fc2ブログ

人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

★台湾地方選:独立派がまさかの壊滅状態!

台湾地方選:独立派がまさかの壊滅状態! < newsNueq-1693 >より転載します。
貼り付け開始

台湾独立派がまさかの大敗・壊滅!

 
・ 台湾独立建国聯盟:王明理
  ・ アンディ・チャンのアメリカ通信
  ・ WALL STREET JOURNAL
  ・ デイリー新潮

まとめて4本お送りします。


  
  宮崎正弘の国際ニュース・早読み
  11月26日(月曜日)弐 通巻第5903号  
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  台湾統一地方選挙結果を受けて
  @@@@@@@@@@@@@@
  台湾独立建国聯盟日本本部委員長
  王明理

  ------------------------------------------------------


 台湾の統一地方選挙の結果に愕然、唖然とし、怒りを通り越して、深く失望している。

 中国が台湾のこの選挙に深く介入していることはアメリカも指摘していたし、
 中国資本の多いマスコミの弊害も以前から言われてはいたが、
 台湾人が、中国との統一を目論む国民党を選ぶはずがないと心の中で油断していた。
 恐らく、蔡英文総統をはじめとする民進党、
 そして、その支持者の中にも同様の油断があったと思われる。

 なぜなら、台湾人が戒厳令下で自由を奪われ、弾圧されて生きていたのは
 ついこの前のことで、解放されてからまだ30数年しか経っていないからだ。

  その時15歳の人は現在45歳。
   日本でもそうだが、「 歴史を学ばない魚 」は、
   眼の前の撒き餌にすぐ喰いつく。


 戦後やってきた中国国民党によって数万人を超える台湾人が虐殺された。
 逮捕され、長期刑に処せられた人も数知れない。
 被害に遭わなかった人でも、家族や知人など身近にそうした例は多く、
 いつ自分の身にそのような不幸が降りかかるかと不安を覚えながら生きていた。
 その記憶はまだ薄れていない。
 だから、やっと手に入れた自由と人権を、
 台湾人が易々と国民党の手に渡すはずがないと思っていた。

 しかも、今や、国民党は以前かぶっていた化けの皮をかなぐり捨て、
  「中国との統一」を望んでいることを隠そうともしない。
 高雄の選挙戦でもそれは明らかであった。

 今の中国と一緒になることは、何を意味するのか。
 それは、自由で民主的な社会を捨て、共産党の一党独裁の支配下に入ることである。
 今、中国に支配されている諸民族がどれだけ苦しみ、
 その圧政、弾圧、人権侵害から逃れたいと願っているかを台湾人は知らないのか? 
 チベット人やウイグル人やモンゴル人や他の民の苦しみの声を聴いたことがないのか? 
 甘い言葉に騙されて、中国に「復帰」した後で、後悔している香港のことを知らないのか?

 中国が囁く「経済連携」や「優遇」という言葉は、
 台湾侵略のための甘い罠であることはちょっと考えれば分かりそうなものだ。

  「巧言令色少なし仁」とはまさに、そういうことが横行する中国で生まれた諺である。
 言葉巧みに台湾を手に入れようと目論む中国に、
 自ら跳びこむことを選ぶ人たちがいるとは全く信じがたい。
 利益追求は安定した確固たる国があってこそ求めるべきであり、
 国の尊厳と天秤にかけられるものではないはずだ。

 今、台湾人が享受している平和で自由な空気は、天から降ってきたものではなく、
 多大な犠牲の上に手に入れたものだ。
 かつての国民党の一党独裁体制から民主化に生まれ変わるために、
 台湾人がどれだけ努力し、忍耐し、尽力したか。

 李登輝さんという稀有な人材が副総統から総統になるという奇跡が無ければ、
 有り得ない革命だった。

 台湾人は世界史にも燦然と輝く無血革命を成し遂げた民族であったはずだった。
 未だ正式な独立国家とはなっていないが、
 苦悶の歴史からやっと脱却しつつある過程で、
 まさか自ら後退を選び苦しい過去へ逆走し始めるとは思わなかった。

 蔡英文政権の執政のまずさがあろうとも、それは致命的ではなかった。
 経済は馬英九政権時代よりも上向き、失業率も低下し、
 国民党時代の不正義を正す難題にも手をつけていた。

 とにかく、たとえ、どんな失政が仮にあろうとも、
 異民族の一党独裁体制に組み込まれたいなどと、まともな人なら思うはずがない、
 と私は考えていた。
 
 私こそが平和ボケしていたのかもしれない。
 台湾人のなかに、かつての国民党支配下で培われた
  「強いもの、長いものに巻かれろ」という生き方や、
  「遠い将来のことより、目の前の安全と利益を大事にする」傾向が
 まだまだ根付いていたのかもしれない。

 台湾独立運動の先輩達は、台湾人の性質や立場を理解しながらも、
 いや、そうであるからこそ、台湾人の自立のために、
 身を賭して理想の実現に取り組んできた。
 その努力がなかったら、今の自由な社会は無かった。
 彼らの想いを無駄にしたくはない。

 しかし、今は、ただ溜息しか出てこない。

  アンディ・チャンのアメリカ通信
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  国民党と中国は台湾人の敵なのに
  敵を潰す勇気がない「姑息で奸を養った」民進黨が負けたのだ。

  ------------------------------------------------------------
  AC論説 No.718 民進黨に失望した台湾人
  2018/11/24
(アンディ・チャン氏は在米評論家)

 < 抜粋 >

 中間選挙の結果は民進黨の惨敗となった。

 せっかく二年前に政権を取って「完全執政」と得意がっていたのに
 蔡英文は現状維持で何もしないので政治政策が停頓し、
 中国の圧力で台湾との外交国を三つも失い、内政、経済の停頓状態が続いていた。
 国民が民進黨に失望したから負けたのだ。

 台湾人にとって中国の脅威とその台湾独立が最大の課題であるのに、
 民進黨は現状維持で国民党の巨悪を放置し、
 国民の期待していた転型正義が実現しなかったから民衆が失望したのである。

 意外だったのは、いくら台湾人がバカでも現政権に失望しても、
 民衆が汚職まみれの国民党に投票するはずがないと思っていたのに、
 台湾の民衆は簡単に民進黨を見捨てて外省人に政権を渡すという大きな間違いを犯したのである。

 つまり民進黨に失望した民衆の中国に対する警戒心のなさが大問題である。

 国民党は台湾の政党ではない。

 NYタイムスは今後二年のあいだ、
 地方の国民党首長が中国と連携して中央政権を抑え、
 台湾が併呑される危機を迎えると予測した。

 台湾併呑の危機に鈍感で自力独立の意欲がない台湾人は滅亡の危機である。


 国民党勝利で台湾はどうなるか。
 二年後の総統選挙で台湾人は苦戦することが予想される。

  (一)
 地方政治の8割以上が国民党の勢力範囲となったので中国の圧力が倍加する。
 中国の脅威に対する台湾人の認識不足が投票結果となって
 国民党が再び政権を握る可能性大である。
 国民党が政権をとれば中国の台湾併呑が可能となる。

  (二)
 民進黨政権は今後二年の間も外交では無為、無策、無力で、
 内政面では政府の実績が国民党の地方首長に横取りされ、民衆は民進黨を支持しなくなる。

  (三)
 蔡英文総統の続投は無い。
 蔡英文の第二期立候補は民衆に唾棄されるだけである。
 蔡英文に代わる政治家は現首相の頼清徳だけで、
 国民党側は恐ろしく不人気な呉敦義だけだろう。
 この他に台湾独立派から誰かが出馬するはずだ。

  (四)
 二年後の選挙は民進黨(緑色)と国民党(青色)のほかに
 独立派の代表(白色)が立候補して三つ巴の戦いとなる。
 現状では台湾独立を主張する候補者には選挙の基盤がなく、
 民進黨が台湾独立を妨害するかもしれない。
 民衆は独立賛成なので民進黨が独立反対なら国民党が漁夫の利を得て当選するかもしれない。

  (五)
 アメリカは公然と選挙を応援しないが中国は公然と選挙に介入する。
 人民の政治意識が希薄ならたとえ独立賛成でも中国の脅威、
 侵略戦争を恐れて国民党に投票する者が出る。

  THE WALL STREET JOURNAL
  台湾の現実的な有権者
  -------------------------------------------------------------------------
  https://jp.wsj.com/articles/SB12063094083892523624104584617231815129374
  2018 年 11 月 26 日 10:42 JST

 < 抜粋 >

 台湾の有権者らの大きな長所は、現実的であるということだ。
 これは、中国による侵略の脅威に直面する島としては、有用な資質である。

 原子力発電の廃止は否決された。

 有権者らは、主として民進党がさらなる経済的繁栄を
 実現できなかったことに不満を持っていたようだ。
 退職した公務員、軍人らの中には、民進党が行った年金改革への不満から
 野党・国民党を支持した者もいた。
 特権を持っていたこれらへの高額な手当が削減されたからである。


 中国政府は蔡氏に理不尽な反応を示した。
 有権者はこうした頭痛の種を抱えたくないとの判断を下したのかもしれない。
 これは、有権者が住民投票で五輪選手団を「チャイニーズ・タイペイ」ではなく、
  「台湾」の代表として出場させることに反対した理由の一つでもある。
  「台湾」での出場は中国政府を一層挑発することになるからだ。

 ※ 五輪「台湾」
   同意せず  約577万票
   同意    約476万票

 エネルギー政策については、59%は原子力発電の廃止に反対。

  デイリー新潮
  速報! 
  台湾統一地方選
  与党「民進党」打ち砕いた「韓流」ポピュリズムの破壊力

  ----------------------------------------------------------
  https://www.dailyshincho.jp/article/2018/11251630/?all=1
  2018年11月25日

  韓國瑜氏の大躍進と「民進党時代」の終わりを告げる現地紙
  https://www.dailyshincho.jp/wp-content/uploads/2018/11/import_foresight_44530_1.jpg

 < 抜粋 >

 市長選挙で、高雄、台中、台北、新北の4大都市をすべて落とした
 民進党の敗北ぶりは、「惨敗」以外の言葉では形容できない。

 今回の選挙の意義は、台湾の主体性を掲げて優勢を誇っていた民進党の天下が、
 高雄市長選を制した国民党・韓國瑜氏が巻き起こした
  「韓流」ブームに象徴されるポピュリズム政治の台頭に打ち砕かれたことだ。


 ■ 「韓流」風に包み直して

 22ある市と県のトップを決める選挙で、
 民進党の勢力は13から6に、国民党は6から15となった。

 特に、現職を有していた高雄、台中などで予想外の敗北を喫し、
 台湾メディアには「崩壊」「壊滅」などの見出しが躍った。


 今回の選挙の主役は、高雄の国民党候補・韓國瑜氏だった。
 韓氏は元立法委員で、前職は台北の青果市場のトップ。
 人脈が広く、台湾のヤクザとも関係があると言われ、
 経歴や人間関係を重んじる国民党主流からは排除され、傍流中の傍流だった。

 そんな人物が、一時は崩壊の危機にあるとも言われた国民党を救ったのだから、
 皮肉な事態としか言いようがない。

 韓氏は、自らを「賣菜郎CEO(八百屋CEO)」と名付けてネットでのイメージ選挙を発動。
 従来の組織重視の国民党選挙を覆し、
 いつもペットボトルの水一本を片手に有権者まわりを続けた。
 人気の火がついたのが選挙の2カ月前。
 あっという間に民進党のホープ・陳其邁氏を上回り、
 10万票以上の差で逃げ切りを果たした。

 韓氏のスタイルは、世界で流行するポピュリズムそのものだ。
 生活に苦しむ「民衆の味方」を自称する。
 経済優先を掲げ、「政治やイデオロギーは一切語らない」とし、
  「高雄を生まれ変わらせる」と叫び続けた。
 まともな政策パンフレットもなく、マニフェスト重視の潮流など一切気にかけなかった。

 台湾の人たちは、経済優先、という言葉に弱いところがある。
 その理由は、移民社会である台湾には食い扶持を失うことへの
 潜在的な恐怖心があるからだとも言われる。


 ■ ポピュリズム選挙を招く土壌

 今回の選挙は、ひと言で言えば民進党の自滅であった。

 最大の敗北理由は、蔡英文総統の不人気だ。
 当初7割あった支持率は政権発足から2年半で3割に激減していた。

 加えて、ポピュリズム選挙を招く土壌が、民進党にあったことは大きい。
 市長選において、高雄で敗北した陳其邁、台中で敗北した林佳龍、
 台北で敗北した姚文智 、台南で苦戦した黄偉哲らはいずれも
 学歴が高く優秀で政策に詳しいが、
 逆に民進党が長年強みとしてきた「草根(庶民性)」に乏しい。
 台湾社会では「既得権益者」「エスタブリッシュメント」と
 みなされるまでに立場が逆転しまっていたことを表している。

 その弱点を、庶民性にあふれる韓國瑜氏に突かれてしまい、
 その「韓流」が全土にまで波及し、民進党の選挙は一気に崩壊してしまった。


 ■ 深まった「世代間分断」
 
 今回の選挙ではっきりしたのは、
 台湾における民進党・国民党の二大政党に対する信頼の低下である。
 今後も二大政党の主導で台湾政治は進むだろうが、世代間の分断は逆に深まった。

 

フィリピンのドゥテルテが中国寄りに、
台湾も中国寄りになると、
尖閣~沖縄、そしてシーレーンはますますヤバイことになる。。。。


                              nueq


貼り付け終わり、ニュークさん解説。



*これ、見逃しがちだが重要な案件ですね!






関連記事
コメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の80代 ♂、
朝が迎えられたことに感謝!
小便が出る事に感謝!
おまけの人生を楽しんでまーす(^^♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に、ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ウイルスは怖くない  (24)
ワクチン・ウイルス (115)
新型コロナウイルスとは (40)
新型コロナウイルス(2019-nCoV) (328)
新型コロナワクチン:仕組み&副反応 (236)
2019-nCoVの特効薬 (50)
予防接種を拒否する方法 (17)
下痢・ノロウイルス (11)
狂犬病 (7)
MMS (2)
刺青 (1)
梅毒 (4)
イヤシロチ化 (2)
重曹 (2)
かゆみ (1)
ソマチッド・ケイ素・テラヘルツ鉱石 (20)
子宮頸ガンワクチン&添加物 (56)
カンジダ症:リーキーガット症候群、癌 (20)
がん、ガン、癌、悪性腫瘍 (61)
ヒート・ショック・プロテイン (1)
ラプンツェル症候群 (1)
パーキンソン病 (1)
ミトコンドリア (3)
エボラ出血熱 (45)
多発性硬化症 (1)
光触媒 (1)
元素転換 (1)
抗生物質 (4)
除草剤 (4)
舌診 (1)
火傷 (5)
睡眠 (31)
歯 (28)
虫垂炎 (2)
骨粗鬆症 (1)
口内炎 (1)
歯周病 (4)
片頭痛 (5)
耳鳴り (3)
毛染め (4)
甲状腺 (0)
ADHD (9)
自閉症 (8)
砂糖類 (6)
コーヒー (20)
タバコ (3)
胆石 (2)
肺 (4)
死 (73)
不食 (4)
断食 (6)
美容 (4)
風邪 (6)
輸血 (4)
蜂毒 (14)
日本蜜蜂 (47)
蜂蜜の効用 (8)
月経は無いのが自然 (4)
更年期症状 (3)
母子手帳 (2)
フッ素 (7)
漢方薬 (23)
静脈瘤 (1)
白内障 (2)
花粉症 (7)
重金属毒 (2)
玄米菜食 (3)
心臓疾患 (4)
生卵は駄目 (3)
細胞の脳 (20)
腸内細菌 (4)
自己免疫疾患 (8)
腸:免疫システム (22)
第7の感覚・リンパ系・免疫系 (3)
ピロリ菌 (5)
多剤耐性菌 (11)
風味増強剤 (1)
キシリトール (1)
茶カテキン (3)
食品添加物 (4)
遺伝子組換え (32)
トランス脂肪酸 (2)
アスパルテーム (4)
メープルシロップ (1)
認知症&ケトン体 (35)
DNA (129)
ストレス (2)
コレステロール (1)
分子栄養学三石理論 (105)
分子栄養学(三石理論)入門編 (27)
分子栄養学(三石理論)上級編 (109)
分子栄養学(三石理論)コラム編 (18)
三石理論:医学常識はウソだらけ (1)
分子栄養学(三石理論)栄養素編 (21)
分子栄養学(三石理論):マイコプラズマ肺炎 (4)
医療・薬剤の実体(まとめ・保存版) (54)
医療・薬剤の実体(放射線) (1)
病気はクスリで作られる (7)
医療・薬剤の実体(がん) (2)
鍼灸指圧 (7)
医療・薬剤の実体 (912)
政治・経済・社会 (815)
文明800年周期 (1)
覚せい剤・麻薬 (22)
大麻 (24)
言論封殺 (0)
不正選挙 (15)
乳酸菌(豆乳ヨーグルト) (13)
グルンバ・乳酸菌軍団 (198)
飯山さん(日本仙人道) (0)
飯山一郎 保存版 (9)
飯山一郎さん (244)
乳酸菌同盟 (16)
乳酸菌 (30)
黄金の金玉団 (46)
nueqさん (2931)
達人さん (19)
宝石 (133)
写真 (143)
宇宙 (296)
物理 (68)
数学 (9)
太陽系 (27)
電磁波 (105)
宇宙全史 (24)
リザムの宇宙 (36)
銀河ネットワーク情報 (9)
その木に成って55さん (55)
シドニーおちんさん (3)
写真&未来の変え方 (22)
シドニーおちんの地図のある旅 (12)
意識を集中すると何かが起こる (3862)
飯山さん『放射性セシウムの無害化』 (3)
放射線レベルを1/10に操作 (4)
不思議な茨城県北部地震 (5)
原発再稼動&新設反対 (267)
ガイガーカウンター (4)
モルジェロンズ病&ケムトレイル (16)
ケムトレイル観察紀行(写真) (34)
ケムトレイル・気象操作 (309)
ケムトレイル保存版 (87)
HAARP (41)
サバイバル(術編) (228)
放射能「ぶらぶら病」 (5)
放射能被曝による鼻血 (46)
ホルミシス効果(放射能) (1)
放射能からのサバイバル (336)
放射能からのサバイバル 保存版 (20)
分子栄養学(三石理論)放射性物質対策 (1)
サバイバル「三脈の法・眼脈の法」 (9)
八ッ場は毒ヒ素ダム (1)
シオンの議定書 (2)
お金の仕組み (12)
ネットは危険 (210)
日本国支配 (26)
大東亜戦争 (1)
ノーベル賞 (1)
STAP細胞 (137)
ビルゲイツ 軽井沢別荘 (6)
フルベッキ写真 (0)
老子「道徳経」 (4)
奥の院:保存版 (55)
奥の院 (68)
バランサー:工作員 (11)
日月神示~奥の院 (4)
ユダヤと世界の歴史 (7)
会社化で支配 (28)
エンパス (1)
韓国関連 (0)
日本自立 (19)
偽旗作戦 (2)
集団ストーカー (89)
経済 (115)
間違い (18)
アヌンナキ (4)
地球なんでも鑑定団 (12)
温暖化:原発温排水 (5)
台風15号 (34)
NBBさん (2)
未分類 (5085)
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

                         悪がきboy's ベル&タイガー

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々

光軍の戦士のブログ
検索フォーム
リンク
飯山です