fc2ブログ

人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

★新型コロナウイルスって怖いの!? その1

おいらは「武漢コロナウィルス肺炎」を追っていました。が、THINKERさんがドンピシャの記事をUPされていたので紹介します。
根本原因から探る健康情報サイトさん: 2020.01.25新型コロナウイルスって怖いの!?(1)―感染報道のウラにビジネスありより転載します。
貼り付け開始

http://www.thinker-family-health.com/novel-coronavirus-1/

中国で発生した新型コロナウイルスのニュースが連日、世間を賑わしています。

「発生源の中国では死者が〇人を超えた!」「人から人へ感染する!」「感染が拡大!アメリカや台湾でも感染者が確認された」「感染者も何百人を超えた!」「今後ウイルスも変異していく可能性がある!」「発生源の街では、住民が脱出しようと駅に殺到している!」などなど

マスコミが騒げば、騒ぐほど情報の受け手側は、冷静になる必要があります。

コロナウイルスって何でしょう?

スマホで調べたら、すぐ出てきます。
よくある“風邪のウイルス”ですよね。

“新型”ウイルスは特別、怖いものでしょうか?
ウイルスが変異して、新種が生まれるのは、あたりまえの現象です。

なぜ、こんなに普通のことが、特別騒がれるのでしょうか?

感染源についても、あの野生動物だとか、この食肉市場が怪しいとか、テレビでも騒いでいます。

しかし、今あるすべての感染症も、元をたどれば野生動物や家畜から人へと伝染したものです。
(これは獣医学で習うようです)

ワクチンや薬などない歴史の始まりから、人類は新しいウイルスと戦ってきました。

今回の新型コロナウイルスに限らず、新型の感染症が登場して、マスコミが騒ぐ時にはいつも、裏ではビジネスが動いています。

記憶に新しいところでは、2009年の新型インフル(豚インフル)騒動です。

マスコミが騒ぎ「パンデミック」という言葉が独り歩きし、世界中の国家や人々がパニックに陥りました。

フタを開ければ、新型インフルは弱毒性。パンデミック(大流行)も起きませんでした。

しかし、マスコミの過剰報道によって作りだされた世論の圧力から、日本政府は対応を迫られ、欧米の製薬会社から全国民分のワクチンを買わされました。

これらのワクチンは一本も使用されず、その後、廃棄されています。

一方、安全性の確認もないまま、早急に出回ったワクチンにより、100名以上の死者が出ています。

新型ウイルス騒ぎの裏には、ワクチンで国家から暴利をむさぼる多国籍製薬企業の存在があったのです。

今回、中国政府は初感染の確認後、新型ウイルスの遺伝子情報を早々と公表しています。

この発表に動かされ、世界では熾烈な検査キット開発競争が始まりました。

スコットランドのエジンバラ大は、今回のウイルスは89%がSARSウイルスと共通と発表。

ドイツ感染研究所は、迅速検査キットの完成間近と発表しています。

今回の騒動では、世界が中国のいいように踊らされているとみるのは私だけでしょうか?

中国は、豚インフル騒動のときの大手製薬企業の巧妙なやり方を真似ているようにみえます。

ただ、インフルエンザウイルスと違って、風邪のウイルスにすぎないコロナウイルスには、パンデミック(大流行)を引き起こす能力はありません。

ミネソタ大感染症研究・政策センター長であるM・オスターホルム博士は、今回の新型コロナウイルスの感染力について、こう述べています。

「パンデミックを引き起こす唯一の病原体は、インフルエンザだけ。コロナウイルスにパンデミックを起こす力は、ほぼない。最悪のケースでも、局地的な感染の多発が限界だ」

マスコミの過剰報道で、感染症を怖がる心理もわかりますが、医療や病気に関してのニュースについては、常に冷静に、「裏にビジネスありき」で捉えることが大事ですね。




 2020.01.25 病気が起こる仕組み
新型コロナウイルスって怖いの!?(2)
  ―感染報道のウラで糸を引く存在


http://www.thinker-family-health.com/novel-coronavirus-2/

「新型ウイルス登場!」などと、マスコミが騒ぐ裏には大手製薬会社の存在があります。

それとは別に、WHO(世界保健機関)が存在しています。

双方とも別個の組織でありながら、欧米の金融財閥の支配下にあります。

大手製薬企業が金と実質的な力を持ち、裏から糸を引きます。

表では、WHOが世界的権威として振舞い、世界各国に感染症対策を指示する構図です。

2009年の新型インフル騒動のときは、WHOが世界的大流行を宣言し、世界各国に対応を要請しました。

マスコミはそれに乗じて、世論を作り上げ、政府は大手製薬企業の言いなりの対策を強いられた流れです。

今回の構図はどうでしょう?

今回の新型コロナウイルス騒ぎでは、まず中国政府が新型ウイルスの登場を発表、次にいつも通り、マスコミが騒ぎましたが、WHOは静観していました。

そして、しばらくしてから声明を発表したのです。

中国と日本のマスコミが騒ぐ中、その内容は、意外なものでした。

「今回の新型コロナウイルスは、中国では緊急課題かもしれないが、世界的な緊急課題ではない」

WHOもコロナウイルスの感染力はインフルより弱く、パンデミックを起こす可能性が低いことはわかっているのです。

また、中国側の発表を受け、今回の死亡者は元々持病があって、免疫力が弱っていたケースであり、ウイルスの毒性が特別強いわけでないことはWHO側も把握しています。

WHOは、豚インフルの発生時のようにパンデミック宣言を出すつもりがないのです。

しかし中国側は、何とかしてWHOから世界各国への緊急要請を引き出したいようにみえます。

現在のWHOは中国の強い影響下にあります。

最近では国連の関連機関には高官だけでなく職員も広範囲にわたり、中国人が占めます。

もし今後、WHOが方針を変え、何らかの緊急要請を出すことがあれば、中国からの圧力が働いたとわかるでしょう。

感染症対策については、冷静さが欠かせません。

新型、新型とマスコミは大騒ぎしますが、ウイルスに変異や新型はつきもの。

新しいウイルスだから、獲得免疫(後天免疫)のない人が多く、感染する人も当然出てきます。

しかし、新型ウイルスだからといって、皆が感染して死ぬわけではありません。

人体には、獲得免疫以前に、自然免疫(先天免疫)が備わっています。

自然免疫は、鼻水や唾液など粘液に存在し、どのような未知のウイルスや外敵にも対応できるようになっています。

人体に備わる免疫の仕組みを知らずにいたずらにウイルスを怖がるだけでは効果的な対策はできません。

2009年の新型インフル騒ぎの二の舞で、日本政府はオリンピックを前に対策費として多額の出費を強いられるのかもしれません。



 2020.01.25 病気が起こる仕組み
新型コロナウイルスって怖いの!?(3) 
 ―本当の死因「サイトカイン・ストーム」とは?


http://www.thinker-family-health.com/novel-coronavirus-3/

今回の新型コロナウイルス報道の前にも、2002年にはSARSという新型のコロナウイルスが世界中を恐怖に陥れました。

SARSも中国が感染源で、香港を中心に9千近くが感染、世界の30カ国あまりで数百名が死亡したとされますが、現在は収まっています。

SARSの後には、MERSが登場。これも新型コロナウイルスでした。

MERSは2012年にイギリスで発見され、2015年には中国、韓国だけでなく、中東諸国にまで感染が拡大したため中東呼吸器症候群と呼ばれ、恐れられました。

しかし、SARSMERSも、死亡原因を調べてみると「サイトカイン・ストーム」というワードが出てきます。

「サイトカイン」は、免疫に関係する体内物質。カラダ中の細胞から分泌される数々の生理活性物質の総称。「ストーム」は、嵐の意味。

サイトカイン・ストームとは、自分の免疫物質が体内で過剰に産生され、嵐のように吹き荒れる「自己免疫暴走」現象。

正式には「サイトカイン放出症候群」「サイトカイン過剰産生」と呼ばれます。

風邪やインフルエンザで人が死んだ話を聞くと、多くの人は、ウイルスが直接人をしたイメージを持ちます

しかし、実際はそうではありません。

死の直接的な原因は、患者自身の免疫の異常反応によるものです。

本来、命を守るはずの免疫システムが過剰に働いて、患者自身の臓器を攻撃して死に至らしめていたのです。

ウイルス感染で人が死ぬとき、特に昨日まで元気だった若い人が感染症で亡くなる場合はほとんどが、このケースです。

ウイルスは、人の免疫を過剰反応させる引き金を引いているだけなのです。

本当に恐れるべきは、未知の新型ウイルスではなく自分の免疫が暴走してしまうこと、サイトカイン・ストームだと言えます。



 2020.01.25 病気が起こる仕組み
新型コロナウイルスって怖いの!?(4)
  ―サイトカインストームを引き起こすもの


http://www.thinker-family-health.com/novel-coronavirus-4/

今回の新型コロナウイルスもそうですが、過去に恐れられた新型のコロナウイルスのSARSMERSも新型インフルもすべて、死亡者の多くにサイトカイン・ストームが起きた形跡が発見されています。

ウイルスによって刺激された患者の免疫系が過剰に反応してしまい、自分自身の脳や肺などの臓器を攻撃し、死因となる脳症や肺水腫を起こしていたのです。現代の多くの人の免疫系は正常に機能していません。

もともと遺伝的に免疫系に異常を抱えている人もいれば、病気を抱えていたり、栄養不良の状態にあったり加齢による高齢で、免疫がっています。

人体は免疫が弱っていると、免疫システムのうち、まだ元気に機能できる他の部分が過剰に反応して免疫力の不足を補うようになっています。

サイトカイン・ストームは、生まれつきの体質、ウイルスなどの外敵や刺激に対し、免疫が過剰反応してしまう遺伝的要因のほか、解熱剤(一部の鎮痛剤)や過去に接種したワクチンが原因でも起きます。

中でもとくに気をつけたいのは、解熱剤。


解熱剤で一部の免疫機構を極端に抑えてしまうと、別の免疫機構を暴走させることになります。

サイトカイン・ストームのような免疫暴走を起こさない解熱剤は、アセトアミノフェン系のものです。

そのため、小児用解熱剤として推奨されるのはアセトアミノフェノン系だけです。

その他の種類、ロキソニン、アスピリンなどの解熱剤は、サイトカイン・ストームを起こすリスクがあります。

これらの解熱剤は、小児やまだ免疫が強く働く若い人には危険です。

大阪市大の研究でも、解熱や痛み止めに処方されるロキソニンのような「非ステロイド性抗炎症剤」が、サイトカインによる薬剤性小腸傷害を起こすことを内視顕微鏡で確認されています。

危険なのはウイルスでなく、クスリの乱用。

新型ウイルスは、常にどこかで発生するもの。

本当のリスクはもっと身近にあるのです。

避けるべきは、クスリやワクチンの乱用で、自分の免疫システムを乱してしまうことなのです。



 2020.01.25 病気が起こる仕組み
新型コロナウイルスって怖いの!?(5) 
 ―サイトカインストーム死因説に否定的な医学界

http://www.thinker-family-health.com/novel-coronavirus-5/

今回の新型コロナウイルスの危険性について本当の危険が、患者側の免疫応答の異常にあることを訴える専門家は、テレビに出てきません。

医学の専門家で、この重大な観点を述べる人は非常に少ないのです。

それは、なぜでしょう?

理由は、いろいろありますが、一つは、無知です。これは医学教育に問題があります。

医学教育では、免疫の仕組みについて包括的に学びません。

学ぶのは、おもに病理学です。

この病理学は、「全ての病気=悪⇒治すべきもの」という固定観念に縛られた学問です。

単に医学教育を受けただけの人の頭の中は、「全てのウイルスは悪」という単純で一面的な見方しかできない思考回路が形成されています。

一方、ウイルスに関しても多方面の知識や経験があれば、それが単に悪者ではなく、意味があって存在しており、人間にとっても、有用な働きを持っていることがわかります

赤ちゃんはよく風邪など感染症にかかります。

例えば、感染症の中でも、麻疹には排毒作用があります。

赤ちゃんは、麻疹にかかることで妊娠中や母乳から入った動物性の不要物や毒素を排出し、カラダをきれいにし、丈夫なカラダを得ていました。

かかる子どもには必要があって、感染症にかかっていたのです。

子育てにおいても、子どもの成長を観察していると、風邪にかかって治った後で、急に話す言葉数が増え、語彙力が上がるなど、その変化に驚くことがあります。

感染症を機に、子どもが成長することがあるのです。

このように、感染症の働きを経験的に知っている文化では、感染症にかかる事を必ずしも悪とみなしません。

水疱瘡にかかった子がいると、その子の所に行って水疱瘡をもらうといったことも、以前の子育てではよく見られた光景です。

水疱瘡と帯状疱疹のウイルスは同じです。

高齢者においては、水疱瘡にかかった子どもと頻繁に接触することで帯状疱疹の突発的な発現が予防されているという研究もあります。

水疱瘡にかかる子どもが少なくなり、高齢者と子どもの関わりも少なくなった現代、帯状疱疹で苦しむ高齢者が増えています。

このような事態は、ウイルスを害悪視して排除するだけでは解決できない問題です。

現代医学は、全ての病気が悪でこれらは全て、クスリをはじめとする治療で完全に制圧しなければならないという発想に憑りつかれています。

その結果は、皮肉なことに病人の数も病気の種類も増え続ける一方です。

にもかかわらず、いまだにウイルスや病気を害悪視するだけで、クスリの害について、何とか隠し通そうとするのです。

例えば、スペイン風邪の死因などです。

スペイン風邪は、今から100年前、世界で最も多くの死者を出したインフルエンザ。その感染規模は、世界中で感染者5億人、死者は、推定5千万~1億人と言われます。

通常の風邪やインフルの流行では、子どもやお年寄りなど、免疫の弱った弱者の死亡が多いのですが、スペイン風邪では、若い人の死者が多いという特殊な事例でした。

この死因に関しては、薬剤によるサイトカイン・ストームが強く疑われます。

というのも、免疫の暴走は、免疫の強い若い人によく見られる現象だからです。

当時、解熱剤としてよく処方されていたアスピリンには、サイトカインの過剰産生を起こすことが現在、判明しています。

しかし、医学界の多数は、アスピリン薬害説を否定します。

ロシアや日本で行われた複製ウイルス(人工ウイルス)による動物実験の結果を引き合いに出し、あくまで原因はウイルスにあるとしているのです。

スペイン風邪の死者の多くは、アスピリンを服用していたことがわかっています。

そして、現在、アスピリンの薬剤添付文書には消化性潰瘍、浮腫など、サイトカインの過剰産生で起きる数々の副作用が明記されています。

アスピリンがサイトカインを過剰産生し、免疫系のバランスを乱し、多臓器不全を起こすことを確認しながらも医学界は、サイトカイン・ストーム死因説をやっきになって否定するのです。

サイトカイン・ストーム説を認めれば、スペイン風邪は史上最大の薬害事件になるでしょう。

そして、今後の感染症対策には大きな転換が迫られます。

またアスピリンは現在でも処方されており、製薬企業との結びつきを考えたら、医学界は、サイトカイン・ストーム説を否定しなければならないわけです。

しかしながら、一部の真摯な研究者は、風邪やインフルによる若年死だけでなく、自己免疫疾患をはじめとする数々の難病など、その他多くの病気の実際の原因が、サイトカインの過剰産生にあることを研究や論文で報告しています。


貼り付け終わり、パチパチ~大拍手!


*禿同!

免疫の異常反応(サイトカイン・ストーム)が危険だ
>ウイルスが直接、人を殺したイメージを持ちます。
>死の直接的な原因は、患者自身の免疫の異常反応によるものです。
>ウイルスは、人の免疫を過剰反応させる引き金を引いているだけなのです。
・この機序は特に大切な認識ですねm(_ _)m

アスピリンには、サイトカインの過剰産生を起こすことが現在、判明しています。
・おいらはアスピリンを最後の手段として使う場合が有るので、今後は心して使用しますm(_ _)m


*2020/4/5追記:
3月14日にフランスの保健相が「イブプロフェンは新型コロナ感染症を悪化させる恐れがある」とツイッターに投稿
 ↓
新型コロナの発熱にイブプロフェンは避けるべき?
一部の高血圧の薬にも重症化リスクが指摘され、欧米で議論

2020/3/25
https://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/14/091100031/032400670/


マツモトキヨシ
https://www.matsukiyo.co.jp/store/online/search?category=0011010103
イブプロフェン主剤47商品:ライオン バファリン、エスエス製薬 イブA錠、大正製薬 ナロンエースT ・・・














関連記事
コメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の80代 ♂、
朝が迎えられたことに感謝!
小便が出る事に感謝!
おまけの人生を楽しんでまーす(^^♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に、ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ウイルスは怖くない  (24)
ワクチン・ウイルス (121)
新型コロナウイルスとは (40)
新型コロナウイルス(2019-nCoV) (329)
新型コロナワクチン:仕組み&副反応 (305)
2019-nCoVの特効薬 (51)
予防接種を拒否する方法 (17)
下痢・ノロウイルス (11)
狂犬病 (7)
MMS (2)
刺青 (1)
梅毒 (4)
イヤシロチ化 (2)
重曹 (3)
かゆみ (1)
ソマチッド・ケイ素・テラヘルツ鉱石 (20)
子宮頸ガンワクチン&添加物 (56)
カンジダ症:リーキーガット症候群、癌 (20)
がん、ガン、癌、悪性腫瘍 (64)
ヒート・ショック・プロテイン (1)
ラプンツェル症候群 (1)
パーキンソン病 (1)
ミトコンドリア (3)
エボラ出血熱 (45)
多発性硬化症 (1)
光触媒 (1)
元素転換 (1)
抗生物質 (4)
除草剤 (4)
舌診 (1)
火傷 (5)
睡眠 (34)
歯 (28)
虫垂炎 (2)
骨粗鬆症 (1)
口内炎 (1)
歯周病 (4)
片頭痛 (7)
耳鳴り (3)
毛染め (4)
甲状腺 (0)
ADHD (9)
自閉症 (8)
砂糖類 (6)
コーヒー (21)
タバコ (3)
胆石 (2)
肺 (4)
死 (76)
不食 (4)
断食 (8)
美容 (4)
風邪 (6)
輸血 (4)
蜂毒 (15)
日本蜜蜂 (47)
蜂蜜の効用 (9)
月経は無いのが自然 (4)
更年期症状 (3)
母子手帳 (2)
フッ素 (7)
漢方薬 (26)
静脈瘤 (1)
白内障 (2)
花粉症 (8)
重金属毒 (2)
玄米菜食 (3)
心臓疾患 (4)
生卵は駄目 (4)
細胞の脳 (20)
腸内細菌 (5)
自己免疫疾患 (8)
腸:免疫システム (22)
第7の感覚・リンパ系・免疫系 (3)
ピロリ菌 (5)
多剤耐性菌 (11)
風味増強剤 (1)
キシリトール (1)
茶カテキン (3)
食品添加物 (4)
遺伝子組換え (32)
トランス脂肪酸 (2)
アスパルテーム (4)
メープルシロップ (1)
認知症&ケトン体 (39)
DNA (134)
ストレス (5)
コレステロール (1)
分子栄養学三石理論 (105)
分子栄養学(三石理論)入門編 (27)
分子栄養学(三石理論)上級編 (109)
分子栄養学(三石理論)コラム編 (18)
三石理論:医学常識はウソだらけ (1)
分子栄養学(三石理論)栄養素編 (21)
分子栄養学(三石理論):マイコプラズマ肺炎 (4)
医療・薬剤の実体(まとめ・保存版) (54)
医療・薬剤の実体(放射線) (1)
病気はクスリで作られる (7)
医療・薬剤の実体(がん) (2)
鍼灸指圧 (7)
医療・薬剤の実体 (913)
政治・経済・社会 (815)
文明800年周期 (1)
覚せい剤・麻薬 (22)
大麻 (24)
言論封殺 (0)
不正選挙 (15)
乳酸菌(豆乳ヨーグルト) (13)
グルンバ・乳酸菌軍団 (198)
飯山さん(日本仙人道) (0)
飯山一郎 保存版 (9)
飯山一郎さん (244)
乳酸菌同盟 (16)
乳酸菌 (30)
黄金の金玉団 (46)
nueqさん (3002)
達人さん (19)
宝石 (135)
写真 (147)
宇宙 (306)
物理 (69)
数学 (10)
太陽系 (29)
電磁波 (107)
宇宙全史 (24)
リザムの宇宙 (36)
銀河ネットワーク情報 (9)
その木に成って55さん (55)
シドニーおちんさん (3)
写真&未来の変え方 (22)
シドニーおちんの地図のある旅 (12)
意識を集中すると何かが起こる (3862)
飯山さん『放射性セシウムの無害化』 (3)
放射線レベルを1/10に操作 (4)
不思議な茨城県北部地震 (5)
原発再稼動&新設反対 (273)
ガイガーカウンター (4)
モルジェロンズ病&ケムトレイル (16)
ケムトレイル観察紀行(写真) (34)
ケムトレイル・気象操作 (313)
ケムトレイル保存版 (91)
HAARP (43)
サバイバル(術編) (233)
放射能「ぶらぶら病」 (6)
放射能被曝による鼻血 (46)
ホルミシス効果(放射能) (1)
放射能からのサバイバル (337)
放射能からのサバイバル 保存版 (20)
分子栄養学(三石理論)放射性物質対策 (1)
サバイバル「三脈の法・眼脈の法」 (10)
八ッ場は毒ヒ素ダム (1)
シオンの議定書 (2)
お金の仕組み (12)
ネットは危険 (222)
日本国支配 (26)
大東亜戦争 (1)
ノーベル賞 (1)
STAP細胞 (137)
ビルゲイツ 軽井沢別荘 (6)
フルベッキ写真 (0)
老子「道徳経」 (4)
奥の院:保存版 (55)
奥の院 (68)
バランサー:工作員 (11)
日月神示~奥の院 (4)
ユダヤと世界の歴史 (7)
会社化で支配 (28)
エンパス (1)
韓国関連 (0)
日本自立 (20)
偽旗作戦 (2)
集団ストーカー (89)
経済 (115)
間違い (18)
アヌンナキ (4)
地球なんでも鑑定団 (12)
温暖化:原発温排水 (5)
台風15号 (34)
NBBさん (3)
未分類 (5416)
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

                         悪がきboy's ベル&タイガー

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々

光軍の戦士のブログ
検索フォーム
リンク
飯山です