FC2ブログ

人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

◆新型コロナウイルスに緑茶が効く理論的根拠論文

ナカムラクリニック@nakamuraclinic8さんが"コロナに緑茶が効く"理論的根拠を与える論文『ケルセチンとエピガロカテキン ガレートの亜鉛イオノフォア活性』結局キーになるのは亜鉛!という興味深い論文をUPされていたのでメモります。
https://twitter.com/nakamuraclinic8/status/1269617339223298049


https://pubs.acs.org/doi/10.1021/jf5014633

COVID-19 Remote Access Support: Learn More about expanded access to ACS Publications research.

Zinc Ionophore Activity of Quercetin and Epigallocatechin-gallate: From Hepa 1-6 Cells to a Liposome Model


Abstract

Abstract Image

Labile zinc, a tiny fraction of total intracellular zinc that is loosely bound to proteins and easily interchangeable, modulates the activity of numerous signaling and metabolic pathways. Dietary plant polyphenols such as the flavonoids quercetin (QCT) and epigallocatechin-gallate act as antioxidants and as signaling molecules. Remarkably, the activities of numerous enzymes that are targeted by polyphenols are dependent on zinc. We have previously shown that these polyphenols chelate zinc cations and hypothesized that these flavonoids might be also acting as zinc ionophores, transporting zinc cations through the plasma membrane. To prove this hypothesis, herein, we have demonstrated the capacity of QCT and epigallocatechin-gallate to rapidly increase labile zinc in mouse hepatocarcinoma Hepa 1-6 cells as well as, for the first time, in liposomes. In order to confirm that the polyphenols transport zinc cations across the plasma membrane independently of plasma membrane zinc transporters, QCT, epigallocatechin-gallate, or clioquinol (CQ), alone and combined with zinc, were added to unilamellar dipalmitoylphosphocholine/cholesterol liposomes loaded with membrane-impermeant FluoZin-3. Only the combinations of the chelators with zinc triggered a rapid increase of FluoZin-3 fluorescence within the liposomes, thus demonstrating the ionophore action of QCT, epigallocatechin-gallate, and CQ on lipid membrane systems. The ionophore activity of dietary polyphenols may underlay the raising of labile zinc levels triggered in cells by polyphenols and thus many of their biological actions.

*翻訳 ↓

抄録

Abstract Image


ラビレ性亜鉛は、細胞内の亜鉛のごく一部で、タンパク質とゆるく結合しており、容易に交換可能であるため、多くのシグナル伝達経路や代謝経路の活性を調節しています。フラボノイドのケルセチン(QCT)やエピガロカテキンガレートなどの食用植物ポリフェノールは、抗酸化物質として、またシグナル伝達分子として作用します。驚くべきことに、ポリフェノールが標的とする多くの酵素の活性は亜鉛に依存しています。我々は以前、これらのポリフェノールが亜鉛イオンをキレートすることを示しており、これらのフラボノイドは亜鉛イオノフォアとしても作用し、亜鉛イオンを細胞膜を介して輸送しているのではないかという仮説を立てていた。この仮説を証明するために、本研究では、QCTとエピガロカテキンガレートが、マウス肝がん細胞Hepa 1-6細胞およびリポソームにおいて、亜鉛を急速に増加させる能力を初めて実証しました。ポリフェノール類が細胞膜の亜鉛トランスポーターとは無関係に亜鉛を輸送していることを確認するために、QCT、エピガロカテキンガレート、クリオキノール(CQ)を単独で、または亜鉛と組み合わせて、膜不透過性のFluoZin-3を担持した一枚葉ジパルミトイルホスホコリン/コレステロールリポソームに添加しました。このように、QCT、エピガロカテキンガレート、CQが脂質膜系におけるイオノフォア作用を示すことが明らかになった。食餌性ポリフェノールのイオノフォア活性は、ポリフェノールが細胞内のラビレ亜鉛レベルを上昇させ、その生物学的作用の多くを支えている可能性があります。

↑ www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

*グーグル翻訳はこちらのURLからどーぞ ↓
https://translate.google.com/translate?hl=ja&sl=en&tl=ja&u=https%3A%2F%2Fpubs.acs.org%2Fdoi%2F10.1021%2Fjf5014633




>要するに,玉ねぎの皮とか緑茶の成分は,亜鉛の細胞膜透過性を高めるということ.結局キーになるのは亜鉛
・この仮説は細胞内での働き云々でおいら的には二次的な効用だ猫w

・おいらはウイルス感染症に対する緑茶の働き→ 直にウイルスを不活化する効用で使っています。

・緑茶、紅茶、乳酸菌、食酢、せんだん液・・・等々はウイルスのスパイク突起やエンベロープを瞬時に破壊しウイルスを不活化します。この働きはウイルスが変異しても、また未知のウイルスであろうが有効です。これらの自然食材は万能治療薬&万能ワクチンということで、しかも自分自身で安心安全安価手軽に使え、予防&治療が出来まーすよ。










関連記事
コメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
もうすぐ花の80歳 ♂、
朝が迎えられたことに感謝!
小便が出る事に感謝!
おまけの人生を楽しんでまーす(^^♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に、ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ウイルスは怖くない  (21)
ワクチン・ウイルス (72)
下痢・ノロウイルス (9)
新型コロナウイルス(2019-nCoV) (172)
狂犬病 (1)
MMS (2)
イヤシロチ化 (1)
ソマチッド・ケイ素・テラヘルツ鉱石 (18)
子宮頸ガンワクチン&添加物 (56)
カンジダ症:リーキーガット症候群、癌 (15)
がん、ガン、癌、悪性腫瘍 (52)
予防接種を拒否する方法 (3)
ヒート・ショック・プロテイン (1)
パーキンソン病 (1)
ミトコンドリア (1)
エボラ出血熱 (45)
多発性硬化症 (1)
光触媒 (1)
元素転換 (1)
抗生物質 (2)
舌診 (1)
火傷 (5)
睡眠 (5)
歯 (28)
虫垂炎 (1)
骨粗鬆症 (1)
口内炎 (1)
歯周病 (3)
片頭痛 (1)
毛染め (4)
甲状腺 (0)
ADHD (3)
自閉症 (6)
砂糖類 (3)
コーヒー (5)
タバコ (3)
胆石 (2)
肺 (0)
死 (23)
不食 (4)
断食 (5)
美容 (2)
風邪 (4)
輸血 (3)
蜂毒 (14)
日本蜜蜂 (47)
蜂蜜の効用 (5)
月経は無いのが自然 (2)
更年期症状 (2)
母子手帳 (2)
細胞の脳 (5)
フッ素 (5)
漢方薬 (8)
静脈瘤 (1)
白内障 (2)
花粉症 (4)
ピロリ菌 (5)
重金属毒 (1)
玄米菜食 (2)
心臓疾患 (2)
生卵は駄目 (3)
多剤耐性菌 (11)
風味増強剤 (1)
キシリトール (1)
茶カテキン (2)
食品添加物 (3)
遺伝子組換え (28)
第7の感覚・リンパ系・免疫系 (3)
腸:免疫システム (13)
自己免疫疾患 (7)
トランス脂肪酸 (2)
アスパルテーム (3)
メープルシロップ (1)
認知症&ケトン体 (8)
DNA (33)
分子栄養学三石理論 (104)
分子栄養学(三石理論)入門編 (27)
分子栄養学(三石理論)上級編 (109)
分子栄養学(三石理論)コラム編 (18)
三石理論:医学常識はウソだらけ (1)
分子栄養学(三石理論)栄養素編 (21)
分子栄養学(三石理論):マイコプラズマ肺炎 (4)
医療・薬剤の実体(まとめ・保存版) (53)
医療・薬剤の実体(放射線) (1)
病気はクスリで作られる (4)
医療・薬剤の実体(がん) (2)
鍼灸指圧 (6)
医療・薬剤の実体 (892)
政治・経済・社会 (695)
文明800年周期 (1)
覚せい剤・麻薬 (17)
大麻 (19)
言論封殺 (0)
不正選挙 (14)
乳酸菌(豆乳ヨーグルト) (13)
グルンバ・乳酸菌軍団 (198)
飯山さん(日本仙人道) (0)
飯山一郎 保存版 (9)
飯山一郎さん (244)
乳酸菌同盟 (16)
乳酸菌 (29)
黄金の金玉団 (46)
nueqさん (1312)
達人さん (17)
宝石 (119)
写真 (125)
宇宙 (206)
物理 (54)
数学 (4)
太陽系 (9)
電磁波 (96)
宇宙全史 (24)
リザムの宇宙 (36)
銀河ネットワーク情報 (9)
その木に成って55さん (55)
シドニーおちんさん (3)
写真&未来の変え方 (22)
シドニーおちんの地図のある旅 (12)
意識を集中すると何かが起こる (3854)
飯山さん『放射性セシウムの無害化』 (3)
放射線レベルを1/10に操作 (4)
不思議な茨城県北部地震 (4)
原発再稼動&新設反対 (220)
ガイガーカウンター (4)
モルジェロンズ病&ケムトレイル (14)
ケムトレイル観察紀行(写真) (34)
ケムトレイル・気象操作 (272)
ケムトレイル保存版 (51)
HAARP (35)
サバイバル(術編) (167)
放射能「ぶらぶら病」 (5)
放射能被曝による鼻血 (46)
ホルミシス効果(放射能) (1)
放射能からのサバイバル (329)
放射能からのサバイバル 保存版 (19)
分子栄養学(三石理論)放射性物質対策 (1)
サバイバル「三脈の法・眼脈の法」 (7)
八ッ場は毒ヒ素ダム (1)
シオンの議定書 (1)
お金の仕組み (11)
ネットは危険 (111)
日本国支配 (24)
大東亜戦争 (1)
ノーベル賞 (1)
STAP細胞 (137)
ビルゲイツ 軽井沢別荘 (5)
フルベッキ写真 (0)
老子「道徳経」 (4)
奥の院:保存版 (49)
奥の院 (66)
バランサー:工作員 (8)
日月神示~奥の院 (3)
ユダヤと世界の歴史 (6)
エンパス (1)
韓国関連 (0)
日本自立 (0)
偽旗作戦 (1)
集団ストーカー (77)
経済 (87)
間違い (18)
アヌンナキ (4)
地球なんでも鑑定団 (12)
台風15号 (33)
未分類 (1448)
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々

光軍の戦士のブログ
検索フォーム
リンク
飯山です