる

作戦行動に対する司法制度や精神医療システムからの強力な沈黙の支援は対象者が社会に知らせることを防ぐには十分なものであったが、対象者の信用を失墜させる領域は現在進行中の活動である。対象者の評判の破壊工作と同じように、対象者の声明書、ウェブサイト、メディア出演、投書などの信用を失墜させることは対象者の担当スタッフである心理学者や精神科医の監督下で行われる。もし地域密着型工作員(CBA)が任務を知的に遂行したという良い業績を持っており、コンピューターを使用できるなら、CBAは信用失墜任務にあたるため地域のコントロールセンターに応募できる。卓越したコミュニケーション能力が必要とされる。CBAが監督下で行う活動は以下のようなものがある。


-掲示板、Wogs、indy mediaのようなopen mediaへの対象者の投稿を監視する。

これは特別なシフトを組み、地域のCCレベルよりも上位のスケジュールと管理のもとで通常 行われる。この監視は任務に関連する投稿を検出し即座にフラグを立てるブログ解析ソフトによって支援される(訳注:「フラグを立てる」は他の投稿と区別するため目印をつけて目立たせる、または通知するの意味合いか)。この仕事を行うCBAは”薬を飲んでいない者がいる”や”(対象者名)はなんの証拠も示していない”などのようなコメントをすぐさま返信する。その後CBAはその投稿を監督者に報告し、必要であればより詳細な対応を求める。

-担当地域の新聞社を監視して、活動に関する投書を見つける。大部分の編集者と多くのリポーターはこちらに取り込まれており、監視と無効化の重要な仕事を目立たないままにしておく支援を喜んで行うが、ときどき投書がすり抜けてしまう。この場合、”薬を飲んでいない者がいる”のようなコメントは適切ではない。このような投書は複写して、自分の回答案とともに監督者に転送する。監督者はあなたの回答に手直ししてから、それが確実に印刷されるように支援する。

-あなたの監督者は部下に対象者のトークショー番組への出演予定を監視させる。ほとんどの司会者(対象者にいくらか同情的である司会者でさえ)は信用を失墜させる情報を受け取っており、あまり対象者を迎え入れないが、放送を管理する対象者も存在する。この場合、あなたの監督者はあなたに番組へ電話をかけることを任命し、対象者の主張に反証を挙げて否定する適切な台詞を言うことや対象者のふりをして大声で叫び、"UFOに嫌がらせをされている"などの"おかしな"発言をすること、あるいは議論を活動の真相から"メディアによるマインドコントロール"のような話題に逸らせることを指示する。

-説得力に卓越したコミュニケーション能力をもつ工作員は、監督者からの注意深い指導と準備のもと、対象者のふりをして対象者をゲストとして放送するトークショー番組に出演することに任命される可能性がある。このような機会は、次のようなことを話して対象者の信用を失墜させる重要な手段である:UFO、 追跡してくる黒いヘリのようなもの、頭にアルミホイルを巻くこと、自宅の真上に”とどまって”いる衛星、あるいは現れては消える物体のようなふつうは”超常現象”と考えられる出来事。このような信用を失墜させる話題は番組が進行したあとにのみ言及され、司会者にとってはまったくの驚きでなければならない。

-CBAは24時間監視の成果として対象者が見せた”奇妙な行動”を”さりげなく”対象者の隣人に話す。この意図は、おそらく対象者が精神疾患であるとほのめかし、隣人の注意を対象者の行動に向けさせることである。いったん対象者が”だれもが自分を狙っている”という疑いを持てば話は簡単である。

CBAにとって対象者の信用失墜業務に選ばれることは特に”名誉”なことである。


7. 仕事関係の加害

この節では地域で特定の仕事に就いていたり、特定の立場にある地域密着型工作員(CBA)が対象者へ信憑性をもちにくい加害を行う方法のいくつかの例を示す。

-経営者をこちらに引き入れてある地下公共事業の作業員は対象者の自宅や、もし事業を営んでいれば事業所のすぐそばで、乱雑で、騒音を発生させる補修工事の予定を組む。これは長期間にわたって繰り返し道路を荒らすことも含む。不要な作業に対する資金は本部から提供される。タクシーの運転手は対象者に呼ばれたとき到着が遅れることがある。特に空港へいくときに遅れる。

-バスの運転手はたとえば悪天候時に、表面上は”時間調整”のため、対象者が待っているバス停の一つ前のバス停で停車し、約五分ほど待つ。これは対象者が乗り継ぐ次のバスや電車を逃す原因にもなる。対象者が悪天候にさらされながら、バスが明白な理由もなく通りで停車していたり、あるいはまったく自分のバス停に停まろうとしないのを見ることができるとき、この加害工作は特に効果的である。

-修理業者は改修を数多く強いることで”故障した状態”のままにしておくことができ、作業を遅らせ、雑にやり、過剰な請求を行い、問題のないものに損傷を与えたりもする。これは自動車修理業で特に有効である。

-医療検査技師は血液サンプルをすり替え、あるいは結果を偽ることで、対象者の症状にまったく根拠がないと対象者に思わせる。

-警察は根拠に乏しい理由でたびたび対象者を引っ張る。

-電話やケーブルテレビの技術者は正しくかけられた電話を対象者の電話番号に大量に転送でき、これによって対象者が電話をかけてきた無実の相手に激怒する。

-対象者が頻繁に買い物をする店の店員には対象者が来店することが分かっているときに、対象者が必要としている商品を取り除くよう指示することができる。

-レストランや食品配達サービスの勤務者は対象者に気に入り商品は品切れであると伝えることができる。

職業人による加害を成功させる鍵は対象者は自分が加害を受けていることを分かっていると推察される一方で、これらの加害工作は一般人には”人生のありふれた出来事”に見えるようにしなければならないことである。


8. 対象者の家

対象者の自宅で対象者を加害することはシークレットサービスの作戦行動を効果的にするために不可欠なものである。もし対象者が地域で加害を受けていても自宅に聖域を許されていれば、”壁のない刑務所”は完成しない。コントロールセンター(CC)がまずはじめに手配することの一つは対象者の家に隣接した家やアパートを地域密着型工作員(CBA)と電子的作戦行動のマニュアルを実行するメンバーの両方に占有させることである。作戦行動は24時間365日交代で行われるので、スタッフによって賃借または所有されている家やアパートは住居用としては使用されない。賃貸借契約や証書には全くの偽名か別の場所に実際の家をもつ上級スタッフの名前が記載されている。


近隣には対象者への加害協力を申し出ている隣人が住む家やアパートもある。協力への意欲を測るための隣人とのはじめての接触は上級スタッフによって行われ、協力に対する報酬の申し出がしばしば行われる。ここではCBA、協力関係にある隣人の両方によって行われる典型的な加害活動のいくつかを示す。活動は選択肢の中からローテーションされるが、少なくとも日に一つは実施される。

-騒音。騒音は一般人が”普通”とみなすものでなければならない。目標は対象者には自分が加害を受けていることを気づかせるが、他の誰にもそれが事実であると納得させられないという状況であり、それを覚えておくこと。地域の騒音門限は遵守するが、それ以外の時間帯で数多くの加害を行う。対象者に法務執行機関を招き入れる理由を簡単に与えてはならない。例:

-対象者が庭を楽しもうとした瞬間、あるいはECオペレーターがCBAに対象者が昼寝をはじめるという合図を出した瞬間にブロワを起動する。

-隣家からの大音量の音楽。これはありふれているため優れた活動である。対象者が窓を開けるたびに音楽が始まるようにタイミングを計る。このタイミングによって加害が意図的であることを示す。ECオペレーターは隣家から異常に大きな重低音の音楽を対象者の家へ向けて流す。

-対象者の家の近くで頻繁にタイヤのキーッという音を出す。

-アパートでは、”作業中”であるかのように、対象者の部屋側の壁、床、天井に押し当てた木やレンガの端材にドリルで穴を空けることを頻繁に行う。もしくはハンマーで叩く。ECオペレーターによって対象者がうたた寝をはじめるという合図が出されたときが特に効果的である。

-対象者が眠りに落ちようとしているときにゴルフボールやテニスボールを対象者の家に向かって投げる。理想的には近所の子供の協力を得る。

-対象者の家の近くでのサイレンの頻繁な使用。多くの救急隊員は社会奉仕の意識が強く、これに喜んで協力する。あるいはエホバの証人を装った人々によってこれを行う。

-取るに足りない理由/ばかげた理由/家違いの理由でドアをノックする。特に対象者が寝ているときや食事中のときに効果的である。

-ゴミ。対象者の庭にゴミを放置する。これはたびたび行うが、対象者が法務執行機関が動くほどの証拠を完全には持てないようCCスタッフがスケジュールの支援をする。

-対象者のペットを脅かす。これには対象者が長期間 家を空けている間に侵入する必要があり、CCによって予定が決められなければならない。電子部隊(EC)のオペレーターは地域密着型工作員が安全に侵入できるように電磁ビームを使って犬や猫を不活性の状態にできる。

-対象者のペットに傷を負わせたり、殺す。めったに使用されないが、対象者が犯行をおこなったシークレットサービスの工作員の名前を暴露するなど、特別な罰に値する行動をとったときに計画される。

-家畜や野生動物を殺し、対象者の家の玄関先に放置する。対象者が特別な罰に値する行動をとったときに計画される。

-対象者が相当の土地を所有している場合、その土地のとなりに不快に感じる活動を手配し、建設する。ある事例では、自然の美しい地域に広大な農場を所有している対象者の隣にゴミ集積場、オートレース場、刑務所を建てた。このようなことはあまりないが、”それに値する”人々へ罰を与える献身性を示す良い例である。

-協力関係にある警察署は姿を見せながら対象者の家を監視する。対象者が帰宅したとき家の前に警察車両がとまっていたりすることを繰り返す。


(訳注:原版では以下に続くがマニュアルの内容はここまでの模様)


貼り付け終わり、パチパチ~大拍手!


*この情報はウォカーさんから頂きました。
  ありがとうございます(^^♪

>コロナ騒動を利用したデジタル監視システムの促進は酷いものですね。
>ワクチン、5G、ケムトレイル、テクノロジー犯罪、全部後ろで繋がっています。スマート畜産技術を応用して、日本全体をを壁のない刑務所にする気の様ですね。
・さすがです!
 「ワクチン、5G、ケムトレイル、テクノロジー犯罪、全部後ろで繋がっています」
・禿同!

・と、云うことで日本国民はサルことながら、全世界がターゲットにされている次第です!
 先ずは連中の手口を知ることから始めませう!










関連記事
コメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の80代 ♂、
朝が迎えられたことに感謝!
小便が出る事に感謝!
おまけの人生を楽しんでまーす(^^♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に、ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ウイルスは怖くない  (24)
ワクチン・ウイルス (114)
新型コロナウイルスとは (40)
新型コロナウイルス(2019-nCoV) (327)
新型コロナワクチン:仕組み&副反応 (236)
2019-nCoVの特効薬 (50)
予防接種を拒否する方法 (16)
下痢・ノロウイルス (11)
狂犬病 (6)
MMS (2)
刺青 (1)
梅毒 (4)
イヤシロチ化 (2)
重曹 (2)
かゆみ (1)
ソマチッド・ケイ素・テラヘルツ鉱石 (20)
子宮頸ガンワクチン&添加物 (56)
カンジダ症:リーキーガット症候群、癌 (20)
がん、ガン、癌、悪性腫瘍 (61)
ヒート・ショック・プロテイン (1)
ラプンツェル症候群 (1)
パーキンソン病 (1)
ミトコンドリア (3)
エボラ出血熱 (45)
多発性硬化症 (1)
光触媒 (1)
元素転換 (1)
抗生物質 (4)
除草剤 (4)
舌診 (1)
火傷 (5)
睡眠 (31)
歯 (28)
虫垂炎 (2)
骨粗鬆症 (1)
口内炎 (1)
歯周病 (4)
片頭痛 (5)
耳鳴り (3)
毛染め (4)
甲状腺 (0)
ADHD (9)
自閉症 (8)
砂糖類 (6)
コーヒー (20)
タバコ (3)
胆石 (2)
肺 (4)
死 (73)
不食 (4)
断食 (6)
美容 (4)
風邪 (6)
輸血 (4)
蜂毒 (14)
日本蜜蜂 (47)
蜂蜜の効用 (8)
月経は無いのが自然 (4)
更年期症状 (3)
母子手帳 (2)
フッ素 (7)
漢方薬 (23)
静脈瘤 (1)
白内障 (2)
花粉症 (7)
重金属毒 (2)
玄米菜食 (3)
心臓疾患 (4)
生卵は駄目 (3)
細胞の脳 (20)
腸内細菌 (4)
自己免疫疾患 (8)
腸:免疫システム (22)
第7の感覚・リンパ系・免疫系 (3)
ピロリ菌 (5)
多剤耐性菌 (11)
風味増強剤 (1)
キシリトール (1)
茶カテキン (3)
食品添加物 (4)
遺伝子組換え (32)
トランス脂肪酸 (2)
アスパルテーム (4)
メープルシロップ (1)
認知症&ケトン体 (35)
DNA (128)
ストレス (2)
コレステロール (1)
分子栄養学三石理論 (105)
分子栄養学(三石理論)入門編 (27)
分子栄養学(三石理論)上級編 (109)
分子栄養学(三石理論)コラム編 (18)
三石理論:医学常識はウソだらけ (1)
分子栄養学(三石理論)栄養素編 (21)
分子栄養学(三石理論):マイコプラズマ肺炎 (4)
医療・薬剤の実体(まとめ・保存版) (54)
医療・薬剤の実体(放射線) (1)
病気はクスリで作られる (7)
医療・薬剤の実体(がん) (2)
鍼灸指圧 (7)
医療・薬剤の実体 (912)
政治・経済・社会 (815)
文明800年周期 (1)
覚せい剤・麻薬 (21)
大麻 (24)
言論封殺 (0)
不正選挙 (15)
乳酸菌(豆乳ヨーグルト) (13)
グルンバ・乳酸菌軍団 (198)
飯山さん(日本仙人道) (0)
飯山一郎 保存版 (9)
飯山一郎さん (244)
乳酸菌同盟 (16)
乳酸菌 (30)
黄金の金玉団 (46)
nueqさん (2926)
達人さん (19)
宝石 (133)
写真 (143)
宇宙 (296)
物理 (68)
数学 (9)
太陽系 (26)
電磁波 (104)
宇宙全史 (24)
リザムの宇宙 (36)
銀河ネットワーク情報 (9)
その木に成って55さん (55)
シドニーおちんさん (3)
写真&未来の変え方 (22)
シドニーおちんの地図のある旅 (12)
意識を集中すると何かが起こる (3862)
飯山さん『放射性セシウムの無害化』 (3)
放射線レベルを1/10に操作 (4)
不思議な茨城県北部地震 (5)
原発再稼動&新設反対 (267)
ガイガーカウンター (4)
モルジェロンズ病&ケムトレイル (16)
ケムトレイル観察紀行(写真) (34)
ケムトレイル・気象操作 (309)
ケムトレイル保存版 (87)
HAARP (41)
サバイバル(術編) (228)
放射能「ぶらぶら病」 (5)
放射能被曝による鼻血 (46)
ホルミシス効果(放射能) (1)
放射能からのサバイバル (336)
放射能からのサバイバル 保存版 (20)
分子栄養学(三石理論)放射性物質対策 (1)
サバイバル「三脈の法・眼脈の法」 (9)
八ッ場は毒ヒ素ダム (1)
シオンの議定書 (2)
お金の仕組み (12)
ネットは危険 (208)
日本国支配 (26)
大東亜戦争 (1)
ノーベル賞 (1)
STAP細胞 (137)
ビルゲイツ 軽井沢別荘 (6)
フルベッキ写真 (0)
老子「道徳経」 (4)
奥の院:保存版 (55)
奥の院 (68)
バランサー:工作員 (11)
日月神示~奥の院 (4)
ユダヤと世界の歴史 (7)
会社化で支配 (28)
エンパス (1)
韓国関連 (0)
日本自立 (19)
偽旗作戦 (2)
集団ストーカー (89)
経済 (115)
間違い (18)
アヌンナキ (4)
地球なんでも鑑定団 (12)
温暖化:原発温排水 (5)
台風15号 (34)
NBBさん (2)
未分類 (5060)
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

                         悪がきboy's ベル&タイガー

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々

光軍の戦士のブログ
検索フォーム
リンク
飯山です