fc2ブログ

人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

◆南大西洋の地磁気異常帯が二つに分裂拡大中

南大西洋の地磁気異常帯が二つに分裂拡大中 <newsNueq-2859>より転載します。
貼り付け開始、

 Newsweek
 地磁気が異常に弱いエリアが南大西洋を北西に移動しながら2つに分裂
 -------------------------------------------------------------------

 https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/08/2-281.php
 2020年8月20日(木)17時15分

 南米から南大西洋にわたって「 南大西洋異常帯(SAA)」と呼ばれる
 地磁気が異常に弱いエリアが広がっている......

 地磁気が異常に弱い南大西洋異常帯が北西に移動している...... NASA Goddard
https://www.newsweekjapan.jp/stories/assets_c/2020/08/matuoka0820aa-thumb-720xauto-210893.jpg
 https://www.newsweekjapan.jp/stories/assets_c/2020/08/matuoka0820aa-thumb-720xauto-210893.jpg
  赤いエリアが南米にかかっているが、
   3~4年前はブラジル沖にあって面積も半分以下だった。


 < 抜粋 >

 地磁気は、地球の大気や水を宇宙空間に拡散するのを防ぎ、
 地表に降り注ぐ太陽からの荷電粒子や宇宙線を遮る、
 いわば「 地球の保護シールド 」だ。
 地下1800マイル( 約2896キロメートル )の「 外核 」で
 液体金属が熱対流して電流が生じ、この電流によって地磁気が生成されている。

  「 液体金属 」は単なる思い込みに過ぎない。
   が、話の都合上、とりあえず、良しとしておこう。


 ■ アフリカの南西部にあらわれ、2つに分裂しつつある

 南大西洋異常帯はゆっくりと移動し、形態を変えている。
 1992年に打ち上げられたアメリカ航空宇宙局(NASA)の
 人工衛星「 SAMPEX 」が20年にわたって収集したデータを
 NASAの太陽系物理学者アシュリー・グリーリー研究助手らが分析した結果、
 「 南大西洋異常帯は、ゆっくりと北西方向へ移動している 」ことがわかった。

  今年の地球磁場分布
  Division of Geomagnetism, DTU Space
https://www.newsweekjapan.jp/stories/2020/08/20/010-nasa-south.jpg
  https://www.newsweekjapan.jp/stories/2020/08/20/010-nasa-south.jpg

  NASA Goddard
  NASA Explores Earth's Magnetic 'Dent'
  ----------------------------------------
  https://youtu.be/qpdQcw_52iM

  2'45"
  2020/08/17

   日本語字幕の表示方法は判りますね?
    尚、0'12" 辺りから始まる異常帯の年次推移が字幕で隠れるので、
    画面にカーソルを当てると字幕が自動的に上にズレるので見るか、
    字幕を消して御覧ください。

    この映像で太陽風( 荷電粒子 = 陽子・電子 )が地球周辺に
    激しく流れる映像があり、その次にフレア爆発の絵が来ます。
    このフレア爆発の際に、磁束流が吹き上げる北極側にオーロラが出来て、
    磁束流を引き込む南極側は皮が焼き焦げて穴が空きます。
    この皮のことをオゾン層と呼びます。
    フロンガスは7~80年代、世界を独占した日本の白物家電を
    撲滅させるための謀略に過ぎません。
    こうして南極側は、放射性物質の粒子カスケードが生まれ、
    地上に降り注いでくるため、オーストラリア人はカッパハゲが多いのです。(^o^)b
    アボリジニが、頭から爪先まで温泉泥を塗りたくってたのは、これを防ぐため。

    nueq lab
    太陽でスーパーフレア爆発の可能性?
    ------------------------------------------
    https://nueq.exblog.jp/18303275/
    2012年 05月 17日

    には、たった1個の陽子が上空20kmで大気分子と衝突した際の
    凄まじい放射性粒子カスケードのシミュレーション( カーネル大 )を
    掲載してあります。
   


 また、欧州宇宙機関(ESA)の地磁気観測衛星「 SWARM 」が
 収集したデータを分析した研究成果によると、
 この5年でアフリカの南西部に最小強度の地磁気のエリアが新たに現れ、
 南大西洋異常帯が2つに分裂しつつあるという。
 こうした現象が、直近では77万年前にあったとされる
 地磁気の反転の引き金か先駆けではないかと懸念する声もあるが、
 今のところ何を意味するのかは不明だ。

 
 BUSINESS INSIDER
 宇宙ステーションやハッブル望遠鏡が破損する可能性も
 NASAが地球磁場の監視を強化

 ---------------------------------------------------------
 https://www.businessinsider.jp/post-218839
 Aug. 25, 2020, 04:30 AM

 < 抜粋 >

 地球の鎧である地磁気には亀裂があり、その亀裂は成長している。
 この地球の磁場の弱い領域は、南大西洋の上、南米とアフリカ南部の間に位置している。
 2014年以降、それは大きくなり、2つに分かれ始め、さらに弱くなった。

 「 南大西洋異常帯( South Atlantic Anomaly:SAA )と名付けられたこの現象は、
 この地域を通過する宇宙船や国際宇宙ステーション( ISS )、
 低軌道衛星に影響を及ぼすことが危惧されている。
 これは、太陽からの来るエネルギー粒子線によって、
 コンピューターや電子回路に不具合が生じる可能性があるためだ。


 ■「 ウイークポイント 」は成長し、分裂している

 研究者たちは、SWARMと総称される3基の衛星を使って、
 地球の磁場の変化を監視している。
 SAAの面積は年々拡大し続けており、
 過去200年間で4倍に広がっていることがわかった。

  European Space Agency( ESA )
  South Atlantic Anomaly impact radiation
  -----------------------------------------------
  https://youtu.be/5x339lnJB9w

  1'05"
  2020/05/20

  「 3~4年前はブラジル沖にあって面積も半分以下だった。」
    と上述したが、SAMPEXとSWARMでは、
    観測方法が異なるのだろう。
    ゴダード宇宙センターの映像にもあるように、
    NASAの情報では原発地はブラジル沖だった。


 SAAでは1970年以降、地磁気が8%弱まった。
 これは、地球全体に起きていることを反映している。
 ESAによると、地球の磁場は過去200年間でその強度の約9%を失っている。

   1970 ~ 2020年で、SAAの磁場は
    2万4千ナノテスラから、2万2千ナノテスラまで減少、
    毎年20kmのペースで西方向に移動している。


 ■ 人工衛星と宇宙ステーションのトラブルを招く

 磁場が弱くなると、太陽風から多くの荷電粒子が地球の保護シールドを通過し、
 荷電粒子はより地球に近づくことができる。

 低軌道衛星や約400km上空を飛行するISSは、
 荷電粒子で満たされた領域を通過しなければならなくなる。
 その結果、システムに問題が生じたり、データ収集が中断されたり、
 ハッブル宇宙望遠鏡のような高価なコンピュータ部品が
 早期に老朽化したりする可能性がある。

 NASAによると、ハッブル望遠鏡は
 毎日15回の地球周回のうち10回でこの異常帯を通過し、
 15%近くの時間をこの「 危険領域 」で過ごしている。

 ISSでは、レーザー観測装置「 ジェダイ(GEDI)」が、
 南大西洋異常帯によって月に1回程度、検知器がピっと鳴り、
 その動力盤がリセットされるという事象が起こっている。
 また、 「 Global Ecosystem Dynamics Investigation 」 ミッションで、
 毎月2時間分のデータが取れない原因となっている。

 NASAのゴダード宇宙飛行センターによると、
 こうした理由から、SAAを通過する際には、
 機器や衛星全体が損なわれるのを防ぐために、
 衛星のオペレーターが不要なコンポーネントをシャットダウンするのが一般的だという。


 ■ 地球内部の液体金属コアが移動することでスポットは変化する

 北と南の磁極( 100万年前後で逆転することがある )に支えられた磁場は、
 コアの内部の動きによってうねるように、強さを増したり衰えたりする。

  支えられているのではない。
   これまた、ニュートンの逆転詐欺と同様だ。
   磁極と、電磁重力場は、一体不可分・時間的前後はない。

 その液体金属の分布の、周期的あるいはランダムな変化は、
 磁場に異常を引き起こす可能性がある。
 磁場を、磁極と地球のコアを通る輪ゴムに例えると、
 コアの変化は輪ゴムを引っ張ることになるのだ。

  地球の磁場を可視化した図:NASA Goddard Space Flight Center
https://assets.media-platform.com/bi/dist/images/2020/08/21/5f3d9051cdf25a001e84e4ed.jpg
  https://assets.media-platform.com/bi/dist/images/2020/08/21/5f3d9051cdf25a001e84e4ed.jpg

  液体金属など、「 レムリア大陸 」同様、
   煙幕の詐欺・思わせ込みに過ぎない。
   東工大の丸山さんが、マグマのスーパープリュームを発見したが、
   コアでも似たような現象が起きてるのだろうか?


SAAとスーパープリュームって、ひょっとして! と、
https://www.s-yamaga.jp/nanimono/chikyu/platet10.jpg
 https://www.s-yamaga.jp/nanimono/chikyu/platet10.jpg

比較してみたが、SAAとの関連はないように見える。
が、ホット・プリュームとコールド・プリュームは、
地磁気の低くも高くもないエリアに限定されてるように見える。

或いはコアとマグマの回転速度の違いでズレが生じてるのだろうか?



関連情報

  < newsNueq-835 :地球の自転が減速 > 2018/01/29 2018/01/29
  < newsNueq-1685:ダークマターの超巨大嵐がまもなく地球を襲う! > 2018/11/22
  < newsNueq-340 :地球の寿命 : 太陽は《外部から》エネルギーを得ている >
  < newsNueq-2058:惑星配列が太陽11年周期ポールシフトの原因! >
  < newsNueq-2398:太陽の近くでは磁場がよじれている >

  < newsNueq-2103:4◆ 石器の登場と地球磁場逆転連 >
  < newsNueq-2100:1◆ 地磁気逆転と人類進化 >
  < newsNueq-2101:2◆ 地磁気逆転は生物種の絶滅にも関連 >


                               nueq
貼り付け終わり、ニュークさん解説。










関連記事
コメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の80代 ♂、
朝が迎えられたことに感謝!
小便が出る事に感謝!
おまけの人生を楽しんでまーす(^^♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に、ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ウイルスは怖くない  (24)
ワクチン・ウイルス (119)
新型コロナウイルスとは (40)
新型コロナウイルス(2019-nCoV) (328)
新型コロナワクチン:仕組み&副反応 (252)
2019-nCoVの特効薬 (50)
予防接種を拒否する方法 (17)
下痢・ノロウイルス (11)
狂犬病 (7)
MMS (2)
刺青 (1)
梅毒 (4)
イヤシロチ化 (2)
重曹 (3)
かゆみ (1)
ソマチッド・ケイ素・テラヘルツ鉱石 (20)
子宮頸ガンワクチン&添加物 (56)
カンジダ症:リーキーガット症候群、癌 (20)
がん、ガン、癌、悪性腫瘍 (64)
ヒート・ショック・プロテイン (1)
ラプンツェル症候群 (1)
パーキンソン病 (1)
ミトコンドリア (3)
エボラ出血熱 (45)
多発性硬化症 (1)
光触媒 (1)
元素転換 (1)
抗生物質 (4)
除草剤 (4)
舌診 (1)
火傷 (5)
睡眠 (33)
歯 (28)
虫垂炎 (2)
骨粗鬆症 (1)
口内炎 (1)
歯周病 (4)
片頭痛 (6)
耳鳴り (3)
毛染め (4)
甲状腺 (0)
ADHD (9)
自閉症 (8)
砂糖類 (6)
コーヒー (21)
タバコ (3)
胆石 (2)
肺 (4)
死 (75)
不食 (4)
断食 (7)
美容 (4)
風邪 (6)
輸血 (4)
蜂毒 (14)
日本蜜蜂 (47)
蜂蜜の効用 (9)
月経は無いのが自然 (4)
更年期症状 (3)
母子手帳 (2)
フッ素 (7)
漢方薬 (25)
静脈瘤 (1)
白内障 (2)
花粉症 (8)
重金属毒 (2)
玄米菜食 (3)
心臓疾患 (4)
生卵は駄目 (4)
細胞の脳 (20)
腸内細菌 (5)
自己免疫疾患 (8)
腸:免疫システム (22)
第7の感覚・リンパ系・免疫系 (3)
ピロリ菌 (5)
多剤耐性菌 (11)
風味増強剤 (1)
キシリトール (1)
茶カテキン (3)
食品添加物 (4)
遺伝子組換え (32)
トランス脂肪酸 (2)
アスパルテーム (4)
メープルシロップ (1)
認知症&ケトン体 (37)
DNA (132)
ストレス (2)
コレステロール (1)
分子栄養学三石理論 (105)
分子栄養学(三石理論)入門編 (27)
分子栄養学(三石理論)上級編 (109)
分子栄養学(三石理論)コラム編 (18)
三石理論:医学常識はウソだらけ (1)
分子栄養学(三石理論)栄養素編 (21)
分子栄養学(三石理論):マイコプラズマ肺炎 (4)
医療・薬剤の実体(まとめ・保存版) (54)
医療・薬剤の実体(放射線) (1)
病気はクスリで作られる (7)
医療・薬剤の実体(がん) (2)
鍼灸指圧 (7)
医療・薬剤の実体 (913)
政治・経済・社会 (815)
文明800年周期 (1)
覚せい剤・麻薬 (22)
大麻 (24)
言論封殺 (0)
不正選挙 (15)
乳酸菌(豆乳ヨーグルト) (13)
グルンバ・乳酸菌軍団 (198)
飯山さん(日本仙人道) (0)
飯山一郎 保存版 (9)
飯山一郎さん (244)
乳酸菌同盟 (16)
乳酸菌 (30)
黄金の金玉団 (46)
nueqさん (2986)
達人さん (19)
宝石 (133)
写真 (146)
宇宙 (303)
物理 (69)
数学 (10)
太陽系 (27)
電磁波 (106)
宇宙全史 (24)
リザムの宇宙 (36)
銀河ネットワーク情報 (9)
その木に成って55さん (55)
シドニーおちんさん (3)
写真&未来の変え方 (22)
シドニーおちんの地図のある旅 (12)
意識を集中すると何かが起こる (3862)
飯山さん『放射性セシウムの無害化』 (3)
放射線レベルを1/10に操作 (4)
不思議な茨城県北部地震 (5)
原発再稼動&新設反対 (273)
ガイガーカウンター (4)
モルジェロンズ病&ケムトレイル (16)
ケムトレイル観察紀行(写真) (34)
ケムトレイル・気象操作 (313)
ケムトレイル保存版 (89)
HAARP (42)
サバイバル(術編) (232)
放射能「ぶらぶら病」 (6)
放射能被曝による鼻血 (46)
ホルミシス効果(放射能) (1)
放射能からのサバイバル (337)
放射能からのサバイバル 保存版 (20)
分子栄養学(三石理論)放射性物質対策 (1)
サバイバル「三脈の法・眼脈の法」 (10)
八ッ場は毒ヒ素ダム (1)
シオンの議定書 (2)
お金の仕組み (12)
ネットは危険 (221)
日本国支配 (26)
大東亜戦争 (1)
ノーベル賞 (1)
STAP細胞 (137)
ビルゲイツ 軽井沢別荘 (6)
フルベッキ写真 (0)
老子「道徳経」 (4)
奥の院:保存版 (55)
奥の院 (68)
バランサー:工作員 (11)
日月神示~奥の院 (4)
ユダヤと世界の歴史 (7)
会社化で支配 (28)
エンパス (1)
韓国関連 (0)
日本自立 (19)
偽旗作戦 (2)
集団ストーカー (89)
経済 (115)
間違い (18)
アヌンナキ (4)
地球なんでも鑑定団 (12)
温暖化:原発温排水 (5)
台風15号 (34)
NBBさん (2)
未分類 (5310)
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

                         悪がきboy's ベル&タイガー

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々

光軍の戦士のブログ
検索フォーム
リンク
飯山です