FC2ブログ

人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

★明治天皇:「神道」はユダヤ教で、キリスト教はユダヤ教を完成させるものだ!

トカナ杉原千畝もびっくり、ユダヤ人と天皇家の“ヤバすぎる秘密”とは!? 日本のルーツはイスラエル「日ユ同祖論」は皇族も研究していた!2019.01.28より転載します。
貼り付け開始

https://tocana.jp/2019/01/post_19511_entry.html

杉原千畝もびっくり、ユダヤ人と天皇家のヤバすぎる秘密とは!? 日本のルーツはイスラエル「日ユ同祖論」は皇族も研究していた!の画像1
杉原千畝。画像は「Wikipedia」より引用

 第二次世界大戦中、ナチス・ドイツのユダヤ人迫害から大勢の難民を救った日本人がいた。その名は杉原千畝。「東洋のシンドラー」とも称される彼は、リトアニアのカウナス領事館の外交官という立場ながら、当時の外務省からの訓令に反し、ユダヤ人の避難民たちに大量のビザを発行したことで知られる。この勇気ある行動は今なおユダヤ人らの間で語り継がれており、近年は日本でも再評価が進んでいる。1月28日放送の「世界ナゼそこに? 日本人」(テレビ東京系)でも杉原千畝の偉業を取り上げる。

 この一件もあって、ユダヤ人と日本人の間には現在でも友好的な絆が生まれている。しかし、そのつながりは我々が思っているよりずっと古く、非常に深いものである可能性が指摘されている。日本の天皇家と古代イスラエルにつながりがあるという、いわゆる「日ユ同祖論」である。

 実は、皇室の中にもそのつながりを知り、研究していたとみられる人物がいた。2016年に薨去された三笠宮崇仁親王である。今回再掲する記事は、三笠宮崇仁親王と皇室の秘密について迫ったものである。古代、ユダヤと皇室にいかなる関わりがあったのか? その謎を解説する。
(編集部)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

杉原千畝もびっくり、ユダヤ人と天皇家のヤバすぎる秘密とは!? 日本のルーツはイスラエル「日ユ同祖論」は皇族も研究していた!の画像2
画像は「ANNnewsCH」より引用

 昭和天皇の末の弟君で天皇陛下の叔父にあたる三笠宮崇仁(たかひと)親王殿下は、古代オリエント史の学者としても知られるが、当初から研究のメインテーマが「古代イスラエル」そして「聖書」だったことは、あまり知られていない。

 天照大神を先祖とする皇族が、異国の宗教であるユダヤ教の聖典を研究されるというだけでも興味深いが、実は三笠宮殿下は、古代イスラエルと日本の皇室との関係、つまり日ユ同祖論的な学説について多大な関心を持たれ、調査されていた節があるのだ。もしも日本の天皇家と古代イスラエルにつながりがあるとすれば、日本の歴史がひっくり返る事態となる。今回は、三笠宮殿下と日ユ同祖論の謎に迫ってみたい。

■八咫鏡の裏にヘブライ語!? 三笠宮殿下は調査を約束していた

 第二次大戦時、三笠宮殿下は陸軍少佐として出征されていた。その際、敵のことをよく知ろうとキリスト教について調べられたが、聖書に記述された内容が架空の物語などではなく歴史的事実に基づいていることを知った時、そこから離れられなくなってしまったという。そして終戦後は、東大の研究生として古代オリエント史を専攻された。しかも、旧約聖書は翻訳では真意がつかみにくいという理由からヘブライ語を学ばれ、後にユダヤ人と普通に会話できるほど堪能になられたという。

杉原千畝もびっくり、ユダヤ人と天皇家のヤバすぎる秘密とは!? 日本のルーツはイスラエル「日ユ同祖論」は皇族も研究していた!の画像3
八咫鏡 画像は「Wikipedia」より引用


 やがて歴史学者になられた殿下は、昭和28年1月、日本とユダヤの関係を研究し親善を深める目的で結成された「日ユ懇話会」の会合に出席された。その席上、天皇家に伝わる「三種の神器」の一つである「八咫鏡(やたのかがみ)」の裏に、ヘブル語(ヘブライ語)で「我は在りて有る者」と書かれているという噂が話題となった。

 この話には、さまざまな逸話が残されている。明治時代に文部大臣を務めた森有礼(ありのり)も関心を持ち、伊勢神宮へと赴くと、天皇でも見ることを許されない八咫鏡を大臣の権限として特別に頼み込んで見せてもらったという。すると、そこには実際に「我は在りて有る者」を意味する文字が書かれていたというのだ。

この話に強い関心を持たれた三笠宮殿下は、いずれ調査すると語られた。このエピソードは、同席していた東京イブニングニュースの支局長がスクープして話題となったが、その後で実際に調査されたかどうかについては発表されていない。


■天皇家には何らかの秘密がある?

杉原千畝もびっくり、ユダヤ人と天皇家のヤバすぎる秘密とは!? 日本のルーツはイスラエル「日ユ同祖論」は皇族も研究していた!の画像4
イメージ画像:「Thinkstock」より


 この逸話を耳にした筆者は、大きな疑問を抱かずにはいられなかった。まず、このような八咫鏡に関する怪しげな噂話について、三笠宮殿下はヘブル語に堪能なオリエント史学者として、一笑に付すことが通常の反応ではないかと思うのだ。しかし殿下は、そうなさらず、なぜ「真相を調査する」と語られたのか? 実は皇室に、古代イスラエルとのつながりに関する何らかの話が伝わっており、そのような可能性があり得ると判断されたのだろうか?

 それ以前の疑問として、そもそも三笠宮殿下はなぜオリエント史、特に古代イスラエル史を研究されるようになったのだろうか? もちろん公式には、前述のような理由から聖書に惹かれたということになってはいるが、実は天皇家と古代イスラエルのつながりについて皇室内で秘密にされていることがあり、あらかじめ何らかの秘密をご存知だったのではないだろうか?

杉原千畝もびっくり、ユダヤ人と天皇家のヤバすぎる秘密とは!? 日本のルーツはイスラエル「日ユ同祖論」は皇族も研究していた!の画像5
画像は「ANNnewsCH」より引用


■「明治天皇の孫」が語った真実

 この“皇室内の秘密”について、筆者はまったく何の根拠もなく書いているわけではない。実は、「明治天皇の孫」を自称する人物が語っている内容が、天皇家と古代イスラエルとの関係を示唆しているのだ。

この“皇室内の秘密”について、筆者はまったく何の根拠もなく書いているわけではない。実は、「明治天皇の孫」を自称する人物が語っている内容が、天皇家と古代イスラエルとの関係を示唆しているのだ。

杉原千畝もびっくり、ユダヤ人と天皇家のヤバすぎる秘密とは!? 日本のルーツはイスラエル「日ユ同祖論」は皇族も研究していた!の画像6
1890年頃の明治天皇 画像は「Wikipedia」より引用


 その人物とは小林隆利氏といい、大正14年に名古屋で生まれているが、母親は「仁(しのぶ)内親王」という女性で、その父が明治天皇だという。もちろん、公的にそのような名の内親王は存在しないのだが、実際に明治天皇に何人の側室がいたかは極秘とされており、公表されていない内親王が存在した可能性は否定できないだろう。小林氏がキリスト教系の雑誌『HAZAH(ハーザー)』(2001年2月号)のインタビューで明かしたところによると、小林氏の母は明治天皇から次のように聞かされたという。

「仁、私は天皇の権限で日本という国を調べた結果、日本は、神道である。しかし神道は、本来はユダヤ教である。そしてキリスト教はユダヤ教を完成させるものだ

 これがもし本当であるとすれば、実に驚くべきことだろう。明治天皇が自らの権限によって皇室の秘密を調べ、このような事実がわかったというのだ。さらに明治天皇は、仁内親王に対して次のように語ったという。

「仁、おまえが結婚して男の子が与えられたならば、キリスト教の牧師にするのだよ。きっと役に立つ時がくるぞ」

 そして、小林氏の母は天皇の遺言通りに、小林氏を牧師にさせた。この話は、古代の天皇が何らかの形でユダヤ教あるいはキリスト教を日本にもたらしたとも受け取れるではないか。真実であれば、天地がひっくり返るような大変な事態だ。

■天皇は日本を征服した騎馬民族(原始基督教徒)だった?


 ところで、三笠宮殿下が1954年に提唱され、初代会長を務められた「日本オリエント学会」という学術団体がある。そして後に会長となった人物には、「騎馬民族日本征服説」で知られる江上波夫氏(故人)がいる。

杉原千畝もびっくり、ユダヤ人と天皇家のヤバすぎる秘密とは!? 日本のルーツはイスラエル「日ユ同祖論」は皇族も研究し<br />イメージ画像:「Thinkstock」より<br /><br /> 三笠宮殿下と江上氏は非常に親しい関係にあったようだが、そもそも江上氏のような学説を唱える人物は、皇室にとって好ましくない存在であるはずだ。なにしろ騎馬民族日本征服説によれば、万世一系とされる天皇家のルーツが実は日本にはなく、東北アジアの騎馬民族が4世紀に日本を征服して天皇となったというのだ。<br /><br /> その江上氏だが、東大時代には景教(中国のキリスト教、ネストリウス派)の研究で世界的権威である佐伯好郎(よしろう)氏に師事していた。佐伯氏の学説によると、景教は古代日本にも伝わっていたといい、それをもたらしたのが景教徒であった古代豪族の秦氏だという。その秦氏が、日本の神社にキリスト教的要素を取り込んだというのが、いわゆる日ユ同祖論者の多くが語るところだ。佐伯氏の弟子だった江上氏は、この景教渡来説を日常的に佐伯氏から聞かされていただろうし、その説に多少なりとも影響を受けていたかもしれない。<br /><br /> 景教渡来説をもっとも精力的に展開している人物としては、ケン・ジョセフ氏(ジュニア、シニアの父子)が挙げられるが、2人の共著である『【隠された】十字架の国・日本』(徳間書店)には、興味深いエピソードが記されている。<br /><br /><img alt=
画像は「ANNnewsCH」より引用

 それによると、ある時ジョセフ氏(ジュニア)は、キリスト教が定説よりも早く日本に入っていたとする原稿を提出したが、出版社の編集長から「歴史的根拠がないため受け入れられない」と言われた。しかし、ジョセフ氏がその説は正しいのだと執拗に食い下がるため、編集長は大学時代の恩師である江上氏に電話で聞いてみることにした。すると江上氏は、「ケンの考えは、私の考えとは若干の違いがありますけれど、否定はできません。また、もう一つケンに伝えてください。二世紀に日本に入ってきた基督教は景教じゃなくて、原始基督教が直接入って来たものです」と答えたという。

杉原千畝もびっくり、ユダヤ人と天皇家のヤバすぎる秘密とは!? 日本のルーツはイスラエル「日ユ同祖論」は皇族も研究していた!の画像9
【隠された】十字架の国・日本』(徳間書店)

 もっとも江上氏は、公の場では一切そのような発言をしなかった。しかしオフレコの場では、上記のような持論を語っていたのだ。察するところ、江上氏は師である佐伯氏の学説である景教徒渡来説を認めていたことになる。晩年の佐伯氏は、(古代日本に景教をもたらしたのが)景教徒でなく原始基督教徒だったと訂正したが、その点も江上氏と同一だ。そうなると、江上氏が説いた騎馬民族日本征服説も(実はそこまで公表しなかっただけで)“原始基督教徒としての騎馬民族”が前提にあったのではないだろうか。


 果たして、日本オリエント学会などでつながる三笠宮殿下と江上波夫氏の思想的共通点は「古代イスラエル」だったのだろうか? 筆者は、いつか機会があれば三笠宮殿下に直接お会いして、ここで書いたことの真相をお聞きしたいと思っていた。だが、三笠宮殿下の薨去とともに、それも叶わぬ夢となってしまった。いずれにしても、今回紹介した八咫鏡の噂は、オリエント史学者である皇族までもが真剣に調べようとしていた経緯があり、日ユ同祖論が必ずしも怪しい言説とは限らないということはおわかりいただけただろう。


百瀬直也(ももせ・なおや)
超常現象研究家、地震前兆研究家、ライター。25年のソフトウエア開発歴を生かしIT技術やデータ重視の調査研究が得意。ブログ:『探求三昧』、『防災三昧』、Web:『沙龍家』、Twitter:@noya_momose
貼り付け終わり、マーカーは勝手に付けました。




皇族で最高齢の100歳・・・三笠宮さま ご逝去(16/10/27)


スクープ! 「日ユ同祖論」が決定的に!? ユダヤと諏訪「御柱祭」の“5番目の共通点”を新発見!
https://tocana.jp/2016/06/post_10169_entry.html


三笠宮さまは天皇家の“ヤバすぎる秘密”をご存知だった!? ユダヤ(古代イスラエル)と日本の知られざるつながりに戦慄
2016.11.08
https://tocana.jp/2016/11/post_11396_entry.html

「日ユ同祖論」は疑うまでもない事実です。だからといって、日本人が偉いとも悪いとも言えません。

http://rapt-neo.com/?p=16401


https://1tamachan.blog.fc2.com/blog-entry-16928.html
日ユ同祖論 : ユダヤ人であることがそんなに嬉しいか?
 ------------------------------------------------------
 https://nueq.exblog.jp/23841797/
  アシュケナジー / スファラディと云うなら
  もっと古いユダヤ人はなんと呼ぶ?
  「 オーメン 」じゃなくて「 アーメン 」か?

  ※ 文中のリンク
    獣の数字666とナーガ族
    http://nueq.exblog.jp/22762208/
    は、明治簒奪ニッポン政府、或いは宮内庁によって
    勝手に削除されています。


*おいら的には「どうでもいいや」ですw







関連記事
コメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
もうすぐ花の80歳 ♂、
朝が迎えられたことに感謝!
小便が出る事に感謝!
おまけの人生を楽しんでまーす(^^♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に、ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ウイルスは怖くない  (15)
イヤシロチ化 (1)
ソマチッド・ケイ素・テラヘルツ鉱石 (22)
子宮頸ガンワクチン&添加物 (56)
予防接種を拒否する方法 (2)
がん、ガン、癌、悪性腫瘍 (48)
ヒート・ショック・プロテイン (1)
ワクチン・ウイルス (62)
パーキンソン病 (1)
ミトコンドリア (1)
エボラ出血熱 (41)
多発性硬化症 (1)
ノロウイルス (8)
元素転換 (1)
抗生物質 (2)
ガンジタ (1)
歯 (6)
虫垂炎 (1)
口内炎 (1)
歯周病 (2)
毛染め (4)
甲状腺 (0)
ADHD (1)
自閉症 (4)
砂糖類 (3)
タバコ (3)
胆石 (1)
肺 (0)
死 (1)
不食 (3)
断食 (4)
美容 (2)
風邪 (2)
輸血 (2)
蜂毒 (13)
日本蜜蜂 (47)
蜂蜜の効用 (3)
月経は無いのが自然 (2)
更年期症状 (2)
母子手帳 (2)
細胞の脳 (2)
フッ素 (4)
漢方薬 (4)
静脈瘤 (1)
花粉症 (2)
ピロリ菌 (4)
重金属毒 (1)
玄米菜食 (2)
心臓疾患 (2)
生卵は駄目 (1)
多剤耐性菌 (7)
風味増強剤 (1)
キシリトール (1)
茶カテキン (2)
食品添加物 (2)
遺伝子組換え (23)
第7の感覚・リンパ系・免疫系 (1)
腸:免疫システム (2)
自己免疫疾患 (5)
トランス脂肪酸 (1)
アスパルテーム (3)
メープルシロップ (1)
認知症&ケトン体 (6)
リーキーガット症候群 (8)
分子栄養学三石理論 (82)
分子栄養学(三石理論)入門編 (27)
分子栄養学(三石理論)上級編 (109)
分子栄養学(三石理論)コラム編 (18)
三石理論:医学常識はウソだらけ (1)
分子栄養学(三石理論)栄養素編 (21)
分子栄養学(三石理論):マイコプラズマ肺炎 (4)
医療・薬剤の実体(まとめ・保存版) (53)
医療・薬剤の実体(放射線) (1)
病気はクスリで作られる (3)
医療・薬剤の実体(がん) (2)
鍼灸指圧 (2)
医療・薬剤の実体 (885)
政治・経済・社会 (699)
文明800年周期 (1)
覚せい剤・麻薬 (11)
大麻 (17)
言論封殺 (0)
不正選挙 (14)
乳酸菌(豆乳ヨーグルト) (13)
グルンバ・乳酸菌軍団 (198)
飯山さん(日本仙人道) (0)
飯山一郎 保存版 (9)
飯山一郎さん (246)
乳酸菌同盟 (16)
乳酸菌 (25)
黄金の金玉団 (46)
nueqさん (170)
達人さん (12)
宝石 (113)
写真 (99)
宇宙 (101)
物理 (40)
数学 (3)
太陽系 (6)
電磁波 (67)
宇宙全史 (24)
リザムの宇宙 (36)
銀河ネットワーク情報 (9)
その木に成って55さん (55)
シドニーおちんさん (3)
写真&未来の変え方 (22)
シドニーおちんの地図のある旅 (12)
意識を集中すると何かが起こる (3844)
飯山さん『放射性セシウムの無害化』 (4)
放射線レベルを1/10に操作 (4)
不思議な茨城県北部地震 (4)
原発再稼動&新設反対 (198)
ガイガーカウンター (5)
モルジェロンズ病&ケムトレイル (14)
ケムトレイル観察紀行(写真) (32)
ケムトレイル・気象操作 (226)
ケムトレイル保存版 (24)
HAARP (29)
サバイバル(術編) (130)
放射能「ぶらぶら病」 (5)
放射能被曝による鼻血 (46)
ホルミシス効果(放射能) (1)
放射能からのサバイバル (306)
放射能からのサバイバル 保存版 (16)
分子栄養学(三石理論)放射性物質対策 (1)
サバイバル「三脈の法・眼脈の法」 (6)
八ッ場は毒ヒ素ダム (1)
シオンの議定書 (1)
お金の仕組み (11)
ネットは危険 (55)
日本国支配 (1)
大東亜戦争 (3)
ノーベル賞 (1)
STAP細胞 (145)
ビルゲイツ 軽井沢別荘 (1)
フルベッキ写真 (1)
老子「道徳経」 (4)
奥の院:保存版 (37)
奥の院 (50)
バランサー:工作員 (7)
日月神示~奥の院 (3)
ユダヤと世界の歴史 (6)
エンパス (1)
韓国関連 (5)
日本自立 (11)
集団ストーカー (16)
未分類 (795)
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々
検索フォーム
リンク
飯山です