fc2ブログ

人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

◆アスパラガスを食べると尿の匂いが変わる?

MAG2 NEWS:なぜ、アスパラガスを食べると尿の匂いが変わる人がいるのか?2020.07.21より転載します。
貼り付け開始、

https://www.mag2.com/p/news/459381

shutterstock_302522387
 

単品でも、アレンジを加えてもおいしくいただけるアスパラガスですが、食後、尿の匂いが変化することがあるのをご存知でしょうか。今回の無料メルマガ『アリエナイ科学メルマ』では、科学者のくられさんがその仕組みを解説するとともに、臭いを感知できない人がいるという事実も紹介しています。

アスパラを食べると尿の臭いが変わる

人気の野菜、アスパラガス。茹でて塩を振ったり、マヨネーズを付けて食べるのが好きだという方も多いでしょう。

しかし、このアスパラ、あまり知られていないことですが、実は「尿の臭いを変える」という特殊能力があるのです。尿の臭いを変える…というのは、言われてみれば、確かに変わっていると知覚されますが、それが、アスパラが原因だったと思う人はなかなかいないと思います。

そんな訳で今回は、アスパラとこの臭いを変える仕組みについて、科学的に紐解いていこうと思います。

アスパラには、アスパラガス酸という、そのまんまの名前の物質が含まれています。この物質は、小さな分子の中にイオウが2個も入った、独特の環状構造を持った酸です。

このアスパラガス酸は、体内で分解されて、ジメチルスルホンやメタンチオールといった、イオウを含む代謝物になります。これらが血中から尿中に排出されるため、尿が変な臭いになるわけです。

とまあ、こういう仕組みなのですが「いや、試してみたけどそんな変化は感じられないぞ」という方もいます。近年の研究によると、この独特な臭いを検知できない人がいることがわかっています。

また、それとは別に、尿中にこれらの物質が出ない人もいることも知られており、代謝一つとっても人の個性というものがあるという、生物多様性を感じさせるものとなってます。

このアスパラに関しての代謝は、尿中に出るまで食べてから20~30分程度という、異様な速度なのも特徴的なところ。アスパラを食べた後、トイレに行ったら、果たして自分は「変わる」タイプなのかどうかを確かめてみてもいいかもしれません。

もっとも、臭いの物質は出ているけど、その臭いがわからないタイプかもしれませんが…(笑)。

いささか尾籠な話でしたが、ごくごく身近なものに、こういった科学トリビアがあったりするものですね。

アリエナイ理科ポータルのこの記事をお読みになりたい場合は、こちら

image by: Shutterstock.com

くられさん:この著者の記事一覧


シリーズ15万部以上の不謹慎理系書「アリエナイ理科ノ教科書」著者。別名義で「本当にコワい? 食べものの正体」「薬局で買うべき薬、買ってはいけない薬 」などを上梓。学術誌から成人誌面という極めて広い媒体で連載多数。

無料メルマガ好評配信中

貼り付け終わり、


*おいらが「アスパラガスが尿臭を変える」という事を知ったのはリー先生の膀胱炎のお話からです ↓

★命を託している医療・薬剤の実体が知りたい その731 膀胱炎

11:52

☆☆ 膀胱炎
カテゴリ医者が治せる病気 作る病気,基礎医学・臨床医学

一般にいう膀胱炎は「急性単純性膀胱炎」のことで、女性の病気です、男性はかかりません。
膿尿(尿に白血球が多く混ざる)が続くと、「慢性膀胱炎」と診断される場合が多いようですが、症状が無い場合は治療しません(ただし、尿 PH<5 が続く場合は、尿路結核の除外診断を要します)。

 膀胱炎の主症状は「排尿時痛と頻尿」です。教科書には、尿混濁も記されていますが、尿 pHが高くなるとリン酸塩が析出するため、膀胱炎でなくても混濁します。もう一つの特徴は「熱がでない」こと、発熱がある場合は、腰痛が無くても急性腎盂 腎炎を疑います(血液検査は補助診断になります)。血尿を伴うことがありますが、これは菌と身体の相性で、診断的価値はありません。ちなみに、尿臭は診断 価値はなく「アスパラガス」を食べると臭います。

 膀胱炎は簡単に治る病気です。標準治療は、アレルギーがないかぎり、「バクタ(ST合剤)」という抗菌スペクトラムの狭い抗生物質の朝晩 3日間内服。水分を多く摂ると治りにくくなります。なぜなら、尿中抗生物質濃度が薄くなり、そして膀胱粘膜の自浄作用を阻害するからです。膀胱が空にな り、膀胱粘膜が菌に接触すると除菌作用を発揮します。また、抗生物質を 4日以上服用すると再発が多くなります。

 腎盂腎炎の場合、クラビットを朝晩 7~10日間内服します。

 他院で膀胱炎を治療された患者は、例外なく「水分を多く摂り、刺激物をさけるよう」指導され、強力な抗生物質を 5日も下手をすると一週間も処方されます。また、必要のない消炎鎮痛剤と胃薬が併用されるのが常です。

 時々患者さんから、「再発を予防する上で何か注意することがありますか」と聞かれます。「ありません」とお答えするしかなく、がっかりする方もおられま す。尿を我慢しない、クランベリージュースがよい、排便後前から後ろへ拭くなどなど、様々な俗説が流布されていますが、一流誌(Journal of Urology)の総説で全てが否定されました。

 膀胱炎を繰り返すのは、「不適切な治療と指導」の他は「体質」。膀胱内面(粘膜)はグリコース・アミノグリカンという、ヘパリン様物質で覆われ、これは テフロン加工のようなものでツルツル。侵入してきた菌は取り付く島が無い。ところが、膀胱粘膜表面に菌の手足(P鞭毛)の足場となる突起を有している方が いる。こういう方は、菌がその足場を足がかりに流されないので再発しやすいと考えられています。膀胱炎を年に 3回以上繰り返す場合、ある薬剤で予防処置を講じます。

リー湘南クリニック
 leeshonan@gmail.com  拙著「癌患者を救いたい PSA検診のウソ」(正誤表) (2007年2月と6月の記事統合、短縮、校正)


blog.livedoor.jp/leeshounann/archives/50957567.html
敬愛するリー先生ちから転載しました(改行は勝手にしました)。


*リー先生からは医療・薬剤の真実を多く学ばせて頂きました。
 (現在では崎谷博征先生のリアル・サイエンスでしょうか)

・リー先生は副島さんの学問道場生でしたが、311福一原発事故での副島さんの豹変(放射能は危険ではなく身体に有効というホルミシス効果礼さん者に変身)に接して、リー先生はホルミシスは危険だよと、学問道場の会員を止めました。おいらと同じだなーと、一段と心強さを感じた瞬間でしたw

・「リー湘南クリニック」は平成25年8月16日に閉院された。入れ替わりに「湘南美容クリニック」が出来た猫。いまではそのテレビコマーシャルを聞くたびにリー先生の事を思い出す・・・










関連記事
コメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の80代 ♂、
朝が迎えられたことに感謝!
小便が出る事に感謝!
おまけの人生を楽しんでまーす(^^♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に、ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ウイルスは怖くない  (24)
ワクチン・ウイルス (115)
新型コロナウイルスとは (40)
新型コロナウイルス(2019-nCoV) (328)
新型コロナワクチン:仕組み&副反応 (236)
2019-nCoVの特効薬 (50)
予防接種を拒否する方法 (17)
下痢・ノロウイルス (11)
狂犬病 (7)
MMS (2)
刺青 (1)
梅毒 (4)
イヤシロチ化 (2)
重曹 (2)
かゆみ (1)
ソマチッド・ケイ素・テラヘルツ鉱石 (20)
子宮頸ガンワクチン&添加物 (56)
カンジダ症:リーキーガット症候群、癌 (20)
がん、ガン、癌、悪性腫瘍 (61)
ヒート・ショック・プロテイン (1)
ラプンツェル症候群 (1)
パーキンソン病 (1)
ミトコンドリア (3)
エボラ出血熱 (45)
多発性硬化症 (1)
光触媒 (1)
元素転換 (1)
抗生物質 (4)
除草剤 (4)
舌診 (1)
火傷 (5)
睡眠 (31)
歯 (28)
虫垂炎 (2)
骨粗鬆症 (1)
口内炎 (1)
歯周病 (4)
片頭痛 (5)
耳鳴り (3)
毛染め (4)
甲状腺 (0)
ADHD (9)
自閉症 (8)
砂糖類 (6)
コーヒー (20)
タバコ (3)
胆石 (2)
肺 (4)
死 (73)
不食 (4)
断食 (6)
美容 (4)
風邪 (6)
輸血 (4)
蜂毒 (14)
日本蜜蜂 (47)
蜂蜜の効用 (8)
月経は無いのが自然 (4)
更年期症状 (3)
母子手帳 (2)
フッ素 (7)
漢方薬 (23)
静脈瘤 (1)
白内障 (2)
花粉症 (7)
重金属毒 (2)
玄米菜食 (3)
心臓疾患 (4)
生卵は駄目 (3)
細胞の脳 (20)
腸内細菌 (4)
自己免疫疾患 (8)
腸:免疫システム (22)
第7の感覚・リンパ系・免疫系 (3)
ピロリ菌 (5)
多剤耐性菌 (11)
風味増強剤 (1)
キシリトール (1)
茶カテキン (3)
食品添加物 (4)
遺伝子組換え (32)
トランス脂肪酸 (2)
アスパルテーム (4)
メープルシロップ (1)
認知症&ケトン体 (35)
DNA (129)
ストレス (2)
コレステロール (1)
分子栄養学三石理論 (105)
分子栄養学(三石理論)入門編 (27)
分子栄養学(三石理論)上級編 (109)
分子栄養学(三石理論)コラム編 (18)
三石理論:医学常識はウソだらけ (1)
分子栄養学(三石理論)栄養素編 (21)
分子栄養学(三石理論):マイコプラズマ肺炎 (4)
医療・薬剤の実体(まとめ・保存版) (54)
医療・薬剤の実体(放射線) (1)
病気はクスリで作られる (7)
医療・薬剤の実体(がん) (2)
鍼灸指圧 (7)
医療・薬剤の実体 (912)
政治・経済・社会 (815)
文明800年周期 (1)
覚せい剤・麻薬 (22)
大麻 (24)
言論封殺 (0)
不正選挙 (15)
乳酸菌(豆乳ヨーグルト) (13)
グルンバ・乳酸菌軍団 (198)
飯山さん(日本仙人道) (0)
飯山一郎 保存版 (9)
飯山一郎さん (244)
乳酸菌同盟 (16)
乳酸菌 (30)
黄金の金玉団 (46)
nueqさん (2931)
達人さん (19)
宝石 (133)
写真 (143)
宇宙 (296)
物理 (68)
数学 (9)
太陽系 (27)
電磁波 (105)
宇宙全史 (24)
リザムの宇宙 (36)
銀河ネットワーク情報 (9)
その木に成って55さん (55)
シドニーおちんさん (3)
写真&未来の変え方 (22)
シドニーおちんの地図のある旅 (12)
意識を集中すると何かが起こる (3862)
飯山さん『放射性セシウムの無害化』 (3)
放射線レベルを1/10に操作 (4)
不思議な茨城県北部地震 (5)
原発再稼動&新設反対 (267)
ガイガーカウンター (4)
モルジェロンズ病&ケムトレイル (16)
ケムトレイル観察紀行(写真) (34)
ケムトレイル・気象操作 (309)
ケムトレイル保存版 (87)
HAARP (41)
サバイバル(術編) (228)
放射能「ぶらぶら病」 (5)
放射能被曝による鼻血 (46)
ホルミシス効果(放射能) (1)
放射能からのサバイバル (336)
放射能からのサバイバル 保存版 (20)
分子栄養学(三石理論)放射性物質対策 (1)
サバイバル「三脈の法・眼脈の法」 (9)
八ッ場は毒ヒ素ダム (1)
シオンの議定書 (2)
お金の仕組み (12)
ネットは危険 (210)
日本国支配 (26)
大東亜戦争 (1)
ノーベル賞 (1)
STAP細胞 (137)
ビルゲイツ 軽井沢別荘 (6)
フルベッキ写真 (0)
老子「道徳経」 (4)
奥の院:保存版 (55)
奥の院 (68)
バランサー:工作員 (11)
日月神示~奥の院 (4)
ユダヤと世界の歴史 (7)
会社化で支配 (28)
エンパス (1)
韓国関連 (0)
日本自立 (19)
偽旗作戦 (2)
集団ストーカー (89)
経済 (115)
間違い (18)
アヌンナキ (4)
地球なんでも鑑定団 (12)
温暖化:原発温排水 (5)
台風15号 (34)
NBBさん (2)
未分類 (5085)
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

                         悪がきboy's ベル&タイガー

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々

光軍の戦士のブログ
検索フォーム
リンク
飯山です