fc2ブログ

人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

★遺伝子組み換えバナナの治験♪

NEW !  テーマ:
こんばんは♪

遺伝子組み換えバナナの治験がとうとう始まるそうです。
こちらの記事には遺伝子組み換えバナナに対して肯定的な意見が書かれています。

治験に進んだ遺伝子組み換えバナナはハードルを越えられるか?

またこちらの記事では遺伝子組み換えのビタミンA強化されたゴールデンライスの非人道的な治験に関する情報を紹介しています。

明るみに出たGMゴールデンライスで人体実験



皆様は、遺伝子組み換えバナナを食べてみたいですか?それともやめておきますか?



遺伝子組み換えバナナの治験がいきなり始まる!

人工的にビタミンAの前駆体のベータカロチンを多く含むように開発されたバナナが、動物実験を事前に行わずに治験が行われるそうです。そのフランケン果実はアイオワ州立大学の学生を対象に行われる予定だそうです。
The Des Moines Register (DMR)の報告によれば、500人の学生の内から12人のボランティアの女子学生を募り、数か月の間に3回の期間を設け、その間に4日間バナナを食べる 実験が予定されています。治験に参加する学生は900ドルの報酬を受け取る予定で、どんな結果が出るのかは全く未知数です。遺伝子組み換えバナナの実験は 今回の治験が初めてで、以前に動物実験も行われたことが有りません。

ビルゲイツ&メリンダ基金は、ビタミンA欠乏が蔓延しているアフリカ の亢進国の為に栽培開発プロジェクトを実施してきました。悪名高きゴールデンライスの様に、遺伝子組み換えバナナはビタミンA 欠乏の解決策として出され ていますが、他にもサツマイモ、マンゴーの様にベータカロチンを豊富に含んだ自然の野菜や果物は豊富に有ります。

何故ビルゲイツ&メリンダ基金の科学者たちは遺伝子組み換えバナナの動物実験をしないのか?

遺 伝子組み換え作物に添加された栄養素は、人体に有害だと繰り返し報告されていて、物議を醸すプロジェクトであるにも関わらず、なぜ、この新しい遺伝子組み 換えバナナの動物実験が行われないのか、多くの人は疑問に思っています。ヨーロッパの基準では、新たな遺伝子組み換えの作物が市場に出回る前には少なくと も90日間の動物実験をする規制がありますが、今回のケースでは科学者たちはいきなり人での治験をしようとしています。

この人体実験は第二次世界単線中のナチでの強制収容所で悪名高き医学実験が行われていたのと、同じです。参加者たちは何に同意したらいいか分からないので、参加者たちからインフォームドコンセントを得るのは不可能ですし、実験する研究者たちも理解出来ていません。

いきなり遺伝子組み換えバナナで治験を行うのは、遺伝子組み換えゴールデンライスで、子供たちからインフォームドコンセントを得ることなく、動物実験を事前にすることも無く治験を行って起こった事と一緒です。と、クレア・ロビンソンはGMWatchに書いています。

動物実験なしに、いきなり治験を行う事は、第二次世界大戦後ナチの人体実験を防止するニュルンベルグ・コードに違反しています。


天然のバナナにもベータカロチンを多く含む種があります

自 然界にもベータカロチンを多く含むバナナが存在するというのに、遺伝子組み換えバナナのプロジェクトに携わる科学者たちは、東アフリカの人々はその天然の バナナは甘すぎて彼らの口には合わないので、食べられないという滑稽な理由付けをしようとします。従って、ビル・ゲイツ社はそのバナナが不可欠だと言い、 人工的なバナナが最終的には狙った層の人工削減をするという目標に近づくことになるっていう訳です。

本来ならもっとシンプルに、第三国で ビタミンAが欠乏していれば、コストも安いサプリメントで補充したり、ベータカロチンやその他のビタミンAの前駆体のカロチノイドが豊富な作物の栽培をす ればいいのに、遺伝子組み換え技術に携わる科学者たちはこの様な狂気に満ちた考えを、世界にもたらします。

ゴールデンライスの様に西側からもたらされた解決策は複雑な社会的、生態学的な問題をもたらすでしょう。と、DMRのコメンテーターの一人は書いています。
アフリカの子供たちを救う第一歩は、生産コスト以下でアフリカの市場に我々の余ったトウモロコシを投げ売りする事を止める事でしょう。

農業の多様性は食糧問題の解決策です。バイオテクノロジーの解決策は役には立たないどころか、状況をもっと悪くするでしょう。

(要約訳終了)

先 日紹介されたある会社のサラダオイルが、遺伝子組み換えの原材料を使っているかどうかをカスタマーサービスに電話して聞いてみました。答えは黒でした。品 質が良いサラダオイルでリノール酸:リノレン酸の比率が理想的なバランスだという説明を聞いていました。でも遺伝子組み換えでないという表示が無かったの で、もしかしたら遺伝子組み換えかもしれないなと疑っていましたが、やっぱり・・。でもその会社が本当の事を教えてくれる姿勢は大いに評価できるとは思い ましたが、個人的には購入する気にはなれないかな。

それでは、良い週末をお過ごしくださいませ!


コメント(4)
ameblo.jp/friends-dc/entry-11927789518.html
friend-dcさんちから転載しました。


関連記事
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の80代 ♂、
朝が迎えられたことに感謝!
小便が出る事に感謝!
おまけの人生を楽しんでまーす(^^♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に、ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

                         悪がきboy's ベル&タイガー

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々

光軍の戦士のブログ
検索フォーム
リンク
飯山です