FC2ブログ

人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

★老化への挑戦:クロスリンク老化説!

分子栄養学(三石理論):【老化への挑戦】メグビーメールマガジンVol.109,2019年5月号より転載します。
貼り付け開始

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●特集
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三石巌の書籍で、現在絶版のため読むことができない物の中からご紹介させていただきます。
 
三石巌全業績 17
 老化への挑戦
 
「 クロスリンク老化説」
 老化といういまわしい現象をすべての人に押しつける悪役として活性酸素が指名手配されることになったのは、ごく新しいことである。1969年に、フリドビッチとマッコードの両人によって活性酸素除去酵素SODが発見されて以来のことなのだからだ。

 老化に関する本はいくつもあるが、活性酸素に目を向けないものがあるのも不思議ではない。

 われわれはすでに、活性酸素の障害作用の標的として、遺伝子と生体膜との2つがあることを見てきた。ハーマンの実験で、飽和脂肪酸食をしたネズミの寿命が、不飽和脂肪酸食をしたネズミの2倍ほどになることが明らかになったが、この結果は、ラジカルによる生体膜の損傷によると説明されている。ハーマンのラジカル老化説を証明するものとして、この実験は位置づけられた。ご承知のように、活性酸素は、多くのラジカルの中心に存在する。

 ところで、活性酸素の標的となるものは、DNAと生体膜との2つだけではない。大きなものとして<コラーゲン>がある。このものは繊維状タンパクであって、結合組織の主役なのだ。したがって、その分布は全身的である。それだから、コラーゲンに異常がおこることは、合目的性の阻害になり、老化の促進につながるわけだ。

 老化学説はハーマンのものだけではない。その一つに<クロスリンク説>がある。これは1940年代にビョルクステンの唱えたものであって、老化説としてはハーマンよりはやい。これは加齢とともに、細胞内のタンパク質分子のあいだに橋がかかることが老化の正体であるとする仮説である。この現象は<架橋>または<クロスリンク>とよばれている。だから、この仮説がクロスリンク老化説とよばれるわけだ。

 タンパク質は活性をもって活動するものだから、これがクロスリンクでつながれたら、二人とか三人とかの人間が手錠でつながれたようになって、活動がさまたげられるというのがビョルクステンの説明である。

 それから30年ほどの歳月をへて、彼の考えたようなことが、細胞内ではなく細胞外で、コラーゲン分子のあいだにおきていることが発見された。

 老人の特徴を外見でとらえるとすれば、顔のしわ、背骨の変形などがポイントとなる。このほかにもいろいろな現象があらわれるが、骨折しやすいとか、からだが硬いとかいうのも老人の特徴である。これらはすべて、コーラゲンのクロスリンクに関係していると考えてよい。

 コラーゲンの分子を見ると、それは3本の繊維がよりあわさった形をしている。そして、三本の繊維の末端は<テロペプチド>とよばれる部分になって、よりあわさっていない。

 また、正常な状態では、そのようなコラーゲン分子が、結合組織のなかではきちんと整列している。その整列が保たれるのは、タロスリンクができているためだ。

 コラーゲン分子の三つ編み構造は、その強度のためにも弾力性のためにも不可欠の条件である。そして、このような構造をとるうえで、ビタミンCが重要な役割をもっている。ということは、ビタミンCの存在下に、コラーゲン分子にふくまれる2つのアミノ酸、すなわちリジン及びプロリンに水酸基が付加される。これがあると、3本の単位がゆるく結合して、コラーゲン特有の三つ編み構造が、自己運動的につくられるのである。

 ビタミンCの欠乏が<壊血病>の原因であることはよく知られている、このとき、血管壁のコラーゲンは、三つ編みになっていないために弱く、そこから血液がもれだす。これが壊血病の場合の出血である。

 コラーゲンは、いかだを組んだような形の構造をつくっている。この構造が角度を変えて重なるので強いのだ。コラーゲンが結合組織という丈夫な組織をつくることができるのは、このような理由による。

 コラーゲンは繊維芽細胞の分泌物であって、細胞外にある。したがって、コラーゲンを骨組とする結合組織は細胞の間にあるわけだ。われわれが経験しているように、新生児の結合組織は、みずみずしくて弱く、老人の結合組織は、弾力が低下して硬く、しかももろいのが特徴である。

 われわれが、飛んだり跳ねたり、押えつけられたり、あるいは関節を大きく動かしたりしても、体形がくずれることはない。これは、骨格があること、関節がはずれないしくみになっていること、細胞の相対位置が安定していることによる。これらはすべて、結合組織、したがってコラーゲンのおかげといってよい。

 コラーゲンは全身的に分布しているが、それがすべて同じものであるのではない。大きく分けて9種に分類されている。皮膚や骨のコラーゲンはI型である。軟骨のコラーゲンはII型、血管壁のものはIII型、腎臓の糸球体のものはIV型である。

 いずれのコラーゲンも、正常な形は三つ編みである。しかし、3本を結合する力は弱いので、少し温度をあげるとバラバラにわかれてしまう。このものがゼラチンである。ゼラチンがひえると部分的に三つ編みができてかたまる。これがゼリーである。

 ところで、クロスリンクはコラーゲンにだけできるのではない。DNA分子のあいだにもそれのできることが知られている。

 加齢に伴っておこる細胞の形態上の変化は、とくに肝臓において顕著である。そこでは、核が大きくなるとか、2つになるとか、染色体の数が2倍、3倍になるなどの異常が見られる。その一方で、細胞数の減少がおこるのである。この異常な細胞では細胞分裂ができないのにDNAの複製がおこり、それがクロスリンクをつくっている。このような細胞の機能は正常ではない。

 ここに述べたような現象は、肝細胞ばかりでなく心筋細胞や大動脈内皮細胞などにも見られるのである。DNA分子のあいだに架橋がおこるためには、接合部に異変があるはずで、それをおこすにたりるエネルギーが活性酸素から供給されることは想像にかたくない。

 コラーゲンのクロスリンクが異常に多くなり、DNAに本来なかったところのクロスリンクができるなどの現象が加齢によっておこるとすると、ビョルクステンの仮説は老化の一面を語るものといえよう。彼は、コラーゲンやDNAに的をしぼったわけではなかったが。

【三石巌 全業績 17 「老化への挑戦」より抜粋】
貼り付け終わり、


>活性酸素の標的となるものは、DNAと生体膜との2つだけではない。大きなものとして<コラーゲン>がある。
・活性酸素の発生源として最悪最強なものが「放射性物質」です。
 放射性物質による外部被曝はまだしも、飲食&呼吸によって身体に入り込んだ「放射性物質」による内部被曝は最悪です。

 311以後、最悪の状態が継続中(放射性瓦礫の広域処理も含め)です。
 東電福島第一原発事故による放射性物質の降下は現在も続いています。

 食べて応援、住んで応援、観光して応援は止めましょう!

 東電も政府もお医者さんも、だーれも教えてくれません。
 自分で勉強して、防御するより手段はありません。

★311からもうじき8年:内部被曝対処法
 https://1tamachan.blog.fc2.com/blog-entry-17327.html


★分子栄養学(三石理論)による放射性物質対策
https://1tamachan.blog.fc2.com/blog-category-51.html
放射能の内部被曝:体内に放射性物質が居座り続ける限り、24時間365日休みなく、放射線が活性酸素を発生させ続けて、DNAを傷つけます・・・


★深刻化する内部被曝と癌・脳&心疾患・奇形児:ソマチッド
https://1tamachan.blog.fc2.com/blog-entry-17115.html

*良質なソマチッドは入手困難で高騰中、ソマチッドを活性化するのは「ケイ素」ということで、懐が寂しい人は「ナノコロイド状ケイ素濃縮液=シリカエナジー」が良いでしょう。

・ケイ素は体内の不要な重金属・放射性物質・マイクロプラスチックなどを排出してくれます!








関連記事
コメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
もうすぐ花の80歳 ♂、
朝が迎えられたことに感謝!
小便が出る事に感謝!
おまけの人生を楽しんでまーす(^^♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に、ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ウイルスは怖くない  (21)
ワクチン・ウイルス (72)
下痢・ノロウイルス (9)
新型コロナウイルス(2019-nCoV) (172)
狂犬病 (1)
MMS (2)
イヤシロチ化 (1)
ソマチッド・ケイ素・テラヘルツ鉱石 (18)
子宮頸ガンワクチン&添加物 (56)
カンジダ症:リーキーガット症候群、癌 (15)
がん、ガン、癌、悪性腫瘍 (52)
予防接種を拒否する方法 (3)
ヒート・ショック・プロテイン (1)
パーキンソン病 (1)
ミトコンドリア (1)
エボラ出血熱 (45)
多発性硬化症 (1)
光触媒 (1)
元素転換 (1)
抗生物質 (2)
舌診 (1)
火傷 (5)
睡眠 (5)
歯 (28)
虫垂炎 (1)
骨粗鬆症 (1)
口内炎 (1)
歯周病 (3)
片頭痛 (1)
毛染め (4)
甲状腺 (0)
ADHD (3)
自閉症 (6)
砂糖類 (3)
コーヒー (5)
タバコ (3)
胆石 (2)
肺 (0)
死 (23)
不食 (4)
断食 (5)
美容 (2)
風邪 (4)
輸血 (3)
蜂毒 (14)
日本蜜蜂 (47)
蜂蜜の効用 (5)
月経は無いのが自然 (2)
更年期症状 (2)
母子手帳 (2)
細胞の脳 (5)
フッ素 (5)
漢方薬 (8)
静脈瘤 (1)
白内障 (2)
花粉症 (4)
ピロリ菌 (5)
重金属毒 (1)
玄米菜食 (2)
心臓疾患 (2)
生卵は駄目 (3)
多剤耐性菌 (11)
風味増強剤 (1)
キシリトール (1)
茶カテキン (2)
食品添加物 (3)
遺伝子組換え (28)
第7の感覚・リンパ系・免疫系 (3)
腸:免疫システム (13)
自己免疫疾患 (7)
トランス脂肪酸 (2)
アスパルテーム (3)
メープルシロップ (1)
認知症&ケトン体 (8)
DNA (33)
分子栄養学三石理論 (104)
分子栄養学(三石理論)入門編 (27)
分子栄養学(三石理論)上級編 (109)
分子栄養学(三石理論)コラム編 (18)
三石理論:医学常識はウソだらけ (1)
分子栄養学(三石理論)栄養素編 (21)
分子栄養学(三石理論):マイコプラズマ肺炎 (4)
医療・薬剤の実体(まとめ・保存版) (53)
医療・薬剤の実体(放射線) (1)
病気はクスリで作られる (4)
医療・薬剤の実体(がん) (2)
鍼灸指圧 (6)
医療・薬剤の実体 (892)
政治・経済・社会 (695)
文明800年周期 (1)
覚せい剤・麻薬 (17)
大麻 (19)
言論封殺 (0)
不正選挙 (14)
乳酸菌(豆乳ヨーグルト) (13)
グルンバ・乳酸菌軍団 (198)
飯山さん(日本仙人道) (0)
飯山一郎 保存版 (9)
飯山一郎さん (244)
乳酸菌同盟 (16)
乳酸菌 (29)
黄金の金玉団 (46)
nueqさん (1312)
達人さん (17)
宝石 (119)
写真 (125)
宇宙 (206)
物理 (54)
数学 (4)
太陽系 (9)
電磁波 (96)
宇宙全史 (24)
リザムの宇宙 (36)
銀河ネットワーク情報 (9)
その木に成って55さん (55)
シドニーおちんさん (3)
写真&未来の変え方 (22)
シドニーおちんの地図のある旅 (12)
意識を集中すると何かが起こる (3854)
飯山さん『放射性セシウムの無害化』 (3)
放射線レベルを1/10に操作 (4)
不思議な茨城県北部地震 (4)
原発再稼動&新設反対 (220)
ガイガーカウンター (4)
モルジェロンズ病&ケムトレイル (14)
ケムトレイル観察紀行(写真) (34)
ケムトレイル・気象操作 (272)
ケムトレイル保存版 (51)
HAARP (35)
サバイバル(術編) (167)
放射能「ぶらぶら病」 (5)
放射能被曝による鼻血 (46)
ホルミシス効果(放射能) (1)
放射能からのサバイバル (329)
放射能からのサバイバル 保存版 (19)
分子栄養学(三石理論)放射性物質対策 (1)
サバイバル「三脈の法・眼脈の法」 (7)
八ッ場は毒ヒ素ダム (1)
シオンの議定書 (1)
お金の仕組み (11)
ネットは危険 (111)
日本国支配 (24)
大東亜戦争 (1)
ノーベル賞 (1)
STAP細胞 (137)
ビルゲイツ 軽井沢別荘 (5)
フルベッキ写真 (0)
老子「道徳経」 (4)
奥の院:保存版 (49)
奥の院 (66)
バランサー:工作員 (8)
日月神示~奥の院 (3)
ユダヤと世界の歴史 (6)
エンパス (1)
韓国関連 (0)
日本自立 (0)
偽旗作戦 (1)
集団ストーカー (77)
経済 (87)
間違い (18)
アヌンナキ (4)
地球なんでも鑑定団 (12)
台風15号 (33)
未分類 (1447)
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々

光軍の戦士のブログ
検索フォーム
リンク
飯山です