fc2ブログ

人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

★日本もGMO禁止のトレンドに乗れ!

GMOがポーランド、フランス、イタリアなど15カ国で禁止決定

NEW ! テーマ:
速報:GMOを公式に禁止した国にポーランドが加わり、欧州で14カ国目となる

BREAKING NEWS: Poland Becomes 14th European Nation to Officially Ban GMOs
9月30日【March Against Monsanto】http://www.march-against-monsanto.com/breaking-news-poland-becomes-14th-european-nation-to-officially-re-gmos/ より翻訳


GMO禁止のトレンドがヨーロッパ全体に広がり続ける中、ポーランドがGMO禁止を公式に発表し、国内の農場でモンサント社等のGM作物を排除した他の13カ国に引き続くこととなった。

ラジオ・ポーランド(Radio Poland)が公開した記事によると、国内のポルスキー・ラジオと連携している報道局のInformacyjna Agencja Radiowa(IAR)がその旨を明らかにしているという。

ポーランドはGMOの栽培を認めないことになるが、GM作物の中でも特にモンサント社のGMコーンに特に重心を置いている。一度でも国内で栽培された場合には、その他の自然な作物を汚染することになると多くの国が恐れているためである。

ヨーロッパ国内では遺伝子操作された食品に対して、何十年も強い反対意見
があり、結果として前回開催された反モンサントのデモ行進を含めた大規模な抗議活動を起こしている。



GMO禁止したのはポーランドが14カ国目

GMOを全廃し、オーガニック食品を求める運動を行う者にはこの発表は祝福されてはいるものの、ヨーロッパ全体で今起きていることを考えるとそれ程驚くようなことでもないだろう。

ポーランドよりも前にGMO禁止を実施したのは、スロベニア、セルビア、クロアチア、ラトビア、イタリア、ドイツ、スコットランド、ウェールズ、リトアニア、オーストリア、アイルランド、フランス、ギリシャである。

残りの欧州の国で、GMOを禁止する決定を行う最終締め切りは10月3日とされている。


ポーランド国民は、長年に渡ってGMOに反対してきた。今年初めには、ポーランドの農家は路上で抗議活動を行い、トラクターを高速道路に乗り入れて道路を閉鎖させるなどして、外国からの勢力が自国の農業に影響を与えること、そしてGMO作物に対する否定的な立場を明確に表明していた。


(画像 http://journal-neo.org/)



ポーランドは他の複数のEU国家と同様、以前からGMOを禁止はしていたが、今回の発表で、モンサント社のGM作物はポーランド国内に入り込もうとすることが公式に禁止されたこととなる。





(翻訳終了)


***


なぜか上記の記事では北アイルランドが抜けていたので、補足として次の記事も翻訳しました。



***

北アイルランドがGMOを禁止

Northern Ireland Bans GMO Crops

9月21日【Revolution News】http://revolution-news.com/northern-ireland-bans-gmo-crops/ より翻訳


(BBCの記事より)

月曜、EU参加国として北アイルランドがGMOを禁止した2番目の国となった。

環境省のMark H Durkan氏は、比較的小規模な北アイルランドの農地では、GMおよびGMでない作物が分離された状態を維持しようとした場合に困難な状況を作り出す可能性があり、分離状態を維持するのは高額で実現が困難であるとし、さらに次のように述べている。

「また、私たち北アイルランドは自国の自然な環境および豊かな生物学的多様性を誇りに思っています」

「北アイルランドは国際的に清潔で、かつ緑の多い印象を持たれています。GM作物は大きな議論を巻き起こしていることは認識していますが、その栽培によって私たちの国のイメージを台無しにすることは望んでいません」



今年の初めには、EUはその28カ国の参加国に対して、GMO問題について各国独自の立場を採用することを認めた。

イギリス(UK)内のスコットランド、イングランド、ウェールズ、北アイルランドの各地方はそれぞれの決断を行うことが認められており、8月にはスコットランドがGM禁止という決断を行った第一カ国目となった。

EUの28カ国内では、1,800万人の農家が、18,100万ヘクターの農地にGM作物を栽培しており、これは世界の耕作地の13%を占めている。

GM作物の主な栽培国は、アメリカやブラジル、アルゼンチンで、大豆およびコーンが中心的なGM作物となっている。

EU国内でGM作物の栽培を行うためには、事前の認可を必要としており、現在のところ48種の遺伝子操作された植物がEU内の飼料用作物として栽培する認可が下されている。



(翻訳終了)



****

そしてEUではありませんが、ロシアはGMOに対してさらに厳格な態度を明確にし、今度は加工食品へのGMOの使用を禁止することになりました。




ロシア政府は、国内でのGMOを加工食品への使用の禁止が決定されることに


Govt decides to ban GMO food production in Russia – deputy PM
9月18日【RT】http://www.rt.com/politics/315844-government-decides-to-ban-gmo/ 

GMOの農作物
の一切の輸入禁止および栽培は法案が提出されてはいるもののまだ可決はされていませんが、GMOが混入している食品を、適切な表示を行わずに販売した業者に対しては罰金が課せられることは決定されています。

メドヴェージェフ首相はGMOは「絶対的邪悪な存在」であると警告を発しているそうです。

ロシアの食品産業内で、GMO関連の食品は12%から10年の間に0.01%で、GMOが含まれる食品は登録された57種類の食品しか存在していません。



****


【関連記事】

ドイツがGM種子を禁止する方向へ スコットランドも同じ路線


その他GMO関連ニュースはこちら→リンク




****


世界的ですもんね

乗るしかない このビッグウェーブに!


  コメント(7)


ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12080291703.html
世界の裏側ニュースさんちから転載しました。




*日本もこの流れに便乗せよ!
・現実はGMOの禁止どころか、TPP交渉を纏めたいと税金の無駄使いに一所懸命だぉ~!
国民を不幸せにするヘンな国、ヌッポンは要りません!

・TPP(=GMO推進)反対!
・マイナンバーに反対!
・消費税に反対!
・原発再稼働に反対!
・地下原発推進に反対!
・特別会計に反対!
・バラ撒き外交に反対!

・米国債を換金して国民に還元せよ!
・米国債の利息を公表して、使途を明確にせよ!

*福一モクモク再臨界を早く封じ込めろ!




関連記事
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の80代 ♂、
朝が迎えられたことに感謝!
小便が出る事に感謝!
おまけの人生を楽しんでまーす(^^♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に、ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

                         悪がきboy's ベル&タイガー

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々

光軍の戦士のブログ
検索フォーム
リンク
飯山です