FC2ブログ

人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

★ミラーワールド:ARが生み出す巨大プラットホーム

ミラーワールド:ARが生み出す巨大プラットホーム <newsNueq-2084>より転載します。
貼り付け開始

本当は、2100号でお送りしたい、とても重要な内容。
長いですが、じっくりお読みください。

   
 WIRED
 ミラーワールド:ARが生み出す巨大プラットホーム
 --------------------------------------------------------------------
 https://wired.jp/special/2019/mirrorworld-next-big-platform
 2019.06.13 Thu 08:00

〈インターネット〉の次に来るものは〈ミラーワールド〉だ ── 。

 現実の都市や社会のすべてが1対1でデジタル化された鏡像世界=ミラーワールドは、
 ウェブ、SNSに続く、第三の巨大デジタルプラットフォームとなる。

 世界がさまざまな手法によってスキャンされ、デジタル化され、
 アルゴリズム化されていく過程に生まれるミラーワールドへと、人類はダイヴしていく。

 ケヴィン・ケリーによるWIRED US版カヴァーストーリー。
( 雑誌『WIRED』日本版VOL.33より転載 )


  カヴァーストーリーなので、長文です。
   抜粋文も。。。(^o^)ゞ
 
 < 抜粋 >

 マジックリープが2018年に発売したARゴーグル、
 「 電源を入れたら、クジラの鳴き声が聞こえたんだ。
  でもどこにもいない。
  オフィスを見回してみたよ。
  そうしたら、窓の外を泳いでいるんだ。
  建物の外をクジラがだよ!
  つまりこのヘッドセットはぼくがいる部屋をスキャンして、
  そこにある窓をポータルと認識したんだ。
  それで、室内から外の通りに向かって
  クジラが泳いでいくかのようにレンダリングしたわけさ。
  ホントにぶったまげたよ 」。
 ゴーグルの向こう側に垣間見たもの、それこそが、ミラーワールドだ。

 ミラーワールドはまだ完全に存在するわけではなく、まさに誕生しつつあるものだ。
 近い将来、現実世界(リアルワールド)にあるすべての場所やモノ
 ── すべての道路、街灯、建物、部屋── の実物大のデジタルツインが
 ミラーワールドに存在するようになる。
 いまはまだ、その片鱗をARヘッドセットを通して見ているに過ぎない。
 ひとつまたひとつと、ヴァーチャルな断片が縫い合わさり、
 ついには現実世界のパラレルワールド版として、開かれた永続的な場所が形づくられるのだ。


 Google Earthは長らく、このミラーワールドがどんなものなのか、
 そのヒントを提示してきた。

 友人のダニエル・スアレスはベストセラーSF作家で、
 『 Change Agent 』の一場面では、マレーシアの海岸で逃亡劇が繰り拡げられる。
 そこで描かれる海岸沿いの道路に並ぶレストランや風景が、
 わたしが最近ドライヴしたときに見たものとまったく一緒だったので、
 彼にいつ現地に行ったのかと尋ねてみた。

 「 あぁ、マレーシアには行ったことがないんだ 」
 と言って、彼はきまり悪そうに笑った。
 「 コンピューターに3つのモニターをつないでいるんだけど、
  その状態でGoogle Earthを開いたんだ。
  それでマレーシアの高速AH18号線を、ストリートビューで幾晩かドライヴしたのさ 」。


 ミラーワールドの建設はすでに始まっており、
 世界中のテック企業の科学者やエンジニアたちが、
 現実世界に重ねるヴァーチャル世界を建設しようとしのぎを削っている。
 何より重要なのは、こうして現れつつあるデジタル版ランドスケープが、
 本物のように感じられることだ。

 ミラーワールドでは、ヴァーチャルな建物は体積をもち、
 ヴァーチャルな椅子には“椅子らしさ”を感じる。
 また、ヴァーチャルな街路からは、テクスチャー、
 段差や凹みも相まって“道らしさ”が伝わってくる。


 ミラーワールドという言葉を最初に拡めたのは、
 イェール大学のコンピューター科学教授デイヴィッド・ガランターだ。

 ミラーワールドではまるで現実世界と同じように、
 相互にやりとりし、操作し、経験することができる。



 テクノロジー分野における第一の巨大プラットフォームはウェブだった。
 情報をデジタル化し、知識をアルゴリズムの原動力に変えた。
 このプラットフォームは、グーグルに支配されるようになった。

 第二の巨大プラットフォームは基本的には携帯電話上で展開されているソーシャルメディアだ。
 人々をデジタル化し、人間の行動や関係性をアルゴリズムの原動力に変え、
 FacebookとWeChatによって支配されている。

 そしていまや、第三のプラットフォームの幕開けの段階にある。
 そこでは、世界の残りすべてがデジタル化されるだろう。
 このプラットフォームでは、マシンがあらゆるモノや場所を認識できるようになり、
 アルゴリズムの原動力に変えられる。

 この巨大な第三のプラットフォームを誰が支配するにせよ、
 ふたつのプラットフォームをこれまで支配した人物や企業と同じく、
 史上最も裕福で権力をもつ存在になる。


 ■ ポケモンGOに見えた片鱗

 ミラーワールドのアルファ版である「 ポケモンGO 」は、
 2016年にローンチされるや、少なくとも世界153カ国で
 数億人に及ぶプレイヤーに受け入れられた。
 開発企業であるナイアンティックの創業者ジョン・ハンケは
 もともと、Google Earthの元となった技術の開発を率いた人物だ。

 ミラーワールドの片鱗が垣間見られる場はゲームだけではない。
 マジックリープとAR分野で競合するマイクロソフトは、
 ARデヴァイス、HoloLens(ホロレンズ)を2016年に発売している。
 HoloLensはヘッドストラップにマウントされた透過ヴァイザーだ。
 まるでパソコンやテレビの画面のようなヴァーチャルスクリーンが目の前に現れるのだ。


 ■ すべてのものが“デジタルツイン”をもつ

 GEはNASAのやり方を拝借し、それぞれの機械のデジタルツインをつくり始めたのだ。
 例えばシリアルナンバーE174のジェットタービンには、
 それに対応するドッペルゲンガーが存在する。

 家具小売のWayfairのアプリを使えば、ユーザーはヴァーチャル家具を自分の部屋に配置できる。
 ヴァーチャルなソファを書斎に置き、それを室内の別の場所に動かしてみたり、
 生地を替えてみたりできるのだ。
 アプリに表示されている家具は、実物にかなり近い。
 買い物客がこうしたサーヴィスを自宅で試した場合、11倍の確率で購買に結びつく。
 これを、「 インターネットがスクリーンから現実世界へと移動した 」と表現した。

 スタートアップ企業の6D.aiは、
 大きな物体をリアルタイムに見分けるARアプリを開発するプラットフォームをつくった。
 このアプリを使って街路の写真を撮れば、クルマは一つひとつ別々に認識され、
 クルマの背後にあるお店の入り口も認識される。
 つまり、世界が意味ごとに分類されるのだ。


 AR(拡張現実)はミラーワールドを支えるテクノロジーだ。
 生まれた当初はヨチヨチ歩きだったこのテクノロジーは、やがて巨人へと成長するだろう。

 ミラーワールドが完全に花開くには、
 安価で常に装着するタイプのウェアラブルグラスの登場を待たなくてはならない。
 巨大テック企業のどこかが、まさにそんなプロダクトを
 開発しているのではないかという憶測が高まっている。
 アップルはAR人材をお祭りのように採用していて、
 薄くて透明な「スマートグラス」用レンズに特化したスタートアップを買収している。
 「 ARはすべてを変え、それは大規模なものになるでしょう。
  アップルは、この分野を牽引する真にユニークな立場にあると思っています 」
 とCEOのティム・クックは2017年に述べた。


 ■ 惑星全体をカメラで埋め尽くす

 ミラーワールドにつながったものはすべて、
 相互につながった環境内にあるすべてのものを見ることができ、また見られることになる。

 時計は椅子を検知し、
 椅子はスプレッドシートを検知し、
 メガネは袖の下に隠れた時計でさえ検知する。
 タブレットからはタービンの中を見ることができ、
 タービンは周囲で働く人々を見ている。

 地球と同じサイズの地図を3Dで再構築するためには、
 すべての場所のすべてのモノを、考えられ得るあらゆるアングルから、
 すべての時間軸で撮影する必要がある。
 それはつまり、この惑星全体を、
 常時オンの状態のカメラで埋め尽くさなければならないということだ。


 新しいテクノロジーは、新しいスーパーパワーをわれわれに与える。
 ジェット機によって超高速を手にし、
 抗生物質によって治癒のスーパーパワーを手にし、
 ラジオによってそれまでには考えられないような聴覚を手にしたように、
 ミラーワールドは、これまであり得なかった視覚を確実に与えてくれる。


 ■ 「 歴史 」は動詞になる

 だが、最も重要なのはロボットもこの世界を見るようになるということだ。

 ロボットが忙しない街の通りを歩くようになると、
 そのシリコン製の目や頭で見た景色は、ミラーワールド版の街路になる。
 ロボットは道を通り過ぎる人々の動きをリアルタイムで見るようになる。
 これはAIが運転するクルマも同じことだ。

 ミラーワールドにおいても、おそらくヴァーチャルなボットが出現する。
 SiriやAlexaといったエージェントは、見ることも見られることも可能な3Dフォームになる。

 「 ブレードランナー2049 」にその「 完成版 」が登場している。


 物体の位置と役割だけでなく、時間に干渉することもできるようになるだろう。
 例えばわたしがハドソン川沿いを歩いているとしよう。
 本物のハドソン川だ。わたしは鳥の巣があることに気がついて、
 バードウォッチング好きの友人に知らせたいと思うとする。
 そこでわたしは友人宛てのヴァーチャルなメモを川沿いのその小道に残していく。
 そのメモは、友人がそこを通るまでずっとそこに残っている。

 ミラーワールドにおいて時間とは、調整可能な次元となる。
 時間をスクロールして巻き戻すことができる。

 「 歴史 」は動詞になる。
 スワイプひとつで、時間を遡れて、どんな場所であっても、
 その地でそれ以前に起きた出来事を見られるようになる。
 例えば19世紀の景色を、現在のリアルな景色に重ねて再構築することができるだろう。
 アーティストたちは、その場所の未来ヴァージョンをその場につくりあげるかもしれない。
 そういう意味では、ミラーワールドとは4Dの世界だと言うのが妥当かもしれない。

 このプロジェクト、2001年に僕は取り掛かったが
   その規模とあまりの煩雑さに断念した経緯がある。


 ■ 脱中央集権化モデルに向けて


 これまでのウェブやSNSがそうだったように、
 ミラーワールドが展開され成長するにつれて、
 意図しなかった問題や、思ってもいなかった恩恵を生み出すだろう。

 わたしはインターネットの商用利用が禁止されていた時代を知っている世代だ。
 それは、成長するにはあまりにも禁欲的だった。

  しかし、一番楽しく、幸せな時代でもあり、善意の世界だった。


 もし人々のアテンションを集めることが唯一のビジネスモデルとなるのなら、
 それは悪夢となるだろう。
 この世界でははるかに高い解像度で追跡され操作され得るからだ。
 そこでは人々は容易に搾取の対象となってしまうだろう。
 この力学はまた、「 勝者総取り 」型であるとも認識されている。

 長い目で見れば、ミラーワールドは水道や電気、ブロードバンドのような
 ユーティリティとなる場合にのみ存続できるだろう。
 つまり、毎月定額料金を払って利用する場合だ。


 二重の世界を歩くことが、身体的にも精神的にも深刻な影響を与えることは、
 サイバースペースやVRの世界に住んだ経験を基に、すでに周知の事実だ。
 そもそも、ARによる錯覚を引き起こす正確な認知メカニズムさえも理解できていないのだ。


 ミラーワールドが抱えるリスクの多くは簡単に想像できる。
 理想としては、支配的企業のようなビッグブラザーの介入なしに、
 参加者全員に開かれた方法でそれができるといいだろう。
 ブロックチェーンならそれができるかもしれない。

 残念なのは、政府などによってミラーワールドが
 徹底的に中央集権化されていくシナリオも、想像に難くないことだ。

 わたしが話したこの分野の研究者たちはこれらの分岐点を強く意識し、
 ひとりの例外もなく脱中央集権化モデルに向けて取り組んでいると主張していた。


 ミラーワールドはプライヴァシーについても大きな懸念を呼ぶだろう。
 この空間領域では、すべての場所とすべてのモノの
 デジタルツインが現実の場所やモノと同調し、
 かつ万人に見えるようにレンダリングされる。
 それが機能するためには、ある程度人々やモノをトラッキングすることが必要とされ、
 その状態は完全監視国家以外の何物でもない。

 そうしたビッグデータの亡霊には思わず尻込みしてしまうだろう。


 教訓となる経験はすでにいくつかある。
 そのよい例が、データを扱うあらゆる主体に透明性と説明責任を課すことだ。
 情報の対称性を確保することで、監視人たち自らも監視されることになる。
 また、データをつくる人(つまりあなたやわたし)が
 システムから金銭的利益を含め明確な恩恵を受けるよう、
 断固求めていかなければならない。

 願わくは、ミラーワールドが先行して、この問題を最初に解決する場となってほしい。


 ■ 人類の最も偉大な功績

 インターネット黎明期から、デジタル世界は実体をもたないサイバー空間として認識されてきた。

 物理的な形から解き放たれた無限の自由があるという感覚、
 摩擦も、重力も、慣性も、そのほかわれわれを縛り付ける
 あらゆるニュートンの定理からも自由だった。

 ミラーワールドは、その道筋をひっくり返す。

 すべての物体には対応するビット情報が含まれるという事実を、
 やがてわれわれは当然のことだと思うようになるだろう。
 それはあたかも、あらゆるアトムにはそのゴーストがあり、
 あらゆるゴーストにはシェル(外殻)があると認識するようなものだ。


 やがて、地球と同じサイズの、現実とヴァーチャルが融合した世界が完成するだろう。
 それは人類の最も偉大な功績となり、何十億という人々にとって
 新しいレヴェルの富、新しい社会問題、数えきれないほどの新しい機会を生み出すはずだ。
 この世界を築くための専門家はまだ存在しない。
 あなたにだって、まだチャンスがあるというわけだ。


今回の内容は久しぶりに本来の WIREDらしい素晴らしい切り口の含蓄に富んだものでした。
ここに書かれているように「 ミラーワールド 」の構築で世界は様変わりするでしょう。

まさに、MATRIXの世界であり、インセプションの世界の到来。

今回は下記に < 関連情報 > をたくさん並べました。
上記の内容と、索引としての < 関連情報 > を関連付けた時、
その立体的な未来図が立ち上がってきます。
いずれ「 ミラーワールド 」に修練されていく
開発途上の最新テクノロジーが散りばめられています。
じっくりと眺めてみてください。

好むと好まざるに関わらず、避けられない未来が間近に迫っています。



関連情報

  < newsNueq-1444:映画的現実:究極のARヘッドセット「 マジック・リープ 」 >
  < newsNueq-1773:米軍 ホロレンズ( AR )10万台をマイクロソフトに発注:実戦配備 >
  < newsNueq-1520:ARで3m洪水をシミュレート >
  < newsNueq-1494:身を置く、未体感4次元デジタルアート・ミュージアム「 チームラボ 」 >

  < newsNueq-1730:現実との境界を破るAIのGANテクノロジー >
  < newsNueq-278 :自己学習して突き進む DeepMind の AIフィギュア >
  < newsNueq-1406:AIフェイク動画戦争 第2幕が封切り >
  < newsNueq-1281:観客の「脳波」が作り出す新しい映画表現「ザ・モーメント」 >
  < newsNueq-1474:脳波で操作:96ミリ秒で85%精度を達成 >
  < newsNueq-448 :FaceBook、脳で操作するコンピューター技術を開発へ >
  < newsNueq-1066:頭の中の言葉を読み取るマシン出荷予定 by MIT >
  < newsNueq-1475:意識のアップロードの実現、20年後も夢ではない >

  < newsNueq-2044:世界の森林破壊推移を視覚化したランドサット+Google Earth Engine >
  < newsNueq-2045:Google Earth Engine :森林破壊が一目瞭然 :古代アマゾン文明 >
  < newsNueq-1469:5分で構築できる個人物流倉庫と配送網「 minikura 」 >
  < newsNueq-1825:血管内を自在に移動する折り紙ナノロボット >
  < newsNueq-1605:37兆個の細胞アトラスが、生命・医学を根底から変革する>
  < newsNueq-1709:脳辞書 brain dictionary ブレイン・ディクショナリー >

  < newsNueq-1094:脳とコンピューターの結合、最大の危険とは >
  < newsNueq-1988:人間はハックされる動物である >
  < newsNueq-1563:次世代の選挙運動は有権者の「脳」をハックする >
  < newsNueq-1498:指先から感情を読み取るAI >
  < newsNueq-349 :顔認識組込TVがあなたの心まで丸裸に( iPhoneの顔パス ) >
  < newsNueq-447 :FacwBookの辣腕AI交渉人は相手の心を読みウソもつく >
  < newsNueq-1632:バイドゥが機械「 同時通訳 」の道開く >
  < newsNueq-1485:ネットによる政治的分断の影響をビジュアル化 >

  < newsNueq-948 :ダボスの主題は「 AI専制政治 」だった >
  < newsNueq-814 :スティーブ・ジョブスは裏切り者 >
  < newsNueq-1759:MITとFaceBookがワンワールド住所策定 >
  < newsNueq-1758:FaceBook 個人の行動予測プログラムを開発 >
  < newsNueq-1435:政府、顔認証 = 畜人化推進 >
  < newsNueq-1878:顔認識技術が使用禁止に? @シスコ >
  < newsNueq-1872:顔から遺伝的疾患を見抜くAI「DeepGestalt」 精度は90%以上 >
  < newsNueq-1833:借金している人が近くにいると知らせるアプリ:中国で登場 >
  < newsNueq-1559:Society5.0:日本政府の国民チップ埋込み計画 >
  < newsNueq-819 :「1984」を超えた中国の「 デジタル・レーニン主義 」 >
  < newsNueq-1871:中国 250万人の顔情報流出 >
  < newsNueq-1804:市場シェア5割超!:「 もう1つの Amazon 」の正体 >
  < newsNueq-1564:ビッグデータ「取引所」10月始動 >

  < newsNueq-193 :インターネットがシャットダウンする日 >
  < newsNueq-1434:サイバーパールハーバー近し! >
  < newsNueq-411 :25日の大規模ネット障害演習 provide by Google >
  < newsNueq-226 :再び大規模サイバー攻撃、欧米企業など被害 先月の攻撃と類似も >

  < newsNueq-1880:トランスヒューマニズム >
  < newsNueq-1523:インターネットのあの美しき理想はどこへ消えたのか? >
  < newsNueq-700 :ネット主権 と ネット中立性の終焉 >
  < newsNueq-801 :ネット監視と情報操作、そして中立性撤廃 >
  < newsNueq-1421:民主主義と自由権はそろそろ終わるかもしれない >
  < newsNueq-1111:民主主義の危機 >
  < newsNueq-999 :白蟻化から大腸菌化へと向かう人類 >

  < newsNueq-2079:EU選挙で緑の党が大躍進の理由
  < newsNueq-671 :「 カプセルネットワーク 」と云う新しい概念 >
  < newsNueq-419 :インターネットに変わるブロックチェーンネット >
  < newsNueq-1485:世界を支配する「データ王」GAFを止めるのは誰か >
  < newsNueq-1439:グーグルに現在地の追跡を「本当に」止めさせる方法 >
  < newsNueq-1478:EU、著作権保護法案を否決 >>
  < newsNueq-397 :ミュータンティズム 〜 AI時代の哲学 >


                               nueq

貼り付け終わり、ニュークさん解説。


ポケモンGOの先にあって、
>好むと好まざるに関わらず、避けられない未来が間近に迫っています。
・と、いうことで、おいらはお先に失礼いたしますw








関連記事
コメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
もうすぐ花の80歳 ♂、
朝が迎えられたことに感謝!
小便が出る事に感謝!
おまけの人生を楽しんでまーす(^^♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に、ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ウイルスは怖くない  (21)
ワクチン・ウイルス (72)
下痢・ノロウイルス (9)
新型コロナウイルス(2019-nCoV) (172)
狂犬病 (1)
MMS (2)
イヤシロチ化 (1)
ソマチッド・ケイ素・テラヘルツ鉱石 (18)
子宮頸ガンワクチン&添加物 (56)
カンジダ症:リーキーガット症候群、癌 (15)
がん、ガン、癌、悪性腫瘍 (52)
予防接種を拒否する方法 (3)
ヒート・ショック・プロテイン (1)
パーキンソン病 (1)
ミトコンドリア (1)
エボラ出血熱 (45)
多発性硬化症 (1)
光触媒 (1)
元素転換 (1)
抗生物質 (2)
舌診 (1)
火傷 (5)
睡眠 (5)
歯 (28)
虫垂炎 (1)
骨粗鬆症 (1)
口内炎 (1)
歯周病 (3)
片頭痛 (1)
毛染め (4)
甲状腺 (0)
ADHD (3)
自閉症 (6)
砂糖類 (3)
コーヒー (5)
タバコ (3)
胆石 (2)
肺 (0)
死 (23)
不食 (4)
断食 (5)
美容 (2)
風邪 (4)
輸血 (3)
蜂毒 (14)
日本蜜蜂 (47)
蜂蜜の効用 (5)
月経は無いのが自然 (2)
更年期症状 (2)
母子手帳 (2)
細胞の脳 (5)
フッ素 (5)
漢方薬 (8)
静脈瘤 (1)
白内障 (2)
花粉症 (4)
ピロリ菌 (5)
重金属毒 (1)
玄米菜食 (2)
心臓疾患 (2)
生卵は駄目 (3)
多剤耐性菌 (11)
風味増強剤 (1)
キシリトール (1)
茶カテキン (2)
食品添加物 (3)
遺伝子組換え (28)
第7の感覚・リンパ系・免疫系 (3)
腸:免疫システム (13)
自己免疫疾患 (7)
トランス脂肪酸 (2)
アスパルテーム (3)
メープルシロップ (1)
認知症&ケトン体 (8)
DNA (33)
分子栄養学三石理論 (104)
分子栄養学(三石理論)入門編 (27)
分子栄養学(三石理論)上級編 (109)
分子栄養学(三石理論)コラム編 (18)
三石理論:医学常識はウソだらけ (1)
分子栄養学(三石理論)栄養素編 (21)
分子栄養学(三石理論):マイコプラズマ肺炎 (4)
医療・薬剤の実体(まとめ・保存版) (53)
医療・薬剤の実体(放射線) (1)
病気はクスリで作られる (4)
医療・薬剤の実体(がん) (2)
鍼灸指圧 (6)
医療・薬剤の実体 (892)
政治・経済・社会 (695)
文明800年周期 (1)
覚せい剤・麻薬 (17)
大麻 (19)
言論封殺 (0)
不正選挙 (14)
乳酸菌(豆乳ヨーグルト) (13)
グルンバ・乳酸菌軍団 (198)
飯山さん(日本仙人道) (0)
飯山一郎 保存版 (9)
飯山一郎さん (244)
乳酸菌同盟 (16)
乳酸菌 (29)
黄金の金玉団 (46)
nueqさん (1312)
達人さん (17)
宝石 (119)
写真 (125)
宇宙 (206)
物理 (54)
数学 (4)
太陽系 (9)
電磁波 (96)
宇宙全史 (24)
リザムの宇宙 (36)
銀河ネットワーク情報 (9)
その木に成って55さん (55)
シドニーおちんさん (3)
写真&未来の変え方 (22)
シドニーおちんの地図のある旅 (12)
意識を集中すると何かが起こる (3854)
飯山さん『放射性セシウムの無害化』 (3)
放射線レベルを1/10に操作 (4)
不思議な茨城県北部地震 (4)
原発再稼動&新設反対 (220)
ガイガーカウンター (4)
モルジェロンズ病&ケムトレイル (14)
ケムトレイル観察紀行(写真) (34)
ケムトレイル・気象操作 (272)
ケムトレイル保存版 (51)
HAARP (35)
サバイバル(術編) (167)
放射能「ぶらぶら病」 (5)
放射能被曝による鼻血 (46)
ホルミシス効果(放射能) (1)
放射能からのサバイバル (329)
放射能からのサバイバル 保存版 (19)
分子栄養学(三石理論)放射性物質対策 (1)
サバイバル「三脈の法・眼脈の法」 (7)
八ッ場は毒ヒ素ダム (1)
シオンの議定書 (1)
お金の仕組み (11)
ネットは危険 (111)
日本国支配 (24)
大東亜戦争 (1)
ノーベル賞 (1)
STAP細胞 (137)
ビルゲイツ 軽井沢別荘 (5)
フルベッキ写真 (0)
老子「道徳経」 (4)
奥の院:保存版 (49)
奥の院 (66)
バランサー:工作員 (8)
日月神示~奥の院 (3)
ユダヤと世界の歴史 (6)
エンパス (1)
韓国関連 (0)
日本自立 (0)
偽旗作戦 (1)
集団ストーカー (77)
経済 (87)
間違い (18)
アヌンナキ (4)
地球なんでも鑑定団 (12)
台風15号 (33)
未分類 (1448)
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々

光軍の戦士のブログ
検索フォーム
リンク
飯山です