FC2ブログ

人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

★超ド級:新型コロナウイルスは東大 河岡教授が開発した!?

めざまし政治ブログさん:at 2020-02-04 15:59【超ド級】東大の河岡教授のを元にした新型コロナウイルスが新しい731部隊(今治加計学園)で開発され武漢に放たれた(ジャパンタイムズ元編集長の島津洋一)より転載します。
貼り付け開始

https://rakusen.exblog.jp/28831119/

おっ、やっと今回の新型コロナウイルスについて、ジャパンタイムズ元編集長で科学ジャーナリストの島津洋一氏が記事を発表!

どひゃー、これも、超ド級の暴露記事だ!

誰が、どこで、どういう目的でこのバイオ兵器を作り、どうやって感染を広げたのか?

【超ド級】東大の河岡教授のを元にした新型コロナウイルスが新しい731部隊(今治加計学園)で開発され武漢に放たれた(ジャパンタイムズ元編集長の島津洋一)_e0069900_15304180.jpg

国民の生命と財産を守るためにも、とりあえず、自動翻訳のものをアップしておきます!
※自動翻訳で初めましたが、今はマニュアルで最初から翻訳し、残りの自動翻訳部は「(※自動翻訳部はここから)」と示しています。

 なお、下記の記事をざっと読む限りでは、

安倍晋三(天皇)らは中国に対し「オリンピックをボイコットさせない」目的で今治加計学園(岡山理科大学獣医学部)で新型コロナウイルスを開発し、コウモリにウィルスを感染させ、そのコウモリを中国の揚子江流域に飛来させ、川や養魚場の魚を感染させた。この作戦をここでは「奄美ー琉球コウモリバイオ作戦」と呼んでいる。そのことで、中国の養魚市場は現在、壊滅状態に陥り、日本の技術的援助や投資が必須で、そこに付け込んで、その「オリンピックをボイコットしない」条件を提示する、と言うのだ。

 まあ、中国はダボス会議に出席して、中国経済のアピールをしたかったのでしょうが、止む無く欠席し、また春節で中国人旅行者により大量に新型コロナウィルスが拡散され、本当に調度いいタイミングで、安倍晋三はバイオテロを起こしたもんだ!
あっ、そうそう、このバイオテロ騒動で、国会での安倍首相のペテン師ぶりも、あまりマスコミでは報道されないし!

表向きは、このバイオテロ首謀者は安倍晋三だけど・・・
日本のディープステート、と言えば、誰か、わかるよね!
(^^;)

 なお、島津氏の紹介としては、第4メディアの会社の紹介にも書かれており、日本の悪の根源を知り尽くしている科学ジャーナリストである。もちろん、安倍晋三や岸信介や日本財団、創価学会も!

【超ド級】東大の河岡教授のを元にした新型コロナウイルスが新しい731部隊(今治加計学園)で開発され武漢に放たれた(ジャパンタイムズ元編集長の島津洋一)_e0069900_22280883.jpg

第4メディア(※オルタナティブメディアの1つ)の共同創設者の1人であり、上級顧問でもある法医学ジャーナリストの島津洋一氏は、オウム真理教の背景にいる政治的な援助団体や、エリツィン政権の支援による大量破壊兵器の密輸や、茨城県と福島県における日本の核兵器プログラムなど、これらの継続的な真相調査活動に関与していた。また、彼に対する幾度かの暗殺の試みにもかかわらず、彼はまだ公開して書き続けている。

さらに、今回の記事を科学的に裏付ける論文なども、発表されている。

2019-nCoVの遺伝子は、SARS-CoVと79.5%のシーケンス識別を共有
更に、全ゲノムレベルでコウモリコロナウイルスと96%同一
nCoVがSARS-CoVと同じ細胞侵入受容体、ACE2を使用することも確認
2020年2月3日ネイチャー発表
【超ド級】東大の河岡教授のを元にした新型コロナウイルスが新しい731部隊(今治加計学園)で開発され武漢に放たれた(ジャパンタイムズ元編集長の島津洋一)_e0069900_15035685.png

なお、雑誌ネイチャーは日本に対し、懐疑的な記事を掲載している!
【超ド級】東大の河岡教授のを元にした新型コロナウイルスが新しい731部隊(今治加計学園)で開発され武漢に放たれた(ジャパンタイムズ元編集長の島津洋一)_e0069900_05051641.png

記事の最後の部分を引用
札幌の北海道大学のウイルス学者高田彩人も、日本の動物のBSL-4病原体を研究できることに興奮しています。これまで、研究者は海外で需要の高いBSL-4ラボへのアクセスを申請する必要がありました。高田氏は、南日本の長崎大学で建設中であり、2022年に完成する予定の2番目のBSL-4ラボを使用したいと考えています。
しかし、Ebrightは、BSL-4ラボが世界中に広まると、バイオテロ攻撃で致命的なウイルスが放出される可能性が高まると主張しています。彼は、日本を含む一部の政府は、BSL-4ラボを使用して、同様の装備の敵からのバイオアタックを阻止する名目で致命的な替わりのウイルスを増殖、備蓄していると考えています。
西条は、NIIDは公衆衛生研究のためにのみ運営されていると言いますが。


【超ド級】東大の河岡教授のを元にした新型コロナウイルスが新しい731部隊(今治加計学園)で開発され武漢に放たれた(ジャパンタイムズ元編集長の島津洋一)_e0069900_15113473.png
【超ド級】東大の河岡教授のを元にした新型コロナウイルスが新しい731部隊(今治加計学園)で開発され武漢に放たれた(ジャパンタイムズ元編集長の島津洋一)_e0069900_15195131.png

このことより、かなり、科学的な裏付けに基づいて、この記事が書かれたこともわかってきた。

また、各国、特にロシアのコロナウィルスに対する対応措置は「バイオテロ」が行われた前提でやっており、中国に住んでいるロシア人を軍用機で緊急に救出し、到着したら、全員をホテルなどに隔離し管理している。

【超ド級】東大の河岡教授のを元にした新型コロナウイルスが新しい731部隊(今治加計学園)で開発され武漢に放たれた(ジャパンタイムズ元編集長の島津洋一)_e0069900_14321440.jpg

どひゃー、そしたら、もうパート4の島津洋一氏の記事がアップされていて、そこでは、今回の新型コロナウィルスの開発者の名前まで暴露されていた!


新型コロナウィルス原型は東大科学者がこしらえた!!


ちなみに、その人の名前は東大医科学研究所の河岡教授
【超ド級】東大の河岡教授のを元にした新型コロナウイルスが新しい731部隊(今治加計学園)で開発され武漢に放たれた(ジャパンタイムズ元編集長の島津洋一)_e0069900_01490974.jpg


そして、島津さんが書いた第4部は

武漢ウィルス第4部:バイオ戦争屋の悪魔の河岡は武漢ウィルスの中にHIV(エイズ)遺伝子でその破壊力を倍増したのを埋め込んだ!
「男たちの悪だくみ」って、こう言うことだったのか!
そう言う意味では昭恵夫人もちゃんと前もって教えてくれてたんだ!
(^^;)

安倍昭恵 大親友の加計さんとリラックスした笑顔
【超ド級】東大の河岡教授のを元にした新型コロナウイルスが新しい731部隊(今治加計学園)で開発され武漢に放たれた(ジャパンタイムズ元編集長の島津洋一)_e0069900_15455894.jpg
加計は前妻をロスに呼び新婚生活を始めていた…
【超ド級】東大の河岡教授のを元にした新型コロナウイルスが新しい731部隊(今治加計学園)で開発され武漢に放たれた(ジャパンタイムズ元編集長の島津洋一)_e0069900_15461588.jpg
安倍晋三と加計孝太郎と萩生田文科大臣が別荘で
【超ド級】東大の河岡教授のを元にした新型コロナウイルスが新しい731部隊(今治加計学園)で開発され武漢に放たれた(ジャパンタイムズ元編集長の島津洋一)_e0069900_15472157.jpeg
男たちの悪だくみ
【超ド級】東大の河岡教授のを元にした新型コロナウイルスが新しい731部隊(今治加計学園)で開発され武漢に放たれた(ジャパンタイムズ元編集長の島津洋一)_e0069900_15465716.jpg
笹川陽平(日本財団)と首相たちの夏休み
【超ド級】東大の河岡教授のを元にした新型コロナウイルスが新しい731部隊(今治加計学園)で開発され武漢に放たれた(ジャパンタイムズ元編集長の島津洋一)_e0069900_15484986.jpg

でも、私の読者なら、こいつらの裏には天皇家の連中がいることは、もうわかっている、とは思うけど。
(^^;)


なお、この記事に関して、私の今までの関連記事は

ワクチン後進国の日本?
WHOの人口削減計画にそったビルゲイツの新型コロナウィルス兵器!
韓国MERSコロナウイルスは
ペンタゴンの生物兵器研究所から放たれた!
(ジャパンタイムズ元編集長 島津洋一)


またNHKが暴露したオウム事件の裏の犯人ら?
加計学園 千葉科学大学 アンソニー・トゥ教授と
サリン製造の住友化学?その他の証拠情報!


NHKが暴露したオウム事件の裏の犯人達:
元警察庁長官の城内康光や意外な事に江川紹子と
国松元警察庁長官や杉田官房副長官も?
オウムは天皇、雅子らの日本乗っ取りのためのカルト教!


安倍晋三らオウム地下鉄サリン事件の黒幕が金正男暗殺?
北朝鮮悪魔化キャンペーン:
CIA-KCIAエージェントの安倍晋三ら日本財団、創価学会の犯行?

なお、上記で語られている要点を下記に画像で抜粋すると、
オウム地下鉄サリン事件の主犯も安倍晋三だった、と言う事!
今回のバイオテロだけでなく、毒ガステロも日本で実験済み!
【超ド級】東大の河岡教授のを元にした新型コロナウイルスが新しい731部隊(今治加計学園)で開発され武漢に放たれた(ジャパンタイムズ元編集長の島津洋一)_e0069900_11071220.png
【超ド級】東大の河岡教授のを元にした新型コロナウイルスが新しい731部隊(今治加計学園)で開発され武漢に放たれた(ジャパンタイムズ元編集長の島津洋一)_e0069900_11072734.png
【超ド級】東大の河岡教授のを元にした新型コロナウイルスが新しい731部隊(今治加計学園)で開発され武漢に放たれた(ジャパンタイムズ元編集長の島津洋一)_e0069900_11074649.png

などなど

その他、島津氏が米「ニュー・アメリカ・メディア」で発表した記事に関して、いくつもの反響の記事が日本語でも発表されている。



【超ド級】東大の河岡教授のを元にした新型コロナウイルスが新しい731部隊(今治加計学園)で開発され武漢に放たれた(ジャパンタイムズ元編集長の島津洋一)_e0069900_22282775.png
【超ド級】東大の河岡教授のを元にした新型コロナウイルスが新しい731部隊(今治加計学園)で開発され武漢に放たれた(ジャパンタイムズ元編集長の島津洋一)_e0069900_22285273.jpg
【超ド級】東大の河岡教授のを元にした新型コロナウイルスが新しい731部隊(今治加計学園)で開発され武漢に放たれた(ジャパンタイムズ元編集長の島津洋一)_e0069900_22291639.png




自動翻訳で初めましたが、今はマニュアルで最初から翻訳し、残りの自動翻訳部は「(※自動翻訳部はここから)」と示しています。

では、はじまり、はじまり!


(著者 島津洋一) 

【超ド級】東大の河岡教授のを元にした新型コロナウイルスが新しい731部隊(今治加計学園)で開発され武漢に放たれた(ジャパンタイムズ元編集長の島津洋一)_e0069900_14280254.jpg

 私のシリーズのこの第3部のタイトルは、揚子江地域の魚を水でパックして空輸したのが武漢コロナウイルスの起源だ、とする、その見取り図を提供します。発生の開始からほぼ1か月後、この「不可思議な」発生の連鎖は、有毒な症状を引き起こす欠損遺伝子配列について困惑し、いまだに微生物学者は説明できずにいます。鼻から感染して1週間以上、潜伏期間は続きます。これは、空港でレーザー温度計を使用して病気の乗客を特定することは事実上不可能であることを示しています。また、その後、突然の咳におそわれ、頭が割れる様な痛みを感じ、卒倒してしまう可能性もあります。

さらに説明を続けると、このような初期症状がないのは遺伝子操作によるものです。nCoV2019は研究室で遺伝子操作(CRISPRed)されたものであり、武漢の新しいバイオセーフティレベルの研究室(BSL-4)に疑惑の目が向けられ非難されている原因でもあるのです。ここではすぐに結論を出そうとワーワー議論し互いに非難し叩きあうオンライントロールを避けるために、1つの事を示しておきます。それは、この新型コロナウイルスは患者の死亡を防ぐための遺伝子部分が切り取られており、それの意味するところは中国の食料安全保障上、特に世界最大の養殖生産者の養魚場に対し、巧妙な外国からの攻撃性を秘めた遺伝子だ、と言う事です。では、手始めに、その動機として、何が考えられるかと言うと、まずは、2020年の東京オリンピックをボイコットさせない、と言う事です。そう、陰謀ではありますが、そんなにひっくり返るほどのトンデモ話でもありません。もちろん、中国人は遺伝子操作(CRISPR)で無謀なことを行うことができますが、バイオテクノロジーの能力を備えた世界中の他の研究所でも同じ事ができるのです。もちろん、中国人は中国の中心にあるシカゴの人口の3倍の工業都市を破壊するつもりはありません。ただ本当の悲劇は、有能な微生物学者全員が深圳市にある大きな製薬会社のために働いているという事実で、そのために、コロナウイルスに対して武漢バイオセーフティー研究所は無能で役に立ってないということです。だから、あなた自身が不合理な恐怖に対処するしかないのです。

ちょっと変わった容疑者の動物たちをまとめると
ニュースメディアでは、中国ではゲテモノですが食用になるエキゾチックな生き物をめぐって、大元のnCoV2019ウイルスを武漢魚市場が大発生の震源地と伝えていました。無能集団であるCNNは、感染者は誰一人この市場を訪れたことがないと報道しています。養殖魚は大きな市場の中の小さなコーナーの店頭で買ったかどうかにかかわらず、武漢のタンパク質の主な供給源なのです。このウイルスは、水槽から渦巻く水粒子を介して通行人の鼻孔に空気感染で広がり、これは中国のあらゆる都市で見られます。中国人は冷凍されたカチカチの魚をかじるのではなく、何十種類ものおいしい方法で調理するために、新鮮なものを購入して食べるため、ガラスや金属の水槽がいたるところにあります。
【超ド級】東大の河岡教授のを元にした新型コロナウイルスが新しい731部隊(今治加計学園)で開発され武漢に放たれた(ジャパンタイムズ元編集長の島津洋一)_e0069900_16102789.jpg

調査が継続している間、スピンを行うメディアキャンペーンでは、もう1つの関係すると言われている珍妙な動物はヘビであり、それは酒のツマミとしても非常に良い味がします。これらの不気味な、気持ち悪い生き物はすべて東南アジアから不法に輸入されているので、そうならばタイ人やインドネシア人も大勢が死んでいるに違いありません(爬虫類はコロナウイルスのキャリアとして知られていないとしても)。過去にタイのコーヒー農園でエコプロジェクトを行っていたときに、トングを使って学校や車からヘビを取り除く必要がありましたが、タイ固有のヘビ使いがコブラやアマガサヘビやバンブーバイパー(竹色の毒蛇)でインフルエンザに感染した、など聞いたことがありません。

カゴの中の小さなコウモリは健康を回復するスープとして販売されていますが、これらは昆虫を狩るマイクロバット(小型のコウモリ)であり、犯人であるマクロバット(別名オオコウモリ)とは全く異なる進化系の枝に属しています。 フライングフォックス(オオコウモリ)は、マールブルグエボラ、ニパ、SARS(ジャコウネコ)、およびアルファベットの2文字で識別される他の多数の病気の保因者です。マクロバットは、コロナウイルスとエボラの宿主環境である果物を食べて生きています。大きなフルーツバットは、ラインナップの唯一の有罪容疑者です。

【超ド級】東大の河岡教授のを元にした新型コロナウイルスが新しい731部隊(今治加計学園)で開発され武漢に放たれた(ジャパンタイムズ元編集長の島津洋一)_e0069900_15141566.jpg

毒を仕込んだブルガリア傘(※国際スパイが使う殺人道具)
容疑者として非常に恐れられている武漢のBSL-4ラボはどうですか?ただ本当に悲しいのは、ポチョムキン研究所が資金を横取りし、建設予算や設備予算からキックバックを受取っていることで、給料の高い微生物学者を主要な医薬品、中国の製薬会社、ベンチャーキャピタルに従事するラボ技術者らをリクルートできないことです。深セン、香港または海外でのバイオテクノロジー関連の新興企業にとられてしまっている状態なのです。

中国の患者がそれら研究者を必要とするとき、こんな陰謀を企む「生物戦争」研究所は中国のどこにありますか?逆にこんな状態で中国はバイオセーフティを得られますか?光沢のある新しい武漢の研究室は、上海から重慶までのこの種のバイオ危機に対する緊急時の対応に関するDNA研究を行うことになっていました。でも、代わりに北京の指導部は、湖北省の知事が建設資金を受け取り、それらをマネーロンダリングしたとして批判していました。それは中国の医療制度と軍事など似たもの同士の横領の双子で常に起こります。あなたが中国に不慣れで、特定のことがうまくいかない場合、それに慣れてしまって、いちいち反応することもなくなります。何かあっても、何事もなかったかのように、列車は時間通りに走り、レストランは魚を提供していきます。
【超ド級】東大の河岡教授のを元にした新型コロナウイルスが新しい731部隊(今治加計学園)で開発され武漢に放たれた(ジャパンタイムズ元編集長の島津洋一)_e0069900_04444236.jpg

BS ラボの偽の情報源はイギリスのポートンダウンで、ランセットジャーナルを使用して偽情報をばらまくのです。香港で病院を運営していた英国人は、中国の医療機関に対して昔の恨みを持っています(私はそうではありませんが、それが英国人が嘘を広める理由です)。英国人の苦情は普段は正当な理由があるのですが、植民地時代の大英帝国の傲慢さにもあふれています。武漢の研究所は大した研究もやらず、無能であると指摘するだけで十分です。少なくともまだまだ組織化もできていないのに、生物学的戦争を仕掛け、大量殺人を企んでいる、などと告発をする必要はありません。さて、もしこのようなあら捜しが続くならば、逆に、イギリスの遺伝子編集チームを詳しく調べなければならないでしょう。

ネット社会では、英国王室のお友達であるウラジミール・プーチンが中国とアメリカ、すなわち習近平とトランプをお互いに激しく対立させておいて、ロンドンとモスクワはそれをうまく利用している、などと大げさに主張していますが、それらの噂話はブルガリア傘の先に毒を仕込んだネトウヨ集団から出てきており、英国のたわごとをネットに書き込みしているのです。特にうわさ屋がソビエト時代のブルガリア国家秘密局のセクション7(情報管理とプロパガンダ)を持つ偽情報エージェントの息子である場合、世界的なパンデミックに広がっている、などの偽の情報はFBIによって流されている、と考えるべきです。信頼性はないのですから、両方の言う事を信じないようにしてください。

カナダのウィニペグにあるエボラ研究所についても、バイオテクノロジーの時流にのって、いわば詐欺に引っかかったようなものですが、熱心な研究所長、技術者、教授らは国営研究所を次々と辞めていきました。(バイオ詐欺、まず、そう考えるように)これらの自慢の微生物研究室が経験豊富な才能に溢れているのなら、武漢の過密な病院に、白衣や安全マスクをつけて彼らが現れないのはなぜですか?私のチームは、安価で簡単な環境隔壁装備、ナノテクノロジーの空気ろ過装置(別名チタンまたは銀の空気エアコン)、そして伝統的な中国のハーブ療法でSARSと鳥インフルエンザを退治しましたが、ウイルスとの戦いは基本的には安価なもので対処できたのでした。
【超ド級】東大の河岡教授のを元にした新型コロナウイルスが新しい731部隊(今治加計学園)で開発され武漢に放たれた(ジャパンタイムズ元編集長の島津洋一)_e0069900_04372172.jpg

微生物学における、数十年に及ぶワクチン開発への投資は、投資家にとって、結果的には詐欺みたいなものになりました。費用は数千万ドル(数十億円)ですが、製品としては絶対に価値がありません。武漢には、税金を横領する目的で建設された2つのポチョムキン研究所がありますが、それは作っただけで終わりました。私は愚か者を相手に無駄に過ごす時間がもったいないので、ビルゲイツと彼のワクチン接種者の前に立ちはだかり、医学雑誌ランセットや他の詐欺師が主張する不条理で事実でない主張を暴くために、こんな暴きの作業に戻る必要がないことを本当に願っています。私はむしろ瞑想し、もっと創造的なことに没頭したいのです。

さまざまな背景の恋人

バイオサイエンスのロジックでは、武漢の発生は、核爆弾飛行中の果物を食べるマクロバットから始まり、武漢周辺の広大な養殖池のティラピアが大量に感染したことが示されています。どちらの種も高糖質食を摂取しており、フルクトースはウイルスの突然変異を引き起こすエネルギー源です。
このコウモリと魚の論理的な関係には1つの問題があります。

それは、海の近くに住むオオコウモリ(ここでは「ロメオ」と呼ぶことにして)は、淡水テラピア(ここでは「ジュリエット」と呼ぶ)がいる内陸の池を一度も訪れたことがないのです。

彼らはこの過去のシーズンの前に一度も会ったことがなく、テキストメッセージや相手のソーシャルメディアのページを見さえしませんでしたが、この長距離の関係はどのように解決されるのでしょうか?もちろん、武漢の暑い夜のティンダーデートまでに(※訳者注:世界最大の出会い系アプリのティンダーを使ってデートすること?)
(※自動翻訳部はここから)
「コウモリから魚へ」の理論は、破壊的な事実のため、武漢盆地はマクロバットの採餌範囲外にあり、フルーツコウモリはマンゴーがいる中国南部と東南アジアに限定されているということで評判が悪いのですか?マクロバットの1種は、長江デルタ南部、南投東部(上海の北)の湿地、および上海南東部の新しいテスラ工場周辺の平地で採餌します。いいえ、ロミオは武漢まで電気自動車を運転しませんでした。彼は頭金を支払う余裕がなく、信用組合はローンを信用していません。冷たい魚のようなジュリエットはお金のある顧客を好みます。ロミオには足や車はありませんが、彼には翼があります。

実はロミオのジュリエットへの飛行のまれな素晴らしい瞬間は、熱帯の沖縄の巨大なオオコウモリにとって天候が通常あまりに寒くなる11月または10月下旬に起こるのでした。(武漢は、夏には3つの炉の都市の1つであり、冬には氷の箱になります。)金星が貧しいロミオを照らしたとき、冬の始まりは記録上11月で最も暑く、40年で最悪の干ばつを経験しました。出来上がり!愛は魔法です。干ばつは湖北省全体の農業を荒廃させたため、地元の農民は果樹園で摘み取られていない何千トンものしわの梨とperを放棄しました。

ロミオは、果物、獣医の命令の厳しい食事療法にあることを言及しましたか?そのため、武漢はオオコウモリの仲間にとって大当たりでした。オオコウモリは、おそらく東向きの風から果物の香りを嗅ぐことができます。(コウモリはすべての哺乳類の中で最も鋭敏な感覚を持っています。)コウモリの大群が上デルタから内陸の武漢盆地まで200マイル以上の距離を突進する唯一の機会でしたが、夜はまだ少し寒いです彼らの好み。

あなたは、あなたの心の目で、何千もの空腹の巨大なオオコウモリが収穫月を過ぎて巡航しているのを見ることができますか?「あなたがジェットであるとき、あなたはジェットであるとき、あなたはジェットであるとき、あなたはジェットです」町で一番の猫です。あなたはヘビー級王冠の金メダルの子供です!」ドラキュラ伯爵、あなたはloseの中にいる敗者です、

電源を入れて、ロミー!ところで、あなたの凶悪犯のいずれかがスーツケースにトイレットペーパーを詰めることを覚えていましたか?いいえ、中国では雨どいや茂みでそれをしても大丈夫だということを保証しないでください。これは沖縄のイメージにとって何をするのでしょうか?私たちのビーチは、朝日が昇る前に毎朝きれいにかき集められます。不潔な中国を逃れるこれらの観光客、バカヤロウが必要です!

だから、嘉手納ジェッツが熟し過ぎた渓谷の数時間後、ああとても甘い果物、それはちょっと、ロミー、仲間だ、私はおなかが痛くなった。シードドロップは、首相官邸の背後にあるミッションコントロールの計画に従って開始されます。養殖池は、ティラピアが飛躍して表面を破壊し、コロナウイルスに感染したナシの種子を雨が降ってくると、激しいカーペット爆撃を受けます。最初のものはジュリエットと名付けられているので、これはエリック・シュミットのような変人が六本木とグランドピアノの上で磨かれた大理石の床を見ることを楽しむ本当に奇妙なものです。ねえ、ロミオ、あなたは1つの病気の子犬です!あなたのオキママさんとレナード・バーンスタインはむしろゲイを見たいと思います!

この古典的なラブストーリーのビル・シェークスピア版のように、ロミオとジュリアの出来事の次の行為は悲劇です。ラブリージュリアは貪欲な魚の生産者に網をかけられ、安っぽいナイトクラブのゴーゴーダンサーのように、いくつかの大きな暗い市場のシースルーガラスの魚のタンクに捨てられます。それから、ある太った男は彼女に「ああ、それを見て、彼女はとても美しく、曲線美があり、少しふっくら、私が好きなだけです!」ロミオ、どこにいるの?

この謎をさらに深く理解する前に、著作権の問題に対処するために少し失礼します。挨拶、ティム、バートン氏。これは「ファインディングニモ」ではないことを知ってもらいます。「Corpse Bride」以降のすべての失敗の後、次の大きな映画にこのグロテスクなひねくれたストーリーを使用する予定がある場合は、私の著作権弁護士に予約を入れた方が良いでしょう。シートスクリプトについてくだらない話をしないでください。「あなたが考えていることを知っているからです。うんち爆弾シーンは、とらとらとら以来最大の空中戦です!ミッドウェイではなく、すべての方法です!」

【超ド級】東大の河岡教授のを元にした新型コロナウイルスが新しい731部隊(今治加計学園)で開発され武漢に放たれた(ジャパンタイムズ元編集長の島津洋一)_e0069900_15150207.jpg

安倍晋三の密かな生物兵器による攻撃

では、ロミオはどうなったのでしょうか?冬がcrash落したので、he球にハイテールに戻り、クスノキの木から逆さまにぶら下がって、ジューシーな農民がジューシーなみかんの最後を運び去るのを見ました。キツネの頭が風船のように膨れ上がり、死ぬ前に彼の次の動きを熟考しました。東南アジア人は彼の種類に対してさらに敵対的であり、彼らはペレット銃を持っています。ロミオの何かがひらひら。「ペスト、セニョール・ロメオ、メキシコのマンゴーのパッチへの航空貨物?あそこのセニョリータは中国の人形よりもずっとよく見えると聞いています。彼女の名前はジュリーですか?ちょっと、冗談を言ってください。フィリピンはずっと近く、そこにいる怠laな農民たちは実際に一晩中眠ります。すべてのマンゴーがなくなるまでマナナ。それを打ってみましょう!」それで、人々、そうしないで '

ティム、ヴァンパイア・グルームがロックするためには、とても可愛くて卑劣な、まったく卑劣な悪人が必要です。そして、私はあなたが完璧な悪役、私の旧友シンゾーに必要としている星の品質を見つけました!彼は三世であり、第三世代の悪人で、冷血の中を走っています。いいえ、彼はダースではありませんが、ジョーカーとハンニバルレクトゥールのコンボのように、あなたのタイプのアクションヒーローである、邪悪な残酷さと狂気の笑い声を歪めています。バートンさん、脚本とキャスティングの契約はありますか?ここにサインしてください。
嘉手納ジェット他の嘉手納ジェットに

戻りましょう。沖縄、南九州、台湾、または長江デルタで、ヒトまたはマカクザルにおけるコロナウイルス感染の単一の症例は報告されていません。つまり、ロミオとギャングは、長江デルタに面した日本の南の島の1つで、ウイルスに汚染された果物に故意に感染しました。コウモリは遺伝子編集されたウイルスに感染しました。これは、日本のみが実行する秘密作戦か、嘉手納空軍基地と海兵隊キャンプシュワブ周辺の小規模な軍事基地での長年のNBCプログラムと並行して行われました。

nCoV2019の前身は、人間にひどい症状を引き起こす遺伝子を除去するために細断されたため、激しい咳の際の心臓発作や血の噴出による死亡の可能性を排除しています。これは、感染した魚で食事をする人間を殺さないようにする設計者の意図を示しています。毒性の希釈は、食中毒の症例として診断された軽度の症状であることを目的として示しています。大規模に、食中毒のスキャンダルは、国家の食料安全保障に大きな打撃を与え、漁業と養殖業の閉鎖につながるでしょう。

これは、中国政府が揚子江の全長6,300 km(3,900マイル)での釣りと魚の消費を禁止した1月上旬に起こったものです。では、なぜこれがメディアで報道されていないのですか?

魚市場で病気にならなかった最古の犠牲者は、体内での突然変異の前にウイルスに感染していました。その後、ウイルスがその遺伝子改変を回避し、その毒性を高めたとき、人々は突然変異の第2ラウンドの間に一気に死に始めました。この以前の機能の顕著な回復は、ウイルスRNAの弾力性を示しています。これは、面倒な二本鎖DNAよりも突然変異が速いです。

計画されたバイオ攻撃は、中国の養殖経済を閉鎖に追い込むために食中毒の恐怖を引き起こすことでした。中国の養殖経済は、現在、地元のスーパーマーケットの冷凍セクションや、メインではなく、中国の池からです。バイオセーフティシールドのない防御では、PRCのリーダーは、少なくともキャリアとして、2,000億ドル相当の魚産業全体が感染していることを公然と報告しません。食べ物は武器です。キューバにそれについて尋ねてください。絶望のその時点で、日本大使は彼の心の良さから問題を解決するために日本の援助を志願しました。魚は餌に行き、漁師に夢中になります。

さて、コロナウイルスが魚に集中していることをどのように確信していますか?繰り返しになりますが、1月の第1週には、長江で350種すべての魚を捕まえて食べることを州が命令した禁止が課されたためです。「ジュラシックパーク」にあるように、それはたくさんの魚です。


揚子江とともに31番目の平行線に位置するゼロイングイン、九州とR球の間に位置するAm美諸島では、単細胞真核生物の微生物学研究が行われています(SARSとエボラをホストする鞭毛の方法に似ていますが、オールはありません)。この研究は国立高等教育機関である鹿児島大学の獣医学部の指導の下で実施されました。ラーメン中毒者はだれでも九州が出汁を提供する黒豚の家であることを知っています、そして鹿児島Uは中国の豚の群れを拭いたばかりのような豚インフルエンザに関する広範な研究をします。それは観察であり、手がかりを意図していません。

研究のための遺伝子スプライシング、保存、検索について邪悪なものは何もありません。それは、これらが邪悪な目的に使用できないと言うことではありません。多くのラボには遺伝子サンプルの膨大なコレクションがあり、これらの多くは切断またはスプライスされています。単一の倫理的に歪んだ病理学者がインデックスにアクセスし、サンプルを注文して遺伝子コードをいじくり始めるだけで、「議論の余地のないスーパーインフルエンザウイルス」を作成した悪名高い病理学者と同じように川岡義弘が論議を呼んで日本に戻ってきました東京オリンピックに間に合うように、ウィスコンシン大学マディソン校のモンキーラボとロッテルダムのエラスムス研究所に滞在しています。(ティム、カワオカがあなたのコミックホラーのジャンルに合うかどうかはわかりません。彼についてユーモラスなものは何もないし、ダースのタイプはしないからです。)

日本全国の大学での合法的な研究は、ピアレビューを受け入れ、倫理と合法性に関する標準的な国際ガイドラインに準拠しています。微生物学のダークサイドは、WHO、CDC、NIH、および同等の専門監督機関と報告審査システムの権限の外にある数十の獣医学校の中に避難所があることを発見します。この影の研究ゾーンは、研究スポンサーの岡山大学から内海の狭い海峡を渡って、四国の今治に新しく建設された加計学園獣医学部を支援するという安倍晋三のペットプロジェクト(しゃれの意図)に対する日本の大きな論争を説明しています。

【超ド級】東大の河岡教授のを元にした新型コロナウイルスが新しい731部隊(今治加計学園)で開発され武漢に放たれた(ジャパンタイムズ元編集長の島津洋一)_e0069900_15192364.png
その地域は、神戸の故郷である神戸の少し南にあります。神戸は、牛肉の他に、石井四郎部隊長を含む731部隊を持つ科学者の故郷として暗い歴史を持っています。神戸、岡山、そして後に大阪で大学教授および医師として働くための多くのスタッフの戦後の復帰。また、ベルリン崩壊後の亡命中の世界ナチス運動の本部として。彼らの息子は私のクラスメートであり、父親が隠された軍事産業複合体のために働いていた男の子と一緒でした。

戦後、米軍は731部隊のメンバー(兄弟組織として継続)を募集し、第二次世界大戦のモルモン退役軍人が翻訳者を提供し、ユタ州のダグウェイ試験場にある生物兵器研究室で働きました。朝鮮半島の紛争中、CIA-ヤクザ同盟はヤル川の両側にハンタウイルスを空中投下するための秘密キャンペーンを実施しました。70年前、ユタから3月空軍基地から嘉手納、そしてソウルへの胞子の輸送中の汚染により、中国の腺ペストと、カリフォルニア州ヨセミテ国立公園およびリバーサイドで発見された黒ペストの脅威に今も直面しています。

私のパラランティアを通して、少なくとも太平洋北西部とアラスカ漁業の放射性海水汚染による崩壊以来、魚は主要なアメリカの輸出品ではないものの、米国の魚種は少なくとも1世紀は戻ってこないので、米国が中国に対し奄美ー琉球コウモリバイオ戦争の作戦に関与しているとは、福島原発事故も含めて、思えません。したがって、武漢のコウモリの攻撃は、指揮系統の頂点にある安倍晋三によって命じられ、資金提供された純粋に日本の作戦であるように思われます。

偶然にも、オリンピックに先立ち、安倍政権はウイルス学の研究をトップギアへと加速させました。東京の武蔵村山西部郊外に位置する日本の感染症研究所(NIID)は現在、5種類のエボラウイルスの集中的な研究開発を行っています。東南アジア全域で収集され、沖縄で飼育されているさまざまな種類のフルーツコウモリが、日本中の獣医研究所に送られています。アフリカ、東南アジア、ラテンアメリカの何千人ものアスリートがオリンピックに参加する一方で、口実はバイオセキュリティです。ゲーム後にこれらの地域の生物剤で何が起こるかは別の問題です。

大天使としてのウイルス

退職した731の高齢の第2世代の学生の多くは、おそらくクリスピードの武漢コロナウイルスの自己治療について今ではめちゃくちゃです。自己修復ウイルスは、生物の基本的な精神である「玉」または半透明の光の球体という古代の概念に基づいた微生物学に対する日本の直感的な洞察に適合します。ウイルスは、戦士のオーブ、目に見えない宇宙の天使の復、およびポケモンのような愛らしいかわいい生き物であり、怒りのときには致命的で、機械のような生き物ですが、進化のマスターとして種の奇跡的な変容力があります。

武漢コロナウイルスの驚くべき点は、被害者の症状の痛みを強める毒性を引き起こす遺伝子を切り取った後の再生でした。nCov2019は、何らかの形で代替配列を再構築して、欠損した遺伝子配列を置き換えました。生命の壮大な計画における役割は、古いバージョンを遺伝子スプライシングすることによって新しい種を作成することであるため、大天使は武装解除されません。しかし、ウイルスは、ユカタン彗星を何千年も生き延びたが、彗星の放射能の遺産からの長期的な欠陥によって妨げられていた恐竜に対して行ったように、古い創造物を破壊するように駆り立てられます。ついに、ウイルス感染により、これらの巨人が哺乳類に感染しました。ウイルスと放射能、生命の最も小さな断片はコスモスに関連しています。

動機-東京オリンピックのボイコットをやめろ

あらゆる調査がやがて動機のトリッキーな問題に到達します。日本のすべてが東京2020オリンピックを中心に回転しているので、コウモリが中国のタンパク質生産を汚染する目的は何でしたか?考慮すべき要素は、魚類学、魚類の研究に関する世界有数の科学的専門知識を日本が持っていることです。寿司バーで気づいたように、魚をよく知っている人はいません。

そのため、計画は次のようになりました。中国は、魚から人間に飛び付く謎のインフルエンザに襲われ、大規模な養殖投資を脅かしています。日本の魚類学の教授と水産庁の専門家は、魚の養殖災害を解決するために必要なすべての解決策を提供するためにステップアップし、その後、スレートのクリーンな請求書を発行します。だから、北京は感謝の意を表して、2020年の東京オリンピックの韓国のボイコットに参加することを拒否します。中国チームは健康的な笑顔で東京に到着し、ドーピング詐欺として禁止されている行方不明のロシア人に割り当てられた金メダルを獲得します。韓国人はスマーミーな笑顔で到着し、怒りと恥ずかしさで喉に胆を立てる。安倍晋三は、再び祖父の岸信介のために、彼らを不従順な犬のように鞭打ちました。

ライジングサンはこれまで以上に赤く光ります。安倍晋三は、世界のリーダーであるだけでなく、彼は神です。誰か、LPディスクを止めてください。その後、男性と実験用ネズミの最高の計画が失敗すると、事態は軌道に乗り始めました。世界中の死者数が増え始めているため、隠蔽はあらゆる面で促進されています。誰もが何も起きていないふりをしていて、オリンピックは続き、皆が安心してすぐに終わるでしょう。放射能とウイルスの発生は、政治階級の顔を守ることが唯一の優先事項である場合にはカウントされません。それは不運な人のための欺ception、嘘、そしてランダムな死の厳しい世界です。それでは、前もって何か陽気なことを言っておきましょう。ハッピーバレンタイン、ジュリエット、ロミオ、どこにいてもいなくても!

【超ド級】東大の河岡教授のを元にした新型コロナウイルスが新しい731部隊(今治加計学園)で開発され武漢に放たれた(ジャパンタイムズ元編集長の島津洋一)_e0069900_15205193.jpg


貼り付け終わり、パチパチ~大拍手!



*興味津々の貴重な内容でしたので、メモっておきますm(_ _)m












関連記事
コメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
もうすぐ花の80歳 ♂、
朝が迎えられたことに感謝!
小便が出る事に感謝!
おまけの人生を楽しんでまーす(^^♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に、ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ウイルスは怖くない  (21)
ワクチン・ウイルス (72)
下痢・ノロウイルス (9)
新型コロナウイルス(2019-nCoV) (172)
狂犬病 (1)
MMS (2)
イヤシロチ化 (1)
ソマチッド・ケイ素・テラヘルツ鉱石 (18)
子宮頸ガンワクチン&添加物 (56)
カンジダ症:リーキーガット症候群、癌 (15)
がん、ガン、癌、悪性腫瘍 (52)
予防接種を拒否する方法 (3)
ヒート・ショック・プロテイン (1)
パーキンソン病 (1)
ミトコンドリア (1)
エボラ出血熱 (45)
多発性硬化症 (1)
光触媒 (1)
元素転換 (1)
抗生物質 (2)
舌診 (1)
火傷 (5)
睡眠 (5)
歯 (28)
虫垂炎 (1)
骨粗鬆症 (1)
口内炎 (1)
歯周病 (3)
片頭痛 (1)
毛染め (4)
甲状腺 (0)
ADHD (3)
自閉症 (6)
砂糖類 (3)
コーヒー (5)
タバコ (3)
胆石 (2)
肺 (0)
死 (23)
不食 (4)
断食 (5)
美容 (2)
風邪 (4)
輸血 (3)
蜂毒 (14)
日本蜜蜂 (47)
蜂蜜の効用 (5)
月経は無いのが自然 (2)
更年期症状 (2)
母子手帳 (2)
細胞の脳 (5)
フッ素 (5)
漢方薬 (8)
静脈瘤 (1)
白内障 (2)
花粉症 (4)
ピロリ菌 (5)
重金属毒 (1)
玄米菜食 (2)
心臓疾患 (2)
生卵は駄目 (3)
多剤耐性菌 (11)
風味増強剤 (1)
キシリトール (1)
茶カテキン (2)
食品添加物 (3)
遺伝子組換え (28)
第7の感覚・リンパ系・免疫系 (3)
腸:免疫システム (13)
自己免疫疾患 (7)
トランス脂肪酸 (2)
アスパルテーム (3)
メープルシロップ (1)
認知症&ケトン体 (8)
DNA (33)
分子栄養学三石理論 (104)
分子栄養学(三石理論)入門編 (27)
分子栄養学(三石理論)上級編 (109)
分子栄養学(三石理論)コラム編 (18)
三石理論:医学常識はウソだらけ (1)
分子栄養学(三石理論)栄養素編 (21)
分子栄養学(三石理論):マイコプラズマ肺炎 (4)
医療・薬剤の実体(まとめ・保存版) (53)
医療・薬剤の実体(放射線) (1)
病気はクスリで作られる (4)
医療・薬剤の実体(がん) (2)
鍼灸指圧 (6)
医療・薬剤の実体 (892)
政治・経済・社会 (695)
文明800年周期 (1)
覚せい剤・麻薬 (17)
大麻 (19)
言論封殺 (0)
不正選挙 (14)
乳酸菌(豆乳ヨーグルト) (13)
グルンバ・乳酸菌軍団 (198)
飯山さん(日本仙人道) (0)
飯山一郎 保存版 (9)
飯山一郎さん (244)
乳酸菌同盟 (16)
乳酸菌 (29)
黄金の金玉団 (46)
nueqさん (1308)
達人さん (17)
宝石 (119)
写真 (125)
宇宙 (206)
物理 (54)
数学 (4)
太陽系 (9)
電磁波 (96)
宇宙全史 (24)
リザムの宇宙 (36)
銀河ネットワーク情報 (9)
その木に成って55さん (55)
シドニーおちんさん (3)
写真&未来の変え方 (22)
シドニーおちんの地図のある旅 (12)
意識を集中すると何かが起こる (3854)
飯山さん『放射性セシウムの無害化』 (3)
放射線レベルを1/10に操作 (4)
不思議な茨城県北部地震 (4)
原発再稼動&新設反対 (220)
ガイガーカウンター (4)
モルジェロンズ病&ケムトレイル (14)
ケムトレイル観察紀行(写真) (34)
ケムトレイル・気象操作 (272)
ケムトレイル保存版 (51)
HAARP (35)
サバイバル(術編) (167)
放射能「ぶらぶら病」 (5)
放射能被曝による鼻血 (46)
ホルミシス効果(放射能) (1)
放射能からのサバイバル (329)
放射能からのサバイバル 保存版 (19)
分子栄養学(三石理論)放射性物質対策 (1)
サバイバル「三脈の法・眼脈の法」 (7)
八ッ場は毒ヒ素ダム (1)
シオンの議定書 (1)
お金の仕組み (11)
ネットは危険 (111)
日本国支配 (24)
大東亜戦争 (1)
ノーベル賞 (1)
STAP細胞 (137)
ビルゲイツ 軽井沢別荘 (5)
フルベッキ写真 (0)
老子「道徳経」 (4)
奥の院:保存版 (49)
奥の院 (66)
バランサー:工作員 (8)
日月神示~奥の院 (3)
ユダヤと世界の歴史 (6)
エンパス (1)
韓国関連 (0)
日本自立 (0)
偽旗作戦 (1)
集団ストーカー (77)
経済 (87)
間違い (18)
アヌンナキ (4)
地球なんでも鑑定団 (12)
台風15号 (33)
未分類 (1447)
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々

光軍の戦士のブログ
検索フォーム
リンク
飯山です