FC2ブログ

人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

★米政府は、アフリカで大量虐殺を行うためにバイオテロを実行した

西アフリカではアメリカの生物兵器としてエボラウイルスが拡散されました。

西アフリカの人々はなぜエボラが感染拡大したか分かってしまいました。いつもの連中の仕業なのです。
アフリカやインドなどの途上国の貧困層の人々は、国連や欧米エリートらの人口削減計画の実験台となっています。

ワクチン(実際はウイルス)を強制的に接種され、何が起きているのかもわからないままに病気になって死んでしまいます。

今回の西アフリカのエボラ感染拡大も全て欧米のエリートの仕業であることがアフリカ人に知れ渡りました。

今や、感染国は大混乱しており、暴動まで起きています。

ただ、エリートらは世界中がカオス状態になることを望んでいますから、どのように展開しても彼らの意のままになっているのでしょうね。

ただし。。。世界中の人々が真実に気が付き始めていますから、彼らの思う通りにはいかないと思います。

エボラの感染が世界中に拡大することを望んでいるのでしょうが。。。その前に何等かの形で封じ込められるような気がします。

アメリカではこれまでの政治が変わらなければどうなるか分かりませんが。。。


http://beforeitsnews.com/global-unrest/2014/10/major-alert-us-bio-weapons-african-source-lab-exposed-2460996.html
(概要)
10月14日付け
米政府は、アフリカで大量虐殺を行うためにバイオテロを実行したということが明らかになりました。

その理由は、エボラ感染が拡大しているシエラレオーネにあるアメリカの生物兵器研究所が突然閉鎖されたからです。


ジャーナリストのヨイチ・シマツ(シマズ ヨウイチではないでしょうか?) 氏がエボラに関する記事を掲載しました。

記事によると:
西 アフリカでエボラ感染者が確認された今年の2月に、元フランス領のギニアでは国連によるワクチン接種の大々的なキャンペーンが始まったのです。

当時、ギニ アではフィロウイルスの感染が拡大しており、ギニアの人々は3種類のウイルスのワクチンを接種されていました。

実際は、医薬品会社は住民らに何も知らせずにザイール型エボラウイルス(フィラウイルス科)を意図的に注射し解毒作用に関する人体実験を行ったことが分かります。

その後、ギニアの国境を越え隣国のシエラレオーネやリベリアにエボラウイルスの感染が拡大したのです。エボラ感染は過去にも起きており、その時は今回のように感染が拡大するようなことはありませんでした。

このようなことから、今回のエボラが自然に発生したものではないことが分かります。

以前はこのような感染病は周囲の人たちにしか移らず国境を越えてまで拡大することはありませんでした。

つまり、大勢の人々にワクチン(エボラウイルス)を接種させたために感染が急速に拡大していったのです。

しかも非常に離れたところでも感染者が確認されているのです。これは自然発生の感染病ではありえません。
ワクチンを受けた人々の周辺で感染が拡大していきました。

今では西アフリカの人々は病院から逃げだし政府に抗議をしています。

彼らは何が起きているのかを知ったのです。感染国では暴動まで起きています。

なぜ米政府は米軍を感染国に派遣したのでしょうか。このようなことは前例がありません。

ビル・ゲイツによるワクチン接種のプロセスは常に同じです。
フ ランス出身のユダヤ人男性が中心となってワクチンの謀略を実行しているのが明らかになっています。

ビル・ゲイツがパートナーとして資金を提供している複数 の団体(医薬品会社など)が特定地域に病原菌をまき散らし、多くのアフリカ人に承諾なしにワクチンや薬を注射し人体実験を行っているのです。

彼らは巨額の富を得るためと人口削減のために常にこのような策略を繰り返してきました。

エボラの感染病拡大とワクチン接種を成功させるために彼らは何か月も前から準備をしてきたのです。
AIDSの感染も彼らの仕業です。

エボラウイルスも、AIDSと同じように、感染者が完治しても、エボラウイルスはその後長い間精液に生存すると言われています。 
従って、男性たちは感染したことに気づかなかったり、エボラが完治しても、性行為を通してエボラウイルスを女性たちに感染させているのです。そして女性たちは子供たちにエボラウイルスをうつしています。

このウイルスは性行為によっても感染するように開発されました。

過去に、彼らはAIDSウイルスでアフリカ人に同じことを試してみましたがうまく行きませんでした。
そのため、今回はエボラウイルスを使って性行為により感染を拡大させているのです。

今 回のウイルスを拡散する策略を実行に移したフランス出身のユダヤ人はフランス政府と深い繋がりがありますから、フランス政府も今回の事件に関わっているの は確かです。

西アフリカの感染国はフランス領でもあったのです。そこではフランス語が使われフランス軍も駐留しています。

さらに国連や欧米諸国もこの事件 に関与しています。
国連や欧米諸国はアフリカの非常に高価な鉱物が欲しくてたまりません。

彼らはアフリカを占領し巨額の富を得たいのと同時に、彼らはアフ リカ人は生産性の無い人種だと考えており、アフリカの人口を何百万人も削減しようとしています。

彼らは世界人口を削減したいのです。その手始めにアフリカ の人口を削減しようとしています。

アフリカでエボラ感染が拡大した後に世界中に感染を拡大させたいのです。

ウォールストリートジャーナルも突然エボラがパンデミックになることを警告しはじめました。(過去においてはエボラ感染はアフリカ内で収まっていました。)

アフリカ人は何千年も前から同じ生活習慣を続けてきました。それなのに最近になり、突然、新しい感染病が発症したのです。


ビルゲイツやフランス系ユダヤ人が所有する医薬品会社や国連、欧米政府の支援により、このようなウイルスが作られ、最初にアフリカ人がその被害者となったのです。

エボラウイルスの感染者がギニアの国境を越え隣国のシエラレオネやリベリアに広がったことは違法に行われた秘密実験が大失敗だったことが分かります。

ただ、 実際のところは、鉱物が非常に豊かな西アフリカを乗っ取るために生物兵器としてエボラウイルスを拡散させ、アフリカを破壊しようとしているのです。

 


今年の初めに西アフリカの感染国の住民が外国資本の医療プログラムとされるワクチンの接種を受けました。

しかしエボラ感染が隠蔽されていたことが分かった現地の住民は国際的な支援プログラムは彼らを大量虐殺するためのものだと噂を耳にし、治療を受けるのを恐れるようになりました。

欧米諸国の小児性愛者達の被害を受け続けた西アフリカの住民らは、エボラウイルスが精液に長い間生き続けることを知り集団ヒステリー状態となりました。このように社会を不安定化するのも彼らのアジェンダの一環なのでしょう。

西アフリカで意図的にばら撒かれたエボラの感染が始まると同時にシエラレオネ政府はエボラと闘い始めました。

しかし米保険局は、米チューレーン大学にエボラ の研究(米軍医療研究所の配下)を中止するように命じたのです。

さらに、シエラレオネの住民が激怒していることから、ケネマにある米生物兵器研究所(シエ ラレオネでエボラの研究をしている唯一の研究所であり彼らの実験により非常に多くの犠牲者が出ています。)も閉鎖することを決定しました。


blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51941199.html
日本や世界や宇宙の動向さんちから転載しました。






エボラや他のウイルス、バクテリアから身を守る最も良い方法とは!

以下に示された食品、ハーブ、溶剤は、エボラウイルスだけでなく他のウイルスやバクテリアにも効き目があるそうです
感染病と闘うには自分の免疫力を高めなければなりません。ワクチンは免疫力を弱めます。昔ながらの自然療法で強い身体を作りましょう

このような自然療法は、日本で流行しているデング熱にも効果的かもしれません

また、腸内の悪玉菌を洗い流し善玉菌を増やすには乳酸菌が効果的です。ただし腸まで届く乳酸菌が良いですね。これまでもエボラウイルスにはビタミンC、Dそしてコロイダルシルバーが良いということが分かっていますが、健康的な食品を食べて免疫力を高めましょう


http://beforeitsnews.com/health/2014/10/the-best-way-to-help-your-body-protect-itself-against-ebola-or-any-virus-or-bacteria-2552840.html
(概要)
10月14日付け:

body

NaturalNews:
エ ボラウイルスの感染が拡大している中で、特定の食品やハーブを食べることで、エボラを含む全てのウイルスやバクテリアから自分の身体を守ることができま す。

病院で治療を受けたり薬を投与されるのが嫌な方にはお勧めです。

エボラ・ウイルスを絶滅させることができるのはあなたの免疫システムしかありませ ん。 

そのため感染病と闘うには免疫システムの強化が最も重要です。

免疫力を高めるには、必要な栄養素を特定の食品から摂取するしか方法はありません。

有害な化学物質、防腐剤、抗原性薬剤が含まれているワクチンを接種すると身体の免疫力がかえって弱くなります。

免 疫力を高めるには自然界で採れたものを食べることが最も効果的です。

何千年も前から自然療法により人類の健康が保たれてきたのです。

健康的な食品、ハーブ は、人間の免疫力を高めるだけでなく、抗菌及び抗ウイルス特性があるのです。

抗菌及び抗ウイルス特性のある食品、ハーブそして特定溶剤を定期的に身体に取 り入れることをお勧めします。

また、腸内の悪玉菌を洗浄することで免疫力が高まります。

特にエボラ予防には腸内の悪玉菌を減らし善玉菌を増やすことが効果的です。


抗菌、抗ウイルス特性の食品、ハーブとは: 

  • ニンニク
  • 玉ねぎ
  • ターメリック(クルクミン)
  • ショウガ
  • レモン
  • カイエン(粉末唐辛子)
  • ペパーミント
  • シナモン
  • クローブ
  • クランベリー
  • キンセンカ
  • エキナシア
  • オレゴン・グレープ・ルート
  • ヒドラスチス
  • マシュマロウ・ルート
  • ウバウルシ(ベアベリー)
  • ノコギリソウ
  • コロイダルシルバー

これらの食品やハーブを日々の料理に加えて頂いても結構ですが、最も効果的な摂取方法は、チンク剤、錠剤、お茶、エッセンシャルオイル、ジュースなどによって摂取することです。



blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51941182.html
日本や世界や宇宙の動向さんちから転載しました。



・エボラ出血熱・・・
タマいちは考えます。

ウイルスであるなら、

★どんなウイルスも不活化出来る: ワクチン神話に騙されるな!

↑で書いた通り、ウイルスは封じ込められると考えます。熟読してくださいね。↑

・ウイルスと聞けばビタミンCで、分子栄養学(三石理論)~高タンパク+メガビタミン+活性酸素除去が有効です。

・そのうちでも乳酸菌の使用は地域全体がカバー出来るのでベストかと、飯山さんの↓記事が参考になります。

★世界初の乳酸菌巣箱!


・先ずは大量の乳酸菌散布&飲用で地域・生活環境から人体まで、そのすべを発酵状態に転換します~乳酸菌はウイルスを不活化します。


・菌の世界は勢力こそが全てに優先するので、大量の乳酸菌があれば、腐敗菌を駆逐でき、あらゆる腐敗を発酵に変えることができます。

・その乳酸菌を大量に短時間で安価に製造できる「グルンバ」の出番です。が、「民は口を出すな」となるのでしょうね・・・

シスさんの云われる通り、WHOのお仕事を邪魔する事になるのでw

★宮崎 都城で口てい疫感染疑い  県境超え・・・ 



追記:『ナノシルバー』が有効とされていますが、おいらは下記理由から「ナノ」製品は危険だと感じています。ぱんださんちで付けたコメント↓

コロイダルシルバーといやがらせ台風


コメント
1. ナノコロイドは危険!?
以前サプリの「白金ナノコロイド」を服用して感じたことですが、脳に違和感を感じたので、即座に服用を中止しました。

それ以来、ナノを売りにした化粧品なんかが続々とうりだされていますが、ナノは肌から脳内に侵入出来るので怖いなーと思って見てます。

エボラ対策にナノシルバーが云われてますが、おいらはナノは避けたいと思って対策を考えております。
http://1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-10385.html
タマいち



関連記事
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
もうすぐ花の80歳 ♂、
朝が迎えられたことに感謝!
小便が出る事に感謝!
おまけの人生を楽しんでまーす(^^♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に、ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々
検索フォーム
リンク
飯山です