fc2ブログ

人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

◆大日本帝国自滅と「中国切腹 日本介錯論」

大日本帝国自滅と「中国切腹 日本介錯論」 <newsNueq-2810>より転載します。
貼り付け開始、

 JBpress
「 大日本帝国 」と同じ轍を踏む習近平と中国共産党
 ~「 中国切腹日本介錯論 」、中国の自滅を日本が介錯する歴史的必然 ~

 ----------------------------------------------------------------------
 https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/61435
 2020.7.27(月)

  これまで僕が紹介してきた論者とは全く異なる視点から
  全く同じことが語られている。
  < 全文魚拓 > します。

 かつての大日本帝国のように、自滅への道を歩み始めたように見える
 習近平・国家主席と中国共産党(写真:新華社/アフロ)
https://jbpress.ismcdn.jp/mwimgs/b/c/600m/img_bc2c2671bc97f2d0a5098ff4f3c7c33f1270389.jpg
 https://jbpress.ismcdn.jp/mwimgs/b/c/600m/img_bc2c2671bc97f2d0a5098ff4f3c7c33f1270389.jpg


 ■ 日本の敗戦をピタリと予測した石原莞爾

 「 大ばくち もとも子もなく すってんてん 」

 国力をはるかに超えた無謀な戦争を米英蘭支に仕掛け、
 明治以来、獲得したすべての海外領土・占領地を失ったばかりか、
 数百万の国民を死なせ、灰燼に帰した皇土が敵国の欲するままに支配され、
 自立や独立さえ失う運命となった敗戦国日本。
 その喜劇的でさえある愚かさを詠んだ、満洲映画協会理事長の甘粕正彦の辞世の句である。

  甘粕自身が、戦犯ど真ん中の尖兵ではないか!


 この句が満洲国の首都新京で詠まれた
 昭和20年(1945年)8月20日を遡ること数年前、
 大東亜戦争が華々しく幕を開ける以前から、
 こうした結末を繰り返し、ピタリと言い当てていた陸軍の戦略家がいた。
 日本の敗戦とともに消滅した満洲国の建国の青写真を描いた石原莞爾その人である。
 彼は次のように予言してはばからなかった。

 「 支那亊變をこのままにして、さらに手を壙げて新たな戰爭を始めたら必ず國を滅ぼす 」

 「 日本はこれから大變なことになります。
  まるで糸の切れた風船玉のやうに、風の吹くまゝにフワリフワリ動いて居ります。
  國に確り(しっかり)した方針といふものがありません。
  今に大きな失敗を仕出かして中國から、台灣から、朝鮮から、
  世界中から日本人が此の狹い本土に引揚げなければならない樣な運命になります 」

 「 殘念ながらもう日本も駄目だ。
  朝鮮、樺太、台灣など皆捨てて一日も早く明治維新前の本土にかへり、
  ここを必死に守つたなら何とかならぬこともあるまいが、
  今の儘では絶對に勝利の見込はない 」

  日本の敗戦をピタリと予言していた大日本帝国陸軍の戦略家、石原莞爾
https://jbpress.ismcdn.jp/mwimgs/3/8/600m/img_381cab504b227d78217448db8093c7991723319.jpg
  https://jbpress.ismcdn.jp/mwimgs/3/8/600m/img_381cab504b227d78217448db8093c7991723319.jpg
  (写真:近現代PL/アフロ)


 ■「 日本切腹中国介錯論 」とは何か

 こうした見解は、昭和12年(1937年)7月の盧溝橋事件で
 日中戦争が起こる数年前の昭和9年(1934年)7月、
 当時の敵国であった中華民国( 当時の一般的表記は 支那 )の指導者である
 蒋介石が「 廬山軍官訓練団演説 」で示した確信と戦略が原型になっている。

 すなわち、日本は中国侵略のために米国およびソ連を敵に回して戦い、必ず自滅する。
 中国は日本をそのような立場に追い込むために、
 国際社会を味方にして引きずり込む「 以夷制夷 」戦略を追求するというものだ。
 蒋は次のように述べた。

 「 第二次(世界)大戦は
  いまや1937年(昭和12年)までに起る可能性あるほど切迫して来た。
  (中略)その大戦において日本陸軍はソ連を敵とし、
  日本海軍は米国を敵とするが故に、結局日本は敗戦すべく、
  その際が満洲・華北の失地を回復し中国の統一を完整する機会である。
  (中略)もしこれに先だって日本との単独戦争に入ることとなるならば、
  長期戦に訴えてその間の国際情勢の変化を待つ 」


  米国及びソ連を敵に回して日本を自滅させるため、
  「 以夷制夷 」戦略を採った蒋介石(写真:AP/アフロ)
https://jbpress.ismcdn.jp/mwimgs/6/b/600m/img_6bd02fc5803c80a08df73bde9bdcb2665315270.jpg
  https://jbpress.ismcdn.jp/mwimgs/6/b/600m/img_6bd02fc5803c80a08df73bde9bdcb2665315270.jpg

   西安事件は、1936年12月12日。
    ここから国共合作が始動する。
    西安事件の首謀者:張学良は、中共が本土を占領する際、
    台湾に逃れて匿われ、後にハワイに移住して長寿を全うした。

    < newsNueq-1937:1937年:日本の運命の年 >


 その後の歴史の展開では、列国が実際の支那事変に
 即座に介入してこなかったことが蒋には大きな誤算となった。
 しかし、蒋のビジョンは、昭和10年(1935年)に
 中国の社会思想家である胡適( 昭和13年[1938年]に駐米中国大使に任命、
 米国の対日政策に大きな影響力を行使 )が唱えた外交戦略論である
 「 日本切腹中国介錯論 」へと昇華されてゆく。

 胡は、「 中国は数年間の単独の苦戦による絶大な領土・人的犠牲を決心し、
 日本の切腹( 対米ソ敗戦 )の介錯人となるべきだ 」と論じたのである。

 果たして、蒋の廬山軍官訓練団演説の7年後、
 胡の日本切腹中国介錯論の完成から6年後の昭和16年(1941年)12月8日、
 日本は米領ハワイの真珠湾攻撃に踏み切った。
 その翌日に蒋は、
 「( 日本の行動は、中国の対日 )抗戦4年半以来の最大の効果であり、
  また唯一の目的であった( ことが実現した )」と記している。

 こうして、蒋の戦略にはまった日本は米国の圧倒的な生産力と火力に立ち向かえず、
 自壊することとなる。
 広島と長崎に原子爆弾が投下され、
 昭和20年(1945年)8月9日からはソ連にも背後の満洲・朝鮮を突かれ、
 敗戦を迎えて「 元も子もなくすってんてん 」になったのだ。
 蒋・胡・石原の予言はここに成就した。


 ■ ソ連と中共が黒幕だった「 日本切腹中国介錯論 」

 意外なことに、日本切腹の展開の引き金となった日中戦争は、
 国民党軍の犠牲と疲弊を招く「 肉を切らせて骨を断つ 」戦略であるゆえに、
 蒋介石自身が強く望んだことではなかった。

 事実、日中戦争を背後から煽ったソ連最高権力者ヨシフ・スターリン指揮下の
 国際共産主義運動の指導組織コミンテルン、
 その命令で動いた中国共産党が日本の敗戦後に漁夫の利を得ている。
 蒋の国民党政権は昭和24年(1949年)に敗北し、
 土地改革で農民(特に貧農)の支持を得た中国共産党が大陸部に新中国王朝を樹立したからだ。

 スターリンは昭和13年(1938年)2月、日中戦争に深入りを始めた日本を評して、
 「 歴史はふざけることが好きだ。
  ときには歴史の進行を追い立てる鞭として、間抜けを選ぶ 」
 と述べ、早くもソ連や米国の対日戦勝を予期していた。

 これよりさらに遡る大正9年(1920年)には、
 ソ連の初代最高指導者のウラジミール・レーニンが、
 「 世界共産化を進めるため米国を利用して日本に対抗し、日米の対立を煽るべきだ 」
 と主張している。

 加えて、米陸軍情報部と英情報機関が解読した
 ソ連と米国内の暗号電文の集大成である「 ヴェノナ文書 」の公開により、
 ソ連・コミンテルンが米政権中枢に、
 フランクリン・ルーズベルト大統領の側近となったアルジャー・ヒスや
 ハリー・デクスター・ホワイト財務省通貨調査局長
 ( 在米日本資産凍結の提案者、かつ悪名高い対日最後通告「 ハル・ノート 」の起草者 )
 などの工作員を送り込み、さらに有力なキリスト教団体や
 ヘレン・ケラーなど社会的信用があるリベラル派知識人を使って
 米世論を操作することで、日米開戦とソ連の対日参戦の流れを
 確実な形で作り出していったことも判明している。

 「 ハル・ノート 」の執筆者:ホワイトに関しては、先程の
   < newsNueq-2809:ハルノートを突きつけられた中国、真珠湾を待つ米国 >
   にも書いた。

   nueq lab
   首吊り紐と囚人カード
   -------------------------------------
   https://nueq.exblog.jp/21821717/
   2014年 01月 09日
   エレノア・ルーズベルト大統領夫人を取り巻くコミンテルン一派を
    追求するFBI初代長官フーバーの映画「 J・エドガー 」を
    紹介してある。
    「 日本国憲法 」もこのチームが起草した。

   < newsNueq-2445:日支闘争計画の実行機関「 太平洋問題調査会 」
           とコミンテルン1937年司令 >

  
 また、昭和12年(1937年)7月からの日本との戦いや、
 昭和21年(1946年)6月に本格化した国共内戦で疲弊した
 国民党政権を台湾に追い出し、大陸の漢人支配地域である
 「 中華人民共和国 」で覇者となった中国共産党の最高指導者である毛沢東は、
 昭和39年(1964年)7月に以下のように回想している。

 「 日本の資本家である南郷三郎氏は私に
  『 申し訳ない、日本は中国を侵略した 』と話した。
  私は『 いいえ、もし日本帝国主義が大規模な侵略を起こし、
  中国の大半を占領しなかったら
  中国人民は団結して帝国主義に反抗することはできなかったし、
  中国共産党も勝利を得ることができなかった 』と答えた。
  (中略)彼ら(日本)は蒋介石を弱めた。
  第二に、われわれは共産党が支配する根拠地と軍隊を発展させることができた 」


 ■ 今回は中共が米露やインドまで敵に回す

 ところが、日本切腹中国介錯の最終的な勝者である中国共産党が今、
 戦前・戦中の日本の「 八紘一宇 」「 大東亜共栄圏 」を彷彿とさせる
 「 一帯一路 」「 人類運命共同体 」「 アジア運命共同体 」「 中国夢 」
 などの構想を掲げ、域外覇権国の米国をアジアから排除して、
 西太平洋地域やユーラシア大陸の大半を中国共産党帝国の版図に組み込もうと画策している。

 平成25年(2013年)3月に国家主席に就任した
 習近平氏の影響下にある国営の中国新聞網は同年7月、
 今後50年間に中国が戦うべき「6つの不可避の戦争 」として
 (1)台湾「 統一 」戦争( 2020-2025年 )、
 (2)南シナ海の様々な諸島の領土「 回復 」戦争(2025-2030年)、
 (3)チベット南部の領土「 回復 」戦争(2035-2040年)、
 (4)釣魚島(魚釣島を含む尖閣諸島)及び琉球諸島(沖縄)の「 回復 」戦争(2040-2045年)、
 (5)外蒙古(モンゴル国)「 統一 」戦争(2045-2050年)、
 (6)ロシアに奪取された領土の「 回復 」戦争(2055-2060年)を挙げた。
 この構想は、平成29年(2017年)10月の中国共産党大会に合わせて
 北京で開催された政府系シンクタンク主催のシンポジウムでも再び発表されている。
 党中央の暗黙のお墨付きということだ。

 日本のアジア征服計画とされる
 「 田中上奏文 」( 昭和4年[1929年]に中国が宣伝を始めた偽書 )の中国版であり、
 その究極の目的は、米国をアジアから追い出して、
 漢人による西太平洋地域やアジアの完全支配を実現することだ。
 中国共産党の軍隊である人民解放軍の強硬派の想定であり、
 実際の戦闘の順番や時期には変更があり得る。
 一気に数か所をまとめて片付けることも考えられる。

  田中上奏文( 田中義一首相の昭和天皇への上奏文:米中で流布された )
   https://ja.wikipedia.org/wiki/田中上奏文
   偽文書が決定した対日認識「 田中上奏文 」を考える:日本政策研究センター
   http://www.seisaku-center.net/node/199
   2006/06/14(水) 00:00
   Wikiの内容目次だけだと、実際その通りに進行したようにみえるが。。。。
  
  
 いずれにせよ、仮想敵国として超大国である米国をはじめ、
 台湾・日本・ベトナム・フィリピン・マレーシア・ブルネイ・
 インド・モンゴル・ロシアなど、主要近隣国や関係国を
 ほぼすべて含む極めて野心的なものだ。
 それぞれの想定戦争時期は違うものの、
 世界を敵に戦を仕掛ける中国の自信と決心が表れている。

 事実、7月23日に満洲吉林省の空軍航空大学を視察した習主席は、
 「 どんな敵も恐れない気概を持たなければならない 」
 「 実戦をイメージして戦争に勝つための訓練や人材育成を行うべきだ 」
 とハッパをかけている。

 皮肉なのは、蒋介石や毛沢東の中国が「 よそもの 」の米国と組み、
 アジアから米国を駆逐せんとする日本を叩きのめしたのに対し、
 現代日本は過去に自ら排除を試みた域外国の米国と組んで、
 アジアから「 部外者 」の米国を追い出そうと画策する
 中国共産党に対抗しようとしていることだ。

 さらに皮肉なのは、日本を切腹させた介錯人の中国が、
 今や日本の敗因であった「 政治と戦略の乖離 」「 国内矛盾解決のための冒険主義 」
 「 国家理念や戦略の欠如 」「 国際的孤立 」など類似要因に突き動かされ、
 戦前の日本のような自滅の道を歩み始めているように見えることだ。

 中国の国土の広さ、資源の豊富さ、国力・戦力の充実など、
 戦前の日本とは単純に比較できない面も多いが、
 国際公約である香港の一国二制度の残り27年を待ちきれずに放棄したり、
 東シナ海や南シナ海で公然と地政学上の現状変更を推進するなど、
 最近の「 国際協調よりも共産党支配護持 」「 国益より党益 」
 「 世界を敵に回す覚悟 」などの傾向は、
 戦前の日本のような自壊的ともいえる政戦略の乖離を示している。


 ■ 大日本帝国と同じ愚を繰り返す中国共産党

 中国の国力が米国を完全に上回るまでは米国に牙を剥かないという、
 元最高指導者・登小平の「 韜光養晦(とうこうようかい)」の教えが
 守り切れなくなるリスクを冒すほどに、
 習近平国家主席に指導される中国共産党は
 なりふり構わぬ対外覇権拡張の道を東シナ海や南シナ海、
 さらにはインド洋においても歩み始めている。

 そのため、蒋介石をして日本を自滅させて漁夫の利を得た中国共産党が、
 自らの内部矛盾に耐えられなくなる形で「 中国が戦うべき6つの戦争 」
 により世界に覇を唱え、日本をはじめ西太平洋地域や
 ユーラシア大陸の大半への侵略拡大により、
 かつての対日戦線で組んだ米国とロシアの警戒を高め、
 遂には静謐保持の大国インドまでを潜在的に敵に回す愚を犯している。

 このままでは、中国が数十年のうちに亡びる可能性も無きにしも非ずだ。
 なぜなら、中国が台湾や尖閣諸島を侵略すれば、
 それに対抗する外部勢力の反撃・反攻はさらに強まり、
 それを撃退するためにより広範な地域を占領・支配下に置く必要性が生まれ、
 侵略や拡張が止められなくなる自縄自縛に陥るからだ。
 他国を侵すほどに現地での抵抗は高まり、
 友好国や中立国、同盟国でさえ「 次は自国ではないか 」と警戒して敵に変わってゆくのである。

 「 自存自衛のため 」朝鮮半島を支配下においた日本が、
 「 朝鮮を守る 」ため満蒙(満洲および内蒙古)の奪取が必要となり、
 その「 満蒙を死守する 」ため北支(華北)や中支(華中)にまで手を伸ばし、
 国際的な孤立を深める中で敵を増やし、
 さらには仏印( 現在のベトナム・ラオス・カンボジア )や蘭印( インドネシア )、
 昭南( 英領シンガポール )やマレー半島、比島(フィリピン)、ビルマ(ミャンマー)、
 果てにはソロモン諸島やニューギニアなどの南太平洋諸島まで
 勢力下に収めなければならないという際限のない
 「 自己防衛のための侵略 」に進んだ愚かさを、
 中国共産党がまさに繰り返そうとしているのである。


 ■ 中国切腹日本介錯のいつか来た道

 よく知られていることだが、中国共産党は日本の戦略上の過ちを徹底的に研究し、
 教訓をしっかりと学んでいる。
 また、日本を屈服させた米国の軍事力や金融制裁・経済封鎖の
 総合的な破壊力も知り尽くしている。
 だからこそ、戦前の日本のような国際的な孤立を避けるべく
 米国主導の戦後国際秩序に従うふりを続け、
 主敵たる米国を国力の上で凌駕できるまでは爪を隠すという
 「 韜光養晦 」を実践してきたのだ。

 それは大成功を収め、世界は中国への警戒を解き、
 中国は世界第二位の経済大国に上り詰めることができた。
 だが、あまりの成功に中国共産党は慢心し、
 海外資源を手に入れるため途上国向けの借金漬け外交を展開し、
 米国を圧倒できる力を得る前に、
 東シナ海や南シナ海、香港などにおける攻撃的な行動に出て、
 世界から「 中国は危険だ 」と認識されるようになってしまった。

 おまけに、中国国内の価値観を外国に押し付ける場面も目立ち、
 反感を買っている。

 一方、香港や東トルキスタン( 新疆 )、チベットなどの外地における支配不徹底、
 国内の経済矛盾やそれに連動する中国共産党の正統性問題などが重なり、
 それらを「 解決 」するための攻撃的かつ強権的な体質が隠せなくなってきた。
 国益よりも、中国共産党の組織を守る選択を続けて、
 政治と戦略が合致しなくなってきたのである。

 恐らく、多くの漢人知識層や中国共産党の政策立案者は、
 この矛盾に早くから気付き、是正が必要だと感じている。
 しかし、文化大革命時代の毛沢東の独裁的指導スタイルに回帰しようとする
 習近平氏を批判することができないため、
 党中央の「 中国切腹 」への歩みを止められないでいるのだ。
 戦前の日本での石原莞爾の軍部暴走批判や、
 総理大臣直属の機関として設立された「 模擬内閣 」の
 総力戦研究所が昭和16年(1941年)8月に導き出した
 「 日本必敗 」予測が無視されたように。

 現在のところ、習近平氏は従来からの国際協調の発展や
 グローバル化の推進を口では唱えているが、
 その手はアジア各地で着々と戦争準備を行っており、
 領土的な野心は隠せないものとなっている。
 そして、限定的な局地戦の意図をもって開始した台湾や尖閣諸島に対する侵略は
 想定外の反撃を招き、やがて日本を含むアジア太平洋地域全体を巻き込む
 第三次世界大戦に拡大するリスクをはらむ。


 ■ 自滅する中国を介錯するのは日本か

 「 中国夢 」のコンセプトを発明した中共の石原莞爾こと
 劉明福・元国防大学教授は、
 「 米中戦争は、中国が西太平洋を支配する『 中国夢 』を実現できれば回避できる 」
 とするが、現在の米国のアジア関与の低下は、必ずしもアジア撤退を意味しない。

 ミシェル・フロノイ元米国防次官が6月18日付の米外交誌
 『 フォーリン・アフェアーズ 』電子版で指摘したように、
 「 米国の抑止力低下で、中国が誤算するリスクが高まる 」のみなのだ。

  つまり、フセインに見せた態度と同じ戦法。。。。
   引くと見せて、相手を増長させ、レベルの異なる「 秘密兵器 」で
   一気に叩く。

   < newsNueq-2640:米UFO戦闘機が北九州に出現! >
   < newsNueq-2658:中国ステルスH20 vs 米国ステルスB1 >
   < newsNueq-2774:中国幹部斬首作戦 byアメリカ無人機グローバルホーク >
   < newsNueq-1405:トランプ・ペンスの「 宇宙軍 」の先にあるもの >


 習近平氏にとり最悪のシナリオは、
 アジアや西太平洋地域へは不介入を貫くと思われた内向きの米国が
 積極的に対中戦や同盟国支援を遂行し、
 中国にとっての理想である短期即決の電光的決戦が泥沼化・長期化をしてしまうことだ。

 日本が、「 真珠湾を叩けば米国が戦意を喪失する 」と誤算したように、
 中国が「 最新兵器で日本や米国を効果的に叩けば戦意がなくなる 」
 とそろばんをはじいても、実際には徹底抗戦を招く恐れがある。

  nueq lab
   太平洋戦争は帝国陸軍vs天皇・海軍の戦争だった!
   --------------------------------------------------
   https://nueq.exblog.jp/20859870/
   2013年 08月 16日
   ・ わざと負けた帝国海軍
   ・ 太平洋戦争は帝国陸軍 vs 昭和天皇+海軍+アメリカの戦争
   ・ GHQが使用を禁止した「 大東亜戦争 」と云う言葉
   ・ ユダヤ:コミンテルン vs 反コミンテルンの第2次世界大戦

   < newsNueq-2734:ハワイ会談は習近平 vs 江沢民内戦対応? >
   < newsNueq-2558:遼寧省完全封鎖の意味 : 北京vs上海戦争勃発!? >


 その状況をコントロールしようと中国人民解放軍が地政学的な版図を拡大するほど、
 ロシアやインド、さらには遠く欧州の警戒を高め、
 日米露印欧が対中包囲網を築くことを助けてしまう。

 その中国切腹を、「 中露離間 」「 中印離間 」「 中欧離間 」の
 外交や情報戦推進で介錯するのが、日本になる可能性がある。
 国際社会を味方にして対中戦に引きずり込む「 以夷制夷 」戦略である。
 中国の国策が「 中国夢 」に象徴される領土拡張である限り、
 それは歴史的な必然となる。

 好戦的な日本人が敗戦で内地に戻されたように、
 世界を敵に回した好戦的な漢人も思わぬ敗戦で「 中原 」に戻され、
 チベットも蒙古も満洲も東トルキスタンも失うだろう。

 中国共産党の大ばくちは、「 中華人民共和国 」建国100周年の2049年までに、
 「 元も子もなくすってんてん 」になって終わる。
 「 中国切腹日本介錯 」は、実現すれば歴史の究極の皮肉となろう。


 この先数回にわたり、中国切腹日本介錯において、

 「 なぜ中国は韜光養晦の完了前に先制攻撃をする可能性が高いのか 」

 「 中国が緒戦で大勝利を収める理由 」

 「 中国はどのような具体的方法で国際秩序を改変しようとするか 」

 「 なぜ中国は海外帝国建設に失敗するか 」

 「 中国切腹日本介錯で生まれる国際新秩序で日本がどのように生まれ変わるか 」

 を詳細に論じていきたい。(続く)


 岩田 太郎
 在米ジャーナリスト
 米国の経済を広く深く分析した記事を『週刊エコノミスト』
 『ダイヤモンド・チェーンストア』などの紙媒体に発表する一方、
 海外大物の長時間インタビューも手掛けており、
 金融・マクロ経済・エネルギー・企業分析などの記事執筆と翻訳が得意分野。
 国際政治をはじめ、子育て・教育・司法・犯罪など社会の分析も幅広く提供する。

 
関連情報

  < newsNueq-2809:ハルノートを突きつけられた中国、真珠湾を待つ米国 >
  < newsNueq-2798:習近平独裁を襲う9つの危機 >
  < newsNueq-2800:なぜ中国は国際社会と激しく衝突し始めたか? :支那精神史 >

  < newsNueq-2737:イルミナティが創った現代中国とその近未来 >
  < newsNueq-2636:ジョージ・ソロス
         「 中国がニューワールドオーダーを主導しなければならない 」 >
  < newsNueq-1090:仏メーソン大東社と支那 >
  < newsNueq-1712:今の中国は如何にして誕生したか?:孫文と梅屋庄吉 >
  < newsNueq-2008:中国共産党潰し台湾併合:蒋介石と毛沢東の密約 >
 

                                nueq
貼り付け終わり、ニュークさん解説。










関連記事
コメント
中国共産主義は切腹です。
中国共産主義は切腹です。世界卓球選手権では中国が金メダルばかりです。しかしこれからすってんてんになって終わります。それは中国共産党の大犯罪はロシアの責任にもつながり大博打の天罰確定です。中国共産党の戦争責任は切腹です。みまひなペアは中国を馬鹿に致しています。中国共産党はぼろぼろ経済です。全世界に代償を払い大博打と天罰確定をさらにスポーツから追放し退場すべきです。これからは日本に追い風が吹き荒れると思います。美誠パンチで中国を追い詰められて破綻すると思います。中国は衰退すると思いますね。かなり厳しい惨めな敗戦になると思います。
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の80代 ♂、
朝が迎えられたことに感謝!
小便が出る事に感謝!
おまけの人生を楽しんでまーす(^^♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に、ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ウイルスは怖くない  (24)
ワクチン・ウイルス (114)
新型コロナウイルスとは (40)
新型コロナウイルス(2019-nCoV) (327)
新型コロナワクチン:仕組み&副反応 (236)
2019-nCoVの特効薬 (50)
予防接種を拒否する方法 (17)
下痢・ノロウイルス (11)
狂犬病 (6)
MMS (2)
刺青 (1)
梅毒 (4)
イヤシロチ化 (2)
重曹 (2)
かゆみ (1)
ソマチッド・ケイ素・テラヘルツ鉱石 (20)
子宮頸ガンワクチン&添加物 (56)
カンジダ症:リーキーガット症候群、癌 (20)
がん、ガン、癌、悪性腫瘍 (61)
ヒート・ショック・プロテイン (1)
ラプンツェル症候群 (1)
パーキンソン病 (1)
ミトコンドリア (3)
エボラ出血熱 (45)
多発性硬化症 (1)
光触媒 (1)
元素転換 (1)
抗生物質 (4)
除草剤 (4)
舌診 (1)
火傷 (5)
睡眠 (31)
歯 (28)
虫垂炎 (2)
骨粗鬆症 (1)
口内炎 (1)
歯周病 (4)
片頭痛 (5)
耳鳴り (3)
毛染め (4)
甲状腺 (0)
ADHD (9)
自閉症 (8)
砂糖類 (6)
コーヒー (20)
タバコ (3)
胆石 (2)
肺 (4)
死 (73)
不食 (4)
断食 (6)
美容 (4)
風邪 (6)
輸血 (4)
蜂毒 (14)
日本蜜蜂 (47)
蜂蜜の効用 (8)
月経は無いのが自然 (4)
更年期症状 (3)
母子手帳 (2)
フッ素 (7)
漢方薬 (23)
静脈瘤 (1)
白内障 (2)
花粉症 (7)
重金属毒 (2)
玄米菜食 (3)
心臓疾患 (4)
生卵は駄目 (3)
細胞の脳 (20)
腸内細菌 (4)
自己免疫疾患 (8)
腸:免疫システム (22)
第7の感覚・リンパ系・免疫系 (3)
ピロリ菌 (5)
多剤耐性菌 (11)
風味増強剤 (1)
キシリトール (1)
茶カテキン (3)
食品添加物 (4)
遺伝子組換え (32)
トランス脂肪酸 (2)
アスパルテーム (4)
メープルシロップ (1)
認知症&ケトン体 (35)
DNA (128)
ストレス (2)
コレステロール (1)
分子栄養学三石理論 (105)
分子栄養学(三石理論)入門編 (27)
分子栄養学(三石理論)上級編 (109)
分子栄養学(三石理論)コラム編 (18)
三石理論:医学常識はウソだらけ (1)
分子栄養学(三石理論)栄養素編 (21)
分子栄養学(三石理論):マイコプラズマ肺炎 (4)
医療・薬剤の実体(まとめ・保存版) (54)
医療・薬剤の実体(放射線) (1)
病気はクスリで作られる (7)
医療・薬剤の実体(がん) (2)
鍼灸指圧 (7)
医療・薬剤の実体 (912)
政治・経済・社会 (815)
文明800年周期 (1)
覚せい剤・麻薬 (21)
大麻 (24)
言論封殺 (0)
不正選挙 (15)
乳酸菌(豆乳ヨーグルト) (13)
グルンバ・乳酸菌軍団 (198)
飯山さん(日本仙人道) (0)
飯山一郎 保存版 (9)
飯山一郎さん (244)
乳酸菌同盟 (16)
乳酸菌 (30)
黄金の金玉団 (46)
nueqさん (2929)
達人さん (19)
宝石 (133)
写真 (143)
宇宙 (296)
物理 (68)
数学 (9)
太陽系 (26)
電磁波 (104)
宇宙全史 (24)
リザムの宇宙 (36)
銀河ネットワーク情報 (9)
その木に成って55さん (55)
シドニーおちんさん (3)
写真&未来の変え方 (22)
シドニーおちんの地図のある旅 (12)
意識を集中すると何かが起こる (3862)
飯山さん『放射性セシウムの無害化』 (3)
放射線レベルを1/10に操作 (4)
不思議な茨城県北部地震 (5)
原発再稼動&新設反対 (267)
ガイガーカウンター (4)
モルジェロンズ病&ケムトレイル (16)
ケムトレイル観察紀行(写真) (34)
ケムトレイル・気象操作 (309)
ケムトレイル保存版 (87)
HAARP (41)
サバイバル(術編) (228)
放射能「ぶらぶら病」 (5)
放射能被曝による鼻血 (46)
ホルミシス効果(放射能) (1)
放射能からのサバイバル (336)
放射能からのサバイバル 保存版 (20)
分子栄養学(三石理論)放射性物質対策 (1)
サバイバル「三脈の法・眼脈の法」 (9)
八ッ場は毒ヒ素ダム (1)
シオンの議定書 (2)
お金の仕組み (12)
ネットは危険 (209)
日本国支配 (26)
大東亜戦争 (1)
ノーベル賞 (1)
STAP細胞 (137)
ビルゲイツ 軽井沢別荘 (6)
フルベッキ写真 (0)
老子「道徳経」 (4)
奥の院:保存版 (55)
奥の院 (68)
バランサー:工作員 (11)
日月神示~奥の院 (4)
ユダヤと世界の歴史 (7)
会社化で支配 (28)
エンパス (1)
韓国関連 (0)
日本自立 (19)
偽旗作戦 (2)
集団ストーカー (89)
経済 (115)
間違い (18)
アヌンナキ (4)
地球なんでも鑑定団 (12)
温暖化:原発温排水 (5)
台風15号 (34)
NBBさん (2)
未分類 (5073)
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

                         悪がきboy's ベル&タイガー

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々

光軍の戦士のブログ
検索フォーム
リンク
飯山です